2020/7/27

ルイス 完走してないけど最終回  モース&ショーン・エヴァンズ

AXNミステリーチャンネルの正式名【8日間まるごと2大刑事ドラマ〜刑事コロンボとルイス警部】のうち後半の「オックスフォードミステリー ルイス警部」を全話マラソン放送が今朝終了しました。

ルイスだけでも足掛け4日間ありましたので、その間に1日は出勤もしたり(本当は出勤日が2日間あったのですがコロナ陽性者が勤務先に判明して希望すれば欠勤でき、それを口実にルイスを見た)、世間並みの方々の4連休に近い生活で寝ても覚めてもルイス状態でした。

さすがに集中力は続かずTV前に正座(ウソ)で観たのは最初の10話くらいと最終回。

特に奥さんを事故で亡くして2年間オックスフォードを離れていたルイスが戻ってきて空港に迎えに来たハサウェイと出会うパイロット(第1話)と、最終回が観たかったのです。最終回は一度見たけどやっぱりずいぶん忘れていて、ルイスとドクター・ホブソンのニュージーランド行きは半年間という微妙な期間だったのですね。その後またオックスフォードに戻って警察をやるかは誰にもわからないけど、シリーズとしては最終回と視聴者は知って見てますので、ヒースローに二人を見送ったルイスが、第1話と同じタクシーの手書き「お迎えサイン」を持ってた姿には胸キュンです。

工業都市のニューカッスル出身の労働階級(ドラマ中ポッシュな人には「Lower Middle class」と呼ばれてました。多分その人の主観)出身の警察官としてよくオックスフォードのアカデミックな人たちから卑しい人間扱いされてたルイスですが、ドラマの物語がルイスが外から町に戻ってきた時から始まり、また町を出るところで終わる、というのが彼がオックスフォードの警察官としてのアイデンティテイがもちろん生きた証であると思っていながらもまた外にも飛び出す柔軟性のある強さの持ち主であることを示していて、

アルコールと刑事の仕事に殉死したモースとのキャラの違いを感じました。

違うふたりだけれど引退できないところは一緒(笑)。

さて最終回といえば、もう何度か書いて写真もアップしましたが、5年前の夏に偶然ロケに出会えたのでその意味でも私には感慨深く、その時はまだ私は「ルイス」は見たことがなかった、というのも笑えるポイント・・・「刑事モース」の後「主任モース」は何エピかは見てる、くらいでした。

その当日、ロケ地に出会う前に「モースツアー」に参加してガイドさんが言った「長〜い脚のハサウェイ」という言葉に「同じイギリス人でも脚の長さには注目するんだな」と印象深く思っていたら、ロケ現場にいた大勢の人の中に「スッとした立ち姿で目立っていた人」がいたので「これが脚の長いハサウェイか!」とわかりました。

今日は二度目の鑑賞だったので心に余裕もありTVスクリーンをスマホで撮影してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

このパブ「The White Horse」撮影中の外の様子。窓から見える通行人が傘をさしていてその午前中は雨だったので私はレインコートを町で買ったのを覚えています。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらはその後雨が上がってからの外の撮影。ルイスとハサウェイまったりしてますが、

クリックすると元のサイズで表示します

撮影隊も大人数ながら、私を含む見物客も大勢で大変なことになっていました。

クリックすると元のサイズで表示します


まあ、町の目抜き通りでの撮影ですからよくちゃんとできるなあとスタッフ&キャストの有能さに改めて感心します。イギリスのドラマ産業すごい。

クリックすると元のサイズで表示します

観光名所のセント・メアリー教会のカフェもこの最終回に登場してましたし、もちろんコレッジも毎回出てきますし、ドラマでは殺人にまつわる学会でのドロドロがよく描かれてますが、コレッジや町の人たち、やはり撮影と観光客は町の産業として割り切ってるのでしょうね。今はコロナでまだ静かでしょうけど。

最後に空港でルイスとホブソンを見送ったハサウェイのシーン。

クリックすると元のサイズで表示します

ニュージーランド航空はヒースロー/ターミナル2ですが、このシーン、ハサウェイ周りに人がいないけど、遠景なのでガードの人も入れないしどうやって撮影したのかな。。。

クリックすると元のサイズで表示します

「ルイス」は登場人物の幸せな日常を予感させながらおとぎ話のように終わりましたけど、「刑事モース/ENDEAVOUR」はあと残すところ1シリーズ。どんなふうに終わるんでしょう。今年撮影は出来るのかな。。。
3

2020/7/25

ルイス マラソン  モース&ショーン・エヴァンズ

連休にはつきもの(?)らしい24時間TVならぬ「ルイス33話一挙放送」という地獄のマラソン大会に参加中です。

先月くらいから毎週木曜日に「ルイス警部」2本立てと「主任警部モース」1本のセットメニューを出してくださったのでAXNミステリーチャンネルを再契約したところでしたし、ルイスは3年くらい前に全話見たのですが記憶がすっかりなくなってきたのでいいタイミングだったのですが、

きのう24日の12:45から始まり、間に5~20分のCM(それが高齢者向けの商品ばかりなのナゼ?!)を挟んで本当に延々とルイスですのですごい耐久戦です。

こんなふうに。。。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

でもゲストにルパート・グレイヴズさんとか、思わぬスターが出ているとまた楽しくなってしまいます。けっこう無名時代に出演してる俳優さん多いです。

クリックすると元のサイズで表示します

もう疲れてきて、ながら見でいいやとTVつけておくとつい気合い入って見てしまうので健康に悪いことこの上ありません。

明日は仕事があるのでひと休み、そして明後日の早朝に最終回が入っているという過酷なマラソン、果たしてゴールできるかかなり自信ありません!

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/7/18

主任モースで懐かしい20世紀  モース&ショーン・エヴァンズ

若モースの60~70年代は私にとって映画で知ってるビートルズのドキュメンタリーとか、クイーンの初期エピソードみたいな、決して手が届かない自分には行けなかった古き良きイギリスの世界として大好きですが、

そこから遡って見てる「主任警部」になったオリジナルモースの80~90年代イギリスは、私が知ってて尚且つ現代には消えてるものが出てくるのが楽しいです。

レコード、カセットテープあたりはモースもシリーズ終わり頃になるとCD聞いてます。

そしてスクリーンがダークで文字が白抜きのPCもこの頃に会社で活用され始めてますが、まだ使うのは一部の社員のみ。私が働いてた会社にもコンピューター室というのがあってその部の人にDMの宛名リストやシールを出してもらってました。

1990年放送のエピソード「魔笛〜メソニック・ミステリー(0404 Masonic Mysteries)」より:

これがイギリスの公衆電話です。Before携帯ですから。

テレフォンカードは日本のよりも分厚くて、グイッと隙間に差し込むの。私が10か月ロンドンに滞在したのも1989~90年ですが、当時コインのとカードと両方ありました。

クリックすると元のサイズで表示します

ちゃんと挿入されると残金が表示されます。

クリックすると元のサイズで表示します

それから番号をプッシュするとかかります。

クリックすると元のサイズで表示します

この100ポンドのカードというのは標準よりも相当高額なのが電話ボックスに散らばった他のカードと比べてわかります。これは殺人犯が被害者を電話におびき寄せるために使ったので長時間使えるのを選んだということですね。劇場の固定電話に呼び出した人が来るまでに相当長い時間がかかるのが普通だった・・・気が長い時代だったんですね〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

それとこのエピソードでは、もうコンピューターハッカー犯罪が登場していて、機械オンチなモースに代わってルイスが嬉々としてPCに向かい活躍していました。

「ルイス警部」の時代にはSNSやブロガーが犯罪に絡んできて、ルイスが昔のモースのようになってて若いハサウェイがうまくサポートするという可愛い関係性の変化が。
2

2020/7/12


東京はコロナが恐くて出歩けないので、去年買ってほぼスルーしてた本を読んでます。

クリックすると元のサイズで表示します

今年行った時には活用できず。。。と言いますのはモース、ルイス、エンデバーだけで手いっぱいの私ですが、この本は守備範囲が広くVHSしかでてない1993年の「Shadowlans/永遠の愛に生きて」から、2016年「ドクターストレンジ」、2018年の「女王陛下のお気に入り」「ふたりの女王メアリーとエリザベス」まで、え?見たのにオックスフォードロケってぜんぜん気づいてない映画まで盛ってるからです。

クリックすると元のサイズで表示します

でもやっぱり読んでみれば、「おお!ここに行きたい!」や「あう、あそこで撮影されてたんですかい」と既に知ってる場所が出てきました。

クリックすると元のサイズで表示します

例えば上の地図はだいたいモースシリーズに出てきたパブなんですが、下の方のOxford Castleは1997年の「ワイルド」でスティーヴン・フライのオスカー・ワイルドが投獄された牢獄でもあると。

下の地図上の方にあるVictoria Armsは、今年私が歩いたエリアからほんのすこし北上したところ。モース、ルイス、エンデバーには川沿いのパブが頻出するのでグーグルマップで水辺のパブを調べた時にここじゃないかなぁと思ってたらやっぱり!!

あの日はキーブル・コレッジのフルイングリッシュブレックファストでお腹がいっぱいで、他のパブにも一切入る気にならなかったんですが、つ、次に行ったらもうお腹がどんな状態でもとりあえず入ることにしよう。。。パブ・クロール決定。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、下の地図のポストイットが差してる場所は、モードリン・コレッジの庭のゲイトから続く橋なんですが、ここには何も書いてないけど本文に「Holywell Mill Streamに架かった鉄のゲイトの近くの橋は2008年『Brideshead Revisited/情愛と友情』でチャールズ・ライダー(マシュー・グード)がセバスチャン・フリート(ベン・ウィショー)を初めて視界に認めた所である」と・・・

クリックすると元のサイズで表示します

要するに、このシーンですね!

クリックすると元のサイズで表示します

ああ、もう、久しぶりにDVDをゴソゴソと取り出して見てみたら、私の知ってる所をマシュー・グードが、ウィショーさんが・・・観光客がふらふらしただけではただの橋、広場、な所に衣装を着たモブ、そしてスターが収まるとなんてキラキラした世界が出来上がるの・・・?!

ここにまた行きたい!と思うあまりに、転職活動の時も絶対に収入が減るのは嫌だ(もともとたいしたことないのに、最低時給だともう二度と旅行へ行けないような気がした)と肩に力入ってしまいました。

もちろん生きていくことが収入を得る目的の基本ですが、オタクをしてたら欲が深くなって、何もせず長生きするより好きなことしたら死んでも構わないモースみたいです。
2

2020/6/14

モース好きの店主のパブ  モース&ショーン・エヴァンズ

モースシリーズをいつも放送してくれてるAXNミステリーに「名探偵の食卓」という番組があり、

クリックすると元のサイズで表示します

シャーロック・ホームズやメグレ警部を差し置いてモースがエピ1に登場しています。

クリックすると元のサイズで表示します

「ビールは脳の栄養」とか言ってるモースの食事シーンはほとんどないのですが、このエピでは「主任警部モース」シリーズ3エピ3「欺かれた過去」で20年ぶりに会った旧友とのディナーがテイクアウトしたフィッシュ&チップスをベンチで並んで食べたというシーンを紹介、モースの食卓としてこれを取り上げています。

そして、日本でこれを味わえる場所として、東京、目黒の「目黒TAVERN」が紹介されています。店主のガースさんはなんとお店で出してるビールを製造もしている本格的は英国パブです。

やっと東京でもおずおずと外食産業が復活してきたタイミングでもあり、



とこのようにつぶやいたところ、ガースさんのお嬢さんがリプをくださり、ガースさんがモース大好きであると判明しました。これはGO TO MEGURO自主キャンペーンを始めねば!

ということで、リモートワークでこもっていたお友達と行ってきました。

しかししばらくこんなウキウキ体験から遠ざかっていたので、浮かれすぎてビールやお食事、店内の写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました!!!

ガースさん、お嬢さんに迎えていただき、これも自家製という懐かしのロンドン電話ボックス横の居心地の良いソファー席に通していただきました。

フィッシュの衣には自家製ビールが入っていてサクふわ食感。

シェパーズパイも頼んでみんなでシェアしたんですが、

なんと先にビールを飲んだ私はだんだん味音痴になってしまい不覚・・・!

せっかくもうしばらくは行けないイギリス料理を味わいに来たんだから、食べるまでは水を飲むべきであったか。

あとお友達とワイワイ楽しく話すのも久しぶりすぎて飲食に集中できなかったのも残念すぎです。

でも日曜限定のメニュー(この日はステーキとガーリックチップス)が気になったので、これは近い将来にまた行かねばなりません。

2
タグ: モース パブ ENDEAVOUR



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ