2021/7/16

ウォルト・ディズニーの約束  ベン・ウィショー

気になっていたのに見逃していた「ウォルト ディズニーの約束」をディズニープラスで見ました。

クリックすると元のサイズで表示します

ウォルト役はトム・ハンクス、
メアリー・ポピンズの原作者パメラ・L・トラヴァース役をエマ・トンプソン。
配役だけで安心感もありながら、地味なオーラを発していたので今まで見逃していましたが、衝撃的でした。

ディズニーは原作に惚れ映画化をパメラに何度も申し込み断られ続けていました。一方パメラは本は大ベストセラーになっても寡作なためお金に困りマネージャーに押し出されてロンドンからカリフォルニアまでやってきます。

同時に交互にストーリーが進むのは、パメラの幼少時代。夢想家の父に可愛がられた記憶、父に頼る美しい母と妹との暮らし、父の仕事の失敗で貧乏に転落、父は身体を壊しお嬢さん育ちらしい母はまだ小さい次女を抱え無力・・・そこへやって来たのが母の姉。

と困った家族を助けに来るメアリー・ポピンズのモデルはこの伯母さんだったのですね。

実際にはパメラにファンタジックなお話を聞かせてくれるのはお父さんの方で、このお父さんがコリン・ファレルなので無駄にセクシー、い、いや、こんなセクシーなお父さんにダダ可愛がられて育ったら、そりゃあお父さんっ子になってしまいますねえ。説得力のあるキャスティングとはこのこと。

そして私が受けた衝撃とは、メアリー・ポピンズはナニーですので映画は2作とも子供たち視線で子供向けの映画なのですが、実はメアリー・ポピンズが助けに来たのは「お父さん」だった。。。

ということを踏まえて、第1作(実は初見)

クリックすると元のサイズで表示します

第2作、

クリックすると元のサイズで表示します

と見たんですね。2作目の1作目に対するこだわりというかリスペクトもよくわかったし、何より泣かずにいられなかったのは、1作目のミスター・バンクスはもともと生粋の銀行マンで、いかにもイギリスのちょっと偉い人ぽい出で立ちだったのに比べ、

我らウィショーさんの、子供の時にメアリーに会ってるマイケルは、画家で不況で絵が売れないため臨時社員として彼のお父さんが勤務していた銀行で働いています。いつも物語が頭にあって現実逃避してしまうパメラのお父さんにかなり近いのがマイケルです。

2作目で風船を持って空に上がることを1番喜んでいたのがマイケルで、私は映画館で見た時は、単にウィショーさんがやたらと嬉しそうでフィーチャーされていたことを喜んでいましたが、あれはパメラのお父さんが救われたのだ、と今やっとわかりました。
3

2021/7/11

「パディントン3」来年撮影  ベン・ウィショー

クリックすると元のサイズで表示します

去年はコロナで中止になったカンヌ映画祭が現在開催中です。そこで映画製作・配給会社であるスタジオカナルの社長さんから「パディントン3」の製作決定、撮影は来年の春頃、と発表がありました!

やった〜〜〜!もふもふランド、フォエバー!

ただし、ベン・ウィショーのクマ声続投は未定とのこと。これが決まらないと喜べませんがアニメの声も受けたウィショーさんですのでスケジュールさえ都合がつけばきっと帰ってきてくれると期待しておりますよ。。。

あとこのシリーズのお楽しみは、ニコール・キッドマン、ヒュー・グラントに続くヴィランを誰がやってくれるのか、ってところですがピーター・カパルディはすでに意地悪なお隣さんですので無理、チャーミングな悪役の大物ができる人っていったい誰でしょうね〜〜〜ヒュー様のフェニックスのあとを継ぐには全然別タイプの俳優さんでないと・・・とはいえ美形でないと!

脚本は「マダガスカル」のマーク・バートンに加え「ひつじのショーン」のジェイムズ・ラモントとジョン・フォスターが参加するそうです。

ところで「パディントン」これまでの2作を監督したポール・キングはまだ3は未確定で、今年初めには続投はない、と言ってましたが、彼は「チャーリーとチョコレート工場」のウォンカ社長の若い頃を描く映画「Wonka」を2023年3月公開の予定で監督するので、そっちはウォンカ役がティモシー・シャラメですからそれもまた楽しみなので全力投球していただいていいですねー!でもこちらもまだシャラメくん以外のキャスト未定なのでどうなるか見守っていきましょう。。。
2

2021/6/30

Women Talking  ベン・ウィショー

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと前にDEADLINEに掲載されたウィショーさん新作映画の話を読んだ時ちょっとダウン気味だったのでスルーしてしまいました!

だって、原作のベストセラー小説「Women Talking」が、カルト宗教集団の話で、孤立したその集団内部の男性による性暴力が連発、信仰自体の危機に揺らぐという、暗〜くなりそうな話は気持ちが落ちてる時には受け入れがたいものがあります。。。

だがしかし!キャストが一人で2倍味がするくらい濃い人ばっかり、と言いますか一人でそのカルト教祖を演じれそうな女性が4人=ルーニー・マーラ、クレア・フォイ、ジェシー・バックレー、フランシス・マクドーマンド・・・+ウィショーさん。

クリックすると元のサイズで表示します

ストーリーだけでも暗そうなのに、一体どんな世界に引きずり込まれるの?!それでも囮にウィショーさんを取られてるから、足を踏み入れないわけにはいかないのですよ・・・

日本語訳出てない原作本、読む勇気が今のところありません〜

どなたかレポしてくれないものかしら。
2

2021/6/27

This Is Going To Hurt撮影だん!  ベン・ウィショー

今年2月に撮影風景が報じられたBBCドラマ「This Is Going To Hurt」が、ついに撮影完了に画像が公開されました。BBC Media Centre

ネクタイ着用のウィショーさんの白シャツが血の混じった体液まみれになった写真が各メディアを飾りました。

主役の産婦人科医のベン・ウィショー以外のキャストでは、コンサルタントという上位のドクターにアレックス・ジェニングスがいて、彼は「英国スキャンダル」ではソープの代理人役を務めウィショーさん演じるノーマンの敵でしたが、今回はどんな上司になるのでしょうか。

イギリスの医者のヒエラルキーと制度自体に問題があるのか、誰が悪いとかでなく患者が必要とすれば長時間労働でも働かなくてはならないので、病院のコインパーキングの方がドクターである自分よりも時給計算すると稼いでいる、という事態になってしまうのです。

現在コメディアンでもあるアダム・ケイが、NHSのジュニアドクター時代の日記を書いた同名本を原作とするドラマ版は脚本も本人が書きました。

本の方では恋人は女性だったと思うのですが、アダムさんはゲイで、ドラマでは恋人に男性俳優がキャスティングされています。超多忙ドクターの恋人との約束はいつも仕事を優先されてしまう、という事態に男女差はないのでプロットに大差ないでしょうけど。

ロケ地がラッセルスクエア付近でしたので、もしかしたらロンドン大学病院が勤務地として登場するかも。そしたら私が出産した病院なのでうれしいです。

今ポストプロダクションということです、見れるのはいつでしょうか!
3

2021/6/11

オンラインで「ミス・フォーチュネット」  ベン・ウィショー

クリックすると元のサイズで表示します

今日からSHORT SHORTS FILM FESTIVALの参加作品「ミス・フォーチュネット」がオンラインで見られます。

リンク ▶︎ TV

見るには登録が必要かもしれませんが、無料です。

母親を亡くした若い女性のお話・・・お母さんはシングルマザーで、娘スカーレットをいたわって家の片付けや葬儀を手伝ってくれる親類の人たち(?)もみな女性、それを「何事も男性に頼らずに生きました」と発表して当たり前に話が進むのですが、見終わってから、フィクションとはいえこの前提でこのようにこの映画を日本で作れるだろうかと疑問が思い浮かび、多くのシングルマザー家庭が守られてる国でないと、どうしても貧困とか差別とかの要素で邪魔されて、すんなりこういう「前提や設定などが大幅に省かれたショート映画」はできないだろうなあ・・・と感じてしまいました。

主演のモリー・オシェイ、なかなか良かったです
ベン・ウィショー、アレックス・ロウザーもちろん良かった、
あと脇役でタニア・ミラーという一目見たら忘れられない「YEARS AND YEARS」にでてた女性がいる!と思ったらその前に見た「セックス・エジュケーション」にも出ていたらしい・・・忘れてた、というより覚えてないのはなぜ・・・
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ