2021/10/14


今日はウィショーさんのお誕生日なので、2個目の記事です(笑)。

007という大バジェット映画はプロモーションもすごい勢いでしたので、俳優さんも大変だったでしょうがおかげでまた可愛いウィショーさんがザクザク世の中に配給されました。

その中のお気に入り。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

普通にしててこんなにかわいいウィショーさんがQを演じる時には、IT天才キャラということで落ち着き払った仕草や話し方で攻めてくるんですが、どうしてもかわいいが漏れてQファンが大量生産されたわけです。

世界中の人がQやウィショーさんのことを語るのを読むのが最近の楽しみなんですが、ちょっと気になった、というか私が今さら気づいたことがありました。

それはボンドとQの出会いのシーン



今までは「ボンドは新しいQが若造の新人類なので面食らった(特に「スカイフォール」は世代交代がテーマだった)」と私の中では思ってたんです。

・・・でも何回も見てるこのシーン、ふたり並んで正面のところ、Qがやけにクネっとしたポーズなのに違和感を感じていました。

このシーンのボンドの頭の中を解説したツイートを見かけたんですが、それが、
「ああ、やれやれゲイにナンパされてるぜ・・・」
で、台詞には全くないですが、その独白があるとQのナヨポーズやボンドの「EXCUSE ME...」を始め全てがスッキリ解決するんです!

NO TIME TO DIEでQのセクシュアリティが判明したとファンはざわついて(盛り上がって)いたのですが、登場シーンからすでに確立していたことだったのか?!


・・・それと、これも、ひとり今さらなんですけど、「スペクター」でのQの台詞で「In one piece(全部揃った無傷でという意味の英語)で返してと言ったけど本当にone piece(部品1個だけになって)で返してきたね」とかわいく笑った布石は、この出会いのシーンの最後に言ってたんですね。やだなあ、ずっとスルーしてました!


2
タグ: ボンド 007 Q

2021/10/14

HAPPY BIRTHDAY BEN WHISHAW  ベン・ウィショー

10月14日はベン・ウィショーさんお誕生日。
おめでとうございます!!

クリックすると元のサイズで表示します@whishawUpdatesさん経由のヘアアーティストjodytaylorさんのインスタストーリーより

こちらはNO TIME TO DIEロイヤルアルバートホールでのプレミアの時ですので、最新に近いので選んだお写真です。ヘアアーティストさんの写真なのであの時の髪型がよく見えてステキ!

最近は大作ボンド映画のおかげで、ちょっと検索すると世界中のウィショーファンがQを絶賛し、今日が始まってからお誕生日を祝っています。





2

2021/10/5

ちょいネタバレNO TIME TO DIE  ベン・ウィショー

クリックすると元のサイズで表示します

Qが自宅でクッキング中につけていた日本製エプロンをアマゾンで買いました。こちらにupするのに履歴で商品ページに再訪したら、私がポチったつい昨日は\4800だったのが、今日はなぜか\5334になってて「前掛けも時価だったのか・・・」とびっくり仰天。

このタイプの日本製前掛けはもともと外国人に人気があり、私も海外へのお土産にしたこともありますが、まさか自分用に買うとは思ってもいませんでした^^;

男性用なので、夫にプレゼント・・・と頭をかすめましたが、夫は今丸刈りでQと言うよりボンドなので、その図はあまり見たくないかも。

脱線から入ってしまいました。

あまりにも不明点が多すぎたので、早速また見てきました。2度見して、解けた謎もあり、解けない謎もあり。

それより初見で「クスッ」と笑っておきながら、その後のシリアスな展開で忘れてしまったジョークの数々をまた楽しめ、今度は覚えてきましたよ。

個人的最高だったのは、マドレーヌちゃんに
「あなたの最悪なところはね・・・」と言われたボンドが
「タイミング・・・?」
「それともユーモアのセンスがないところ・・・?」
とマジレスしていたところでっす!!!
英語圏ではタブン男性に対する最悪な評価がこのふたつで、言われた男は相当に自信をなくす欠点です。そしてまさしくボンドってそういう男ですよね!

あとどこに侵入した時だったか忘れたけど、誰かに
「何かヤバイことが起きてる?!」という意味のことをきかれたボンドが
「Constantly.」と・・・字幕は「次から次へと」だったような!
こんな自虐ギャグ言うようなボンドでしたっけ?

これはきっとフリーバッグのフィービー・ウォーラー・ブリッジが脚本に参加したせいですよね。彼女がレッドカーペットに並んでいるのを見て「何で?!出てたっけ?」とおバカさんな疑問を持ったのでしたがそういうことでした。

ところで007といえば男の憧れの姿だったような気がするのですが、ダニエル・クレイグ集大成の本作では、アクションとMへの対応は踏襲してましたけど、女性に対しては全然かっこいいところがなかったと思ったのは私だけでしょうか?

だってエージェントの新007にも、パロマにも、暗がりや寝室に誘導されてお色気を期待しては「そうじゃなかった」目にあうし、マドレーヌと「アイラブユー」や「ジュテーム」を言い合っても、なんだかこのふたりどこをどう惹かれ合ってるのか最後までわからず・・・。私は俳優ダニエルを嫌いではないけど、彼のボンドってどうもかっこよさや色気より哀愁を感じてしまうのです。それでマドレーヌちゃん、この男で本当にいいの?気の毒だから一緒にいてあげてるの?って思ってしまって、ごめんなさい〜〜〜!

でも集大成ではボンドは人としての幸せをとり、それこそがカッコよさなんだとスタッフは言いたかったのか。


そうそう、肉弾戦や銃弾戦が苦手な私も楽しめるアクションがあって、それこそが、秘密兵器開発担当 主任Qの世界。

防弾ガラスとはいえ、撃たれまくりの車内で「ジェイムズ、何かして!」とマドレーヌちゃんにさんざん言われたボンドがやっと口を開いて「OK」と一言つぶやきフロントライトからマシンガンのような武器を放射状にぶっ放しでグルグルとスモークもくもくは「これぞスパイ映画!」なスッキリ感、

そしてそして、武器製造島に潜入したグライダー!翼をしまって潜水艦に早変わり、カッコよかった〜〜〜キュン〜〜〜

そのグライダーを乗せた大きい戦闘機は、英国空軍の本物を地上では撮影したようでした。(空軍のツイートを見かけました)Qはそれに乗って日本海上空あたりを旋回していたということでしょうか、初見ではQの居場所がよくわからなかったんですが、やっと予告編でも見られたゴーグル着用シーンはこのためだったのかと。



3

2021/10/1

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ  ベン・ウィショー

本日公開「NO TIME TO DIE」、ネタバレなし!

「秘密兵器開発担当主任」パンフレットより
クリックすると元のサイズで表示します

ここ2〜3日はソワソワしてよく眠れませんでした。

豪華プロモーションの通りダニエル・クレイグ集大成の通算25作目の007、ということでジェイムズ・ボンドの見どころモリモリ、

Qを見に行ってる私もさすがに主役にグイグイ引き込まれて映画館の椅子の中で飛び上がりながら、2時間40分余ずっとスクリーンに集中。

その集中の先は、

まず期待していたQの部屋、これは見足りない見足りない!!!後5回くらい劇場いかないとセットの隅々まで見られないんじゃないでしょうか?!たったの数分のシーンだけど、例の前情報にあったQのへんなセーター(そんな変じゃなかった)、日本の前掛け、猫、キッチン♪

でね、でね、お客さんについてのQの発言なんですけど、しっかり再度聞きたい!うふふ♪ 

そしてボンドにMI6で再会した時のQのリアクション!とMの台詞、あああ♪

肝心の戦闘シーンでも、さすが秘密兵器開発担当主任なので立派にボンドをサポートし・・・

パンフレットのQの紹介文は「若くてコンピューター知識に長けたオタク気質のキャラクター。若さゆえの茶目っ気と先代から引き継がれたユーモアのセンスで、クレイグ・ボンドとのやりとりは殺伐とした雰囲気を和らげ、007シリーズに新風を吹き込んだ。」

「若さゆえの」は本当は「ウィショーゆえの」なんですけどね、まあまあ正しい解説ですね。

それから「スペクター」から引き続き登場のレア・セドゥーもファニー・フェイスでプクプクした体型がまた可愛く、彼女が登場してる時は、困った眉、丸い鼻、スキっ歯、綺麗な髪、丸い体型にずっと目が釘付けになって私の中のオヂサン度が500%全開になってしまいました。

初登場美女のふたり、新007のラシャーナ・リンチとアナ・デ・アルマスも良かったです。

MI6のレイフ・ファインズにローリー・キニアにナオミ・ハリスもいるんで、彼らが演じればたとえ大したことないシーンでも見れることで幸福度がアップします!

なので、実は実は、カーチェイスも肉弾戦も銃弾戦もキライなので、

眼福と戦闘シーンの交互の波が延々と続く、忙しい映画です。







2

2021/9/29

No Time To Die ワールドプレミア  ベン・ウィショー

⬇︎1番下にベン・ウィショーの写真追加しました!!

昨日の夜、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールにて「007/No Time To Die」のワールドプレミア/レッドカーペットが催されました!

すご〜い!レスター・スクエアとかじゃなくて、アルバート・ホール!!さすが、2012年のロンドンオリンピック開会式では女王様も出演された作品だけはありますね!

でレッドカーペットもひな壇のように敷かれ、本物のロイヤルファミリーも出席です。女王様じゃなくてチャールズとウィリアムの王子様がたと各妃。

007の公式サイトに行ってみるとそのお写真がホームページを飾ってるのですが、

ん?

レッドカーペットらしく豪華な集合写真をキャスト&スタッフ、そしてロイヤル一家も撮られているのに、Qがいない?!

クリックすると元のサイズで表示します

と思ったら右下にピン写真が収められてました・・・

主役でさえグループ写真なのに、ひとりだけどこかでお行儀よくかしこまってたんですね、それでソロになっちゃんたんでしょうか。

それと、プリンス・オブ・ウェールズ&コーンウォール公爵夫人がキャスト&スタッフとのお写真をツイートしているんですが、



ここでも、007のダニエル・クレイグや女性00のラシャーナ・リンチ、主題歌を歌ったビリー・アイリッシュのところにはチャーリーが近づいていってるんですが、Qのベン・ウィショーのところには公爵夫人が・・・・?!危ないウィショーさん!・・・じゃなかった、ついドラマ「ザ・ウィンザーズ」(カミラがすごいんです)が頭に浮かんでしまいました。ま、チャールズでも危ないことには代わりなんですが(「ザ・ウィンザーズ」の話ですよ)。

クリックすると元のサイズで表示します

この素敵なお写真は、British GQからです。

しかも、リンク先のページを掲載したGQのツイートには

Ben Whishaw's Alexander McQueen stole the show.

と書かれています!
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ