2020/10/25

谷中の英国ハウス2  近況

クリックすると元のサイズで表示します

我が家から徒歩圏内にもうひとつ本格的な英国の家があると知って、少し遠出の散歩をしました。

実はこちらの建物はCha Tea紅茶教室という本格的なスクールでした。ウェブサイトをのぞくとビジターレッスンというクラスもあります。どんなところなのかお試しできていいシステムですね。今回は休日にお天気が良かったので突発的に行ってみましたが、コロナが一段落したら1度お勉強にも参加してみたいものです。

クリックすると元のサイズで表示します

「英国の間取り」という本を読んで以来、家に関心が芽生えてこうして散歩すると、住宅街なのでキョロキョロ家の造りに注目するようになりました。すると意外なことに、東京の下町で古い家も比較的残存するエリアなんですが、洋風建築もけっこう多いんです。

私は家を所有することにあまり関心がないので、イギリス大好きでも自分好みの家は考えたこともなく、むしろ日本なら古い日本の家が好きなんですが、ふと思い出したら、私の夫は数年前に企業を辞めてしまい、現在フリーランス大工をやっています。そして雇い主はイギリス人が多いです。技術的にはイギリスの建材を揃えて建てることは可能かもしれない・・・天使が舞い降りて土地とお金さえ提供してくれたらば。せめて宝くじでも買いに行きましょうか。でも家を建てられるお金があったらイギリスの田舎に引っ越したいなと方向がまたずれていくのでした。





1
タグ: イギリス 

2020/10/20

谷中レッドハウス  近況

「英国の間取り」という本の参考文献で図書館にあるものを借りてみました。ある間取りのことを調べたかったからで、それはわからずじまいだったのですが、「英国住宅に魅せられて」という本の著者が手がけた日本のイギリス住宅が我が家から徒歩圏の谷中という町にもあることがわかりました。

それがこちらです。

クリックすると元のサイズで表示します

アンティークボタンなどの展示と販売をしているギャラリーでもあります。コロナ対策で今は要予約となっていますが、今日は休日だったので外観だけ。

クリックすると元のサイズで表示します

著者さんは英国建材を取り寄せて全国各地にイギリスの家を手がけていてすごいです。私には発想も資金もないですが、ある所にはあるもので特に八ヶ岳、軽井沢、箱根など緑多い土地の一軒家は窓から外を眺めても日本だということを忘れてしまいそう。

10/21追記: 
こちらの家の少し先に、もう1軒同じ建築事務所によるイギリス建築があることがよく本を読んだらわかりました。あなどれないご近所?!そちらにも今度行ってみたいです。


谷中はうちからは隣町みたいな距離ですが、一応、都心だけあってすごい密集ぶりながら、まだまだマンションに駆逐されず一軒家や小型の集合住宅が多く味わいがあります。

イギリスから引っ越してきた時、娘は幼稚園年長の年齢で最寄りの公立幼稚園がここ谷中でした。マンションが少ない地域は高齢化して子供が少なく、本当の最寄りの園はなくなっていたからです。

5歳の子供と歩くと30分近くかかった通園ですが、ロンドンの小学校もそれくらいの距離を歩いていたので私たち親子は手をつないでテクテク歩きました。幼稚園は送り迎えに1日2度も往復したこともあり、また幼稚園仲間から誘われてお寺の和尚さんがやる花火大会(と言ってもただ子供向けのをやるだけ)に行ったりと東京下町を堪能することができました。

その後だんだん私も仕事をし出して谷中の散歩はご無沙汰してましたが、新しい家や店も町の個性に合っているものが多くて東京下町パワーアップしてます。

最近増えたのは古本屋で、猫の本、絵本、サブカル本など店主の趣味からやってる系が多くて、つい買いそびれた「WE ❤️ BOB」というボブの写真集がないかな〜とのぞいてしまいます。あとモダンなカフェも増えてます。

幼稚園は遠くて不便なはずでしたがおかげで土地に詳しくなり今でも散策を楽しめています。

余談ですが、ロンドンでも切羽詰まって想定外の地下鉄の駅がないモルトレイクに住んだ経験が、今では甘酸っぱい思い出になっています。だいたい外国人は便利な地下鉄沿線で住むところを決めるので、地上の電車駅しかないところには少なく、つまりは地元のイギリス人の多いロンドン都心ぽくなく地方の田舎町のような良さがありました。

地下鉄はなくてもそこはロンドン、バス停が家の目の前にあり、バスでリッチモンドまで10分くらいでした。リッチモンドパークには徒歩で。

マイナーな町に住む良さは、観光客は絶対行かないような隣町やその隣町を知ることができて、隣町はバーンズというクイーンが売れない時代にみんなで住んでた家やスタジオがある町でした。またテムズ川沿いにキューガーデンにも歩いて行けて、産後の約1年、毎日ベビーカーを押して歩き回ってそれだけで楽しかったです。

谷中の幼稚園といいモルトレイクのフラットといい、最初は辺鄙なところで「なんでそんな場所に」ってなったものでしたが、蓋を開けてみたら大当たりで、人生思い通り、計画通りに行かなくても後からその巡り合わせにとても感謝することってあるものです。
1

2020/10/2

エレン・シェイドリン個展  近況

クリックすると元のサイズで表示します
@ヴァニラ画廊

1週間くらい前に、インスタかTwitterでかわいいのにシュールなトリックアート的な写真を見つけて気になって調べたらエレン・シェイドリンというアーティストの作品でした。しかも日本初個展が数日後に開かれるニュースも出てきたので、夜中にチケットを即購入、初日が休日だったので行ってきました。

カラフルなパステル系の写真も多いんですが、さすが(?)ロシアのアーティスト、かわいいだけでは絶対終わらない、シュールな世界、かなりグロいスパイスもありまして、
下は撮影OKの立体、動物型のスイカシリーズです。自足自給。

クリックすると元のサイズで表示します

私のきっかけがSNSだったように、ネットでかなりの作品を投稿していて、主にセルフポートレート+アルファの自分がモチーフの一部になっている作り込みの写真を中心に、油絵、立体とマルチアーティストです。

彼女の一番の強みは作風にぴったりの本人のロリコン的な容姿だと思います。やはり彼女の肉体なしには他人が同じことしても成り立ちませんから。

彼女は日本カルチャーが大好きと作品集にも書いてあり、来日して日本人アーティストと仕事をしたこともあるようです。

作品集が10/13発売予定で、個展では一足早く販売していました。小型の本ながら、作者Q&Aやグローバルな大企業とのタイアップ作品も掲載されていて、ネットで写真を眺めるだけでも楽しいですが、本を持つ喜びはまた別です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ヴァニラ画廊での個展には、ネットでの日時予約が必要です。10/13まで。

2

2020/9/30

iHerbでエコなアメリカ体験  近況

クリックすると元のサイズで表示します

少し前にヘナで髪を染めるようになったんですが、それで全体に赤っぽくなって満足していたのに、求職活動中に髪の色を指摘されてめんどうになったのでカラー・コンディショナーというので黒髪に戻しました。コンディショナーは染めるわけではないので使うのをやめれば落ちるかと軽い気持ちで使ったんですが、なぜか私の髪は黒い色を手放さずちっとも落ちません(涙)。

今の職場の人はみな茶髪なので、私が赤にしたって多分OKということでまたヘナを使い始めたのですが、にっくきコンディショナーの黒が強力すぎてなかなか赤くなりません(涙)。

ヘナはiHerbというアメリカの通販サイトで購入しています。身体とエコに良い製品を取り扱っていて、主力商品はサプリのようですが、食品、化粧品なども扱っています。

日本ではオーガニック食品やサプリ、化粧品というと、古民家の暮らし的な良心系または意識高い南青山のオシャレさん系のイメージがあって、どちらも日常ではないのですが、アメリカはサプリの普及度が高いせいなのか、確かに意識は高いけど日本よりももっと身近に商品が手に入る気がします。ただ私はハワイ/ワイキキとNYCという都会しか知らないので、本当のところは地域差があると思いますが。

iHerbでは100%植物でケミカル成分なしのヘナが、色の種類も豊富で値段も日本のに比べて安い。

そして2090yen以上で送料無料で、ついついでに他のものも欲しくなってしまいます。
今回は洗濯用石鹸を買ってみました。(写真右)

ヘナよりお高くついてしまいました(笑)が、洗剤ではなく液体石鹸で、しかもアロマテラピーのような香り付き。買ったのはフランキンセンスとパチョリという葛根湯のような香りです。葛根湯は漢方薬ですので、ナチュラルなハーブやスパイスを使ったら似たような香りになるのは納得ですね。香りは、種類もいろいろあります。しかも柔軟剤なしで洗い上がりがフワフワ。

日本にも洗濯石鹸はありますけど私が知る範囲では無香料のみ。外国の香りの嬉しさもついてくるのでお値段高めですが気持ちに余裕があるときリピしたいです。




1
タグ: iHerb ヘナ 洗濯石鹸

2020/9/21

HSP脳の島皮質が忙しい  近況

クリックすると元のサイズで表示します

HSPとは、「Highly Sensitive Person」の略だそうで日本語だと心理学で「繊細な人」と呼ばれるそうです。いや、でも英語のHighly(非常に)はどこ行っちゃったんだろ?直訳だと「非常に繊細な人」ですよね。

この言葉を知ったのは、今の職場で先輩のひとりがご自分のことをHSPだと言ったからでした。実を言うとその方は、別のスタッフから「やたら細かい人」「すぐに勝手に表などを作って作業を増やす」「頑張り屋」などとも言われてた人なので、私はその人をアグレッシブな人なのかとイメージしてただけに真逆。。。

そしてHSPの特徴が、

ー人が大勢いると疲れる
ー人や刺激に過敏
ー共感力が高い
ー小さなことにクヨクヨする

などということを知っていやこれ私じゃ?と直ぐに思いました。

そしたらTHE BIG ISSUEの最新号No.391にも特集ページがあったので、さっそく読んで

『2010年以降に脳の研究が進んだことで、HSPは脳の機能に特徴があることがわかってきた』

ことを知って、自分が今まで悩んできたことは脳の特徴のせいだとわかりました。

HSPは5人にひとりくらいいるそうで、マイノリティとはいえ結構いるんですね。

それにコチラのセルフチェック(気になる方は是非チェックどうぞ)によれば私は「中」程度のHSPで、人により程度もそれぞれみたいです。

なのでHSPの特徴でも私に当てはまらないのもあって、例えば「芸術的な資質を持っている人が多い」とか「人に配慮できる」とか大体優れた点は私には当てはまらないんですけど。芸術ってピンとこないし、よく「天然」と言われて人に申し訳ない失礼なことをしてしまう鈍感さもあってますます落ち込むという。。。

でも「大勢が苦手」「ひとりの時間が必要」これは絶対なのでHSPなのは間違いないです。

THE BIG ISSUEの特集によると、そんな過敏な人の自衛方法として

ー見えないバリアーをイメージする
ー自分の気持ちを言葉に表す
ーひとりの時間を作ったり情報をシャットダウンする

という3つのことが書かれていました。私は偏頭痛もちでもあって、時に頭痛が酷くなって吐き気もする時PCスマホから1日離れてると回復するのは身体が無理やり情報からシャットダウンさせているのでしょうか(笑)。でもHSPとしては頭痛はそうしてリセットしてくれるので実はうまく機能しているのかもです。HSPは鬱になりやすいそうなんですが、私は落ち込みは頭痛と同じで3日で復活します。HSPのくせに図太いです。

子供の頃は、母に「なんでクヨクヨ考えるのか」と言われたりして、その母の言葉にもさらにクヨクヨと落ち込んでいたのですが、脳のせいとわかってスッキリ、母や、私に「なんでそんなことを考えるのよ?!」と言った人は絶対HSPでないマジョリティなんでしょうね。

HSPに向く仕事は「人に配慮でき、思いやりがあるので、医療、教育、福祉など人を助ける仕事に向いています。」とTHE BIG ISSUEにはあったんですが、・・・うーん、一応今フロント係という接客のある仕事してるけど、思いやりは自分の好きな人にだけやたらと発揮する性格でもあるので向いてないです。好きな人以外へのサービスは疲れるからイヤ・・・
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ