2020/2/9

グッドライアー  その他の映画・ドラマ・舞台



イアン・マッケランが可愛すぎて、結末はちょっと私には不満なのですが、楽しく鑑賞しました!マンガのようなストーリーを実写で見ちゃった感。。。

こういうふたりを見れると年をとるのも楽しそうだな、と思えます。ウブで善良なお年寄りのふりをして若い人を煙に巻きたくなりました。しかし詐欺師って仕事で演技をするんですから名俳優ならできるけど私のような一般人は即見破られて逆に騙されるんでしょうけど。

ところで私はまたまた過剰な深読みをしてしまい、ラッセル・トーベイくんが演じるベティ(ヘレン・ミレン)の孫は実は恋人なのでは?!と思ってました。自分の願望が出たのでしょうか(笑)。

ベティの住む家は人工的な住宅区にあり、それが俯瞰で見ると同心円のようなGの字のような幾何学的な形をしてるのが面白かったのですが、夫が言うには1960年代にロンドンの郊外ミルトン・キーンなどにそういう町がたくさん作られたそうです。

それとロンドンで主役二人がショッピングをするシーンで、セント・ジェイムズ・ストリートの帽子屋が出てきます。あれは「キングスマン」でヴァレンタインも帽子を買いに行った「ロック&Co.」、そのあとは隣の靴屋「ジョン・ロブ」に行ってます。そしてその隣が「キングスマン2」に出てきたワイン商「ベイリー・ブラザーズ」です。

タイトルの「The Good Liar」ですが、日本語的に考えると「善良な嘘つき」と勘違いしそうですが(しました)、「優秀な嘘つき」って意味だったんだよな〜と劇中に教えてもらえます。

1

2020/1/24


クリックすると元のサイズで表示します

はあぁ〜〜!英国ドラマの世界広し!ニコラス・ホルトくんが出ていると枝龍さんのブログで教えてもらった、2007年〜のこのドラマシリーズ。

高校生ドラマですが、面白かったです。ニコラス・ホルトくんは「アバウト・ア・ボーイ」の子役時代と「マッド・マックス」の中間時代を知らなかったのでもう本当に眼福もののイキった少年でしたが、

脇役のキャシー役のハンナ・マリーは私の大好きなエギリスの青春映画「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」に出てた子で、不思議な性格の妖精ちゃんでファッションも妖精ちゃんでハートを持っていかれました。

ゲイの少年マクシー役のミッチ・ハウアーも良かったけど、彼はあまり俳優業はこれ以降してないみたいで残念。

他の子たちもみんな見かけはチャラい高校生なのだけれどそれぞれの事情と悩みを抱えながら生きてて、いろいろあって当然なんだな!と見てる大人も元気が出ます。

自分の高校時代と比べて、国も時代も違うのだけど、差を感じるのは、親から置いてかれてる子供が多いこと。

日本よりも離婚が多いだけでなく、イギリスはシングルマザーも多い、別居夫婦も多い、人の親も皆第1優先は自分自身であり、子供はティーンでセックスに忙しくなるだけでなく自分を守っていかなくてはならないような家庭がほとんど。

親世代のハチャメチャ加減は年季が入ってるだけにティーンよりもひどい。まあ、未来が子供よりもない分、実際にお先真っ暗なのだけど、私としては同じ世代で悲しくなるよりも自分もぐちゃぐちゃだけどみんなそうなんだ!と安心材料になってたり(笑)。

家族の結びつきももちろんあるけれど、友達や恋人との結びつきがいかに大きいか見てるとわかる・・・

というのも、このシリーズ1と2は2007~8年、まだスマホがない世界なんです!携帯で秘密の写真をバラしちゃう、ってことは出てくるけど、まだSNSのないティーンの世界です。「いいね!」よりリア友の最後の世代ですね。

でもシリーズ3以降はほぼ別のキャストになって続くのですが、2013年までなのでどこかでスマホが登場してるでしょうね。

ニコラス・ホルトくんが演じたトニーの妹、エフィはお兄ちゃんが大学生になって彼女が高校生となりメインキャラになっていくようです。エフィ役のカヤちゃんがすごい美人さんなんですが、メイズ・ランナーのメインキャストになってます。私は未見ですが、トーマス・サングスターくんと美形コンビでいいですね。本作ではお嬢さん私立校の制服姿とゴスパンク姿で楽しませてくれます。

それとジョシュ・ホワイトハウスが来日してキャンペーンした(私も会いに行った)映画「モダンライフ・イズ・らビッシュ」のヒロイン=フレイヤ・メイバーも2011~12年にメイン・キャストで出ています。彼女の雰囲気とてもこのドラマっぽいです。

で、このドラマはブリストルで全ロケをしたとのことですが、私はロンドンから日帰りで訪れたことがあり、知っている場所が出ててウフフでした。そしてまた3月にたったの1日ですがブリストルに行く予定なのです。ちょっと嬉しい。

また2007年は私がロンドンから東京に引っ越した年です。(そう考えるとすごい昔です。少年だったニコラスくんが立派な大人の俳優になったのも道理です。)私の知ってる時代のイギリスの話だと思うと、また思い入れがアップしてしまいます。
1

2020/1/23


クリックすると元のサイズで表示します

今月は家族が戻ってきてるしお泊りのお客様も出たり入ったりで、映画やドラマに集中できてないんですが、「スキンズ1〜2」と「セックス・エデュケーション2」をちまちまと楽しんでいました。

そしてどちらも見終わってしまった!切ない!

セックス・エデュケーションは一見エキセントリックな高校生たちの友情や恋愛とセックスを見ながら自分と共通する感情に共感したりハラハラしたりが楽しいし、

2では1にはなかった、イギリスの若い女子たちの受けているセクハラ問題も出てきたりして、日本よりもよっぽどマシに見えた女性の人権問題が、現在進行形なんだとわかったのがリアルでした。

ネットフリックスは日本でも世界と同時に配信される良さがこんなところにも。

そして高校生ドラマにつきものの、親たちですが、私は世代的にはこちらですけど、高校生から見た大人だからか(ティーンになると親が急にバカに見えるじゃないですか?!)高校生よりもダメ度がアップしてて、これはコメディだから強調しているのか、普遍的な事実なのか悩ましい。

それにドクター・フー新作に飛び入りのように登場してたスティーヴン・フライのカメオ登場もありびっくりした!ということはきっと彼もこのドラマを楽しんでるということですね!

クリックすると元のサイズで表示します
1

2020/1/17

映画「ダウントン・アビー」  その他の映画・ドラマ・舞台

大ヒットTVドラマ「ダウントン・アビー」が映画になりました。

実はこのドラマなくては今の私は存在しないほど人生の転機となった作品です。今このブログを読んでくださってる方ともお会いできてなかったでしょう!

ドラマは日本製も海外のもほとんど見ない人でしたので、イギリスに計7年くらい住んでいたのに、BBCもITVもテレビつければ普通に見られたのに見なかった。今のお金を払って円盤や配信を買うオタクな人生に導いたきっかけが「ダウントン」だったのです。

と言っても「ダウントン」にハマったわけではなく、まず夫がどこからかダウントンのDVDをもらってきて見るのを誘われ、「どうせ見ても英語わからないのに〜」と思いながらも見てたら「ドラマって面白いんだ?!」と自分の中に何かが開花したんですね。そこで当時(2011年ごろ)NHKで放送された「シャーロック」の評判が目に入り、在英の友人にDVDを頼んで買ってきてもらったのが運の尽き。

・・・そこからは数年ブログに書いてあるとおりでございます。


では日本版公式サイトの美麗ポスターをお借りして感想を。

クリックすると元のサイズで表示します

メアリーとマシューの息子が将来伯爵様になるんだから、メアリーが立派な大奥様になって家を仕切るというヴァイオレット様のラストのお言葉、ハッとしました!

クリックすると元のサイズで表示します

伯爵様、良いご家族に恵まれましたね。アメリカ人の奥様の、イギリスでのご苦労話はなかったのか、見たけど忘れたのか。1番の人格者でございました。

クリックすると元のサイズで表示します

マスオさんチームは常にイケメン。この物語に華を添えるヒロイン的な。

クリックすると元のサイズで表示します

次女イーディスは最後に高位の貴族に嫁いで幸せになりました。私は最初なんでイーディスがいつもメアリーに突っかかってくるのか理解できなかった。男子相続人のいない貴族の長女だとモテモテなのが羨ましいのかな。単に立場のせいでしょうが下から見ると羨ましいのかな。親からのプレッシャーもなく好きに出来て羨ましいと第1子の私には思えるのに。

クリックすると元のサイズで表示します

カールソンさんは本当に当たり役でした。以降、何を演じても俳優ジム・カーターでなくてカールソンさんが別の役を演じているような気がしちゃう。

クリックすると元のサイズで表示します

一般人としてつい応援しちゃう庶民出の職業婦人。旦那様もステキ。

クリックすると元のサイズで表示します

トーマスはせっかくドラマのラストで執事に大昇進したのに映画で残念なことになっちゃってフットマン枠のポスターに入れられちゃったのか。

クリックすると元のサイズで表示します

有能で賢いアンナに比べ、ベイツさんはいつも問題の元。アンナに唯一欠点があるとすれば男を見る目・・・

クリックすると元のサイズで表示します

モールズリーさん。残念な失敗することを「モールズリーする」という動詞で表現したくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

デイジーって、なんだかんだでモテモテなんですよね〜?!下僕キラーなだけじゃなく最初の夫のお父さんにも気に入られていて、庶民の可愛いお嫁さんキャラなんですかね。私も彼女が可愛いと思います。


映画には出演ありませんが、ドラマ初期の白馬の王子マシューを最後に言及しおきたいです。本人はイケメンキャラで売りたくなかったらしく自ら降板しましたが、ドラマのヒットには彼の存在が大きかった。彼亡きあとは、メアリーと同じくもうこの世も終わりと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

この幸福が永遠のものでなくても、それでも人生は続くと教えてくれたのがダウントン。
2

2020/1/6

ゴールデングローブ賞2020  その他の映画・ドラマ・舞台

2年連続で手がけた映画が受賞したデクスター・フィッチャー監督が主演俳優にキスのサンドイッチ!!すごいな〜いきなり有名監督だね〜
クリックすると元のサイズで表示します

つい2〜3年前までは、有名な映画賞にそれほど興味がなかったのですが、去年くらいから知ってる/好きな俳優、映画やドラマが受賞するので自然にニュースに気をとられております。

つまりそれくらいアメリカの賞を英国俳優が受賞しているということでもあります。ゴールデングローブ賞に投票する会員は(アメリカの)外国人なので特に多様性に寛容なのかもしれませんが、この結果がすぐ後のアカデミー賞に影響するとあれば侮れません。

今年は

映画の部
ドラマ部門
■作品賞
『1917 命をかけた伝令』

■主演女優賞
オークワフィナ『フェアウェル』

■主演男優賞
タロン・エジャトン『ロケットマン』

■監督賞
サム・メンデス『1917 命をかけた伝令』

■歌曲賞
「I’m Gonna Love Me Again」(『ロケットマン』)


テレビの部
ドラマ部門
■主演女優賞
オリヴィア・コールマン「ザ・クラウン」

ミュージカル/コメディ部門
■作品賞
「Fleabag フリーバッグ」

■主演女優賞
フィービー・ウォーラー=ブリッジ「Fleabag フリーバッグ」


このへんが私の好きな作品、見たい作品から受賞しました!全体の結果は公式でどうぞ。

タロンくんの「ロケットマン」は去年のマイ・ナンバーワン映画ですよ〜!信じられない〜大きな映画賞受賞する作品は映画通に受けるものが多く、私が好きになる映画はだいたいマイナーで終わることが多いのに。。。私が映画通になったの?映画がマイノリティに追いついたの?

「フェアウェル」のオークワフィナは、同じ実在の人物を演じたタロンくんと1ヶ月くらい前に対談もしてまして、その時に「フェアウェル」という映画のことを知って見たいと思ったんですね。日本でも4月に公開とのこと、やったー

イギリスとは関係ないけれど、同じアジア文化圏の俳優と作品がこうして陽の目を浴びるのも、去年の「クレイジー・リッチ!」で弾みがついたせいもあるでしょう、嬉しいことです。

「1917」!!!戦争映画は歴史なので結果を知っているのに重くて辛いですが、英国映画ファンは避けては通れないのが常。


役でもプライベートでもおしゃれなルーシーちゃん、今日も決まってる。
クリックすると元のサイズで表示します

ドラマ部門主演女優賞のオリヴィア・コールマンと息子王子役のジョシュ・オコナー
クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ