2021/10/11

Everybody's talking about Jaimie  その他の映画・ドラマ・舞台

「Everybody’s Talking About Jamie」というミュージカルが数年前からロンドンで上演されていて気になっていました。その映画版が早くもアマゾンプライムで見られるようになっていました!

クリックすると元のサイズで表示します

実話に基づくというストーリーは、ドラァグ・クイーンを夢みる16歳の高校生ジェイミーが、息子を認めず家を出た父親、過保護な母親、校則で彼がパーティーでドレスを着るのを許さない先生、彼をバカにする同級生、1番の理解者イスラム教徒の女友達との関係に悩みながらも、夢を実現する道を見つけていくというもの。

まあ、これだけLGBTQいわゆる性的少数者に肯定的な世の流れで、田舎の高校生ですでにドラァグ・クイーンを夢みることができるんだ、と思ってしまいましたが、

元になったイギリスのドキュメンタリーは10年前のもの、今よりさらに風当たりは強く、そして今でももちろん差別&無理解がありからこそ生まれヒットしたミュージカルでしょう。

ジェイミーの現在進行形の話がメインストーリーなのですが、それを深いものにしているのがドラァグを作り上げてきた前世紀の先駆者たちで、最近ドラマや映画で語られることの多くなった80年代のゲイカルチャーがここでも出てきます。

ジェイミーのロールモデルとなった先代の姐御たち代表として、ドラァグ・クイーン専門店の店長さんヒューゴをリチャード・E・グラントが演じていて良かったです。

そして彼を通して80年代のドラァグ・クイーンやゲイの世界がVHSビデオで持って語られます。

クリックすると元のサイズで表示します

ステージやパーティーの華やかな映像の後に・・・

クリックすると元のサイズで表示します

私はここらでビデオの日付に釘付けになりました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

1991年11月24日、フレディ・マーキュリーの命日が、彼らの歴史でもパーティーの終わりの日として語られていました。

もうこっちのことに気を取られてしまい、現代にも「自分が何者か」を10代の子は悩み葛藤しながら成長して自分を実現することには変わりないというのに、昔の偏見に比べたら、LGBTQというカテゴリーが一般的になっただけでもずいぶん道が楽になったのでは・・・と年寄りくさく思ってしまいました。

が、私と同じ気持ちをリチャード・E・グラントが「Kids! Today!(まったく最近の子は!)」という一言で表現してくれたのでスッキリです。

1

2021/9/19


クリックすると元のサイズで表示します

Netflixの「セックス・エデュケーション」シーズン3が公開されたので早速観ました♡

エイサ・バターフィールドが冴えない高校生オーティスを演じる、その名もズバリすぎる^^;スクールコメディです。3も笑って泣きました!

オーティスのママ役ジリアン・アンダーソン以外は知らないキャストでしたし、好みのキャラはオーティスくらいのものであとはベタな男性ホルモンと女性ホルモンがにじみ出た苦手なキャラばかりなのに、見るとオールキャストが大好きになってしまう謎のドラマです。

クリックすると元のサイズで表示します

エイサくんの高校生役もこのドラマで最後かなぁ。ナードな少年専門俳優ではいられないものね。大好きだけど。

大嫌いだったマッチョなジャイアン=アダムも大好きになってしまったなあ!

クリックすると元のサイズで表示します

シリーズ2から大変なことになったアダムのお父さん。

クリックすると元のサイズで表示します

アダムの彼女だったエイミーちゃんは、エロく見えてしまうキューティー・ブロンド。

クリックすると元のサイズで表示します

写真はインスタからもらってきました!3のプロモに合わせたSNSレッドカーペット風でステキです。ドラマ公式がアップしてエイサくん個人が「いいね」してます。

クリックすると元のサイズで表示します

おっと、出勤せねば・・・続きは追って・・・

帰宅しました。

エリックも1ではただのダサい子だったのに、自分を追求してどんどん弾けてきてそれが板についてきました。2でアダムと付き合うようになってびっくりでしたが、3でのその後の展開も突き抜けています。

クリックすると元のサイズで表示します

ルビーも1では絶対に好きにならない子だったのに、まさかの3ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します

そしてメイヴは実はヒロインなんだけど、ルックスと頭がいいのに家庭に恵まれず経済的な弱者という。家では優しい子だけど学校ではおっきな目で睨みを効かして強がっているのが不憫な昔の少女マンガの主役みたいな。

クリックすると元のサイズで表示します

性教育というタイトルだけど全部教育と言いますか、月並みですけど性も人間の要素の中で他と同じに大切に、以上でも以下でもなく愛しみましょうというテーマを感じます。

異性愛者、同性愛者からノン・バイナリーも、フェミニストも男性らしさの囚人も、学園ものだけど親の代の問題も、全部あります。
1

2021/9/16


Netflixの「ネクスト・イン・ファッション」に出演していたデザイナー、ダニエル・フレッチャーのファンになり、彼がクリエイティブ・ダイレクターに就任したフィオルッチを私が買い集めていたら、

夫が「これ知ってる?」と見せてきたのがChic & Sister SledgeのHe’s The Greatest Dancerのビデオで、「ホルストン、グッチ、フィオルッチ〜♪」とディスコビートに乗せて歌われていました。夫の中ではフィオルッチは80年代=過去のブランドでした。

調べたらこの曲は1979年リリースで、当時アメリカのディスコに集まる人たちに人気だったブランドなんでしょう。グッチとフィオルッチは晴れて40年後にも生き残って人気ですが、ホルストン・・・?

ファッション業界にもいた私が知らない・・・ググったら出てきたのがNetflixのドラマでした。なんとユアン・マクレガー主演!

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカのデザイナーで、カルバン・クラインより一つ前の世代、ラグジュリーブランドだったようで、パリのディオール、イヴ・サンローランの顧客を狙ってスタートしたようでした。初めは帽子のみから、それがジャッキー・ケネディの着用によって成功、服のコレクションも大成功・・・

それが、当時のファッション業界のビジネス形態、「ライセンス事業」にまで広げてから経営とクリエイティブの両面でトラブルが勃発していく。

デザイナーのホルストンは美意識に妥協を許さないためいい製品を作れたのだけれど、自分で全てを決定するには手を広げすぎてしまい、当時のカルチャー「酒、ドラッグ、タバコ」にどっぷり首まで使って二進も三進もいかない日々を乗り切ろうとする・・・がもちろんうまくいかず、経営面でもワンマン創業なため、ラグジュリーを知らない巨大企業とはうまくいかず。

この辺でもう私はハラハラしすぎてドラマを見れなくなり(エピ3あたり)、そんな時に見つけたのがアマゾンのドキュメンタリー「ホルストン」。

クリックすると元のサイズで表示します

淡々と事実を知るにはドキュメンタリーなら辛さもないだろうとまずこっちを見て、先を知ってからまたNetflixドラマに戻りやっと完走しました。

70~80年代、エイズ出現までの天国だったNYのゲイクラブ、ラグジュリーブランドのライセンス展開という、その時代にしかない波に乗った成功と没落を一人の人間が体験したストーリー。

私もファッションデザイナーと一緒に働いたことがあるので、いちいちエピソードに過去の体験を思い出してしまい、重かったです・・・!!

が、80~90年代初頭のエイズ問題と90年代ブランドライセンス問題から30~40年経ってやっと俯瞰でホルストンを語れるようになり、知れたことはよかった。。。
0

2021/9/11

ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示します

ノエル・カワード原作では、去年のNTLive「プレゼント・ラフター」に次いで見るチャンスが来ましたので、非常事態の中映画館に行きました。公開初日の昼で観客は各列に2名くらい、往復の電車の方が密でした。

ノエル・カワードは、007原作者のイアン・フレミングともお友達で、上流階級ではないものの、俳優/作家/脚本家/演出家/作詞・作曲/映画監督と多彩で中流階級の上として王室やチャーチルと交友があったりのちにはサーの称号も受け、税金対策でイギリスから脱出しましたので、成功者で享楽主義(作風も)なあたりは「プレゼント・ラフター」の主人公ゲイリー=人気俳優と、本作の主人公チャールズ=作家/脚本家に反映されておりますね!


さてこちらの映画は、時代が1930年という古き良き時代(?)でセリフが今ではあまり聞かない丁寧な言葉を夫婦で喋っているのが新鮮でした。

丘の上のお屋敷に住むくらいの富裕層ではあることも要因でしょう。アールデコのモダンな家には金箔の日本画が飾られていて、かわいい制服を着たメイドがいて、朝食は正式な食器を使って本宅のキッチンからチャールズの書斎である離れに運ぶ暮らしを見るだけで楽しめます。チャールズの書斎はデコではない素朴な家で、書けなくて煮詰まってるしおそらくメイドも入れないので物がいたるところ出しっぱなしでゴチャゴチャの我が家そっくり・・・

丘の上で現世から離れてる感の家でもロンドンからそう遠くはないようで、劇場に行ったり、サボイホテルに行ったりできる生活、理想〜ロンドンに近く緑の多いケントかな、と思ったらお隣のサリーでした。ちなみに劇場はリッチモンドシアターでした。立派なインテリアでソーホーの古い劇場かと思いました。

その劇場に見に行ったのが、ジュディ・デンチ演じる霊媒師のマダム。さんざん劇中ではインチキ扱いされます。本人はいつだって真剣に霊界との交流を勉強していますし、勉強の成果とは別の無意識で幽霊を呼び出してるのに。これはデンチ様じゃなかったら相当気の毒な高齢女性になったのでは。。。

あ、彼女の家はアールデコとは無縁でしたが、使い古したシノワズリ(中国趣味)のティーセットがあって、時代を感じました。でも霊界と交信するのにインド人の司会者を使ったり本人の衣装もアラブ風のデザイン=エスニック趣味というのは、なぜかこう、西洋人の女性がちょっと個性的な装いをするとこういう感じになるのは何なんでしょう。


ところで、邦題には「夫をシェアしたくはありません!」という長いサブタイトルが付いていて、確かに劇中にもこのセリフが出てきます。女性ふたりがひとりの男性をめぐってトライアングルバトルを繰り広げるコメディではあります。

最初は騎手で乗馬服のかっこいい元妻が本命で、現妻の映画プロデユーサーの娘はいわゆる仕事のコネを利用した結婚かな、と思って見てたのですが、ストーリーが進むにつれ現妻も父親の力をそれほど利用するわけでもなく、夫の成功を応援するけっこう気立てのいい人じゃん・・・となってきて、

死んだ妻なのでどっちかが浮気というわけでもなく、これは、実は妻達に頼ってる男も問題なわけだ・・・となってゆくのです。

だから、邦題はただの観客を引き込む術というか、どちみち都心でも単館ロードショーなのにちょっとそこへ来る観客を舐めてないか?と思えてしまいました。

そしてこの情けない売れっ子作家を美女がとり合わなくてはならないので、ダン・スティーヴンスでなくてはならいわけですね!こういうイケメン枠は、見かけに説得力があって存在感があり、情けない演技力もなくてはならないので、できる俳優さんも限られるでしょうねえ。他にはまったく思いつきません。

1

2021/9/10

ジェームズ・ボンドとして・・・  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示します

007ボンド最新シリーズ「No Tome To Die」を前に主演ダニエル・クレイグの役を通したインタビュードキュメンタリーです。iTunesで無料レンタルで見れます。


アート系映画ですでにキャリアはあったが主役ではなかった

6代目ジェームズ・ボンドに決まった時には大酷評

ロケ先パパラッチによる水着姿写真がタブロイド新聞に載ったら評価が「セクシー」に

酷評を受け「ど〜れ、一発屋を見てやるか」という並みにも乗り興行的大成功
「カジノ・ロワイヤル」映画も俳優としても高評価

「慰めの報酬」突然の名声により混乱期

007映画としての仕切り直しの「スカイフォール」
ベン・ウィショーのQ起用大成功
映画大成功

「スペクター」足骨折しながら撮影続行

ダニエル最後のボンド「No Tome To Die」監督交代劇、コロナによる2度の公開延期

ピストル

ダニエルのボンドになってから、原作小説にはあったボンドという人の内面が描かれるようになった、というのが先代に比べて彼の功績として聞きますが、

このドキュメンタリーで演じる人間としてのダニエル・クレイグを初めて知ったと言えます。

スピーチなどはさすが俳優、という出来なのですが、これまで冷たそうな外見とぶっきらぼうなインタで謎めいていましたがやっと心情がたくさん聞けました。そして彼の仕事による重圧と彼の捧げた仕事への献身を知ることができます。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ