2021/7/18


クリックすると元のサイズで表示します

コリン・モーガンの出演映画「Cosarge」予習のつもりで見た「ルードウィヒ」が記憶以上に良かった(もっとも昔見た時のことは洞窟の白鳥ボートしか覚えてなかった)ので、同ヴィスコンティ監督作「家族の肖像」を見ました。

実はこちらも劇場で、と言っても古えの名画座で2〜3本立てで見ています。でもいくらお財布にやさしくても、これと何を合わせて見たのか、もし「地獄に堕ちた勇者ども」だったりしたら私の目の解像度が荒くなおかつ字幕の脳内処理がついていけなかったとしても不思議ではないでしょう?!

今は「?」と思ったらリピして見れるおかげで理解もできるし、映画館ではこの物語の侵入者の娘くらいの年齢だったのが、主人公の方に近くなったおかげでいとも簡単に共感できてしまいました。

ヴィスコンティがこんなにサクサク見れるとは私の知能指数が上がったのではと錯覚しましたが、これは彼の作品の中でもテンポもよく時間も短いのだそうです。


思春期から長いインターバルを経て第2オタク期(?)の私にこうも親和性があるとはいったい・・・と思ってみたら、これは天下のヴィスコンティ卿自身がオタク伯爵だったからですね。

ポイントNo.1は、主役の教授が絵の収集家でコレクションに埋もれ人を避け幸せに暮らしていたことです。キングならぬ貴族 OF オタク・・・

お気に入りに囲まれながらモーツアルトのレコードをNYから取り寄せてコンサートの予習をしているのです、私は教授ほどの財力もないのでローマに広いアパートは持てないけれどネット上のブログなら自分の好きなものだけの世界がつくれてそこでは幸せと思っているのと何か違いましょうか。

ポイントNo.2は、そんな理想郷を破られてもいいリアルというのは美青年。ヘルムート・バーガーはアラン・ドロンに比べたらそんなに美しいと私は思わないですが、1970年代のあらゆるファッションで彼の姿を世界に見せつけています。カジュアルなハンチング、白Tに色落ちさせたジーンズ、その上に毛皮のコート、ジェケットにネクタイ、装いに合わせてヘアスタイルも前髪ハラりから櫛で撫でつけ、そして襲われてケガした時の血まみれ姿まで美のカタログを見せられたように明白な意図が感じられました。こんなリアルが目の前に現れたら、信条を曲げてでも生活への介入を許してしまうでしょ?と。はいはい異議なし。

共感ではないですがヴィスコンティの内面がひしひしと伝わるポイントは、この教授は結婚に失敗していて、ルードウィヒと同じで良家の血筋にとっての使命、「家を存続させる」ことができないことにとても罪悪感を持っていること。セリフにも聖書の引用だったかが出てきました。

家に侵入してきた若者たちの価値観(=フリーセックスの時代でしたし、過激派左翼も活動していて若者の勢いがあった)は受け付けないし、その母の実業家=ブルジョワも嫌いだけど、かといって自分の出所から認められる人生も送れなかったという、ゲイ=罪の存在である悲しみが豪華なインテリアや美術品の陰に張り付いていた。


ところで実業家の娘リエッタが「ベニスに死す」のタジオに似ていて可愛く、そして彼女のファッションがめちゃ可愛かった!彼女の彼氏のステファノのファッションも。教授にはヒッピーという新世代の脅威なんですが、リエッタはブルジョワの娘なので「いわゆるアメリカ的なヒッピーファッション」ではなくヨーロッパのお嬢さんぽいパンタロンにロングコートとか、フリルのついたハイネックとパフスリーブのブラウスとか、シャーリングに肩紐を肩の上で結ぶドレスとか。ママ世代は毛皮に代表されるゴージャスなモードで、ビスコンティにしてみたら流行なんて資本家階級の卑しいものかもしれないけれど、ローマにいながらパリだロンドンだサンモリッツだと電話をかけまくっている(しかも人の家の電話)階級の人は「サンローラン・リヴゴーシュ」などプレタポルテを日常にお買い物して着ていたのだろうなあと憧れます。嫌いな資本家階級を登場されてくれたおかげで、リアルでは見れなかった70年代のブルジョワの生態が見れました。

セクハラ・パワハラで嫌いになってたヴィスコンティですが、政治的スタンスは資本家を嫌う左だったそうで特権階級に引き困っていたわけではなく、ハラスメントは許せないけど残した文化の価値は減りません。


1

2021/7/9

IT'S A SIN 哀しみの天使たち  その他の映画・ドラマ・舞台

今年初めにチャンネル4で放送されたラッセルTDのドラマが日本で放送決定しました。



「It's A Sin」その時の、 感想前半  感想後半

この邦題「哀しみの天使たち」は、オリジナルタイトル「IT'S A SIN」同名のペット・ショップ・ボーイズの曲の邦題が「哀しみの天使」なのでその複数形という!

ドラマ全5エピ見終わってからこの曲の歌詞をじっくり味わう事をお勧めします!!!

放送はスターチャンネルなので、テレビで契約して見るか、またはこの春私が「ファーゴ4」を見た時方式=アマゾンプライムビデオでスターチャンネルEXというチャンネルをアマプラとは別契約料金を払うという方法もあります。こちらは第1話が8/17から期間限定で無料配信。それで気に入ったら契約すればいいですね〜テレビの方が遅く9月から放送予定のようですね。

スターチャンネル公式にドラマの解説とアマプラへのリンクがあります。
2

2021/7/8

ルートヴィヒ/神々の黄昏  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示します

オーストリア皇后エリザベートを描く映画「Cosage」予習のため(?)1972年の「ルートヴィヒ」を見ました。40年前の日本公開時には約3時間でしたが現在の完全版は4時間の大作です。

エリザベートはルートヴィヒの従姉妹で8歳年上、登場回数は多かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

彼女は映画の始めの頃19歳で戴冠したルートウィヒに結婚話をし「自分は16歳だった」と言ってました。でもルートヴィヒはエリザベートが大好きなんですよね〜。彼女以外の女性には興味がなく、一旦は王の務めとしてエリザベートに勧められた彼女の妹ゾフィーと婚約します。この辺までは自分の趣味より義務を優先させる理性が働いたんですね、それがのちにどうしてもゾフィーに何の興味もないことから婚約破棄してしまう。それが彼の中で公務よりオタク活動を優先させた転機に見えました。

クリックすると元のサイズで表示します

4時間の間、カメラは淡々と、淡々と喋る人たちを映していきます。初めはそれが今のテンポの良いストーリー展開に慣れた私には辛くて、「すべてを台詞で語る日本製映画みたいじゃん・・・」とまで思ったんですが、語ってる人たちはドイツの本物の宮殿で喋ってるわけで、実はそれを観れるということが、本物の貴族どころか王族の生活を観れることに意味がある、とのちのち王が発狂したとされ退位させられ移った先の簡素な家(と言っても屋敷)の白い壁を見て実感しました。

王族の暮らす室内といえば金箔と濃い色はベルベットの深い光を吸い込む布。もうNetflixのザ・クラウンが軽〜く見えますからね、ドイツの本気!

そういう部屋で子供の頃から神話のオタクだった王様が、敬愛したとされるルイ14世のように王としてうまく生きられなかったのは何故かしらと考えてみたら・・・

大の女好きだったルイは何人も愛人をとっかえひっかえしても、お金いっぱい使って田舎に大宮殿建てても許されたのに・・・まあ政治をちゃんとしてたのが1番ですけど、

ルートウィヒと神父の会話に「罪と愛」が出てきて、キリスト教の愛とは結婚して子供をもうけること、それが神の示した道だとされて、一方罪とはそれをしないこと・・・映画ではっきり言われないですが、美男子趣味に罪の意識を持つことで、自己肯定感が持てず、現実逃避への道〜狂気〜自滅へと至り太陽光とは正反対の狂った王として歴史にその魂を残した王に、同じ趣味を持つヴィスコンティ監督はいたく共感、自己投影してこの作品を撮ったのかな・・・と思いました。

エリザベートの予習にはちっともならず、最初はヘルムート・バーガーも王様に似てるけどそんなに好きにもなれず、しかし見てるうちにどんな時もエレガントな王様にけっこう肩入れしてヴィスコンティの思惑にまんまと・・・

監督に関しては「ベニスに死す」のビョルンの証言などで私の中でセクハラ&パワハラの人になってるので昔のようにただひれ伏すことはないのですが、才能を否定することもまた出来ないのだなと。

ところでアマプラで見たんですが、イタリア語なんですよ〜、なんでドイツ語版じゃないの〜
1

2021/6/21

リトル・プリン(セ)ス  その他の映画・ドラマ・舞台

ディズニー+でふと気になった短編映画がありました。
「リトル・プリン(セ)ス / The Little Prince(ss)」邦題のつけ方も完璧?!な甘そ〜なタイトルなのに写真には黒髪短髪と白シャツのアジア人男子ふたりの違和感。見る人の予測通り、ダイバーシティーがテーマの短編でした。

舞台はアメリカらしく、極東のアジア人はマイノリティな地域。詳しくないのでどの辺かはわかりません。

中国系アメリカ人の少年ロバートが同じ中国系のガブリエルに会い、ケガして血が出てた膝にピンクのバンドエイドをはって優しくしてもらったことからふたりの友情が始まります。

ガブリエルはピンク色やバレエを習うのが好き。それを知ったロバートは「男はバレエやらないよ」と言うと、ガブリエルは「ニューヨークでバレエ見たことある?男もダンサーになれるんだよ」と返します。ガブリエルの家が文化的で経済的にある程度余裕がありジェンダー偏見がないことがわかる優秀な台詞です。しかもなぜ彼がバレエを始めたのかもわかるし。彼が見に行った演目も、姫を助ける王子が出てくる古典劇ではなくもしやマシュー・ボーンだったのではとまで思いました!

学校では制服があるのでリュックだけがピンクなガブリエルのお部屋は、ピンクだらけでいわゆる女の子のお部屋です。遊びに行ったロバートを迎えに来た彼のお父さんはビックリ。さらに、ガブリエルの人形のチュチュがなくなったことを知ったロバートは、ガブリエルを人形にしてそれにチュチュをつけるというクリエイティブなプレゼントを家で作っていました。それを見てお父さんはガブリエルは異常だから息子と付き合わないように、ガブリエルの家に人形を持って乗り込んでいきます・・・

おそらくガブリエルの性自認は女の子ですが、そう具体的には映画の中で誰も言いません。ただロバート父だけが「普通じゃない」と。そしてガブリエルは7歳くらいで学校では男子服を着てるので本人もそれはわかっている年齢で、悩み始めているのはロバート父が来た時の表情でわかります。

ガブリエルの好きなようにさせている両親を描くことがこの映画の目的だったと思いますが、本当、全人類の両親がこうだったらなあ!と思いました。

ジェンダーだけでなく、もう一つガブリエルとロバートにはアメリカ社会でのアジア人というマイノリティアイデンティティーがあるのもこの映画のおもしろいところです。ロバートのお弁当がカブ炒めをご飯にかけたものなのを、クラスの男子は「気持ち悪!」と笑いものにしたので彼はお弁当を食べるのをやめてしまうのです。ロバートにはこの経験があるのでマイノリティの痛みを理解できガブリエルに偏見を持たないでいられるのだと思います。二重にマイノリティであるガブリエルの心の痛みもわかるのです。

これは、多分ロバートの親は中国かシンガポールかどこか自分がマジョリティの国生まれで、自分の意思でアメリカに来て中華レストランを経営して頑張っています。ロバートが学校で自分の文化を笑われる辛さがわからないのです。ロバートにしてみれば自分の意思でそこにいるわけではないのに理不尽に差別されて行き場がありません。

一方ガブリエルの両親は2世以降のチャイニーズ。ロバート父がガブリエル父に初対面で「きれいな中国語ですね」と言いました。完全ネイティブだったらそうは言いません。ガブリエル母もアジア人ですが中国語は挨拶程度しかできない。ふたりとも子供時代はネイティブなのに人種差別に会いマイノリティの悔しさを知っているのでガブリエルの性自認に対しても彼をありのままに受け入れようと判断したのかもしれません。

正直言ってガブリエルが家でピンクのラメラメのスパッツとルームブーツを履いてる姿を見た時はギョッとしました。これが金髪巻き毛くるくるで天使ちゃん的な容姿の男子だったら違和感少なかったでしょうが、この二重にマイノリティ物語をその短髪黒髪が語っていて良かったと思います。



1

2021/6/17

ラーヤとラスト・ドラゴン  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示します

「ロキ」でディズニープラスに入って楽しみにしていたコンテンツのひとつはこれです。本当の邦題は「ラーヤと龍の王国」なんですが、オリジナルタイトルを見たら「Raya and the Last Dragon」じゃないですか、「マーリン」ファンとしては当然Last Dragonにキュン・・・ですのでせめて「ラーヤと最後の龍」くらいにしてほしかったです。

そもそもこのアニメ映画を知ったのは、ジェンマ・チャンのインスタでした。ドラマ「ヒューマンズ」でコリン・モーガンと共演する前からジェンマファンの私としてはフォローしておりまして、彼女が「Raya」に重要な脇役で声の出演するだけでなく、(声の)主演はケリー・マリー・トランとオークワフィナと知って楽しみにしていたのでした。

ケリーは今まさにシリーズ2が続行中の「PASSENGER LIST」でも主演ですが、スターウォーズの出演でメジャーデビューして不本意なバッシングに合い、それがアジア人蔑視によるヘイトと思われましたから、コロナで逆に高まる反アジア人ヘイトにも乗ったようなリベンジメジャー出演に拍手を贈りたいです。

ユニコーンのようなラスト・ドラゴンにオークワフィナ。顔も似せてますよね?!モーションキャプチャーしたんでしょうか。彼女は「クレイジー・リッチ」で成金両親の娘を演じてまして、その変なファッションセンスが他人とは思えなくて(笑)。

そしてジェンマが演じるのは、ポスターでは左上、ちょっと見えませんが、アシメトリーの刈り上げボブで大きい猫に乗ったプリンセス、ナマーリです。ジェンマは影のあるクールビューティーにキャスティングされることが多いですね。本人はロングヘアを少しだけカールしてる正統派ビューティーですが、知的で孤高なオーラがあるからでしょうか。

他に右上の大男をベネディクト・ワンがやっていて、姿は見えないのにほぼオール・アジアン・オール・スターです。ディズニーは強い女性や賢い女性の物語提供で確実に当て、今はマイノリティ人種にもスポットを当てるあたり、世界の隅々までミッキーやプーさんを届けた自信と野望からとは思えど時代を半歩リードするヒットメーカーがんばっています。(昔アパレルメーカーで働いていた時、いちばん売れるブランドは時代の最先端ではなくもっと一般人にわかりやすい半歩だけ先を行った戦略でそれをどこに定めるのかが難しいとマーケティングの人が言っていました)

ところで、この物語、女子校っぽいんです。大ヒット作「アナと雪の女王」ではプリンセスがプリンスを拒否して純朴な山男を選びましたが、まだそれは若い男性が複数出演して恋愛要素がありました。(でも魔法の使えるエルサは恋愛なし)

ラーヤに至っては、美しいプリンセスがふたり登場して、その友情と闘いが展開するも、お年頃の若い男性はひとりも出てこないんですよ〜!父親、力持ちの大男、子供の男、以上!想定舞台は東南アジアかと思われますが、東アジア、東南アジアに最強ヒロインは生まれても、プリンスorヒーローはいないんですね。いえ、別にだから不満というわけではないんですが、「モアナと伝説の海」といい、ある意味アジアの女性の自己完結ワールドは男性にとってのファンタジーなのかなと、ラーヤのディレクターに連なる男性陣の名前を見てふと思いました。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ