2020/11/8

ボリス雑貨店  いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

前の記事に書いた「MOE」を読んでヒグチさんの絵本が読みたくなったので、表参道にあるショップ/ギャラリーまで買いに行ってきました。新刊の原画展も開催されているからです。

ヒャ・・・怪しい人が写真撮ってますね^^;

クリックすると元のサイズで表示します

入り口の外、だまし絵風の床がグラフィックです。

クリックすると元のサイズで表示します

コロナ対応で人数制限はありますが列はなく入れました。2階にもアンティークと本とオリジナル製品のショップがあり、そこの方が狭いので入れる時間に整理番号を配布して若干制限が厳しいですが、私は朝11:30頃1階の受付で「1階を見た後すぐ入れるなら入りたいです」とお願いしておいたら大丈夫でした。12時頃に着いた人は14時と言われてましたので、タイミング次第ですね。

1階でこの2階用のチケットをもらって階段を登ります。

クリックすると元のサイズで表示します

裏には有効スタンプが。チケットでさえも可愛くて嬉しいな。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは2階ショップです。1階ショップの全体像はグーグルマップで見てください。

クリックすると元のサイズで表示します

本は「せかいいちのねこ」と「ながいながいねこのおかあさん」の2冊、それと記念にキーホルダーを1個買いました。初めて読んだ本のお話は、どちらも心に触れる内容でした。絵だけではわからないよさを知りました。

本の裏表紙を開けたところにステッカーと割印を押してくれます。なんだか特別な本という気持ちがますます強まります。上の紙はスタンプのインクが付かないように挟んでくれたお気遣い。

クリックすると元のサイズで表示します

サインの方にも紙が挟まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

「ながいながいねこのおかあさん」はぶんがキューライスさんによる共著ですので、お二人のサイン本です。こちらにも別の紙が挟まっています。それに子猫の大きなステッカーも付いていました。私は付録とシールに執着があるのでとても嬉しいです。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらには特製のステッカーと割印。

クリックすると元のサイズで表示します

記念にキーホルダーもレジに出したのに、そこで無料の袋か有料のエコバッグかを聞かれて、記念に「有料エコバッグ」と言ってしまいました。いったいいくつ記念が必要なのか私は。だってかわいいもん・・・有料エコバッグの絵柄はお店の看板と同じのもありました。

クリックすると元のサイズで表示します

そもそも私にとって最初のヒグチユウコは、こちらの雑誌「シュプール」の綴込みシールでした。当時「君の名前で僕を呼んで」のエリオのイラストシールが欲しくて。
クリックすると元のサイズで表示します

その後、友人宅に遊びに行った時に、友人夫妻のお嬢さん7歳に「ヒグチユウコさんの本」を見せてもらって色々教えてもらったことがずっと心に残ってたんです。あの小さな読者の解説がなかったら、あまりにも完成されているキュートでシュールな画家さんの本を私は読まなかったかも・・・。
1

2020/11/5

MOE12月号  いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

絵本の雑誌「MOE」は、今年6月号の「ピーターラビット特集」でふろくのピーターファイルに釣られて初めて買ってみまして、今出てる12月号「ヒグチユウコ特集」も便箋とシールのふろくに釣られました。笑

シールは口絵についています。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒグチユウコの美麗イラストが載ってるだけでも満足ですが、別のところで私の気に入ってる「スキウサギ」というキャラの作家キューライスさんの才能を初めて認めたのがヒグチユウコさんで、その2人の共作絵本「ながいながい ねこのおかあさん」が発売されたというニュースも感動でした。

クリックすると元のサイズで表示します

スキウサギとはラインスタンプで見つけたキャラで、普段は無料スタンプしか使わない私が珍しく購入してまで使っているのがこのスキウサギという妙なピンクの兎キャラなのです。

クリックすると元のサイズで表示します

それぞれ好きなのですが、絵柄がまったく違うのでおふたりに繋がりがあったなんて?!共作絵本まで出ちゃうなんて?!

さらに、ヒグチユウコの雑貨などを取り扱う青山のギャラリー/ショップ「ボリス雑貨店」では今、「ながいながい ねこのおかあさん」の原画の他に、ピーターラビットの号に付録で付いていてとてもよかった絵本「ゆめぎんこう」byコンドウマキの原画も展示中ということです。

「MOE12月号」は最新号なので書店で発売中。
1

2020/7/20

僕は薔薇  いろいろ

体調を崩すとふだんすっかり忘れていた記憶がいきなり蘇る現象は私だけでしょうか?

遥か彼方のアパレル販売員の記憶→デパート社員さんから2割引社販枠を借りてロメオ・ジリのコートを買った→原田智子というマンガ家さんがキャラにロメオ・ジリの服を着せてた

という流れで、原田智子のマンガが好きだったなあ!と思い出して検索してみたら、

クリックすると元のサイズで表示します1994年初版

ボリショイ・バレエのパロディ「ポリショイ」バレエ団のマンガがあったので中古本を買ってみました。やっぱりおもしろかった。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

そして、この漫画家さんについて検索すると、作品ではなく驚いたことに訴訟事件がトップに出てきました。

でもそれが「皇室パロディの原稿に編集部が無断で変更を加えた」と作家さんが出版社/編集社を訴え、最終的に勝ったという事件と知り、納得しました。

英国王室パロディドラマ「ザ・ウィンザーズ」などはハチャメチャにロイヤルファミリーをこき下ろして下品ですけど、日本の皇室ではそんな事態は絶対起きっこない、と先日ドラマ好きお友達とも語ったばかりだったので、1990年代に日本に皇室パロディを描いたのが私の好きな作家さんだったと知り感慨深かったです。

さすがにその事件後はマンガ家としての活動はほぼないようですが、おそらくその事態を予想しても、大企業、しかも雇用主のような相手に個人として立ち向かった姿勢は、

私がもともとファンになった作品「めぐと幸宏ちゃんシリーズ」でその時代もてはやされたメジャーなコンサバ女子大生への攻撃から1本筋が通っていました。



1

2020/1/31

クイーン ゴールド席とは  いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

写真は先日のクイーン/ラプソディ・ツアーのパンフレットとゴールド席チケットの記念グッズです。みごとに紋章、紋章、紋章・・・!

今回のチケットは抽選が数回の後に先着販売という形で売り出されました。先着ではとろい私には勝ち目がないので2回目の抽選にてゴールドが当選して嬉しかったものの、(最後まで落選、ということはあったのでしょうか?ソールドアウトということは、あったのかな?)

なんと当日、そのゴールド枠の末席、つまり後端に自分のチケット番号見つけた時には思わず「ブービー賞!!」と心の中で叫びました。

ゴールド席というのは、スタジアムの底辺=アリーナ席の中でもステージよりの前方中央なのですが、なにせ分母の大きいスタジアムです、1つのブロックでも200席くらいあって、全部で2000席以上もゴールドなのです。大きめの学校の全校朝礼で体操するのに広がったくらいもあるのです!

スタジアムビギナーで、そういうことを自分の席を見つけた瞬間に悟ったわけです。

端っこの1番後ろですので、通路挟んで向こうっ側の人は、チケット代が私の半額かと思うと、ライブの興奮と不運のせめぎ合いで胸中は大嵐。

今になって色んな席の方の感想をネットで見つけるにつれ、前から数列でも本当に端(ゴールドではない)だと「自分の席の前にステージがない」状態だとか、スタジアム後方だと「オペラグラスでスクリーンに映し出された姿をやっと見れる」くらい離れてるとか、スタジアムの広さを思い知り、後の端でもまあ見えなくはないゴールドが買えたことは文句を言うべきでなく、

席がわからないのにチケット購入させられるシステムこそが本当に賛成できません。


ただ、ゴールドには席以外の特典も一応あり、上の記念グッズの他に、入場口が他の席と別れているため長蛇の列で待つ必要がありません。

下のように、実質スタジアムの外側に一旦出て、裏の地上レベルの搬入口のようなところから入りました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

それとグッズ売り場にも優先入場できました。グッズ売り場とはパンフレットほか、Tシャツやタオルなどのツアーオリジナルグッズを販売するテントです。

それは会場の外の広場にあり、会議室テーブルのような台の向こう側にレジの人が横に8人か10人くらいいて、テーブルの上にあるカタログから欲しいものを告げるとストックから出してきてくれて、お金を払う(現金のみ!)ようになっており、随時各レジの人の前には5人くらいしか溜まらないように入場制限されているのです。

そこにゴールドのチケットを見せるとすぐ入れるのですが、それ以外のチケットまたはチケットがない人は、またまたライブ入場のように列に並ばなくてはなりません。

そういう権利はどの席のゴールドでも同じなのでまあよかったんですけど、

やはり本音を言えば、「その権利はなくていいからもっとステージに近い席」というのがあればよかったのに!


でも端っこの後はスペースあるので周りの人を気にせず歌ったり踊ったりできたのはよかったです!


0

2020/1/28

クイーン ラプソディ・ツアー さいたま1/26  いろいろ

一つ前のブログに書いた通り、クイーンが来日すると悩む私です。

それはフレディのファンとしてフレディなしのクイーンを見るとフレディがいないことを強く感じてしまうからなのですが、

一つ前に書いたよりもさらに、フレディがいないことは悲しいけれど、この世に存在して音楽を残してくれたフレディを祝福するベストの方法がライブに参加することなんだな!と思いました!

クリックすると元のサイズで表示します

だってやっぱり、このオペラ座のセットは、ブライアンの趣味でもロジャーの趣味でもないでしょう?フレディが残したクイーンの象徴、ナンバーワンヒット「ボヘミアン・ラプソディ」が入った完璧なアルバム「オペラ座の夜」を幕開けに見せつけたんです。

そのオープニングが「イニュエンドゥ」。

今までは「フレディが晩年に生命力を絞り出して残した曲」という悲壮なイメージが私にはあったのですが、2020年の今、映画ボラプがヒットしてから初のライブの1曲めになったことで、映画でファンになった新しい世代のファンとクイーン伝説の再スタートのようなイメージに変わりました。

クリックすると元のサイズで表示します

他にも往年のファンである私でも聞くと映画を思い出す「ナウ・アイム・ヒア」「ドゥーイング・オール・ライト」ライブエイドの1曲「ハンマー・トウ・フォール」は時空を超えて今この瞬間につながった気がしました。「アイム・イン・ラブ・ウィズ・マイ・カー」なんて、みんな『コーヒーポットは投げるな!!』というブライアンの声が聞こえたはずです!

クリックすると元のサイズで表示します

日本のとっておきナンバー「手をとりあって」ではフレディの姿もスクリーンに映り、「この曲かい!じゃあ他の国ではなんの曲でこのフレディが出てくるのかな」とクスッとなりました。

クリックすると元のサイズで表示します

毎回ライティングでは定評のあるクイーンのステージですが、今回、私の嫌いな遠くて見えないスタジアムでよかった!と思えたのは、そのさらにバージョンアップしたライティングでした。

もう違う次元に行っちゃったみたい。それも広いから映える〜〜アリーナ席は低いので360度ぐるりと回って見上げてうっとりしました。そして客席にも届くしステージの上から見てもキレイなんだろうな!

クリックすると元のサイズで表示します

初期クイーンのアナログ感たっぷりながらも当時の最新技術であろうステージも、見に行けないからこそ余計に「ああ、この場にいれたなら!」と叶わぬ望みを抱いて胸が苦しくなるのだけれど、

もう生ける伝説ともなったブライアンとロジャーとそしてアダムの、さらに映画の成功のおかげでこうしたとてつもない金がかかってるよなあ!の大規模で計算され尽くしたセットが実現でき、そこにオーディエンスの1部となれる喜びもまたあるのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

特にこの宇宙のブライアンには、ついに彼の2大キャリアが一つになったと感慨もひとしお。

ちなみにこの惑星たちは、ステージセットの上の方に隠れていて、ちゃんとこの色に塗られているのですよ。ライブが終わってお片づけが始まった時には全体に明るくなったので見えちゃいました。

クリックすると元のサイズで表示します

このビームがスタジアムの反対側まで届いていると、遠くても一体感が生まれてました。スタジアムは初めてだったけど、何事も試しに体験すると新しい世界を体験できるのだな。。。

クリックすると元のサイズで表示します

このロゴには見覚えが・・・と思ったら、2020ですからね、東京オリンピック公式グッズにまで目をつけるなんてさすが和Tシャツコレクターの博士です。

クリックすると元のサイズで表示します

オンラインショップでは博士と同じピンクがもうないという声を耳にしましたが、実店舗ならまだありました。

今回の来日でもステージ以外も精力的に行動してインスタに嬉しそうにあげているマメなブライアン。

彼のマメな性格と知性のおかげでクイーンはこうして大きくなったのだと思います。

今日は大阪、明後日は名古屋。

続くっていいなぁ。
1
タグ: Queen クイーン 東京



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ