2018/12/5

ナショナルシアター・ライブ「ジュリアス・シーザー」  ベン・ウィショー

クリックすると元のサイズで表示しますパンフもあったよ

やっと去年の6月から楽しみしていた(それって1年半前・・・もうそんなに経つの?)舞台が映像とはいえ見られました!

その時のブログにも「1階の席をなくし観客が市民として参加するのはグローブ座のようだ」と書いてるんですが、

想像以上にアリーナ席の観客が巻き込まれていました。

俳優が観客と同じフロアにいるものですから、見上げなくても横にいて、しかも戦場にもなるので逃げ惑う避難民の役にも図らずともなってしまうという。

シーザー暗殺後に反シーザー一派が手を血に染めてその状態で観客の間を動きまわる血のり危険も伴う観客席。

感心したのはその舞台装置演出だけでなく、シェイクスピア原作の内容が予習なしでも見てわかる舞台だったことです!

「ハムレット」や「オセロ」「リア王」などシェイクスピア悲劇は当時の価値観などを勉強しないと納得できない心の動きや筋書き部分が私には多く「そもそも何で」と突っ込みたくなるストーリーなのですが、

ベン・ウィショー主役のマジックか何かわかりませんが、初めて舞台だけで心に届きました。

理性・知性派で純粋なブルータス、ウィショーさんにぴったり!

今回、プロモ写真にシーザー役、アントニー役、カイヤス役の俳優3人と一緒に写っていますが、この3人よりひとまわりくらい年齢的に外見が若いウィショーさんなので今回もフレディのようなお髭で貫禄対応をしているのか。(「るつぼ」の時も無骨い男の役だったためフレディ髭でした)

コートに眼鏡で007のQのお兄さんみたいなインテリな風貌が、演技派だけど容姿はちょっと影が薄い他の3人の中で引き立っていたのはうまいキャスティングでした。(と思ったのは単純に髪の毛の存在感がウィショーさんだけ飛び抜けていて、後の人たちは女性で長さはあってもやはり髪の毛のインパクトがウィショーさんに負けていたからそう見えたのか・・・)

そして、これぞNTライブの醍醐味よ!!要するにアップのシーンありがたやありがたやだったのは、この芝居のハイライト「演説」シーンです。

スチームと光をバックに正面アップのウィショー=ブルータスのカリスマ性たるや!なぜこのシーンのスティール写真はないのか、と思ったけどこれは映像で見たインパクトがローマ市民の感情ですので、舞台で見て感じることが大事でしょう。

そこで神を見たかのような気持ちの直後に、アントニーの扇動的な演説がくるわけですから。ブルータスの存在が神々しいほどアンソニーの口車が見事に見える仕組みです。

しかしブルータスがキリッと台詞を言う時に、時々私の網膜上でパディントンが見えてました。同じ声だから仕方ないとはいえ、記憶に新しい「スキャンダル」のノーマンではなく、なぜパディントン・・・高潔で正義の味方という共通項があるからかしら。

最後はシェイクスピア悲劇の例に漏れず、自害者続出・・・なので、そこだけなぜ現在の欧米の価値観と違い、生きて敵に捕まるくらいなら自ら名誉の死を選ぶのか、太平洋戦争の大日本帝國の兵隊さんと同じではないかと腑に落ちなかったのですが、河合祥一郎先生の本に「キリスト教以前の古代ローマではそれが普通」とありちょっと納得。

でも16世以降のイギリスでそれがすんなり観客も納得したのが疑問に残りますが、シェイクスピアがこれだけ大勢自殺させているので、古典にはよくあることだったのでしょうね。

口八丁のアントニーが権力者となっているローマは市民が騙されてるのだから仕方ないけど、今のアメリカや日本は権力者を支持しない人がこんなに多く騙されてないのにその権力者が権力を持ち続けるのだから困ったものだ!と思って終わりました。

追記
ところでなんであの有名な「ブルータス、お前もか」は英語じゃなくいきなりラテン語なんでしょう。16世紀の観客はラテン語の知識のあるような人ばかりだったとは思えない・・・




1

2018/12/4

クリスマスプレゼントを送る  家族のこと

日本と西洋の違いに、「西洋では家族間でクリスマスカード&プレゼントを盛大に贈りあう」というのがあると思います。ほぼ義務です。

それゆえ郵便事情は11月くらいから大変なことになってきます。

通年、夫と協力してプレゼントをまとめて送るのですが、今年は夫が出稼ぎで留守ゆえ、私の単独仕事。

ゆえに話し合い&待つ&承認などなど面倒臭い過程がないので、今年はもう発送の準備がほぼ完了しました!!!

すでに夫の家族との付き合いも20年近くなるのでもう何度もプレゼントをしているわけで、はっきり言ってネタも尽きます。

それに体調も良くないから面倒くさいことはできないので日本の誇る「MUJI」こと無印良品にかなりお世話になりました。

下の弟あて>イギリス行き
クリックすると元のサイズで表示します

ベビちゃんが生まれた上の弟>ノルウェー行き
ベビちゃんソックスとガーゼハンカチつき
クリックすると元のサイズで表示します

両親>イタリア行き
下に入っちゃって見えないけどノリタケのカップ&ソーサーも
クリックすると元のサイズで表示します

おばさんあて>オーストラリア行き
クリックすると元のサイズで表示します

義母の親友夫妻あて>ニュージーランド行き
マッピン&ウェブいきなり高級品なのは、奥様がアンティークのグラスを集めてるから
/それに娘が近い将来お世話になりそうなので
クリックすると元のサイズで表示します

はあ〜!やっと箱に詰めてラッピングしました!
クリックすると元のサイズで表示します

この後、がっしりと航空便に耐えるように丈夫な紙でまた包まなくてはいけないんですけど、本日の体力はここまで。

その後アドレスを書いて郵便局に持って行って、とプレゼントはひとしごとです・・・サンタ

12/5追記

私がこのラッピングを終わりクラクラゼーゼーしながらも安堵し成果の写真を夫に送ったところ、御礼の言葉に続いて「ティーポットと竹の物差しも一緒に送ってほしい」という返事が返ってきました。

なぜ全てが終わってから言う?

奴ら(英語民全てを含んでしまった。例外もあるとはいえ日本人にはありえない無謀な依頼を発する人々・・・)は全てをダメもとで口にしているに違いない。

案の定「ぴったりサイズの箱を苦労して探しすでに包み終わってるから無理」って返事したらスグ「そうだよね、本当にありがとう。それは1月に来た時に渡そう」と返ってきました。

断るのってすごくエネルギーがいるのにそれをやらせてあっさりと引き下がるか。

時間が経ち今日はエネルギーとひとまわり大きい箱があったので、包みをひとつ解体しティーポットを封入して郵便局に持って行きました。

結局できたからやったけど、断るのも一度やってみるとカンタンなものなのですね。
2

2018/12/3

Mary Poppins Returns ワールドプレミア  ベン・ウィショー

クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと不調で色々と出来ないことが続いてます。

でも世界は回っているので11/30に「メアリー・ポピンズ・リターン」のレッドカーペット&ワールドプレミアがロサンゼルスであったのですよね〜ウキウキ。

ベン・ウィショーさんがステキなスーツを着て出席していて、インタビューもあり、どうやら彼は子供の時からオリジナルの映画が大好きだったようです!!

パディントンの時なんか、「本は読んだことなかったです」って正直に言ってましたから、本当にファンだったんですね、よかったね〜ウィショーさん!



体調が戻ったら他のインタもじっくり聞きたい。

けどそれより、早く映画見たいですね!!


0

2018/11/28

メアリーの総て 試写会  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示します

運良く試写会に招待していただき、12/15の公開に先駆け見ることができました。

「フランケンシュタイン」をメアリー・シェリーが執筆したのは18歳の時、というのは知っていましたが、

それを彼女がなぜその若さで完成することができたのかー

執筆するまで、それから出版にこぎつけるまでの彼女の人生を実に分かりやすく見せてくれている秀作です!

簡単に言ってしまえば、「フランケンシュタイン」の怪物の不幸と悲しみをメアリーはその若さで総て体験してしまっていたからです。

実は私、4年前のNTライブ「フランケンシュタイン」を見たとき、怪物は彼女自身ではないのだろうか、という仮説を立てたんですけど、当たりました!

というのも、劇中でビクター・フランケンシュタインが女性の知性と能力をまったく信じてなくて、ものすごい差別発言するんですね。聡明なメアリーが当時社会から受けた仕打ちを思わせたからです。

とここまでは、今、女性の解放が西洋からその他の世界までジワジワ広がりつつある中、世の中の人全員見るべき!と思う普遍的でタイムリーな切り口で配給会社さんもより多くの方々に訴えてるこの映画のメインテーマ。

実は、引っかかったのは、身勝手で詩を口ずさむ色男パーシー・シェリーの正体を知った後も、メアリーは彼を離れないことでした。

既婚の男と駆け落ちして愛に全てをかけたメアリーでしたが、生活力のない若いふたりはあっという間に惨めな暮らしで子供も失い彼女はどん底に沈みます。それなのに、詩のような綺麗事ばかり語り続けて現実に対処しない夫。(まあ、詩人だからね)

そしてパーシーに「現実を、私の様を見て。責任の大部分はあなたにある。」「そしてあなたを選んだ私にも責任はある。」と言い放つのです。

私的に「キター!!また!」とビクッと試写室のイスの中で少し飛び上がりました。

このテーマ、実は近々騒いでいた「モダンライフ・イズ・ラビッシュ」とも共通していますが、

白状しますと、私も、いつも結婚した夫が不可解だったり突飛な行動で私の人生を苦しめる時、「この男を選んだ私の責任」と思っているんです。

仕事が長続きしないとか、次の仕事を本気で探してるのかわからないとか、今までに何回あったことかもう覚えてません。

もう私の人生リアル「モダンライフ・イズ・ラビッシュ」であり「メアリーの総て」です。

そんな私も結婚する前はよく優柔不断な男を選ぶ女が映画に出てくると「まったく理解できない」とバッサリ切り捨てたものでした。

しかし現実にひとりの人間と関わった時、とんでもないことになっても、例えばメアリーのようにその結果として執筆でき出版も間接的には夫のおかげで成功するということもあるわけです。トータルパッケージとでもいいましょうか。

私の場合は、今のようにドラマが生きがいになったきっかけは、夫が失業中にしばらくニュージーランドやイタリアに行ってしまった時期(当時は何でとっとと就活しないで遊びまわってるんだよっと思っていた)に、見る時間ができて、それ以来なんとか時間を工面してまで映画だお芝居だと騒げて幸せです。

また、一番最近夫が失業中には、何と娘が私立高校に進学したものですから私もそれまでオキラクなバイトを楽しんでいたのですがそんな悠長なことはしていられなくなり、何とか今のフルタイムの仕事に変わりました。その過程ではいろいろ辛いこともあったけど、結果今の職場でやっと普通に働けて社会人としての自信も取り戻せました。

もしも真っ当なお仕事をきっちりする家族思いで責任感のある夫だったら(私は夫がそうなると思ってたんですが・・・)私は頑張って長い仕事ブランクを克服して再就職しようなんてつゆにも思えなかったはずです。

「メアリーの総て」では本出版の数年後で映画が終わり、夫パーシーが45歳で事故死するまで一緒だったと字幕が出ます。その後ふたりはどんな風に生きたのか知りたかった。


3

2018/11/25

Neil Gaiman’s Norse Mythology  コリン・モーガン

クリックすると元のサイズで表示します

12月26日はラジオでコリンの声が聞ける!というお知らせをBBCがリリースしてました!(すみません、もう2、3日前ですが)

イギリス時間3:00-4:30pm放送、90分のドラマです。

クリスマスの翌日もイギリスはボクシング・デーで休日ですので、クリスマスで親戚一同や旧友に会った疲れや興奮を鎮めるくすぶった日。朝遅く起きて外は寒いし、お茶とビスケットを用意してダラダラ〜っとラジオを聞くのにもってこい。

原作はニール・ゲイマンの2017年の小説「Norse Mythology」北欧神話です。

わあああ!キタ!

マーベルのソーとロキとオーディンはあまり触手が動かなかったのですが、アベンジャーズを楽しむために渋々1と2を見、打ち出の小槌みたいな変なものが神のハンマーであると理解、

そしたら3が拍手喝采の面白さだったアスガルドでラグナロクの物語です。

コリン・モーガンはマーベルではトム・ヒドルストンの当たり役ロキ! 

マーベルでは最高神オーディンの養子(と言っていいのか?ちょっと謎)で宇宙のジャイアンとして番を張っていましたが、それって神話でも果たしてそうなのか?ゲイマン先生的にはどうなのか?も楽しみです・・・

が、ラジオドラマは字幕なんてものもありませんし、

原作で備えるしかない!

のに日本語訳がないという文化の砂漠ニッポン・・・

クリックすると元のサイズで表示しますアマゾンで\1253

まずはキンドル版を買い、いつでも読めるようにはなってるんですけど、今、目次です。

ハードルは高いですけど、唯一日本の民にも素晴らしいことはBBCラジオはテレビと違って世界中どこでも聴けるという点です!


1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ