2019/3/26


ちょっとご無沙汰です。

この数日、娘があと少しでニュージーランドに引っ越すので、物理的に準備で忙しいこともあるんだけどすでに喪失感で文章を書けなかったのです。

自分自身が親から離れて海外に住んだ時には、私の親が何かとうるさいタイプであることと、自分のこれからの生活のことで頭がいっぱいでまったくホームシックはなかったのですが。

この心境は、昔、好きだった彼氏に別れ話をされて泣いた時にそっくりです!!

人は、ある特定の他人を自分のアイデンティティの一部だと思い込んでいると、その人が離れた時に自己喪失に陥るのです。

私の育児のモットーは「自立できるように育てる」だったので、子供がうちを出て外国でホームスティをすると決めたことは大きな第1歩ですけど、

そういう「考え」と自分の「感情」はまた別のものでした。

そんな時、コリン・モーガン主演の映画「Benjamin」と似てるドラマがあると枝龍さんから教えていただいて見始めたドラマ「プリーズ・ライク・ミー」にすっかりはまっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

6エピしかなく1エピ30分くらいなので「ナニこれ面白〜イ!!」とすぐ見終わるとタカをくくっていたら、

シーズン全部見終わって4シーズンまであると知って、今2シーズン目です(汗)。

主人公(俳優兼脚本兼監督)の容姿はネットフリックスで見かけても絶対自分では見ようとは思わないタイプなのですが、その恋愛相手の男子(写真左から4番目)がかわいくてドラマに入ることができました!

好みのタイプの俳優さんが一人もいない映画やドラマは、寝てしまって。

純粋な映画やドラマのファンの方からは邪道と言われても、個人の感情なのでどうしようもありません。

ま、それで、きっかけはその可愛い男子でしたが、エピが進むにつれて話というか、会話が面白くて、最初はどうでもいいと思ってた主人公のパパとママまで段々知り合いのように心配になる始末です。

主人公が自分の容姿に自信がなく「自分に好意を持つイケメンなんて信じられない」というタイプで、優柔不断の親友とバカな下ネタ話しを延々としてるんですが、基本いい人なんですね。

それで親や親の恋人、友人、元カノ、おばさん、周りの人たちみんなにナイスにしてるのだけど(本当に親を病院に連れてったり姪っ子を預かったり、いったいいつ勉強してるのこの大学生?っていうくらい人の面倒見てます)

肝心のイケメンの彼は「重すぎる」と言ってナイスにしてあげないんですよ?!

そこ以外は彼の言動はとても他人とは思えなく、オタクでブツブツ変なことをいつも言ってて、自分の感情を出すのが苦手なんです。


ちょっと前に見た「セックス・エデュケーション」もそうでしたが、ドラマで今の若い人たちの言動見てるとみんな淡々と語るんですよね。

私がティーンや二十歳過ぎだった頃、淡々としてた私は人から浮いてしまっていて人と関係を築くのがとても難しかった。

私も今の時代に青春だったらよかったのに!!!とつくづく思います!

そんなことを今更思っても何にもならないので、

せめて明日から話しをする人には思ってることを淡々と語ろうかな。そして残りのエピソードを楽しみに見て、

明後日に飛行機で行ってしまう娘の寂しさを紛らわすとします。

しかしそんなこと考えなくても、荷物のチェックとかホームスティ先やおばあちゃん地へのお土産を揃える、お金の準備、見送りに来る親戚のお相手など現実的にやることはいっぱいだし、

仕事でEarth Hourと言って地球に優しいことをする企業アピールのため明日はいつもの静かな職場から繁華街にゴミ拾いに行くミッションまであり、

なんでこんな時に下ネタいっぱいのドラマを見てるんだ自分、です。



1

2019/3/20

ふたりの女王 メアリーとエリザベス  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示します

原題は「スコットランド女王メアリー」なのに邦題は「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」になってて???と思っていたら、

確かにいつも歴史の表舞台にはエリザベスでメアリーは影の存在のところを、

この映画はメアリーを主役に立てたとはいえ

やっぱりふたりの女王が織り成す物語としか言いようがないので邦題も間違いではないのでした!

最初から最後まで緊張感みなぎり面白かったです。

しかしデヴィッド・テナントを女王の敵のリーダーにするなんて、なんてもったいない・・・しかも顔がわからないほど帽子とヒゲが邪魔で、どうりで目力のギラギラした奴だと思いました(つまり映画を見ている時にはわからずエンドクレジットで焦りました!)。

シェイクスピアの王様シリーズドラマ「ホロウ・クラウン」の続編とも言えるこの時代でも、

まだまだ陰謀説で首をとったとられたの時代で、

やっとエリザベス一世がなぜ生涯結婚しなかったのかわかりました。

日本と違い女性でも王権があったとはいえ、あからさまな女性蔑視はムナクソ悪く、

高潔な女王ふたりに比べ男ってなんて野心と欲で動いてるんだ!と腹立たしくなる映画です。

ところで、メアリーがなんでスコットランドとイングランドの王位継承権を持っているのか意味がわからなかったのですが、

血筋をたどると母方がイングランド王家出身だったからですね。

そしてメアリーの子ジェームズがイングランドとスコットランドの王となり、

ヴィクトリア女王のご先祖様にもなると。

そうそう、そのジェームズの息子の子孫が「女王陛下のお気に入り」のアン女王で、アンの兄弟のジェームズはジャコバイトがサポートしたイングランド王(なれなかったけど権利を主張)な訳で、

そのアンには世継ぎができず、ジェームズには娘もいてその娘の子孫に王権が渡りそれがヴィクトリアの家系でした。

女王様の話はいつもおもしろい。



2

2019/3/19

Benjamin 感想少し  コリン・モーガン

ネタバレなしでいきますよ〜

イギリスで劇場公開が15日に始まった「Benjamin」。

同時に密林やiTunesなどの配信も始まりました。もはや「配信サイトが映画を作る」ことの逆もさもありなんの時代を感じます。

とはいえ密林などは支払いにイギリス国内発行のカードしか受け付けないので、iTunesの英国カードを買って見るか・・・と思っていたら、

日本のクレカでも支払えるサイトがありました!ビックリした勢いでレンタルしました・・・CHILI

よくわかりませんが、登録ページ電話番号には日本の国番号も選べるようになっているので世界中どこからでもアクセス可なのかと思いきや、IPアドレスを英国にしておくのが確実のようです。つまり例のサービスを使用の上、登録するのです。

予定外にレンタルできましたが、英語字幕は出ません。

レンタル期間は見だしたら48時間ですので、とりあえずザザっと2回見ました。セリフが全部理解できればもっとおもしろいのでしょうけれど、できなくても

・・・可愛かったです!!!!!

恋が恋しい。そしてロンドンもとっても恋しい。

かわいいキャラや素敵なロンドンもそうですが、いつも目に飛び込んでくるのは食生活。

仕事でテンション極まったベンジャミン、他人事とは思えない。
これはバナナにピーナツバターか?はちみつか?

クリックすると元のサイズで表示します

アイスとオレオを買ってきて、

クリックすると元のサイズで表示します

すごい食べ物作ってました・・・

追い詰められると、クレイジーなものが食べたくなるのわかります。

クリックすると元のサイズで表示します

ロンドンの街が、夜の街がすっごい懐かしくて。。。
オシャレなホクストン、喧騒のソーホー。

クリックすると元のサイズで表示します

コリンの表情が素晴らしい映画です。

クリックすると元のサイズで表示します

この角度がお気に入りです。

クリックすると元のサイズで表示します

アップももちろん多いですが、まあコリンの顔を、腕の血管を、体毛を、肩の骨を、かわいい仕草を眺めて楽しむだけでもこの映画の価値はあります。これすなわち監督の視線ですよね?きっと監督がカメラマンに指示出してるよね?

ノア=フェニックスくんの歌もいいです。ちょっと90年代ブリットポップにフレンチポップのスパイスがかかったような。

そしていつもイギリス映画/ドラマを見てて好きなのは、マイノリティーを当然の存在として描くこと。

「マイノリティーとは」「マイノリティーの苦悩」みたいなアメリカや日本の映画/ドラマに見られがちなマジョリティーへの理解の指針みたいなものはすっ飛ばして、普通にロマコメの主役がゲイでした、ってところです。
1

2019/3/17

Happy St. Patrick's Day!  近況

          クリックすると元のサイズで表示します

本日は「聖パトリックの日」というアイルランドのお祭りの日です。

お祭りは祝うものですので、きょう日曜なのに珍しく私はお休み、娘と代々木公園の「アイルランド・フェス」に行ってきました!

クリックすると元のサイズで表示します

この日は緑のものを身につけて祝うので、私は帽子とセーターが緑だったのですが、コートにほぼ隠れて全然お祝いムードになっておりません(涙)コート脱いで撮ってもらえばよかったのに。私がカメラ担当の人ならちゃんと直してあげるんだけどなあ〜。アパレル時代は宣伝担当だったから撮影チェックは本能的にやるのですが、自分が撮られる時はあせっちゃうんですよね。。。

クリックすると元のサイズで表示します

文字どおり一際抜きん出ていたお方。

クリックすると元のサイズで表示します

えっと、写真には撮ってないですが、緑の帽子や服、髪をした人など大勢いらっしゃいました。

私はフィッシュ・アンド・チップスやシードケーキ(注・BBCラジオドラマ「キャビン・プレッシャー」アイルランドのエピに登場)、アイリッシュ・コーヒーなどをフェスの屋台で買って食べる目的が第1だったのですが、

予想以上の人気でどの屋台も長蛇の列、たくさん用意されたテーブルも満席だし列もテーブルもないところではアイルランド人と思しき人たちがギネスの立ち飲みパーティーでしたので列に並ぶ根性が風船のように代々木の青空へ舞い上がってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

公園を抜けて渋谷へ流れ、パルコ1だったところに新しくできたビルのB1でアイルランドと全然関係ないタコベルに。食べる気満々のままだったのでタコスと濃い味のチップスをあっという間に完食しました。
1

2019/3/16

英国劇場建築の世界  イギリス

クリックすると元のサイズで表示します

この展示を見てきました。

英国劇場の建築のあれやこれやを多角的な角度から見られるのは興味津々

と勝手に決め付けました。

場所は銀座1丁目の聞いたことのないビルですが、とにかく日本にいながらこのようなものを見られるチャンスはそうないと思うったのです。エサに飢えた狼か。

銀座でも足を踏み入れたことのないエリアで目標を発見。なんとイギリス風建築ではありませんか。

クリックすると元のサイズで表示します

ピンポン鳴らしてドアを開けてもらうと、そこには日本の古い建物の世界が。あれ?

クリックすると元のサイズで表示します

これはこれで私は好きです。なぜ日本的だと感じるのかというと、ハリの凹凸や配管が壁の外に出ているからかな。日本で古い建物をメンテナンスして使っているとペンキの厚塗りが可愛い感じになってきます。

クリックすると元のサイズで表示します

本当に日本の古いビルもロマンを感じるけれど、イギリスだったら全て厚い壁の中に隠されていて壁はのっぺりと平らなことが多いからですね。

この階段の狭さはイギリスでもよくあります。

でも階段の両脇の壁には引き戸があるのは日本ならではですよね。外観はレンガでも和洋折衷でおもしろい。

クリックすると元のサイズで表示します

展示の内容は、劇場の内観外観のエッチングが16点、販売されているものでした。

エッチングを印刷したもの?いやエッチングそのものが印刷か。

古書とのことですが、製本されたものをばらしたのではなく、片面印刷を数枚セットにしたような、少女漫画の原画の世界のようなムック版出版物の中から買い付けされてきたものでした。

クリックすると元のサイズで表示します

販売ギャラリーですので、作品以上に劇場についての情報があるわけではありませんでした。飢えた狼ちょっとガッカリ。

クリックすると元のサイズで表示します

しかしコベントガーデンのデュルーリーレーンやストランド界隈の劇場の周りの当時の様子が寂しそう(多分必要ない情報だから描き込まなかった)なのや、

劇場の1階や回廊席の広さの比較などを几帳面な図面から感じることができました。

来たからには楽しもうという田舎者気質の狼です。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口のお向かいには、これまたイギリス風のアンティークやさんがありまして、食器などの小物を中心にお洋服もとにかくぎっしりとかわいい商品が並んでいました。

バターケースでいいものがあってお話し聞いたらアメリカ製でお値段が7000円の30%
offとのこと。他にもガラスやホーローのアメリカ製らしき食器が目につきました。もちろん陶器の食器も数多いです。

クリックすると元のサイズで表示します

ツイードチェックのマントが気になりましたが、まだ買い付けたばかりということで触らせていただけませんでした。お値段、聞いておけばよかった。。。

ギャラリー「MUSEE」
東京都中央区銀座1−20−17
kawasaki-brand-design.com
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ