2011/6/20

バレエの人  その2  いろいろ

バレエの先生とバレエピアニストの先生のお誕生会がありました。
普段のレッスンでは私語をかわす余裕なんてないので
お互いの知らなかったキャラに触れるチャンスです。

クリックすると元のサイズで表示します

もう2年前の日記に、やはり同じ先生のお誕生会にて
「バレエクラスの人というのは変わった人が多い」という
感想を書いた私ですが、
2年の歳月と約半数のメンバーチェンジを経て改めて気づいたのは

「Sさん(仮名)が特別に変わっている」ということでした。
〜*あくまでも個人的見解〜

しかし変わった人の存在には事欠かない私の環境で
Sさんの存在が気になるのは、認めがたいですが
私にも似た傾向があるからでしょう・・・

ひと言で言えば「幻想の世界の住人」なんですね。
まあ、そういうところがまったくなかったら
大人のバレエクラスに出たりはしないでしょうけど、
物事にはほどってものがあって、
「幻想」と「現実」を行ったり来たりしてるわけですけど、
Sさんの場合、「幻想と現実」も「主観と客観」の区別も
ないように見えるのです。
映画スターや有名ダンサーの立ち位置を自分と同じ線に
引きずりおろしてしまうのです。
有名な人は有名になっただけの何かしら一般人にはないものを
もっているのに、そこのところは無視して話をするので
「何様」状態になりがち・・・

さらに、
Sさんは独身一人暮らしで猫を飼っています。
その愛猫ぶりたるや、猫に人間男性の名前をつけちゃうほど。
猫自慢と彼氏自慢、甲乙つけがたい行為です。

告白しますが、私もダンナくんJと出会った時、
一人暮らしで猫を飼っていた女でした。
そして、雄猫のレオちゃんの寝る定位置は私の枕元。
この席をめぐってレオちゃんとJは険悪な仲になり、
そこにJの猫アレルギーが事態に拍車をかけました。
そしてまあ、いろいろとあった末に
Jの勝利が私の現在の暮らしを導いたというわけです。

出産なんて体力・生命力を消耗することをしてないSさんは、
お肌の手入れ法をみんなに披露するのもくやしいけど
仕方がない、と思わせるくらいツルツルの肌の持ち主。

でも私は乾燥肌になったのと引き換えに
決して妄想に逃げられない「オムツ換え」などの仕事の成果か?
あやうく現実の世界に踏みとどまったぞ。

かと言ってPTAとか近所の奥さんとしての社会的立場は
独身女性より決して高くも良くもないな。

自分はSさんよりは普通である、ということを証明しようとした
今日の日記だったけど、
それはどうも失敗

私自身はちょっとは現実的な人間になったかもしれないけど
妄想癖のある娘をこの世に再生産しまったので
社会への負荷はプラスマイナスゼロです。













0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ