2021/2/7

娘の履歴書  家族のこと

ロンドン大学病院生まれ。

2歳 ナーサリースクール入学

4歳 カトリックのプライマリースクール(小学校)入学(第2希望校)で1学期
   無宗教の第1希望校に空きができて転校、そこでも1学期過ごす
    
5歳 東京に引越し、小学生から幼稚園生に逆戻り

6歳 公立小学校入学

12歳 公立中学校入学

15歳 私立高校 海外大学留学コース入学

17歳 私立高校 退学 
   ニュージーランド/オークランドに引越し 
   公立校1学年下の12年生に転校 

19歳 国立オークランド大学合格


ロンドンでは日本人幼稚園(土曜日のみ)や日本語子供サークルで日本語を、
東京では小学校の時にパパ達主催の英語勉強会に多い時で週1参加しました。

学校教育はほとんど日本だったので、基本日本語脳ですが、英語耳はできているためそこが普通の日本人ではないです。裏山です。

お気楽な人格なので勉強、努力はキライ。
習い事でも先生が厳しいとすぐへたれる。

日本語の遅れもあり塾にも入れましたが学校の成績は真ん中へんの下あたり。
小中と公立で、高校は私立校推薦入学で受験はなかった。ラッキー
クラスの子達が受験勉強する中ずっとお気楽・・・

ニュージーランドでは、国籍があるため公立高校には無試験パス。ラッキー

大学入試は、高校最終全国テストと、その点数を含む高校在学中にとる単位数で合否が決まる。テスト以外では課題エッセイ提出と実技による評価。

今年はコロナのため海外からの留学生がほぼいないから国立大学もキウイの子のみで入りやすかったかも。ラッキー

ニュージーランドの大学は1年目は授業料が無料。私がラッキー
(ただし物価の高いニュージーランドは寮費も高い)


日本の学校では成績イマイチ、勉強もコツコツ努力も好きじゃなかったので、大学進学は親子ともにあまり意識してませんでした。

オークランドはニュージーランド最大の都市なのですが、東京に比べたらつまらないので日本に帰りたくなりました。

けど、日本の入試方法で自分の学力で入れる日本の大学より国際ランキングの高いオークランド大学を出た方が、将来の収入に差が出る、と判断した現金な娘です。

コツコツ勉強が苦手な人でも入学が許された大学でも、たぶん猛勉強しないと卒業できないけど、頑張っていいお給料のお仕事できるといいね。

2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ