2021/6/7


映画「SURGE」公開にあたりロンドンの映画館Curzon Hoxtonにて監督Aneil Kariaと主演ベン・ウィショーのQ&Aが催されたと、映画館がつぶやいてくれました!



ので、まとめました。例によって勝手な和訳も。
*この劇場は6/4にリニューアルオープンしたとのことです


We’re live at the new Curzon Hoxton with Ben Whishaw and Aneil Karia for a live Q&A for #surge!

私たちは新装カーゾン/ホクストンにてベン・ウィショーとアニール・カリアと一緒に「SURGE」のQ&Aライブに来ています!

On how the themes from Karia’s short BEAT carry through to SURGE: “With #Surge it was important that Joseph was a sort of “everyman” in the background”

カリアの短編映画「BEAT」から「SURGE」にテーマがどう受け継がれているかについて:
"「SURGE」ではジョセフが普通の人だという背景があることが重要でした。"

“Beat was about someone behaving in a way that went against ‘normal’ behavior, in a simple sense Surge was also about that duality.”

「BEAT」は普通の行動ではないやり方で行動するとある個人の話だったけれど、
その意味では「SURGE」も二面性を描いてます。”

On Ben’s first reactions to the character: “I always found the character not sympathetic necessary but I understood him. I get what he’s going through and what’s happening to him, and what he’s doing on some level.”

ベンのそのキャラクターへの最初の反応について:
”僕はいつもそのキャラクターに共感する必要はないと思ってましたが、理解はしました。彼が何を体験して彼に何が起きて、彼が何をしているのか、ある程度は。”

On shooting in London: “I like the movement and energy of London, which is a lot like life. Before the pandemic, life was richly varied and kinetic, and anything contained would be antithetical to the film” - Aneil Karia

ロンドンでの撮影について:
”ロンドンの動きやエネルギーが好きです。それは人生にとても似て。パンデミックの前は、人生は変化に富み動的でしたし、そこに含まれるものは何であれあの映画と対照的と言えるでしょう。” ーアニール・カリア

On not meeting some of the actors until filming the scene: “It was a great decision on Aneil’s part. Often if you’re filming your sat around chatting on set, Aneil was like ‘We’re not gonna have that’ - just having that attitude of liveness was really good” - Ben Whishaw

実際のシーン撮影まで顔を合わせなかった俳優がいたことについて:
”あれはアニールの役割の中でも大きな決断でした。撮影の間はよくセットの周りで座っておしゃべりしたりするものですが、アニールは「あれはしないことにする」とー ライブ感を大切にする姿勢はとても良かったです。” ー ベン・ウィショー

On the physicality of the role: “We worked a bit with a choreographer who was wonderful and we had like a kind of chart of where he was at in terms of surging from 1-10. We pushed it and had a palette of things to play with.” - Ben Whishaw

役の肉体的なことについて:
”素晴らしい振付け師とも一緒にちょっと働いたんですけど、感情の波の面では1から10のどこに彼はいるかの表のようなものを作りました。” ー ベン・ウィショー

“Sometimes the process of acting can be kind of cerebral and you have to figure out how to do the scene. It can be quite heady, whereas this wasn’t at all, it was about where he was at and his sensations - I liked that a lot.” - Ben Whishaw

”時には演技のプロセスはある種知的なもので、そのシーンでどうするかを形にしなくてはならない。かなり激しくもなれば、またあるいは全然そうならないこともあり、彼がどこにいるか、また彼の感覚にもよるんです ー その点がとても良かった。” ー ベン・ウィショー

On the portrayal of mental health: “I was keen to explore the somewhat binary attitude we have towards mental health. People have developed quite a compartmentalised and narrow attitude towards it and we wanted to explore the complexities” - Aneil Karia

メンタルヘルスの描写について:
”メンタルヘルスに対して私たちの持つ二元的な見方のようなものの追求にとても興味があります。人間はかなり区画化された狭い見方をしていますし、私たちは複雑さを追求したかった。” ーアニール・カリア

“I feel like mental health and all the issues have sort of become like genres in a weird way. I didn’t want to treat it as a commodity” - Aneil Karia

”メンタルヘルスにしても何でもかんでも変な風にジャンル分けされていると感じるんです。商品の一つとしては扱いたくなかったです。” ーアニール・カリア

Catch #surge at your local Curzon or on Curzon Home Cinema now!

SURGEをお近くのカーゾン、またはカーゾン・ホームシネマで見てね!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ