2021/5/12


5/19追記:オックスフォード時代のトニーが属していた『the Bullingdon』が別の映画「ライオット・クラブ」の元となった特権クラブだと知り、今ものすごく納得しています。あのコレッジでの酒の飲み方はまさしく同じ空気が。とはいえその後リンダが結婚してからマーリン卿と夜遊びにはまった時に結局夫に遅れて同じような世界に逃避してしまったのが、ああ、夫婦のすれ違いを感じましたが・・・


BBCのつぶやきでふと目に留まったのがこの時代劇ドラマ「The Pursuit of Love」です。リリー・ジェイムズ、エミリー・ビーチャム、アンドリュー・スコット、フレディ・フォックスと、キャストがとにかく見ていたい人たちだったので見てみました。

クリックすると元のサイズで表示します

主人公リンダ(リリー・ジェイムズ)は、キツネ狩りを家族とする家ということで、してその家はオックスフォードシャーのはずれにあるカントリーハウスということで、上流階級だとすぐわかります。でももうダウントンみたいな使用人がずらりと働く時代じゃないのですが、一家の父親は女子の教育ふざけんな、の絶対君主で私はびっくり、当然というか、世間知らずの娘はロマンを求める夢見る夢子に育ちました。

リンダには彼女そっくりの叔母がいて、その娘つまり従姉妹のファニー(エミリー・ビーチャム)は育児放棄されたというか母親不在でリンダの家で双子の姉妹のように育ちます。ファニーは母親を反面教師として自分はああならないとしながらも、奔放なリンダが大好きで離れられないのです。

予告編でピンときた通り、このドラマはキャラが立っていて中でもファニーと結婚する銀行家の息子トニー(フレディ・フォックス)と

クリックすると元のサイズで表示します

お隣さんのマーリン卿(アンドリュー・スコット)はハイライトでした。この2人が出てなかったら最後まで見てなかったかも。

クリックすると元のサイズで表示します
この「お屋敷の中に馬」というと海外の雑誌ヴォーグのファッションページを思い出すのですが、そのページのデイレクターはきっとこの原作小説を読んでいたに違いないと思いました。だってアメリカン・ヴォーグの編集長、副編集長にはイギリス人が多い、それも中上流出身だからです。

ストーリーはタイトル通りなのだけど、リリー・ジェイムズ好きだったのだけれど、実は私はリリーのリンダは好きになれませんでした。我儘で奔放で純粋なお嬢さん・・・ダウントンでもそんな役をやっててあれは好きだったのになあ。なんだかこの可愛いキャラをやるには、リリーは大柄というかお尻が大きすぎる気がして・・・(スミマセン)逆に地味なファニーの方のエミリー・ビーチャムが可愛かったです。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ