2021/4/18

足元の健康  近況

コロナで海外旅行もお預けの昨今、次に旅行ができるまでに健康を維持するのが必須となりました。コロナには罹らないことはもちろん体力もアップしたい、でも特に余計な苦労はしたくない、と普段よく歩くことだけ心がけて、靴の重要さに気を取られています。

2019年にたまたまデザインがかわいいから買ったNIKEのエアマックスが私史上ナンバーワンの履き心地でした。

クリックすると元のサイズで表示します

右の爪先が汚れが取れないと思ったら、汚れではなく裏地に穴が空いてました。涙

このモデルの歩きやすさの秘密は、エアのクッションだけでなく、かかとの高さもちょうど良く、一体化したベロの部分が常に足をホールドしてくれていて靴の中で足が泳がない点かなあと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

実は爪先に穴が空いたのはサイズが小さいのかと、別のエアマックスを1サイズあげて買ったらそっちはホールド感がイマイチでサイズだけでなくベロ部分が通常のタイプなので紐をぐいっと締めないと中で足が泳いでしまうことがわかりました。

次は絶対にこのベロ一体化が必須です。ああ、もうヘビーユースでかかとが!

クリックすると元のサイズで表示します

私服ではほとんどスニーカーなので、今は仕事用のパンプス(受付の人としてスーツ制服を着ている)で足指が痛くならないのを絶賛探求中です。

実はスニーカーでも紐をぎゅーっと結ぶのは甲が薄いせいでして、パンプスは足が前に滑ってしまい足指にタコができてしまって大ショック・・・。

解決するためには幅狭甲薄のパンプスならちゃんとホールドしてくれそうなので、幅Bを1度履いてみようと思っています。でも幅広靴に比べて幅狭はニッチなマーケットらしく、高級輸入靴かオーダーブランドしかネットでは見つかりません。

ふつうの値段では出会えない幻の靴なの・・・?
1
タグ:  健康



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ