2021/4/6

Fargo 4 エピ 11(最終回)  ベン・ウィショー

ベン・ウィショーのラビは「これまでのお話」にけっこう出てきました。



と、ここで終わりにするのも何なので、最終回ですし全体の感想も。

ギャング団ではない普通の家の子エセルリダは何でずっと出番があるのかと不思議に思っていましたが、黒人と白人の両親を持つ、いわばどちらにも属さない視点での語り部でした。

下のスクショは彼女のセリフです。(写ってるのはオッサンですが)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カンザスシティという広大なアメリカの真ん中あたりの都市の歴史は、ざっとウィキを見ると「ギャングがはびこり治安が悪い」という文でこのドラマの物語は片付けられています。

しかも20世紀の早い段階で都市化した後、富裕層が郊外に移動し中心がスラム化したとあります。なるほどファーゴ、Far go。

黒人ギャング団がイタリアンマフィアにとって変わるのかと思って見てた最終回は、そこまで単純ではなく、とはいえそれぞれ団の中心キャラには「そう来たか?!」という思いがけない展開が待っていました。

そして「ファーゴ」シリーズのファンにはキュンな終わり方のようで、ラビが命を張って守ったサッチェルが成長後に立派なチンピラとなり、荒野の1本道を走る車から外を眺め、犬を連れて歩いた子供時代を思い出している。

これは他のファーゴを知らない私は調べてわかりましたが、ファーゴ/シーズン2の登場人物マイク・ミリガンがサッチェルだそうで。サッチェルの父はボスのロイ・キャノンですので、サッチェルは成長後ラビ・ミリガンの苗字を名乗って彼なりにラビへの敬意を最大限に表していたのですね。キュン・・・
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ