2020/11/25

トースティ@クリスマス・マーケット  イギリス

ブリティッシュ・メイド」と言うお店をご存知でしょうか。キルティングのジャケットが有名な「ラベンハム」などイギリスのアパレル製品を扱うセレクトショップで、南青山に本店と、その他全国展開しています。「ファッション」と言うより「服」と言った方がぴったりの、流行は考えず実用性の美と言いますか、イギリスの田舎に定番のアイテムのイメージです。とはいえそこは日本向け、洗練されたでティールが定番にプラスされてイギリスの田舎じゃなくても着て浮かないセレクトです。個人の意見ですが、イギリスの保守的な服がそのままで似合う日本人は相当なおしゃれさんのみです。だってイギリスの保守的な人はおしゃれに見られたいなんて思ってなく、だからこそ保守なのです。

ウンチクが長引いてすみません。そのブリティッシュ・メイドの本社のクリスマス・マーケットに行ってきました〜!青山のおしゃれブティック地区の奥の住宅地に、未知のイギリスとの出会いを求めて。。。

クリックすると元のサイズで表示します

飲食店と、自然派コスメやアクセサリー、日用品などの雑貨屋さん、革製品、洋服も少しありました。

以前にもここのフェアには行ったことがありますが、今年はコロナのせいでショップをギュウギュウに詰めてない感じ。

クリックすると元のサイズで表示します

中には英国展でおなじみの「スワン&ライオン」や「レイジー・デイジー・ベイカリー」やクラフトビール屋さんもありました。今回、私の心が躍ったのは、外のDEENEY'Sのトースティーです!!!

クリックすると元のサイズで表示します

スコットランドのストリートフード屋さんなんです。神宮前にお店があり、このキャラバン車は広尾のナショナル麻布前にいるそう。

クリックすると元のサイズで表示します

で、この黒板の「TOASTIES」の文字に目が釘付けになったのは、ちょっと前に和訳を記事にしたThe Timesで「ベン・ウィショーが食べたいもの」だったからなのです!!!英語でtoastie、意味はホットサンドイッチということでそう訳したんですが、実はtoastieってどんなものなんだろう?って気になってたのです!

クリックすると元のサイズで表示します

上のアイロンみたいのでムギュッと抑えて作ります。

私はヘイミッシュにしました。カリカリのトーストも食べるのに固くなく、美味しかったですよ〜。これがウィショーさんの食べたかったメニューか〜。

クリックすると元のサイズで表示します

トースティーはその場でランチとしていただき、午後のスナックに「ビーンズ・イン・ブランケット」を千葉の有機野菜とイギリス料理のお店から買いました。

クリックすると元のサイズで表示します

私は最近パイというものがあまり好きではなくなったと思ってたんですが、このブランケット部分のパイ生地は、久しぶりに食べた本物だったと見え、ただ最近食べたのがダメパイだったのかという事実に気づきました。日本のよりも、イギリスのクラストはパイなんだけどちょっと重めでしっかりした食感と味。今回はオーガニックの手作りの生地でしたので本当に美味しかったです。

そうそう、「スワン&ライオン」のポークパイも大好きですが、ショップが東京の英国大使館の近くにあり、私の職場からも徒歩圏内ということがこの度判明したので、近い内にお店に行ってみたいと思っています。
0

2020/11/24

Modern Nature  ベン・ウィショー

ウィショーさんはここ最近のパンデミック禍中でのインタビューでは「何にもしてない」とずっと言っているにもかかわらず、幾つかインタビュー音源や雑誌が重なって私もワクワクして和訳しているうちに、

イギリス時間11/21夜、イングランドのフォクストーンでのカルチャーイベントにて、デレク・ジャーマンの日記「Modern Nature」のベン・ウィショー朗読&生音楽による動画が配信されました!

なぜに何もしてないウィショーさんのことを書くのにこんなに忙しいのか?

デレク・ジャーマンは、「ロンドン・スパイ」でも世界をブルーにペイントした男として、HIV患者として語られていましたね。80年代文化のスターの1人でした。そこで「タイムマシーン イベント」として音楽もジョン・ゾーンとヘンリク・ゴレッキによる同時代の作曲をイベントのために現在のミュージシャンが演奏する姿も映像にあります。実際にデレク・ジャーマンが住んでいた小屋にて朗読をするとは・・・ウィショーさんのキャリアの幅ってメジャー映画から現在進行アートまで本当に広がるばかり。

ではでは「何もしてない」ウィショーさんの朗読だけする姿が見られるたっぷり75分の動画ですので堪能しましょう!



デレク・ジャーマンの本は密林でも購入できます。
やっぱり買って読みながら見る?
クリックすると元のサイズで表示します
2

2020/11/23

続 1883 インタビュー  ベン・ウィショー

クリックすると元のサイズで表示します

遅くなりましたが、変なところで切れた続きでーす。Here we go!

*紛れもなく意味がありますよ。以前聞いたことがあるんですが、アーティストの心理として、作品から1度離れてまた戻ると、別のやり方ができた点が見つかるというんです。

「本当にそう・・・完全に満足するということはない。でも評価基準はある・・・僕の場合、上は『まあ悪くない』『だいたいうまくいった』。だって自分を見て「絶対に完璧に素晴らしいー!』なんてなったら相当変な人でしょ。だから『OK、ダメというほどでもない』くらいならね。」

*ところでQの出番は限られてるのに、彼はボンドが切り抜けていくシーンでもいつも存在感があり、他のアイコニックなキャラたちをも助けています。傑出した役作りをした前任者に比べてQという役にどのように特徴をもたせましたか?

「それは、僕にとってはQとダニエル・クレイグのボンドの力関係で全てが決まる。前のQが男性的エネルギーの対立という形になっていたのとはちょっと違う形になったかな。まず1番の男がいて過度に男性的なエネルギーと肉体を持っている。そしてそこに、より頭脳派で品が良く、よりエレガントな男、それがQ。僕が参加した過去3つの映画では、僕が物語に貢献したと思えることはそれかな。あ、もちろんガジェット、武器、みんなの大好きな道具も提供したね。ボンドに対立するエネルギーとは、ある意味、隠されていて、だからあの役にはスクリーンに実際僕が映っているわずかな時間以上の存在感があるのかもね。」

*ボンドの強力な1番の男としてのエネルギーに、頭脳の存在を持ち込むのがQの役目と具体的に言いましたね。そう、ボンドの男性的な肉体の強力さと同じくらい、Qへの相互依存も強いんです。

「それは絶対正しいと思う。今まで考えたことなかったけど。真実だと思う。それがQとボンドの関係の魅力なんだろうね。ダニエルとの演技は本当に楽しかったよ。3本の映画ずっと。」

*その点でQもまたボンド同様、救済者と言えますね。

「そう・・・別のやり方でだけど、ある意味ではyes。最新2作での興味深い進歩はマニーペニー、Q、Mが映画がたどってきたボンドの旅の過程で、前よりももっと活躍する役を担うようになったことだと思うんだ。あなたが言う、・・・

*・・・相互依存?

相互依存だし、ある意味ボンドはクレイジーでワイルド、一匹オオカミ的なんだけど、そばにいる人たちはシステムの中でもっと安定した働きをしてることで彼のそういうところが強調される・・・彼は逸脱者なんだ。その対比が好きだな。それがおもしろい方法で映画に力を与えていると思うよ。」

*最年少のQとして、デズモンド・リュウェインで有名なアイコニックな役に踏み込むにあたりどんな準備をしましたか?

「えっと、実は、舞台上の非常に有名な役へのアプローチに非常に近買った。例えば舞台では今までに何度も何度も演じられてきた役を、なるべく見ないようにする。白紙の状態に自分を投影したいから。ちょっと危険なリスクがあるけど、僕はいつも他はほとんど知らずに近づいて何か自分のものを作りたい。過去に演じられてきた役にとらわれるよりも、本能に従いたい。サム・メンデスとは長く語り合った。彼は僕をキャスティングした監督だからー良い監督は、ボンドのプロデュースチームもだけど、そのパートを役者に任せてくれる。だから結局、自分独自のものを作るのに勇気付けられた。」

*理想的なシナリオだったようですね。

「うん、それに今のところ、お客さんにも好評のようだし?」

*レパートリー中、どの役が自分のパーソナリティーに近いですか?

「おぉ・・・それはばらしすぎになっちゃう(笑)」

*秘密にしておきたいと。

「答えるのがすごく難しい。演技とは奇妙なもので、他人を表現しているのに、またそれは同時にスクリーンに見えるのは自分なんだから。ただ異なる面や要素なんだよね。だから見えてるのはすべて僕の異なるパーツなんだ。大切な友人のアンドリュー・スコットがよく言うんだけどー多分誰か別の人が言ったらしいけどー 『人の内部には大勢の人がいる。時には他人によって多種多様な部分が引き出される。』というわけで、一つのキャラクターに絞れない、というのが正直なところ。」

*Qのプライベートライフってほとんど知られてませんね。あるとすればですけど。秘密の悪行があるとしたら、それはなんだと思いますか?

「それは君たちが新作で少し見られるものだから、言い過ぎないようにするよ。そう、これ以上言わないほうがいいけど、彼のプライベートに踏み込んだシーンがあるとだけ。」

*Qは自信家で、紛れもなく賢く、そして変わり者だとわかりやすいです。ロンドンだったら金曜夜中の2時に彼に会えそうな所はどこですか?

「考えさせてよ。メイフェアかケンジントンじゃないかな。彼はだいたいいつも早く寝ると思うけど、たぶん会員制のレストランに、ときどき誰かを連れて行く。彼はとても洗練されたテイストが好みで、公務員のサラリーは高くないから節約してて時にはどこか特別なところに食事に出かける。」

*初めて演じた時から今まで、Qはどのレベルまで成長したと思いますか?

「みんなが初めて『スカイフォール』で僕のQに初めて会った時に大きかったのは、ちょっと小生意気な奴だったことだと思う(笑)。若さと未経験さゆえの傲慢があった。今は生意気さが少し薄れたよ。少しは現場に出て悩んだりもしたから。年齢的なことだね。彼はちょっとだけもっと・・・いろいろ乗り越え厭世的になった。きっと。」

*それは健康的ですね。

「確かに。」

*今シーズンの「ファーゴ」に参加してますけど、国内移動と移民、文化的融合、容赦ない金への追求を描くこのシリーズで、もしあるとして、あなたの役であるラビー・ミリガンと共感を覚えることは?

「ラビーはアイルランド系移民だけど、ユダヤ人家庭に育てられたようなもので、最終的にはイタリア系家族に引き取られた。なので本当には彼はどこにも溶け込めず属せない。巨大な暴力を見て、巻き込まれ、自分も犯してきた。彼はその環境にもかかわらず人道的に、むしろ愛情を持って行動する、ドラマでは稀なキャラクターだね。演じるのは楽しめたよ。僕のおじいちゃんはロシア人の母とドイツ人の父を持つ移民で、彼は戦後ほとんどの人生をイングランド南部で過ごした。書類にはALIEN(注;差別的なので今は使わない)と書かれながら。僕はこの仕事をしながら彼のことをいろいろ思い巡らせた。」

*この役は今までの仕事とはどのように違っていますか?

「撮影の終わり頃、このドラマの制作者ノア・ハウリーがセットでそっと僕に近づいてきて『で、強くて寡黙なタイプを演じるのは楽しい?』と言ったので『はい。はい、とても。」と答えたよ。これまでキャストされたことのない役だったから。でもどういうわけか彼に共感する部分はあったー ラビーは世の中に幻想を抱いてない。簡素で物静か。いい人なんだ。または、いい人願望が強く、正しい行いをする。また何度も演じたい役だよ。」

*俳優の多くが演じてみたい「ドリーム・ロール」があるんですが、いつかやりたい事リストの中にそういう役とかキャラクタータイプはありますか?

「正直そういうのはない。次は何か来るかな、っていう感じが好き。前もってわからない事が好き。どんな役でも複雑さや多面性を持っていれば大好き。さらに影の部分、慈愛とユーモアがあるのもいいね。僕はいつも、観客は1人の人間に会いたいはずだ、と思うんだ。未知の部分はあるにしても、ただ2〜3の特徴があるキャラクターじゃなくて。僕の不変の大好きなパフォマーは、ジーナ・ローランズとジョン・カサヴェティだ。彼らはいつも自分自信を演じていると言える。でもそう単純でもなくて、自分の能力をどう活かしているか、自分をどう使うかなんだよね。彼らの場合は魔法のようだ。きっとそんな魔法はいつでもあるはず。」


後記:素人和訳を長くお読みいただきお疲れさまでした。ますますボンド25「No Time To Die」と「ファーゴ」が見たくなりましたね!暴力は怖いけど・・・
3

2020/11/20

1883 インタビュー  ベン・ウィショー

クリックすると元のサイズで表示します

このところインタ紹介が続きましたが、イギリスの雑誌「1883」にもウィショーさんの写真とインタビューが掲載されたのは2〜3週間前くらいかと思います。今回は写真のテイストが空輸で購入するほどには好みでなかったので、そのうちネットで色々見られるかな〜とのんびり構えてました。

写真はSNSで見れたのですけど、さすがに本文の方は公式では買わないと読めなくて、ファンの方がタンブラに(おそらく手動タイプして)あげてくれたのが見つかりました。コチラ

で、これが写真の好みに反してけっこう楽しめたのでザッと紹介いたします。
11/23追記:ウィショーさんの発言は「カッコ」に入れました。

*これまで演じた役柄がまったく違うキャラクターたちなのはたまたま運が良かったのか?(という質問に対して)

「そう、まったくの偶然だけど、もし自分で選ぶんでもきっと次は何か別のものを求めるだろうとは思う。いつも似たような役では自分に飽きてしまうだろうからチャレンジしたい。けどたまたま幸運でこうなりました。」

*他の俳優さんから聞きましたが、映画やテレビの撮影をしてると役のキャラから本当の自分に戻るのが大変だそうで。Qの何かが無意識に自分の一部となったようなことはありませんか?

「興味深い質問だけど、それはないと思う。もちろんQには僕の一部分をたくさん投影してるからたとえ無意識でもQは僕の何かを持ってはいる。でも完全に違うのは僕はテクノロジー専門家とは最も遠いところにいる人間だってところだよ。」

(ここでインタビュアーの方とどっちがテクノロジー音痴かと盛り上がる)

*ロンドンが大好きなことについて

「ロンドン愛してる!
まだ行ったことがなくて見てみたい都市はたくさんあるけど、行ったことがある中では、そう、お気に入りで、愛してるよ。ここが自分の家、ずっと住みたかった所。興味は尽きないしずっと刺激的。」

(インタビュアーも同意見だとやたら主張してくる・・・ロンドンが人間だったら他の誰もいなくてもいいからずっと一緒にいたい、と・・・ハイハイ)

「同感同感。でも僕はそろそろ友達がみんな引っ越そうかと考える年齢になった。家族ができて。でも僕は町並みが大好きで、このひどい天気でさえ愛してるのに!」

*私もです。(天気は)この建築物に対して完璧な背景を作ってますし。

「すごく陰鬱でね。魔法をかけたように。歴史の重なりもいいし古臭いところから最先端までが互いに反発しあい存在している。本当に驚異的だと思う。

僕は北ロンドンからそう遠く無い小さな町で育ったけど、そこの方がもっと攻撃的で何かと大変だったのに比べてロンドンはとても寛容で平和で違いや多様性の受け皿があるよ。」

*「英国スキャンダル」や「ファーゴ」などテレビの仕事について、役作りは映画の仕事と違いがあるか。

「特にはないけど、時間が長いのが、俳優にも視聴者にも良いのでは。人間の多層的な部分を見せられるからー映画では時間的に無理なことも。だからみんなと同じようにまたテレビの仕事ができて楽しんでるよ。」

*演じた役の中でどれが一番自分の才能を表現できてると思いますか?

「う〜〜ん、そうだね、「英国スキャンダル」にはかなり誇りを感じているよ。あれはいろいろなものが一つになった瞬間だった。脚本は秀逸、監督は完璧、そしてキャストも信じられなかった。全てが協調した。いつもそうなるとは限らないから、あの仕事の一員として参加できて自分のしたことに誇りを感じる。・・・でも実はいつも自分の出たものを見ているわけじゃないんだ。ちゃんとできたか、期待したような出来になったかわかる時間が経つのを待つ・・・それに意味があるかどうかわからないけど。」

後半に続く:

(もっとザクッと書くつもりがまた省略しきれなかった・・・?!)
4

2020/11/19

パレスホテルで茶会  たべもの

英国ロイヤルな「ザ・クラウン」の配信が始まった日に、日本ではジャパンロイヤルだ!とパレスホテルに行ってきました。皇居の目の前、住所は東京都千代田区丸の内1−1−1!

クリックすると元のサイズで表示します

他の東京御三家高級ホテルに比べ、宿泊料は倍と聞いていたので日本の最高峰パラマウントなホテル!と夢見ていたのですが・・・

日曜のせいか1階ラウンジには待っているお客数組までありかなりの混雑・・・想像していたエクスクルーシブ感はなかった。外装は地下鉄直結なのでよく見えないのですが内装は豪華というのでもなくモダンというのでもなく、帝国ホテルやオークラ、ハイアット系列に比べて特別感はあまりない・・・これはおかしい、きっと何かいいものを見逃したに違いない。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし和菓子のアフタヌーンティーは人生初なので期待しつつ奥の内堀の見えるお席に着席。

下はウェルカムドリンクのほうじ茶に合わせて出てきたお菓子。

クリックすると元のサイズで表示します

お茶は紅茶以外の日本や中国のお茶の種類も多く、ほうじ茶の後は「ゆず抹茶」と「茉莉花茶=ジャスミンティー」をいただき美味しゅうございました。

3段トレーならぬ三段のお重箱で給されました。

クリックすると元のサイズで表示します

菱形のわらび餅のようなものは、実はパンナコッタにきな粉がついたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

西洋式アフタヌーンティーのサンドイッチに当たるものとして、手まり寿司が付いていました。

クリックすると元のサイズで表示します

写真を撮り忘れましたが、スコーンも付いていて、プレーンと抹茶スコーンにクロテッドクリームと黒蜜が添えられていました。

お腹がいっぱいで食べきれなかったので持ち帰りたいとスタッフさんに聞いてみたんですが、それは許されなかったので残念です。多分食べきれないと思って持参しようとして忘れた私のバカバカ!
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ