2020/5/9

By Jeeves The Shows Must Go On   その他の映画・ドラマ・舞台



世界中の劇場がコロナ対策で開けられない中、ステイホームでくすぶる人たちの慰めに無料または有料にて舞台の配信企画が目白押しとなっています。

「劇は劇場で見るもの」というポリシーのもとソフトを売らない主義のNTLiveでさえも人気作を公開というまさに平常時にはかなわぬ異例さです。

またこちらのようにチャリティのため特別全人類に48時間限定公開、コロナ最前線で闘ってくれているNHSに寄付をしようという企画も出ました。

「ジーブス」は原作本が上皇后陛下のお気に入りということで日本では有名ですが、私はスティーヴン・フライとヒュー・ローリーのドラマで初めて知りました。

そのミュージカル版をヒットメイカーのアンドリュー・ロイド・ウェバーが作っていたとは!

知っている俳優さんはジーブス役のマーティン・ジャーヴィスだけでしたが、大真面目にすごいおバカなことをしているのに歌い出すとみんなうまい!

英語字幕で見てもわからない単語もいっぱい出てきてそれはスルーで見てるのですが、かなりもったいぶった小難しい言い方のはず。単語が長いので。それに比べて頭空っぽみたいなキャラがほとんどなので、同じ劇の中のIQ値の振れ幅が大きすぎです。そしてジーブスを除く頭空っぽ軍団の中で、唯一大まじめ腐ってるのがアメリカ人、というところもポイント。

収録は2001年とのことですが、観客もまた劇の一部となっているのがすんごい不思議な図でした。どういう企画なのかわかりませんが、皆1930年代くらい?のフォーマルなスーツやドレス姿なんですよ。しかも舞台が客席と同じレベルという。

あと1日見られますのでもし運良く間に合ったら是非ご覧ください!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ