2020/3/29

オックスフォード旅2020H自然史博物館など  モース&ショーン・エヴァンズ

昨日のパーク・タウンから西のバンベリー・ロードに出て南下するとその道がセント・ジャイルズという名前に変わります。もう中心部です。

クリックすると元のサイズで表示します

キーブル・コレッジに戻るにはこの「ラム&フラッグ」を曲がるのですが、

クリックすると元のサイズで表示します

ここはジェイクのお別れ会の場所。(モースは会いに来て中に入らず去るENDEAVOUR0302)

クリックすると元のサイズで表示します

そして曲がるとミュージアム・ストリートになります。

クリックすると元のサイズで表示します

ここはオックスフォードに戻ってきたジョアンが友人たちとシェアで住んだフラットで、モースも引っ越しパーティーに招かれました。

クリックすると元のサイズで表示します

フラットの入り口からさっきのラム&フラッグの方を見た角度。

クリックすると元のサイズで表示します

パーティーから出てきたモースがクローディーヌと会うシーンがこの角度で。

クリックすると元のサイズで表示します

ミュージアム・ストリートとはその名の通り、「自然史博物館」に通じる通りです。

クリックすると元のサイズで表示します

ENDEAVOUR0202で女子高生達も見学に来てましたね。この子達の中にルーシー・ボイントンもいるんですよねー

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは2階の回廊から私が撮った写真で、

クリックすると元のサイズで表示します

ドラマでは下の恐竜の顎の骨の下にコリン・デクスターが写ってます。小さすぎてわかりにくいんですが、多分このシルエットは。

クリックすると元のサイズで表示します

アップ。

クリックすると元のサイズで表示します

2階の回廊はモースとジェイクも捜査で歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します

私はオクスフォード捜査も疲れてきたので、カフェでひと休み。

クリックすると元のサイズで表示します

キャロットケーキは大きくてチーズクリームもたっぷりと挟まってて、ぼっちウォーキングツアーの疲れも癒してくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

この後お向かいのキーブルに戻り、キャリーバッグを引き取りに。チェックアウトは10時ですが、この荷物預かりをしてくれるので2日目が有効に使えました。

実はキーブルを予約する前に、一度、ラム&フラッグの向かいにあるオックスフォード大学施設のホールしか空いてなくてそこを予約していたんですが、キーブルに泊まれてよかったです。

ちょっと東のセント・キャサリンズ・コレッジやハイ橋、パーク・タウンなどは地図上ではかなり遠くに見えたのですが、キーブルを中心にして歩くとそうでもなかったからです。

今回の旅ではグループツアーにも参加せずただひたすらひとりで歩いても充実してましたが、パブにはなぜだかひとりでは入る気になれなくてそれだけが残念でした。

この日ロンドンに戻って、友達と義理の弟とパブに行ったんですけどね。まだコロナで外出禁止になる前でしたので、今からまだ1ヶ月も経ってない時だったとは思えません。。。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ