2020/3/27

オックスフォード旅2020F署とチェス会場  モース&ショーン・エヴァンズ

キーブル・コレッジ滞在中に主にオックスフォード北部(と言ってもまだまだ中心地なんですよ)を歩きました。

クリックすると元のサイズで表示します

1が出発地のキーブル、

2のセント・クロス・ビルディングは警察署です。

クリックすると元のサイズで表示します

私が行った日も小雨で怪しげな空でしたが、ドラマ中の暗さも負けてませんね。スクショはENDEAVOUR0702から。

クリックすると元のサイズで表示します

階段の途中にカフェもありますので一休みにもピッタリですが、生憎と私はキーブルの食堂でフル・イングリッシュ・ブレックファストを食べてきたばかりなので1ミリももう入りませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

さらに東に行くと

3 セント・キャサリンズ・コレッジ

この写真は下のコレッジに乗り付けたモースの車中からの景色を反対側(コレッジの中)から撮ったもの。

クリックすると元のサイズで表示します

3月初旬には冬景色でも夏には緑になるのですね。ENDEAVOUR0401から。

クリックすると元のサイズで表示します

中はかなり広大なモダンな建物ですが、ここがメインの中庭だと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

ENDEAVOUR0401の巨大チェスはここで。

季節の違いで緑だったところが私が行った時は全て枯れ枝!(涙)

クリックすると元のサイズで表示します

セント・キャサリンズ・コレッジは、14世紀のオリオルよりも、19世紀のキーブルよりもさらに新しくて20世紀の近代建築なので、敷地に塀もなく、誰でもポーターも通らずにこの中庭まで来れます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このコンピューター相手のチェス会場として登場した時には、あまりにもコレッジの印象がなかったので、オックスフォードでも何かコレッジではない施設なのだと思い込んでおりました。

クリックすると元のサイズで表示します

真相は常に奇なり。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ