2020/3/24

バイベリー(コツウォルズ)  イギリス

ブリストルを出て友達の住む町ストラウドに1泊させてもらい翌日はオックスフォードに向かいました。

初めからうまく計画していたわけではなく、ブリストルの「赤い靴」を予約して空いてる日にオックスフォードを入れその間にストラウドを尋ねると、ロンドンに戻る途中にうまい具合に無駄なく移動できたのです。(1つ前の記事の地図参照)

しかも友人が車で送ってくれたので、途中でコツウォルズの村「バイベリー」にも寄れました。

クリックすると元のサイズで表示します

村一番の立派な建物「スワン・ホテル」!
・・・え!私の白鳥好きがなぜバレてたんだろう!

クリックすると元のサイズで表示します

イギリスの白鳥モチーフのものが欲しかったんですが、さすがにこれは持って帰れないけど、中には入れました!

クリックすると元のサイズで表示します

カフェに入りました。14世紀の家はイギリスにしては天井が低めでした。

クリックすると元のサイズで表示します

イギリスの白鳥がなぜいいかというと、男性的だからです。優美な白鳥を乙女なデザインにしちゃったら古典絵本にはいいけれど大人には恥ずかしいものになりがち。

クリックすると元のサイズで表示します

でも野鳥としてデザインすると甘さはなく孤高な存在。あ、今、バレエ「マシュー・ボーンの白鳥」(白鳥が全員男性ダンサー)がなぜ生まれたかわかった気がしました。

クリックすると元のサイズで表示します

カフェの入り口。カフェといってもホテルのレストラン兼バーでもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

カーペットがダークなタータンチェックなのも好き!

クリックすると元のサイズで表示します

綺麗な川が流れてます。小雨だったから暗い。村には公共交通機関がないので通常は観光バスが何台か駐車場にとまり観光客が歩いているそうですが、新コロナで中国団体旅行が禁止されてバスはなく、静かな村を歩けました。

クリックすると元のサイズで表示します

この石塀の上に石がギザギザに埋め込まれているのは、羊がジャンプして出て行かないように(!)というデザインで、コツウォルズのあちこちにあります。ひつじのショーンが悔しがる顔が目に浮かびます。

クリックすると元のサイズで表示します

きれいな水を利用して鱒が養殖されていて、鱒商品を売るお土産やさんがありました。魚派ではない私も食べるならサーモンや鱒はやぶさかではないのですが、鱒グッズよりは白鳥グッズを買いましたが鱒屋なので鱒の袋に・・・

クリックすると元のサイズで表示します

車中からは雨の中草を食む羊たちが。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ