2020/3/15

Bristol「スキンズ」目線  イギリス

ロンドンから電車で2時間くらい西のブリストルに行きました。

電車のチケットは早割みたいな予約が1番お得なのですが、休暇中くらい時間に追われるストレスはいらなかったのでパディントン駅で当日買いました。

スーパー・オフ・ピークという空いてる時間帯オンリーので36.4ポンド。ラッシュ時にも使えるのは150ポンドもして、その差が大きいです!

クリックすると元のサイズで表示します

ブリストルは、最近見た「スキンズ」のロケ地です。2007~2013年と少し前なのですが、高校生が主役なのでこれに出演して存在を知られ、その後映画やドラマに出演してる俳優が多いです。「刑事モース」のトゥルーラブちゃんも出てたのにはビックリ。

そんなスキンズの彼らがウロウロしてそうな所を写真撮ってきました。

駅から街に向かう途中の橋から。ブリストルは港湾都市。

クリックすると元のサイズで表示します

ブリストル大聖堂の隣の公園「カレッジ・グリーン」。
みんな座ってランチ食べてたりして「スキンズ」み。
向こうに見えるはブリストル・シティ・カウンシル。

クリックすると元のサイズで表示します

パーク・ストリート。スキンズにも出てました!両脇にカフェや古着や、雑貨屋など楽しい楽しい

この坂を上がるとブリストル市立博物館があり、数年前に「バンクシー展」を見に行きました。(無料だったことが印象深かったです。本格的大型展示が)

クリックすると元のサイズで表示します

名前もかわいい「クリスマス・ステップス」という通り。

クリックすると元のサイズで表示します

「アンカー・ロード」沿いの広場。チャリティの若者たちが通行人に頑張って話しかけるというドラマでよく見る風景が眼の前で展開されていました。

クリックすると元のサイズで表示します

「シティ・センター プリンス・ストリート」運河ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

そのすぐ横のカフェ。

クリックすると元のサイズで表示します

お店も閉まる頃、待つワンコ。

クリックすると元のサイズで表示します

私的には前時代的なカバード・マーケットとか古臭い風景が好きですが、今回はスキンズの高校生がたむろしてそうなスポットをご紹介しました。

では、この町に来た目的の「マシュー・ボーンのレッド・シューズ」のことは次回書きます。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ