2019/12/13

ジェントルウーマン  近況

最近は自分のことをフェミニストだと思っているので、「男性からスマートに扱われたい」欲を自覚して戸惑いました。

しかし考え直したら、「男性から」ではなく「人から」だったので矛盾してませんでした^^

つまりはスマートに扱われなかった出来事があったわけです。相手は夫の友人、ニュージーランド人ですがイタリア在住30年くらい独身。

以前にも私はこの男に会うと、悪い人じゃないのだけど不愉快な思いが残ったことがあったんです。今回も、夫が留守中に彼は到着し、私は仕事と3日後の韓国旅行の準備や帰国中の娘とのやりとりなどでいっぱいいっぱいだったので、彼には宿は提供するから好き勝手にしてね、という気持ちでした。彼は日本と仕事もあり知り合いもいて何度も来てるので飲みに行っていないだろうと・・・

ところが私が仕事と買い物から帰宅すると、家にいてご飯に行こうと待ってたんです。私は残り物でも食べて早くベッドに潜りたいと思ってましたが、まあ自分で料理するんじゃないなら近所で食べればいいかと彼の希望で和食屋さんへ連れて行きました。

その店はテーブルのところがコタツみたいに1段低く、私たちは靴を脱いでその凹みに足を入れました。これが身長190cmくらいの彼には長い脚を折りたたまなくてはならないので出入りに一苦労。

それが災いして、さらに日本に慣れてはいても所詮生活してるわけではないので、「靴を履く」のがまた一苦労。私の夫もですが、彼らはヒモ靴のヒモは必ず解いたり結んだりします。日本人のようにちょっと緩めに結んでおいてそのまま足を無理やり押し込むことはしません。

そこで私はスルリと履けるスニーカーだったので(ナイキエアマックスってヒモの下のベロ部分が一体化してる)出口近くのレジに一人で先に到着してしまったのです。

彼が夕食をおごってくれるつもりだったのは知ってるのですが、私も大人としてレジ前でひとり待つのも手持ち無沙汰だったので、バッグからスルリとカードを出しました。

背後では彼の叫ぶ声が(笑笑)

これまでに、いつも彼は日本では一緒に食事に行くと払ってくれていて、私は悪いなと思いながらも「私が彼のお布団敷いてあげてシーツ洗って干してしまうのだから正当な報酬でもある」と思っておごられておりました。

ですので今回はこれまでの食事のお礼と、やはり人間として自然に振る舞うべきという私の美学のおかげで、予定外に外食に連れ出されながらお支払いを済ませました。

彼は悪い人ではないのだけれど、どこか詰めが甘く私の美学からするとアウトな発言と行動があるので時々夫に向かって「不愉快な思いをした!」と訴えます。

例えば彼は「好きでやってるから仕事と思ってない」と自分のワイン製造業のことを言ってるのですが、そういうロマンが彼の人生の第1優先だったなら、東京でうちにタダで泊まってなおかつイタリアから故郷ニュージーランドまでの交通費もアジアの取引先の会社が払ってくれるので実質無料で帰国できることを私に言わなくてもいいのでは?と聞いてて私は思ってしまうのです。

それは「お金を出してくれる人がいる」という自慢なのか?

お金を無駄遣いできない経済事情の友達だったら、そういう話は「こういうことでとても助かってて感謝」という話になるんですが、彼の場合は意味わからない。お金に余裕があるなら私にイタリアのお土産をどーんと奮発して良いのよ?飛行機代タダなんでしょ?家族へのお土産はスーツケースいっぱい詰め込んでると私に言ってるけど私には?

で気持ちは夕食おごりたかったけど靴紐結ぶのに時間がかかりすぎちゃったね、私がレジ前であなたがカード持って駆けつけるまでじーっと待ってたらかっこ悪いでしょう?ブーーッ!

多分、ニュージーランド人は素朴なので私から見ると洗練されてない人はたくさんいる。もちろん洗練されてセンスがいい人もいる。

洗練とは、スマートさとは、周りの人が気分良く過ごせるような対応をすることだと思います。女性に気配りをしてくれる男性をジェントルマンと言ったりしますが、私はジェントルマンは大好きだし、自分もそうなれたらいいと思っているのでジェントルウーマンでいきます。ですので男性にもジェントルマンな態度をとってほしいです。少なくとも自分の仕事や待遇を自慢するような人には。

(粗野な人だって相手が気分良くなるよう気を使ってくれる人はジェントルマン/ウーマンだと思ってますよ)


2

2019/12/11

ウィタカーズのベリーチョコ  ニュージーランド

先日ニュージーランド土産のところに小さい写真を載せた、ウィタカーズのチョコレートを開けて賞味しました^^

数種のドライベリーとビスケットのかけらが、入ってます、入ってます・・・

クリックすると元のサイズで表示します

パッケージと比べると、ちょっと誇大包装では・・・とも見えるのですが、実際に食べると食感は下のパッケージの図のようにドライフルーツがゴロゴロなのです。舌先に視力があったとしたら、きっとパッケージのように見えるはず!

クリックすると元のサイズで表示します

私はチョコレートとドライフルーツの組み合わせが大好物で、よく海外旅行土産などに職場に投入されると、「甘すぎてダメ・・・!」とおっしゃる方々も多いので、ありがたくそのデリケートな味覚の方の分までいただく食い意地に自信があります。

クリックすると元のサイズで表示します

それにしても1枚500Gの壮観さよ!
2

2019/12/10

「アナと雪の女王」1のほう  その他の映画・ドラマ・舞台

2が公開されていますが今ごろ1を見ました。

というのも2のタイミングで「アナと雪の女王は1も2も『妹から見るとお姉さんは魔法が使える』ことがテーマ」という文章をネットで見かけて気になってしまったからです!

なるほど!アナにとってエルサは、美しく知的で魔法が使えていっしょに遊べてなぜか心を閉ざしてるけど絶対な存在なんですね!

私は長女(弟がいる)なのでエルサ目線で生きてきました。

主人公アナのように、拒否されても絶対信じて人の心にまっしぐらな、無意識の自信があって行動派の妹キャラが羨ましいと思ってもなれません。

エルサのように「私はダメだ私はダメだ」となぜか心を開けないのでアナみたいな人がいると救われます。

ひとりの時間が「レリゴー」式に自分100%でリラックスできて楽しく、人といると楽しいと同時に気をつかい、なのに気が利かないという、とことんエルサです。容姿以外。

オラフもスヴェンもかわいかった〜〜雪結晶

ところで、この映画はミュージカルなんですよね。

それで冒頭にクリストフの幼少期が、氷切りの力強い男たちと出てきて、北欧民話にでもあるのか「氷の心に気をつけろ」「美しく危険な氷を割ろう」と文字通り池にはった氷を切り出しながらこれから始まるストーリーを暗示するプロローグの歌となってます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリストフはトナカイのスヴェンとソリを引きいつも雪と氷の世界に生きてます。毛皮(トナカイの?)の服やブーツを着てるとはいえ、氷水が商売道具とは、寒さへの鍛えられ方が違う!

本編でもまあローブデコルテ(肩の出たドレス)とハイヒールでエルサとアナは雪の世界でよく死なないな・・・とは思うのですけどそこはファンタジーだから、とスルーできてもプロローグの部分は、見てる人の日常からファンタジーへの中間地点でもう少しリアルなので、そう思ったのです。


それでね、話はそれるんですが、

つい最近私の職場の家具付きマンションに、北欧出身の男性がいたんです。彼は最後の1週間、つまり12月にはいってから急に気温が落ちた時期に、暖房なしの氷のような部屋に住んでました!

エアコン故障して修理がすぐにはできなかったので別の部屋をオファーしたのですが、
「未払いの1万円(エキストラベッド料金)を無しにしてくれたら部屋を変わらなくてもいい」と取引に出たのです?!

私は修理業者さんと彼の部屋に入ったんですが、ほんとうにFROZENでしたよ!私の制服がペラペラのスーツにストッキングとはいえ、あの部屋に一晩中いられるとは、さすが北欧の身体能力と感心、そして贅沢より質(コストパフォーマンス)のスピリットでH&MやIKEAを産んだだけのことはあって、寒さを我慢しても節約できるものはするのか、と2度感心したのでありました。

氷の国の子孫健在。



2

2019/12/9

クリスマス・マーケット  近況

クリックすると元のサイズで表示します

繁華街から地元の町までクリスマス・イルミネーションが揃う季節です。

だからと言って消費税も上がったばかりでショッピングに浮かれる気分でもありませんが(ショッピングはいつでも楽しいですが)

季節ものが好きな日本人の習性か、何が手に入るのか仕事帰りにチェックに行きました。

東京タワーの麓には、写真のミニチュア東京タワーが飾られていて、マーケット自体は芝公園で開催中の「東京クリスマスマーケット」のアネックス会場のようなものなので、

お店はたったの3件・・・・!

物販は1件で、シュトレンにお店が力を入れてるし私も引き寄せられました!
それからサンタさん長靴型のマグで飲むビールのドリンクバー、
テイクアウェイのフード、

というラインナップでした。

芝公園の本会場にも見たいですが、ちょうど開催時間は従業中で、1時間の休憩時間では往復時間を考えるとショッピングを楽しむには短すぎ・・・

私はクリスマスケーキの色々に興味があるのですが、当日までにチャンスはあるかなあ。
1

2019/12/5

007/ No Time To Die 4月10日!  ベン・ウィショー

ボンド25作目、ダニクレほんとのほんとに最後作と言われる「ノー・タイム・トゥー・ダイ」が4月10日日本公開と発表されました!!

そして予告編も解禁に。日本語字幕入りも出ましたよ!

3秒ほどのQ(ベン・ウィショー)のシーンを何度も見て、ここはやっぱりスクショをしない選択はありませんでした・・・

ジェイムズ・ボンドは死んだと思ってたQちゃんと自宅

クリックすると元のサイズで表示します

「死んでなかったんだ」

クリックすると元のサイズで表示します

入っていいとも言われてないのに「会いたかったよ」と言いながらズイズイと上がりこむジェイムズよ・・・!

それを横目で視線を送るQ

クリックすると元のサイズで表示します

Qちゃんのフラットはレトロなガラスドアなんですね!きになる家具もチラ見え。猫はどこ?猫は〜〜〜
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ