2019/9/15

チェルシーが考える:私と白人特権  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示します

配信が始まったばかりのこちら、実は眠れない夜に眠くなりそうだなと思って、前知識ゼロで見たらなかなか面白かったです。

アメリカの成功してるコメデアンの女性が、アメリカ社会での「白人特権」について数多くの人にインタビューをしていくドキュメンタリー。

面白かったのは、中産階級以上くらいの白人女性の「白人特権」に関する意見が、

日本での女性による「女性差別」訴えを批判する一部の男性にそっくりだったことです。

まず「白人特権」なんて知らない、ないわよ、と。逆に自分は逆境にもがきながらここまで来るのに苦労をしたから特権なんてない、そんなの過去の話よね、と。

そして「この話題は気分が悪くなるわ」とも。感情的なオチ。

どうです?日本でも最近になってようやく大学受験で性別による差別が認められましたが、それまでは、女性が差別されているのを男性は知らない。

逆に「女性専用車両は男性差別だ」とかいってわざと女性専用車両に乗って騒ぎを起こす。そのくせ女性が差別されていることは知ろうとしない。

アメリカの白人も、日本の男性も、自分は優遇されていることを知らないし、指摘されても認めたくない。逆に自分の方が辛いとさえ主張。。。それは自分のポジションに満足してないけどそれでも優遇されている結果だと認めたら自分の無能さをもっと認めなくてはならない辛さではないの?

このドキュメンタリーでは多くの黒人の人たちに「白人特権」について話を聞いていますが、彼らは、ものすごく冷静で、具体的に、歴史的に、構造的に話をするんですよ。

その姿が、あえて話を避ける決まりの悪そうな白人女性と対照的で。

私も日本の構造的な女性差別にはムカッとしてしまうんですが、アメリカ黒人を見習って発言は冷静に理論的にすべきだな、と改心いたしました。





2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ