2019/8/19

POLDARK 0506  POLDARK

今週の私的ハイライトは、ジョージとシシリーの結婚(未遂)式でした。

シシリー父が一人で焦りまくってるのかなと思いきや、ジョージあっさりと日取りを言い渡しました。

ジェフリー・チャールズとシシリーは駆け落ちしようとする馬車を止められ教会へ連行されます。あまりにも人が少ないのでびっくりしましたが、ジョージ2回目だし、教会の許可を得るだけの形式的なものなのですね。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし誓いを前にシシリーが神に告白をしだすのです。

クリックすると元のサイズで表示します

「私はジェフリー・チャールズ・フランシス・ポルダークに身も心も捧げました」

クリックすると元のサイズで表示します

そしてジェフリー・チャールズのとどめの台詞「最初の子が自分の子か僕の子が一生悩むことになるだろう」

クリックすると元のサイズで表示します

これは効いた!!!

ジョージにとっての最悪な痛手ワードを背に一人無言で教会を去りました。

これでこの結婚はなくなったものの、シシリーは閉じ込められるし予告編ではジェフリー・チャールズが捕らえられてるような1カットが・・・?!

一方ロンドンでは、王への反逆罪で逮捕されていたロスのアメリカ独立戦争時代の上官ネッドが、ロスやエニス(エニスを巻き込まないでと言ったのに〜〜)の助力もむなしく絞首刑となってしまいます。

ロスの心を動かす弁護も、有力者マースロンの根回しで最初から判決の決まっていた裁判でした。

しかしやはりこのネッドおじさんのエピソードが、この時代(アメリカ独立、フランス革命後)のロスの立ち位置を語る以上に重要だったのか、貴重な最終シリーズに「ポルダーク」の中で、どれだけの意味があるのか改めて悩む。。。

確かにロスとデメルザは貴賎婚のぶっ飛んだカップルではあるし、デメルザの弟も落ちぶれた中流家庭の娘モワナちゃんと結ばれている。

そうそう、コーンウォールではあの女、テスがデメルザのもう一人の弟サムに言い寄ってるのも、富裕階級への恨みがデメルザ個人への恨みへとひねくれたものなんですよね。

そもそもヴィランのジョージだって鍛冶屋の孫なわけで、そういう激動の世の中とはいえ、ネッドおっさんとキティ奥さんはいきなり出てきてロスを翻弄させました。その隙にコーンウォールでは密輸売買(中身は銅?)、そして直系ポルダークのジェフリー・チャールズはどうなるの??


ところで、

シリーズ5からデメルザ、カロライン、モワナちゃん、シシリーのドレスがエンパイアラインになって可愛いんです!

クリックすると元のサイズで表示します

キティもイギリスに来たばかりの時はまだウエストをぎゅっと締めたドレスだったのが今エピではついにハイウエストに。(彼女の場合は妊娠もあるけど)
それもそのはず、エンパイアラインという名前もナポレオンから来てるんでしたものね。。。フランス革命後でしたね。
でも、テス始め労働者階級の女性はまだコルセットをしていて、まだ服を新調できる富裕層だけの流行なんだとわかります。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ