2019/8/16


クリックすると元のサイズで表示します

きのうの記事で私のショーン・エヴァンズ作品は全部一言で語った・・・と思ったら、なんとまだ未見のDVDがありました。

「一癖ある役ばかり」と言い切ったばかりなので、経験値を積んで自分の言葉を検証するべく、見てきましたよ!

一言で、キャワワワ・・・ショーンかわいい!でした。

あらすじ:

リバプールでレストランのウェイターをしていたサム(ショーン・エヴァンズ)は母と暮らしていたが、ロンドンのフラットの空きの話が転がり込み野心に燃えて上京する。独立するつもりだったけれど図らずもママつきで。
フラットもママに夢中のヴィンスのおかげなのだが肝心の仕事はロンドンでもウェイター。「こんなはずじゃない、もっといい機会があるはず・・・!」とギラギラしたサムは、仕事中にキャリアウーマンと知り合い、彼女のPA(アシスタント)として広告業界と彼女のフラットに居場所を得る・・・

ウェイターの制服着用ショーン(Rotten Tomatoより)
クリックすると元のサイズで表示します

「ブル」って「ブルー」のことかな

クリックすると元のサイズで表示します

最大の驚きはアンソニー・ホプキンスが出ていたこと。役どころがゲイでそんなに主役でもないんだけど2007年ロンドン・レズビアン・アンド・ゲイ映画祭に出品されていました。確かに彼の存在感は大きく、映画に格を与えていました。
クリックすると元のサイズで表示します

サムのママ、ジルは歌手を目指すシングルマザー、レパートリーがベイ・シティ・ローラーズにカルチャー・クラブと、1970~80年代に青春だった世代かな、と思うじゃないですか、でも「父親が誰だかわからない。ママがイージーだから。」というサムの発言にママに惚れてるヴィンスが「イージーじゃない。セックス革命があったんだ。彼女は最先端だったんだ。」とかばってるんですね。
そうするとエイズでフリーセックスが最先端だった時代が終わるのが1981年。ショーンは1980年生まれなので、かなり世代としては等身大の役を演じていたわけです。

ショーン22〜3歳の頃の撮影で2004年の「華麗なる恋の舞台で」の財産目当てのジゴロ役に近い、「特技は何?」の質問に「Charm(魅力)」と答えたサムです!

こういうセリフを言わせる役のキャスティング、ほかに誰がオーディションに来たのか気になりますが、ショーンは立派に憎めないチャラ男を演じています。

クリックすると元のサイズで表示します

しかもリバプールはショーンが育った場所、私が初めてショーンのインタビューでリバプール訛りを聞いた時にはぶっ飛んだものでしたが、この映画ではそれほど感じませんでした。野心を持った上京青年の役だからロンドンに合わせていたのかな。

登場人物は結構多く、皆それぞれに個人的ないろいろがあって、それぞれの人生は続く、という個人的に好きなタイプのストーリーでした、が、

どうもこの映画の存在感がない。アイルランドと英国で映画祭に出品されたけど買い付けされなかったということでしょうか。英国で2007年に、アメリカで2010年に上映されたほか、ヨーロッパ各国でDVDやTVスルーされたことがIMDbに記載されています。

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ