2019/8/16


クリックすると元のサイズで表示します

きのうの記事で私のショーン・エヴァンズ作品は全部一言で語った・・・と思ったら、なんとまだ未見のDVDがありました。

「一癖ある役ばかり」と言い切ったばかりなので、経験値を積んで自分の言葉を検証するべく、見てきましたよ!

一言で、キャワワワ・・・ショーンかわいい!でした。

あらすじ:

リバプールでレストランのウェイターをしていたサム(ショーン・エヴァンズ)は母と暮らしていたが、ロンドンのフラットの空きの話が転がり込み野心に燃えて上京する。独立するつもりだったけれど図らずもママつきで。
フラットもママに夢中のヴィンスのおかげなのだが肝心の仕事はロンドンでもウェイター。「こんなはずじゃない、もっといい機会があるはず・・・!」とギラギラしたサムは、仕事中にキャリアウーマンと知り合い、彼女のPA(アシスタント)として広告業界と彼女のフラットに居場所を得る・・・

ウェイターの制服着用ショーン(Rotten Tomatoより)
クリックすると元のサイズで表示します

「ブル」って「ブルー」のことかな

クリックすると元のサイズで表示します

最大の驚きはアンソニー・ホプキンスが出ていたこと。役どころがゲイでそんなに主役でもないんだけど2007年ロンドン・レズビアン・アンド・ゲイ映画祭に出品されていました。確かに彼の存在感は大きく、映画に格を与えていました。
クリックすると元のサイズで表示します

サムのママ、ジルは歌手を目指すシングルマザー、レパートリーがベイ・シティ・ローラーズにカルチャー・クラブと、1970~80年代に青春だった世代かな、と思うじゃないですか、でも「父親が誰だかわからない。ママがイージーだから。」というサムの発言にママに惚れてるヴィンスが「イージーじゃない。セックス革命があったんだ。彼女は最先端だったんだ。」とかばってるんですね。
そうするとエイズでフリーセックスが最先端だった時代が終わるのが1981年。ショーンは1980年生まれなので、かなり世代としては等身大の役を演じていたわけです。

ショーン22〜3歳の頃の撮影で2004年の「華麗なる恋の舞台で」の財産目当てのジゴロ役に近い、「特技は何?」の質問に「Charm(魅力)」と答えたサムです!

こういうセリフを言わせる役のキャスティング、ほかに誰がオーディションに来たのか気になりますが、ショーンは立派に憎めないチャラ男を演じています。

クリックすると元のサイズで表示します

しかもリバプールはショーンが育った場所、私が初めてショーンのインタビューでリバプール訛りを聞いた時にはぶっ飛んだものでしたが、この映画ではそれほど感じませんでした。野心を持った上京青年の役だからロンドンに合わせていたのかな。

登場人物は結構多く、皆それぞれに個人的ないろいろがあって、それぞれの人生は続く、という個人的に好きなタイプのストーリーでした、が、

どうもこの映画の存在感がない。アイルランドと英国で映画祭に出品されたけど買い付けされなかったということでしょうか。英国で2007年に、アメリカで2010年に上映されたほか、ヨーロッパ各国でDVDやTVスルーされたことがIMDbに記載されています。

2

2019/8/15


クリックすると元のサイズで表示します

ずいぶん前に買って見てなかったDVD、ショーン・エヴァンズ主演のドラマを見ました。

2012年、ITVで放送された3エピからなるミニシリーズで同名の小説が原作となっています。

ジャンルは「psycholigcal thriller」心理スリラーという通り、ショーンがサイコなんですよ!一見爽やかでハンサムな青年ですけど、中身はドロドロしてまして、その表面の見え方と本音の演技わけの微妙さが上手いです。

よくいる、女性への自分の立場が客観的に全くわかってない男ってことなんですが、なまじっかハンサムでサラリとかわすのが上手いので第3者にわかりにくいんですよね。

これがアメリカ映画だったら冴えないピーター・パーカー(スパイダーマン)で徹底的に惨めで笑いの方に行くんですが、イギリスなので誰も笑わないあたり余計に惨めです。

ショーンはENDEAVOURに主役としてだけでなく監督でも参加している見かけ以上に知的な俳優です。英国俳優の中でオックスブリッジを出たりとか王立演劇学校出身とかいうような華やかなバックグラウンドではありませんが、実はギルドホールという学校出身でダニクレやユアン・マクレガー、サイモン・ラッセル・ビールも輩出している名門私立学校です。余談ですがこの学校はコリン・モーガンの映画「Benjamin」にも出てきました。

なぜそんなことをわざわざ思い出してるかというと、

ショーンの役選びって、すっごく一癖ある役が多い!!!からです。

初めて見た「ミスティック・アイズ」の精神疾患で軍隊から逃げてきた若者

ご存知「刑事モース」のモースだって社会性がかなり低いし

「華麗なる舞台で」では大女優を手玉にとるジゴロ

「The Scandalous Lady W」では覗きの変態貴族

私の知る中では唯一の好青年は「プリンセス・カイウラニ」の貴公子のみ!


全ての出演作を見たわけではないのですが、見た範囲では単に王子様役俳優になるのを避けるためのキャリア設定とも考えられます。単に王子様の役もやってほしいですけど……

このまま「一見好青年、実は変態」みたいな道を突き進んだら、クリストファー・ウォーケンみたいなカリスマも夢ではない。

それまでに「一見好青年」パートでしばらくは楽しませてください。



1

2019/8/14

POLDARK 0504-05  POLDARK

クリックすると元のサイズで表示します

先週は友人がうちに泊まってくれて楽しかったのと、彼女が旅立ったと思ったら今度は体調を崩してしまい、ポルダーク0504と05が一緒になってしまいました。

暑さの中の体調と同じで、ポルダーク最終章もハラハラ展開です。

だいたいがネッドという黒人女性と結婚した急進派というかアル中アイルランド人というか、このおっさんの存在が何かにつけてロスの立場を危うくするんですわ。

おかげでジョージの治療まで請負う、正義感の強いエニス先生も堪忍袋の尾を切らしちゃって・・・お願いだからロスよ、エニスに迷惑かけるのだけはやめて。

それでなくてもエニス先生のおかげで復活したジョージが、性懲りも無くいよいよ目の上のタンコブ=ロスを悪者に仕立て上げる計画を立てているのだから、ネッドは揚げ足取りに使われそうでハラハラ。。。

そしてジェフリー・チャールズとシシリーはお互いの気持ちを確認するも、シシリー父ハンソンは娘とジョージを結婚させようとしてるわけで、義理とはいえ、父息子が同じ女性を巡って対立するとは不気味な世の中。いやしかし、肝心のジョージはまったくシシリーのことは眼中にはないんだけど、ポルダークの男に負けたくない一心でシシリーを自分のものにしようとするかも、とハラハラ。。。

今のところは議会でもロスの演説のうまさでなんとかなっているけれど、

ネッドがまた捕まってロスの弱みになりそうだし、(ネッドはフランス革命にかぶれて調子に乗ってるから、ロスを引き込んだらロスは民衆に寝返ったオスカルになってしまうよ)

コーンウォールでもロスの留守中にあの生意気なメイドが偽札なんて作ってデメルザを妨害してるし、

私がホッとできるひと時は、カロラインの愛犬パグの顔と、カロラインが首尾よくサラリとエニスとロスの危機を救う時だけです。

(すっかり脚本と演出に乗せられてる視聴者代表)

クリックすると元のサイズで表示します

しかし議会に子連れ出勤とは、意外なジョージ。ヴァレンタインが無視されなくなったのはいいことだけど。
1

2019/8/13


クリックすると元のサイズで表示します

ついにジェンマ・チャンがドラマの主役をやりました!ブラボー!

私は「シャーロック」以来のジェンマのファンで、「THE GAME」のバレリーナ役、「ヒューマンズ」のロボット役が好きでしたが、「ファンタスティック・ビースト」「ふたりの女王」「キャプテン・マーベル」「クレイジー・リッチ」と大作への脇役が続き、

このドラマは完全に主役!しかも現代もののリアルなストーリーということで、今までただの綺麗なチャイナ・ドールとの誤解を一気に吹き飛ばしました。

ジェンマはオックスフォードで法律を勉強した秀才ですし、楚々とした高嶺の花的な容姿であるけど、繊細で内向的、でも芯が強い、という新しいキャラクターをこのドラマで世に知らしめたと思います。

このドラマは3エピソードで、各エピ別の女優さんが主役を務める独立したストーリー。この話が最終話です。

あらすじ;

大卒で美人のハンナは仕事も成功している30代なかばのシングル・ウーマン。母親には「早くしないと家庭を持つチャンスを失うよ。あなたのことが心配だから言うの。」と毎月会うたびに説教されるし、友人たちも皆家庭を持って子供に恵まれ幸せそうだ。
デートアプリで何人かの人に会ってみるけれど、自分が何を求めているのか正直言ってわからない。それを探すためにもデートに踏み切った。
でも、今の生活に満足してるし、自分の時間や自分で決定するといった大切なことは失いたくない。
ただ、自分の年を考えると子供を持つことを決めるのは今しかないのだ。男性なら50歳になってもいいのに、女性だけ期限があるなんて不公平だ。しかも10代、20代では「妊娠なんてしたら終わり」とみんな言ってたのに、30歳になったらいきなり「手遅れになるよ!」と手のひらを返されるのだ。
ママの心配もあるけど自分だって十分に心配はしている。だから、今のうちに打てる手として、卵子の冷凍保存をすることに。医者の話では将来の妊娠を100%は保証するものではないが、複数の卵子保存で40%は期待できる。
・・・確実な方法ではないのかと渋い顔をするママをなだめつつ、治療のための検査を受ける。
結果、ハンナは卵胞、卵管に問題が見つかり妊娠できる確率は0%に近いことが判明。
アプリでデートした印象の良かった男性にもう1度会ってみた。自分の体と子供の問題で助けて欲しいわけではない。それは自分の問題なのだから。パートナーを持つということはまた別の問題なのだ・・・

クリックすると元のサイズで表示します

という、女性なら身に覚えのある人がかなり多そうな問題に、とても現代的にアプローチされた作品でした。

とにかくハンナ(ジェンマ)の反応が、静かで、理性的で、だけど感情が染み出す、リアルさがとても気持ち良かった。

そう、人間って、大きな問題を語るとき、騒げないよね?泣いて叫んだりしたら楽なんだろうけど、自分の行動リストにはそんな大きな振り付けはない・・・ってところに共感するなあ。

イギリスは日本よりも女性の人権も尊重されているけど、一人で何もかもうまくいってるのに、突然「今じゃないと家族持てないよ!」って言われたって、それだけは一人で解決出来ることではないと誰も教えてくれなかった、ってあたりは同じなんですね。


ヴォーグの表紙になった、スター、ジェンマ。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/8/12

ポーの一族展  いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します

銀座の百貨店で7/25~8/6に開催されていた、萩尾望都デビュ−50周年記念「ポーの一族展」を見てきました。

この展示は12月に大阪、来年3月には神奈川県へと巡回予定されていますので、銀座に行けなかった人もチャンスがあります。

クリックすると元のサイズで表示します

6月にロンドンに行きながら大英博物館で開催中の漫画展へ行く時間がとれず、見たかったのが正しくこのポーの原画だったので渡りに船!と喜び参じました。

実は私は中〜高校生のころマンガを描いていて、いわゆるサークル活動や編集部への出入りで原画を見る機会というのはありました。

がしかし、押し俳優さんは本当に人間として実在するの?と同じくらいに、萩尾望都の原画は本当に人間が描いたの?と思えてしまうから不思議です。

何かの神様が、萩尾望都を媒介として描かせたんじゃないか?と私には思えるくらい、70年代のキャラクターたちには不思議な命が宿っているように思えます。

もっと狭めると同じ70年代でも中盤73〜5年が神がかりのピークで、ストーリーは初期の「ポー」の方が構想も大きくドラマチックなんですが、絵柄や話の軽快さで断然中盤のファンであります。

無論これは好みの問題ですので個人の感想です。

展示は「ポー」シリーズだけでなく、初期のコメディから、トーマ、SF作品群、最近の王妃マルゴ、幅広いです。

でもタイトルだけあって「ポー」のボリュームは厚く、短編など全ページあるのか?と思ってしまったほど。でも読むには、順路が左から右へと誘導されているので不自然なのが摩訶不思議。これからの展示では左右を逆にすべきかと強く思います。


展示には宝塚で舞台化された「ポーの一族」の衣装と小道具もありました。

俳優さんが着用して舞台で見たらいいのでしょうけれども、抜け殻だと、エドガーにかすりもしない、と思えました。原作ではエドガーは14歳という設定が舞台では少し年齢を上げてあると聞きました。

クリックすると元のサイズで表示します

その昔スタジオライフという劇団で見た「トーマの心臓」は、日本人の成人男子が演じていても成り立っていましたので、きっと宝塚も、見たらさらに華麗で完成度が高いのでしょう。チケットが取れなかったので見れなくて残念。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ