2019/7/21

マシュー・ボーンの白鳥の湖  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示します

「マシュー・ボーンの白鳥の湖」千秋楽を見てきました。

感想は一言で終わり「いいものを見た・・いいものを見た・・」!!!

新演出版でのワールドツアーは日本がスタート地点で、この後8〜9月が中国で4箇所、10月に韓国ソウル、12~1月にかけてアメリカ3箇所の予定が公式ホームページに出ています。

早く見られて嬉しいハートx2

私は2006年ごろに、ロンドンのサドラーズ・ウエルズで見たことがありますが、新演出と言われてもそんな細部は覚えてないのでまっさらな心で楽しめました(威張れない)。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は公式からで王子がリアム・モウアー。これが見たかったなあ

特にスワン、マシュー・ボールは期待以上でした!!

プロフィールはすでに発表されていたので、ロイヤルの現役プリンシパルだとは知識はありましたが、それでも、実際見るまではどんなプリンシパルかわかりません。

でもほぼ群舞の白鳥たちと同じメークと衣装なので、その王者のような存在感と美しさがより引き立っていました。

でも本来が王子さまなキャラに見えるので、スワンの神々しさの方がストレンジャーの色男ぶりよりも抜きん出ていました。・・・というのはスワンだと露出度が高いからでしょうか。人間の役だとジャケットに革パンツで視線をシャットアウトしていてもったいない、というかつまり肉体が宝物のように美しい。

今回の席は抽選だったのですが、S席で1階11列。去年のシアター・オーブでは同じ抽選でも最前列という大当たりだったので、今年は大ハズレのような気分ですが、確かホリプロの有料会員の方のみ対象の抽選が先だったので、会員費をおしんだ自己責任かなぁ。(でも2階席までSらしいので大ハズレではないのかな)

それでオペラグラスを持参しまして、スワンの表情に注目しました。野生の動物の表情ってあるのか、それでも視線で王子に関心持ってる様子など、ロイヤルの感情抑えめと呼ばれる演技が生きていました。

オペラグラス越しでも表情を見るつもりが肩、腕、胴体の表情があまりに豊かで、さすがのマシュー・ボーンの美意識よ・・・とスワン役は上半身の肉体美で決定か、と妄想しました。

ところでクライマックスでベッドからスワンが出てくるってのは衝撃で、思わず初期の映像で確認しましたけどこれは新演出ではなかった、けど忘れてたのでまた驚きました。これはどういう意味だったのかな。もうこの時点で魂の世界になってたとも言える。

クリックすると元のサイズで表示します

ロイヤルファミリーの犬としてコーギーちゃんが出てました。

モウこれは英国王室がモデルとバレバレですよねー

皇太子が母の愛情に恵まれずにグレちゃったところまで同じ。ちょっとヤバいですね〜

王冠

パンフレットは2000円と高価ではありますが内容充実しています。

王冠

その中で、
マシュー・ボーンの序文に「ふたりの他界してしまったカンパニーのメンバーを讃えてこの作品を彼らに捧げる」というくだりがあります。

そのうちのひとり、ジョナサン・オリヴィエさんの交通事故が起きた時、私はとても近くにいたことを思い出しました。彼はサドラーズ・ウェルズに「カーマン」出演のためオートバイに乗っていてすぐ近くのクラークンウェル・ロードで悲劇が起きたのです。その直後に私はサドラーズ・ウェルズをバスに乗って通りましたら、劇場の前に人が溢れていて尋常じゃない雰囲気で、マシュー・ボーンが公演中止を決定した前後だったのだと思います。彼もスワンを踊ったダンサーでした。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に、ツイッターで見かけたマシュー・ボールの意外な映像を記念に!



この流暢な日本語、絶対に「ワンピース」ファンと見た!

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ