2019/5/25

HUMANSの悲しいニュース  コリン・モーガン

クリックすると元のサイズで表示します

ウェーーーーーーーン!!!

日本ではhuluでシリーズ3がめでたく始まったドラマ「ヒューマンズ」が、イギリスで4以降は制作されないと発表されました。

私が読んだ記事  ⇨ METRO

3のラストは、私的には好きなオーディンがすごいことになってたし、何と言ってもレオの将来が気になって気になって仕方ない終わり方でしたので、

エアちゃぶ台返しですわ!

ただ2〜3にかけて、ホーキンス一家とシンスたちの話から、政府と戦争、革命と話のスケールが大きくなってきたのは、SFにはありがちですがリアリティを追求すればするほどリアルに見えなくなって逆に白けてくる部分も出てきたんですよね。

その部分はちょっと私はガマンして興味のある部分に萌えていたのですが、

打ち切りとなると視聴数が1ほど伸びなかったということですよね。

やはり私のガマンしていた部分が良くなかったのかな。。。登場人物も拡大して話が必要以上に広がった気もするし。

しかし、それよりも何よりも私が「エーーーッ?!」ってなったのは、

番組の顔だったミアを3であのような扱いをしてしまったことです。

イギリスではこの番組=ジェンマ・チャンだったと思うんですよ。

今やドル箱「マーベル」映画やイギリス歴史物「ふたりの女王」にも出演して売れっ子だけれど、

「ヒューマンズ」のミア役は主役の一人であり作品のシンボルでしたもの。

ああ、おかげで、人間化してかわいくなったレオのこれからが見られないなんて悲しすぎ、残念すぎです!!



1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ