2019/4/16

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣  その他の映画・ドラマ・舞台



マックイーンに続いて、また天才のドキュメンタリーを観てしまった。

去年か一昨年、劇場で見るのを逃していたらNetflixで配信が始まりラッキーと。

実は私はバレエ好きなのに彼のことは映画で知ったような気がします。2007年までは英国ロイヤルバレエのダンサーはある程度知っていたけれど、日本に帰ってコベントガーデンが遠くなってしまってからは知識がアップデートされていなかったのでした。

2006年にローザンヌなどの賞をとりロイヤルバレエ学校からバレエ団に入団、あっという間に史上最年少でプリンシパルとなりその2年後に電撃退団・・・

マックイーンとセルゲイの共通点は、貧しい家庭の出身だったということで、才能があり本人も努力しトップに上り詰めるも、

全存在がその才能ある仕事となってしまったことでした。

セルゲイはステイタスのあるバレエ団のトップの地位も簡単に捨ててしまいますが、悩みながらもダンサーとして浮上できて本当に良かった。

俳優もしたりして姿を見ることができたけれど、Netflixで見ても超絶技巧なあの踊りは、やはり一度舞台を見てみたいので、ぜひとも踊り続けて欲しいものです。

とにかく、彼が死ななくて良かった。

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ