2017/2/4

ワイタンギ・デー  ニュージーランド

クリックすると元のサイズで表示します

ワイタンギ・デーを祝うためにニュージーランド大使館へ行きました。

イギリス政府と先住民族であるマオリの長がワイタンギという場所で条約を交わした日なのだそうです。建国記念日的なようですね。

記念日なので毎年この時期の土曜日にランチパーティーがあり、日本庭園の梅のピンク色が眩しい。

クリックすると元のサイズで表示します

今年は特にお天気が良く暖かかったので、例年は室内でやっていたニュージーランド伝統の音楽とハッカのパフォーマンスが庭で執り行われて、のんびり気分もアップしました。

クリックすると元のサイズで表示します

ランチはビュッフェ・スタイルで、ニュージーランドと言えば羊ということでラム肉のシチュー、ビーフの塊に海鮮のパスタ、キッシュ、ベジタリアン用に豆のソースやサワークリームの乗ったライス料理、野菜もろもろにパンにバターが美味しかったです。

が、私にとってメインコースはデザート、待ってました〜〜

去年はなかったパブロヴァが〜〜〜

クリックすると元のサイズで表示します

メレンゲにストロベリーソースがかかったニュージーランドのケーキ。

クリックすると元のサイズで表示します

手前のは、イギリスやニュージーランド式に言うとクリーム・カラメル、日本名はプリンです。こ、これが想定外に美味しく、ねっとりとした重厚な味と食感に苦味の効いたカラメルが絶妙のバランスで、私はこちらの方をおかわりまでしてしまいました・・・!

つまり、プリン2人前にパブロヴァ1人前、合計3このケーキを食べたことになり、目が回ってきて頭痛までしました。

私は食べ過ぎるとそうなって自分が辛いのでいつもは食べ過ぎないようにしているのに、今日ばかりはあまりの美味しさに理性を捨ててしまって後悔です・・・

クリックすると元のサイズで表示します

金魚鉢のような容器に何が入っているのかと思ったら、夫が「クッキータイム懐かし〜〜〜」と喜んでいました。これもニュージーランドのお菓子で、通常はもっと大きいのですが、これは「ミニ」と裏に書いてありました。ミニでも日本のカントリーマームよりも大きいですけど。

クリックすると元のサイズで表示します

モダンで明るい室内。
クリックすると元のサイズで表示します

右側の壁には金箔を使った浮世絵が飾られています。別の部屋にはニュージーランドのコンテンポラリーアーティストの作品が飾られているので、浮世絵の方も名のある絵師によるものかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらの壁には日本とニュージーランドの交流の歴史が写真にて展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

この鍵は入り口のドアについてるデジタルキーですが、モダンなのかレトロなのかわからない感じがとても気に入って記念に撮っておきました(笑)。

クリックすると元のサイズで表示します

シャーロックだったら番号を当てられるかな。
2

2017/2/3


シーズン4最後のエピ。

私は英語でドラマを見るとき、最初は字幕なしで見ます。英語の勉強には字幕を読みながら音声を聴くのがいいそうですが、私は読むのが遅いので読み切れないし俳優さんたちの演技や背景/小道具を見落としてしまいドラマを楽しめないからです。

ということでこのエピも、1回目ではわからなかったことを字幕出して細部を知ろうと2回目を見たのですが、私のitvHUBちゃんのご機嫌がすこぶる悪く、何度も止まるので最初から最後まで3日かかりました・・・(涙)

クリックすると元のサイズで表示します
モースを睨みつけるサーズデーで止まったりもした・・・

まあ年に1度のエンデバー祭りだ、3日かけてわかるまで祝えたからいいのかな。

ファイナルのタイトルは「Harvest」・・・収穫?

今回の舞台は田舎の村で、牧歌的な風景にモフモフひつじの群れ♡

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

イギリスの田舎でモフモフを見るとつい写真を撮ってしまう癖で、思わずスクショも撮ってしまう。

モフモフにカカシ、そう羊だけでなく農業も営まれているので、秋分の日に収穫を願う祭りがあるのでした。でもなんだか宗教的でコリン・モーガンの「宿命の系譜」みたいな怖〜い感じなんですよ。

その「村の恐怖」に追い打ちをかける「原発の恐怖」の巻でした。

60年代は、イギリスも日本と同じように何もないような田舎に原発が突如建てられて放射能漏れ事故はもみ消されたり、地域住民の反発があったのか。そりゃそうだ。黙ってる国民じゃないですものね。

そんな事件を追うサーズデーとモースに、ますますふさぎ込んでしまったサーズデー夫人の

「警察ときたら殺人事件なら針でも見つけるのに」
「自分の娘も探し出せないなんて。」とサーズデーに、
「あなたなりにジョアンのことを好いてくれてると思ってたのに」とモースに。

ごもっとも!
と思ったサーズデーも、空き巣に入られたモースのフラットから署に運ばれていた物品の中からジョアンの居場所を見つけて突入しました。

見れば見るほどチャラい既婚者、これはサーズデーでなくても追い払いたいですよね。

待ち伏せしていたサーズデーに「訴えるぞ」と言うチャラ男に

「I am the law !」とお見舞いするサーズデーはかっこよかった(涙)

し、しかし今回はモースも頑張ったと思うんです。
頑張りすぎていきなりの直球だったけど(涙)
「Marry me」は「結婚して」よりも「結婚しよう」というニュアンスかな。

うーん、あのふたりはお互いに好きなのにやっぱりサーズデーがいるからタイミングがおかしくなっちゃうのでしょうか。モースにしてみたら上司の娘に下手なことはできないし(なんつったって怖いですからね!)。

かわいそうなジョアン、このタイミングでなければ「同情されたくないの」って返事しなくて済んだのに。・・・でも流産で入院した時に医者に渡した電話番号はモースのだった。彼女の複雑な心中を察するのが辛すぎます。

そして1回目で昇格試験に不合格だったモースにロンドンから仕事の話が来たのもドキドキしました。この後主任になってもオックスフォードにいるとわかってるのに。

などなど含めてラストはこのドラマ始まって以来のプチ大団円だったような。
サーズデー警部のあんなほっこり顔は初めて見ました。そしてモースにも女王様からのプレゼントがもらえましたし。

あんなジョアンを放ってロンドンに行けないよねモース?

クリックすると元のサイズで表示します
可愛すぎる警察の車・・・


ENDEAVOURシリーズ4エピ1は視聴率24%とITVの期待を裏切らず、シリーズ5が決定、しかも今までは1シリーズ4エピずつでしたがなんと6エピに増殖!




ウームムムム・・・
6話もあるの嬉しいけど、これでシリーズ終わりってことにならないでほしい〜
考えすぎだと祈ります。

5

2017/2/1


PJ Harvey(ピー・ジェイ・ハーヴィー、と読むのですが、日本ではハーヴェイと表記するのが定説のようです。英語の名前が-eyで終わるとこう言うケースが多く、悩みます)のライブに行きました。




夫が昔から好きでよく聴いていたのですが、私は昔動画を見たとき「オドロオドロした」印象が強く、声もそういう感じだったので、評価が高いのは知っていましたが苦手でした。同じカリスマ性のある女性ミュージシャンとしてはビョークの方がまだ好きでした。

そんな私がなぜライブに行ったのか?

それはベン・ウィショーが好きなアーティストにあげていて、去年ロンドンでのライブでも目撃されていたからですっ!

そんなことだったので、夫が「チケットが発売されたが買い方がわからん云々」と言い出した時、とりあえず2枚買っておいてあげたのでした。

場所は渋谷の東急文化村、私の初オーチャードホールでした。

夫が聞いていたのを小耳に挟んだ以外の前知識無しで臨んだライブは満員sold out。まあ、私が手伝ってあげてよかったわね、夫。

果たして舞台は、演劇やバレエに何度か通った私の目に心地よく、シンプルながら様式美のある美しい構成でした。

歌もyou tubeの音だけで聴くほどオドロオドロしてはいず、バンドの男声バックヴォーカルを含む低音の効いた楽器に乗った高い声は巫女のような存在感がありました。

そう思いながら「なるほど、自分の世界に外の世界を取り込んで、内側に内側に追求するような表現はウィショーさんと共通するかもしれない」と考えておりました。

「私の言いたいことは全部歌の中にある」とでも言うように、MCはバンドのメンバー紹介と、「ありがとう」という日本語のお礼のみ。

夫が言うには最新2枚のアルバムからと過去のヒット曲も取り揃えて、よく歌うのが嫌にならないな、とのことでした。こだわりはありながらもエンターテイメント性もあるセットリストということですね。

残念だったのは、一生懸命聞いたのだけれど歌詞がほとんど聞き取れなかったことでした。うーむ。オーチャードホールはクラシック音楽のコンサートホールだから音はいいはずと思っていたのに。歌詞の内容が分かればもっと深く味わえたのでしょうけれども。

最新アルバムジャケットと同じイラスト色違いのTシャツがステキで、夫と共有ということで購入しました。

私は黒だと思ってたら、家に帰って見たら濃い紺だった・・・プリントはシルバーです。

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ