2015/1/12

0502 Zurich Part 2(前)  Cabin Pressure

さ〜て12/24放送分Part 2の前半です。

そうそう、BBCiPlayer でのオンデマンドはコチラ。あと18日間聴けます!

Cabin Pressure: A-Z アマゾン・ジャパンの説明によると厚さは2、2cm・・・意外に薄いですね?発売は1月29日と当初よりも遅くなりましたよ。

クリックすると元のサイズで表示しますドレッサージュ:馬を美しく動かす技を競う

ARTHUR: Hi, Tiffy, it’s me! Look, I’m really sorry but I might be a bit late to watch you do your horse dressing. ... Er, dressage, yeah, yeah. ... No, no, I’d love to. It’s just that I have to drive an ice cream van full of pilots to a scrap yard. ... No, literally. ... Well, it’s a long story. ... Oh, would you? Great! Well, it started when Skip – um, you remember Skip? Martin? One of my pilots? The captain. ... No, the other one. ... Well, they both have hats, but ... Yeah, that’s him. Er, yeah, anyway, Skip got offered this great job at Swiss Airways but he explained to us he wasn’t gonna take it so MJN could stay together. Except then Mum explained to him that actually he was going to take it and you can’t expect a fairytale ending but that we’d all be fine, even me. Er, oh! And that was when Skip gave me his van! And I bought some amazing brake pads and a thousand ice lollies and painted Goofy on it and now I’m an ice cream man guy! Er, but that’s not the main thing. The main thing is that then we had to sell GERTI. So we took her to auction but no-one would buy her except a scrap metal guy. Except then my dad, who used to own her, turned up and bid a quarter of a million pounds! ... Well, yeah, kind of great, only I sort of maybe thought it would be a good idea if he didn’t buy her, so I bid ten million pounds. ... No, you’re quite right. I don’t. No, Mum spotted that as well. Yeah, but luckily, she persuaded the scrap metal guy to buy GERTI after all! Except then, Douglas came back from talking to Dad and said it was really important we buy her back again! So we’re doing that now! Douglas is phoning the scrap metal guy and then I’m gonna drive him, Martin and Theresa to rescue GERTI before Dad gets her. ハ〜イ、ティッフィ、僕だよ!あのさ、ほんっとに悪いんだけど、君の馬ドレッシング・・・あ、ドレッサージュ見るのちょっと遅くなっちゃうかも・・・うん、うん・・・ううん、見たいよ。ただ僕アイスクリーム・カーにパイロットを詰め込んでクズ鉄置き場まで運転しなくちゃならないんだ・・・違う、比喩じゃないよ・・・でも、話すと長いんだ・・・えー、いいの?嬉しいな!えと、話はスキップから始まって・・・スキップ覚えてる?マーティンだよ?うちのパイロットの?機長の。・・・ううん、違う方。・・・ああ、両方とも帽子は被ってるんだ、でも・・そうそう、その人。え〜、ま、とにかく、スキップはスイス航空のいい仕事に受かったんだけどさ、それをやらないなんて言ってね、そうすればMJNはずっと一緒にいられるからって。だけどママが、彼がその仕事を受けても、大団円にはならないけど僕たちみ〜んな大丈夫なんだから、って話したんだ。僕もだよ。ああ、それでスキップが僕にくれたんだよ!それから僕すっごくいいブレーキパッドとアイスを1000本買ってグーフィーを描いたから、今僕はアイスクリーム屋さんなんだ!あ〜、だけど本題はそれじゃないよ。本題はそれで僕たちはガーティーを売らなくちゃいけなくなった。それでオークションに出したんだけど、クズ鉄屋しか買う人がいなくてね。例外はパパで、前の持ち主なんだけど、現れて25万ポンドを入札したんだよ!・・・まあ、うん、いいと言えばいいけど、僕としてはもしかしたらパパが買わない方がいいかもしれないなあなんて思って、僕1千万ポンドで入札したんだ。・・・そうそう、君の言うとおり、僕にはないし。ママもそこに気がついて。うん、でも運良く、結局ママはクズ鉄屋さんが買うよう説得したんだ!でもそれが、ダグラスがパパと話をしてきて、ガーティーを買い戻すことが本当に重要だと言うの!それで今ココというわけなんだ!ダグラスはクズ鉄に電話してて、僕は彼とマーティン、テレーザを乗せて運転して、パパにつかまる前にガーティーを救いに行くんだよ。
(はーはーぜーぜー)

ARTHUR: Theresa? Er, she’s the princess of Liechtenstein. ... No, still literally. ... Ah, well, that’s a long story as well. You see, it began when Mum and Herc ... Yeah, no, no, good point, Tiffy. I’ve probably told you enough. テレーザ?ああ、リヒテンシュタインのお姫様。・・・ううん、それも比喩じゃないよ。・・・ああ、でも、そっちも長い話になるから。ほらー、その話はママとハークが・・・うん、ううん、そうだよね、ティッフィ。もうずいぶん話したかも。




DOUGLAS: Okay, he’ll take twelve thousand for cash. よし、12000を現金ならいいそうだ。

CAROLYN: Twelve thousand?! He only paid ... 12000?!彼が払ったのはたったの・・・

DOUGLAS: Speculate to accumulate, Carolyn. But we’ll have to meet him at his airfield. When’s Herc getting here? 儲けるには投資だ、キャロリン。しかし会うには彼の空港に行かないと。ハークはいつ着く?

CAROLYN: Half an hour. 30分後。

DOUGLAS: Okay. Then you wait for him here, Carolyn. We’ll have to go in ... わかった。じゃ君はここで彼を待ってて、キャロリン。僕たちは乗り込まないと・・・

MARTIN: Oh, no. あ〜あ。

THERESA: In what? 何に?

ARTHUR: Okay, guys, get in! さあ、いいよ、乗って!

THERESA: Oh! The Nachzehrer! まあ!ナックツエーラ!

MARTIN: The what? 何だい?

THERESA: Oh, that’s the monster that eats children, from the old folk tale. Why is it on your van? ああ、子供を食べるという怪物よ。古い伝説に出てくる。どうしてそれがヴァンに?

ARTHUR: It’s Goofy! これはグーフィーだよ!

DOUGLAS: All right, come on, get in. わかった、ささ、乗って。

ARTHUR: Oh, hang on, there’s only room for three. あれ、待って、席は3人分しかないや。

DOUGLAS: Martin, you’ll have to get in the back. マーティン、後に乗らないと。

MARTIN: I can’t ride in the back! 僕後には乗れないんだ!

DOUGLAS: What – because you’re the captain? 何を ー 機長だからって?

MARTIN: No – because I get travel sick if I can’t see out. You ride in the back. 違う ー 車酔いするんだ。外が見えないと。君が後に乗ってくれよ。

DOUGLAS: I’m not riding in the back! I’m masterminding the plan! 僕は後に乗らないぞ!僕は立案指導するんだから!

MARTIN: You can do that from the back! それは後でだってできる!

DOUGLAS: No I can’t! できるもんか!

MARTIN: Yes you can! できるよ!

ARTHUR: I’ll go in the back. Sounds fun! 僕後でもいいよ。おもしろそう。

DOUGLAS and CAROLYN : You’re driving! 君は運転!

THERESA: Would it help you boys if I rode in the back? あらそれなら私が後に乗ればいいのかしら?

MARTIN: Oh, oh. Well, I mean, if you, if you really don’t mind. え、そう。あの、それなら、もし、もしも本当にそれでいいなら。

DOUGLAS: It’s terribly good of you. 非常にありがたいお話です。

THERESA : For sure! そうだわね!

DOUGLAS: Okay, Arthur, first we need to go to my bank. それじゃ、アーサー、まずは僕の銀行に行かないと。

MARTIN: Douglas, wait. You-you really think GERTI’s valuable? ダグラス、待って。き、君、本当にガーティーに価値があると思ってるの?

DOUGLAS: I’m sure of it. 確かだとも。

MARTIN: But how can she be? If there was anything hidden on her, we’d have found it long ago. でも一体どこが?もし何か隠されていたら、ずいぶん前に見つけてるはずだ。

DOUGLAS: Not necessarily. It might be really tiny. Diamonds, for instance. そうとも限らない。すごく小さいものかもしれない。ダイアモンドとか、例えるなら。

MARTIN : Yes, Theresa? はーい、テレーザ?

THERESA : But you said in St Petersburg that time, Gordon and his engineers had GERTI all to themselves for hours and hours. If it was something small, why didn’t he take it then? でもセント・ペテルスブルグであの時、ゴードンとエンジニアが来てガーティーに何時間もいたんでしょ。もし何か小さいものだとしたら、どうしてあの時持って行かなかったの?

DOUGLAS: Ah. Actually hadn’t thought of that. ああ。それは思いつかなかった。

MARTIN: So it can’t be anything small or he’d have taken it, and it can’t be anything big or we’d have found it. それじゃ小さくて彼が持って行けるものではなし、かつ大きくて僕らが見つけられるものでもない。

ARTHUR: What if it’s something so big you can’t see it? もし大きすぎて見えないものだとしたら?

DOUGLAS: Like? どんな?

ARTHUR: The Great Wall of China. 万里の長城。

DOUGLAS : The Great Wall of China. 万里の長城。

ARTHUR: Yeah. You know, famously the Great Wall of China is so big, you can only see it from space. うん、ほら、よく知られているように、万里の長城はすっごく大きくて、宇宙からでないと見えないんだ。

MARTIN: N-no, Arthur. い、いや、アーサー。

DOUGLAS: Er, what you’ve done there, Arthur, is you’ve taken a fact that’s famously wrong, and you’ve got it wrong. あー、君が今した事というのは、アーサー、君がある事実を引用したが、それはよく知られている間違いだった、それで君は勘違いをした。

ARTHUR: Oh, right. あー、そうか。

DOUGLAS: And yet, in doing so, you haven’t made it right ... さらに、その過程で、君は間違いを正してないので・・・

MARTIN, ARTHUR and DOUGLAS : Yellow car. イエロー・カー。

DOUGLAS: Impressive, even for you! 感動的だ、君のこととはいえ!

ARTHUR: You mean you can’t see it from space? ってことは宇宙から見えないの?

MARTIN: No, but you can see it from the ground. It’s thousands of miles long. 見えない、でも地上で見えるよ。何千マイルもあるんだから。

ARTHUR: Then why can’t you see it from space? それでどうして宇宙から見えないんだろ?

MARTIN: Because it’s only a few feet wide. それは幅が数フィートしかないからだよ。

ARTHUR: Huh? はぁ?

MARTIN: Look, it’s very big along, but very small across, so ... ほら、縦にはすごく大きいけど、横はすごく小さいんだよ、だから・・・

DOUGLAS: Arthur, there’s the bank. アーサー、銀行があった。

ARTHUR: Oh! おお!

ARTHUR: Sorry, Theresa! New brake pads. Are you all right? ごめんね、テレーザ!新しいブレーキパッドなんだ。大丈夫?

THERESA : Yes, fine!  ええ、平気よ!

DOUGLAS: Right, I’ll be as quick as I can. Wait here. よし、極力早くするから。ここで待ってて。

ARTHUR: Ooh, I know. Um, maybe the fuel tank is full of fine wines. ふー、わかった。んー、たぶん燃料タンクは高級ワインでいっぱいなんだよ。

MARTIN : The fuel tank is full of fuel. 燃料タンクは燃料でいっぱい。

ARTHUR: Oh. うう。
(There’s a tap on the window. The window is lowered.窓をたたく音。窓が開く。)
ARTHUR: Oh, hello. やや、どうも。

POLICE OFFICER: Is this your van, sir? これはあなたのヴァンですか?

ARTHUR: Yeah. Isn’t it great? うん。すごいでしょ。

MARTIN: Erm, is there a problem, Officer? えー、何かあったのですか?

POLICE OFFICER: I hope not. But when three men in a van emergency-brake in front of a bank and one runs in while the others wait ... そうでないことを願います。しかし3人乗ったヴァンが非常ブレーキをかけた所は銀行の前、そして1人が駆け込み残りは待つという・・・

MARTIN: Ah. Yes. No, no, no, I’m so sorry, but ... あー。なるほど。いや、いやいや、すみません、でも・・・

POLICE OFFICER: And when the van has some sort of demon ... そしてヴァンには一種の悪魔が描かれて・・・

ARTHUR: It’s not a demon! It’s Goofy! 悪魔じゃないよ!グーフィー!

POLICE OFFICER: I see. Would you mind telling me what you’ve got in the back, sir? そうですか。後に積んでるものが何だか教えてもらえませんか?

ARTHUR: Oh yeah, of course. いいですよ、もちろん。

MARTIN: Arthur ... アーサー・・・

ARTHUR: A thousand strawberry lollies and the princess of Liechtenstein. イチゴアイス千本とリヒテンシュタイン王女。

POLICE OFFICER: All right, everybody out. わかった、全員降りろ。




HERC: Carolyn! Hello! キャロリン!おーい!

CAROLYN: Where were you? You’re late. I’ve been waiting ages. どこにいたの?遅いじゃない。ずっと待ってたのよ。

HERC: I am in fact ten minutes early. 実際には10分前なんだけどね。

CAROLYN: Well, nevertheless. まあ、それでもよ。

HERC: No, not ‘nevertheless’. You’re thinking of, ‘Oh, of course! I do apologise, Herc. How silly of me.’ いいや、「それでも」じゃない。君が思ってるのは、「あら、そうよね!謝るわ、ハーク。私ったらバカね。」

CAROLYN: I am never ever thinking that. そんなこと絶対に思うわけないわ。

HERC: So I have discovered. Well, how did you get on? だから教えてあげたんだよ。そうだ、あれはどうだった?

CAROLYN: Er, there were ups and downs. えー、まあ色々とあったわ。

HERC: Did anyone bid on her? 入札はあった?

CAROLYN: Oh yes, very much so. In fact I cannot off-hand think of anyone who did not bid on her. そりゃあ、もうたくさん。実際、入札しなかった人というのもすぐには思い出せないわね。

HERC: So you sold her. じゃあ売ったんだ。

CAROLYN: Yes. ええ。

HERC: Wonderful! すごいじゃないか!

CAROLYN: ... and no. ・・・でもダメなの。

HERC: All right, here’s an idea: why don’t you just tell me what happened? そうか、いい考えがあるよ: 事の顛末を話してくれる?

(A mobile phone ringtone sounds (‘Questa o quella’ from Verdi’s Rigoletto), 着信音が鳴る/ヴェルディのリゴレットから「あれかこれか」)

CAROLYN: Theresa? ... Pick you up? From where? ... Why have they left you there? ... Well, why were you in the back? テレーザ?・・・迎えに?どこから?・・・どうしてあなたが置いてけぼりになったの?・・・まあ、どうしてあなたが後に乗ってるの?





DOUGLAS: Arthur, this is it. Turn in here. ... No, stop, quickly! アーサー、ここがそうだ。ここを曲がって・・・いや、止まって、早く!

ARTHUR: That I can do. それはまかせて。

DOUGLAS: Martin, get out. マーティン、降りるんだ。

MARTIN: What? Why? なに?どうして?

DOUGLAS: You were the one bidding against him, and I don’t want him remembering you. 君は彼と入札を争ったし、彼に君のことを思い出させたくない。

MARTIN: Oh, he barely saw my face. え〜、僕の顔なんてほとんど見られてないよ。

DOUGLAS: Out! 降りろ!

DOUGLAS: Sorry. Can’t take the chance. 悪いな。危険は冒せない。

ARTHUR: Wow. うわあ。

DOUGLAS: Mmm. It’s quite a sight, isn’t it? うーむ。これは壮観だな。

ARTHUR: Yeah. It’s like an elephants’ graveyard. うん。まるでゾウの墓場だね。

DOUGLAS: Yes. うん。

ARTHUR: But with aeroplanes. I don’t like it. Why do none of them have wings? でも飛行儀のだ。いやだな。どうしてどれも翼がないんだろ?

DOUGLAS: Where they’re going, they don’t need wings. 奴らの行き先では、翼は必要ないんだ。

DOUGLAS: Oh, I think that’s him – the guy with the dogs. お、きっとあの男だ ー あの犬を連れてる。

BRUCE: Er, can I help you? あ、なんかご用ですかな?

ARTHUR: Wow, what big dogs! わお、大きい犬だね!

BRUCE: Don’t mind them. 気にせんでもいいよ。

ARTHUR: Are they friendly? 人なつこいの?

BRUCE: No. Just don’t mind them. Who are ye? いや。気にせんこった。どちらさまで?

DOUGLAS: I ... 私・・・

ARTHUR : We’re the guys who rang about buying the plane. 僕たち飛行機を買う話で電話したものです。

BRUCE: Oh, aye. Which ones? あいよ。どっちのだ?

ARTHUR: Which ones? What d’you mean? どっち?どういうこと?

BRUCE: Well, I had two offers on her before I’d even landed the thing! There was a posh guy, somebody Richardson, offered me twelve grand, and then an Aussie ten minutes later offered me fourteen. Which are you? おう、2件もあれを欲しいと、着陸もしねえうちに言ってきたんだ!ひとりは気取ったなんとかリチャードソンが12000ポンドだと、あとはオーストラリア人が、10分後に14と言ってきた。どっちだあんたは?

ARTHUR: Oh, I’m just Arthur, but this is ... あ、僕はアーサーだけど、こっちが・・・

DOUGLAS :(オーストラリアなまりで) Gordon Shappey. It’s good to meet you. ゴードン・シャピー。よろしく。

DOUGLAS: This is my boy Arthur. You’ll have to excuse him. He’s very shy, doesn’t talk much. これはせがれのアーサーです。許してください。非常に引っ込み思案で、あまり喋りませんもんで。

BRUCE: Really? Seems like he talks a lot. そうかい?よく喋くりそうだが。

DOUGLAS : No, it often takes him like that. He’s all talkative when he first meets someone, and then suddenly he clams up and ... (pointedly) ... he doesn’t say a word. Which means I have to do all the talking for him. It’s a chore, but there you go. So, this plane, then: you had a couple of us interested in it, then? いや、よくこうなるんです。話好きなのは誰かに最初に会った時だけ、それから突如として口を閉ざし・・・ひと言も言わん。というわけで、このワシが代わりに話さにゃならんのです。大変ですよ、が仕方ない。さて、この飛行機ですかな:2名が興味を示しているというのは?

BRUCE: Yeah. I told you that on the phone. うむ。飛行機で話したと思うが。

DOUGLAS : You did. You certainly did and I’m just, er, repeating it now conversationally. Well, just as well we got in second, then. I’ve got the cash right here and, er ... たしかに。おっしゃるとおり、んだが、あー、もう一度今度はもっと打ち解けてどうかと。いやあ、2番とは好都合、まったく。ワシはここに現金を、えー・・・

BRUCE: Okay. Have you got any ID? 結構。IDは何か持ってるかい?

DOUGLAS : Oh. Er ... look at that. I left it in my hotel. ああ。えー・・・なんということだ。ホテルに忘れてきた。

BRUCE: Then off you go and get it, and she’s all yours. なら取って来なよ、そしたら飛行機はあんたのものだ。

DOUGLAS : Hmm. Thing is, though, the hotel’s a way away. ふむ。それが、どっこい、ホテルは遠いんです。

BRUCE: Sooner you go, sooner you’ll be back. すぐ行けば、すぐ戻れるってもんだろ。

DOUGLAS : ... Right. ・・・ですな。

ARTHUR : It’s all right, though ... Dad. でも大丈夫だよ・・・パパ。

DOUGLAS : Arthur ... アーサー・・・

ARTHUR : ... because I’ve got my ID. ・・・だって僕、僕のID持ってるよ。






DOUGLAS: Arthur, Code Red. アーサー、コード・レッド。

ARTHUR: No! Not Code Red! Listen: because if you’re Gordon Shappey, and I’m your son ... which I am, and ... oh, no! Er, wait! Um ... ううん!コード・レッドじゃないよ!聞いて: だって君がゴードン・シャピーで、そして僕がその息子だったら・・・息子なんだけど、そして・・・あ、ちが!えー、待って!んん・・・
(He breaks into his mangled Australian accent.彼のむざんなオーストラリアなまりもどきで)
ARTHUR : ... what I’m tryin’a say is this: I’ve got my droiving licence roight here, sport. Er, here’s my name on it, er, ‘Arthur Gordon Shippee’ and if I say that he’s m’dad, surely ... ・・・おらが言おうとしてんのはね:おら運転免許ここさ持っちょる、旦那。あ〜、ここさおらの名前、あ〜「アーサー・ゴードン・シピー」そんで彼がおらが父ちゃんだら、つまり・・・

DOUGLAS : Oh yeah! Er, there you go, then, that’s my son’s ID and he vouches for me. That do you? そのとおり!えー、いいですかな、それがせがれのIDで、こいつがワシの保証人です。よろしいか?

BRUCE: Yeah, fine. Er, why is he talking like that, though? ああ、よかろう。あ〜、ところでなぜ彼はあんな風に話してるんだ?

ARTHUR : Like what? どんな風?

BRUCE: I don’t know – all weird. わからんが ー 奇怪な。

ARTHUR : Now, look here, Bruce. This here’s my accint, Bruce, and if you don’t like it, you can ... じゃあ、聞いて、ブルース。こりゃおらがアクセント、ブルース、気に入らないっちゅうんじゃ・・・

DOUGLAS : Ah, don’t mind him. He likes to tease his old dad. ああ、お気になさらんでいい。老いた父をからかうのが好きで。

BRUCE: Oh, I see. ああ、そうかい。

ARTHUR: What? なに?

DOUGLAS : Definitely Code Red now. 断じてコード・レッドだからな。

ARTHUR: Okay. わかったよ。

DOUGLAS : Okay, so we ’ave the money in cash. Er, if you ... ようし、じゃ現金揃えて来ましたぞ。あー、もし・・・

BRUCE: Yeah, well, obviously I’m gonna have to wait for this Richardson bloke to turn up. うん、だが、あのリチャードソンなんとかが来るのを待たなきゃならんだろうな。

DOUGLAS : What? 何と?

BRUCE: Well, he might make me a better offer. そりゃ、上値をつけるかも知らんで。

DOUGLAS : Bet he doesn’t. I mean, er, we’re right here and, er ... それはありえん。つまりは、えー、ワシらはもうここにおりますし、えー・・・

BRUCE: Well, it looks like he’s here too. おや、彼も来たようだぞ。

MARTIN: I know you said to wait, but Carolyn’s just phoned. Gordon’s ... 君は待てって言ってたけどさ、キャロリンから電話がきたんだ。ゴードンが・・・

DOUGLAS : That’s right. Gordon. That’s me. You remember my name. いいんだ。ゴードン。ワシじゃ。ワシの名は覚えとるな。

MARTIN: Eh? え?

DOUGLAS : It is you, isn’t it ... (pointedly) ... Douglas Richardson? We’ve met once or twice before. My name – as you said – is Gordon Shappey, and I’m afraid, Douglas, that I outbid you on that LM3-12. あんた、じゃろ・・・(指差して)・・・ダグラス・リチャードソン?1度か2度会ってるな。ワシは ー 言ったように ー ゴードン・シャピー、どうやら、ダグラス、ワシがあのLM-12に高値をつけたぞ。

BRUCE: Ah, yeah, hi, and I’m Bruce Fraser. ああ、そうだ、どうも、そして俺がブルース・フレイザー。

DOUGLAS : Oh, how rude of me. Bruce, this is Douglas Richardson. Douglas, this is Bruce. おお、失礼しまして。ブルース、ダグラス・リチャードソンです。ダグラス、ブルースじゃよ。

MARTIN: Er, right! Yes, well ... ああ、そうか!はい、えと・・・・

DOUGLAS : ... to whom, of course, you have already spoken on the phone. ・・・彼とは、もちろん、すでに電話で話しておるがな。

MARTIN : Of course. How terribly nice to meet you. もちろんですとも。お目にかかれて光栄ですな。

BRUCE: Yeah, sorry about this. This guy called ten minutes after you. He offered me fourteen grand. うん、すまないな。この男があんたの10分後に電話してきて。14の値をつけたんだ。

MARTIN : Oh, how terribly disappointing. Drat my luck. Oh well, never mind. おお、なんと残念なことか。呪わしい不運。だがしかし、仕方ない。

BRUCE: Er, but, you know, if, er, you wanna make me a better offer, I’m listenin’. あ、だが、なあ、もし、んー、あんたが高値をつけたければ、考えてもいい。

MARTIN : Oh, well, let me think. ... No, I rather think not. I, Douglas Richardson, have been bested yet again. What a loser I am. うむ、そうか、考えて・・・いや、考えないことにする。僕、ダグラス・リチャードソンは、出し抜かれたか、またしても。なんて敗者だ僕は。

DOUGLAS: Don’t be too hard on yourself. 自分に厳しくするのもほどほどにせんと。

MARTIN : No, really, I am. I’m an absolute ... いや、本当に、そうですから。僕は正真正銘・・・

DOUGLAS : Anyway, I suppose we should get moving, just in case someone else turns up and tries to buy her. そもかく、話を進めた方がよかろう、万が一ほかの誰かが現れて飛行機を買おうとしてはいかん。あはは、あはは、はは・・・

MARTIN : Oh God, yeah! Er, I mean ... まったくだ!え、いや、あはは、あはは・・・

DOUGLAS : So, here we are: twelve thousand pounds. では、さっそくと:12000ポンド。

BRUCE: Er, no, no, no. That’s what he offered. You offered fourteen. いやいや、違う。それはあっちの値だよ。あんたは14と言った。

DOUGLAS: Ah, yes, but, y-you know, for cash ... あ、うむ、だが、のう、現金なら・・・

BRUCE: No, it’s fourteen thousand, or this guy can have it. いや、14000だ、だめならこっちのお客さんに。

DOUGLAS: Right. Er, Mr. Richardson, I don’t suppose you could lend me two thousand ... よかろう。あー、リチャードソンさん、あんたよもやワシに2千貸してくれたりは・・・

MARTIN : As your business rival, I think that would be a trifle eccentric of me, don’t you? 君のビジネスライバルとして、そんなことをしては少しばかり風変わりじゃないだろうか?

DOUGLAS : Okay. Then I’ll just nip back into town and get the rest of the cash. そうじゃな。ではちょっくら町に戻って残りの現金を取ってくる。

MARTIN : I’d be surprised if you had time, though, do you, Mr. Shappey? そんな時間があるとしたら驚きですなあ、シャピーさん?

DOUGLAS: Then what do you suggest, Mr. Richardson? ではどうせよとお思いか、リチャードソンさん?

MARTIN : Oh, well, it’s none of my business, obviously, but since you ask, I suppose you could always throw in your van. ああ、まあ、僕には関係ないことですがね、だがあえて聞くなら、君のヴァンをオマケにつけることもありだろうね。

DOUGLAS : Your van? 君のヴァン?

ARTHUR: My van?  僕のヴァン?

MARTIN: No – your van, this one here. いいや ー君のヴァンー これです。

DOUGLAS : Ah well, if you’re sure ... いやまあ、それであんたが・・・

MARTIN : Nothing to do with me. 僕には関係ないことですがね。

BRUCE: Yeah, well, sorry, but there’s no way that van’s worth two thousand quid. Nice Goofy, though. ああ、いや、すまん、だがあのヴァンが2000ポンドの価値もありっこない。なかなかのグーフィーとは言えな。

ARTHUR: Thank you! ありがとう!

MARTIN : Are you sure, though? Even to a parts and spares man, because those look to me like brand new, top of the range carbon fibre brake pads. それはどうですかな?部品業者の方にとっても、私が見たところほぼ新品、最高級のブレーキパッドですからな。

BRUCE: Bloody hell! They are! Why’ve you put those on an old banger like this? こいつはまあ!ほんとだ!なんだってこんなポンコツ車につけたんだ?

DOUGLAS : My son thought it would be an investment; and so – to be fair – it was. せがれが投資になると思ったようじゃが;はたして ー せがれ自慢じゃないがねー そのとおりじゃ。




**************************************
Part 2 後半、そしていよいよ最終章に続ま〜す。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ