2015/1/9

0501 Zurich, Part 1(後)  Cabin Pressure

Part 1の後半です。前半にくらべ長いですけど!

ドラマは今BBCiPlayerで聞けますのでぜひ聞きながら読んでくださいね♫


********************************


CAROLYN: And those two boxes are going to my house. Take them outside. Arthur’s bringing the van round. And ... ... that’s everything. それからそこの箱ふたつは私の家行きよ。外に出しておいて。アーサーがヴァンで来るから。それと、・・・それで全部ね。

MARTIN: Wow. Doesn’t the office look empty without ... わー。オフィスも空っぽに見えない・・・?

DOUGLAS: ... anything in it? Yeah. ・・・こう何もないと?うむ。

CAROLYN: Oh! Unless I can interest either of you in buying a sunbleached print of two Spitfires fighting in a clear green sky. Martin? Obviously I’m mainly looking to you.  ああ!あなた達で誰か陽にあせた写真を買おうって人はいないものかしら。2機のスピットファイアーが青空に舞い闘う写真よ。マーティン?明らかに私が見つめているのは主にあなたよ。

MARTIN: Er, no thank you, Carolyn; and that one’s not a Spitfire. あー、結構だよ、キャロリン;それに1機はスピットファイアーじゃない。

CAROLYN: How can you tell? どうしてわかるの?

MARTIN: Well, partly because of the wing shape, fuselage and markings, but mainly because Spitfires didn’t fight each other. それは、ひとつは翼の形に胴体とマークだけど、それよりも、スピットファイアー同士が闘ったことはない。

クリックすると元のサイズで表示します
スピットファイヤーは飛行機マニアに人気のモデル

DOUGLAS : Martin, come on! マーティン、来てくれ!

MARTIN: Coming! (Quietly) I’ll give you a fiver for it. 今行く!(小声で)5ポンドなら払うよ。

CAROLYN: Done. いいわ。


DOUGLAS: So, Martin. How’s the conversion course? それで、マーティン。変換コースはどう?

MARTIN: Well, we’re ... you know, we’re only a week in. It’s all been CRM stuff so far. We learned our personal watchwords yesterday. ああ、まだ・・・ほら、まだたったの1週間だよ。ずっとCRM(Crew resource management or cockpit resource management)のこととかばっかり。昨日は個人のモットーを習ったところ。

DOUGLAS: Gosh. なんと。

MARTIN: Apparently the perfect Swiss Airways pilot is calm, resourceful and decisive. どうやら完璧なスイス航空のパイロットとは、冷静で、機知に富み、判断力があるらしい。

DOUGLAS: Well, I can see now why they picked you. おや、道理で君が選ばれたわけだね。

MARTIN: Hmm. んん。

DOUGLAS: I’m sorry, Martin. I-I-I didn’t ... すまない、マーティン。そういう意味では・・・

MARTIN: No-no-no, it’s-it’s okay, it’s okay. The same thing had crossed my mind. ううん、いい、いいんだ。僕も同じことが頭に過った。

DOUGLAS: So you haven’t been in the sim yet? それじゃまだ模擬飛行には?

MARTIN: Oh yes, once! Ah, Douglas, oh it’s amazing! The new 737s, they’re just incredible. After GERTI it’s-it’s-it’s like driving a Rolls Royce after years of driving a ...
 あ、うん、1回ね!ああ、ダグラス、それがすごいんだよ!あの新しい737ったら、もう信じられない。ガーティーの後だとロールスロイスでも運転してるみたいな感じで、今まで運転してたのはまるで・・・

ARTHUR : Hi, guys! やあ、みんな!

MARTIN: Oh my God! なんだこれ!

ARTHUR : Ta-daa! It’s your van, Skip! My van! Our van! ジャーン!君のヴァンだよ、スキップ!僕のヴァン!僕たちの!

MARTIN: Why is there a sort of evil hippo on it? なんだって邪悪なカバみたいのがいるんだ?

ARTHUR: Ooh, where? え、どこに?

MARTIN: Here, on the side. ここ、この横の。

ARTHUR: Oh, that’s not a hippo! That’s Goofy! Why does no-one recognise Goofy any more? えー、それカバじゃないよ!グーフィーだよ!なんでもうグーフィーを誰も知らなくなっちゃったのかなあ?

DOUGLAS: Because of the horrendously disfiguring accident he’s apparently had? 恐ろしく美観を損なう事故にあったせいじゃないかな?

ARTHUR: He’s not had an accident! I painted it myself. 事故になんてあってないよ!これは僕が描いたんだ!

DOUGLAS: Yes, I thought perhaps you did. うむ、そうじゃないかとは思った。

MARTIN: But why? でもどうして?

ARTHUR: Ah-ha! ふふん!
(He opens the rear doors.)
ARTHUR: Double ta-daa! ダブルでジャーン!

MARTIN: What are those? それってなんなの?

ARTHUR: Ice lollies! Surprise! I’ve turned it into an ice cream van! アイスクリームだよ!サプライズ!僕これをアイスクリーム・カーにしたんだ!

MARTIN: Arthur, you-you can’t do that.  アーサー、それってやっちゃだめだよ。

ARTHUR: I did, though. やっちゃったけどね。

MARTIN: But it’s a Transit van! It’s for light removals! だけど、それは運送用だから! 荷物少ない引っ越し用なんだよ!

ARTHUR: I know, Skip, but I thought, ‘What do people like even more than moving house? Ice cream!’ 知ってるよ、スキップ、でも思ったんだよね、「何が引っ越しよりも求められているのか?アイスクリーム!」

DOUGLAS: So, how did you turn it into an ice cream van? それじゃ、どうやってこれをアイスクリーム・カーにしたんだい?

ARTHUR: Pretty easy, actually. I bought ten boxes of lollies and an ice cream guy hat and I painted Goofy on it. 実はね、カンタンだよ。アイスを10箱とアイス屋帽子を買って、これにグーフィーを描いたんだよ。

MARTIN: Arthur, these are all Calippos. アーサー、これ全部カリッポじゃないか。

クリックすると元のサイズで表示します

ARTHUR: Yeah, they’re my favourites. うん、僕の大好物。

MARTIN: Why have you only got strawberry flavour? なんだって全部ストロベリー味なの?

ARTHUR: Ah, that’s me being clever. I’m not allowed strawberries, so I won’t be tempted to eat them! Come on, get in, get in! あ〜、そこが僕の賢かったところ。僕ストロベリーは食べられないから、食べようとしないだろ!ほらほら、もう乗って!

MARTIN : No, but Arthur, you can’t just sell ice creams from any old van. You need a licence, a pitch ... いや、でもアーサー、どんなヴァンでもアイスを売っていいわけじゃないんだよ。ライセンスがいるし、屋台は・・・

DOUGLAS: A freezer. 冷凍庫も。

ARTHUR: Er, no, no. No, I bought some cool bags. I think they’re basically the same thing. Oh, and, um, Skip, look what else I bought! あ〜、いいの。違う、僕、保冷バッグ買ったから。基本的に同じものだと思うんだ。あ、そうだ、見て、スキップ、僕ほかに何を買ったと思う?
(He accelerates the van and then brakes sharply. Martin and Douglas cry out.アーサー加速して急ブレーキを踏む。マーティン&ダグラス悲鳴)

MARTIN: Arthur! アーサー!

DOUGLAS: What did you do that for? 何をしてるんだいこれは?

ARTHUR: See? I’ve had the brake pads replaced, like you said! わかった?ブレーキパッドを新しくしたんだよ、君の言った通りに!

MARTIN: I said in a year or two. 1年か2年のうちに、と言ったんだ。

ARTHUR: Yeah, and I did it straightaway. And I got the most expensive ones they had. うん、で僕すぐに実行したんだ。そしてある中で1番高いのにしたんだよ。

MARTIN: Did you? へえ?

ARTHUR: Yeah. Carbon fibre. They didn’t want to sell them to me but I insisted because you told me not to skimp. うん。炭素繊維の。売りたくなかったみたいなんだけど僕どうしてもって。だって君にケチるなって言われたから。

MARTIN: How much did you ...? それいくらしたの・・・?

ARTHUR: Two thousand pounds! Which is great, because that’s exactly what I had in the bank! 2000ポンド!よかったなあ、僕がちょうど銀行に持ってた額ぴったしだったんだよ!

MARTIN: You spent all your money on brake pads? 全財産をブレーキパッドにつぎ込んだ?

ARTHUR: Well, yeah, but it’s okay. It’s an investment. うん、まあね、でもいいんだ。投資だもんね。

MARTIN: Arthur, the whole van’s only worth about five hundred quid! アーサー、ヴァン自体の価値は500ポンドだってのに!

ARTHUR: Not any more, Skip. It’s now worth two thousand five hundred! 今は違うよ、スキップ。2500ポンドの価値だよ!

DOUGLAS: So what you essentially have now, Arthur, is some extremely expensive brake pads which – for convenience – you keep wrapped up in a cheap van. では君が今本質的に持っているのは、アーサー、きわめて高価なブレーキパッドであり、便宜上それを安いヴァン
で包んでいると。

ARTHUR: Oh, oh, and then there’s the best best thing. あ、あ、それから超極めつけもあるよ。

MARTIN : What? なんだって?

ARTHUR : The chimes. I’ve done my own ice cream chimes. Listen! チャイム。自分でアイスクリームのチャイムを作ったの。聞いて!

ARTHUR’s VOICE (singing to the tune of ‘Greensleeves’, with no musical accompaniment): ♪ Ice cream, ice cream, ice cream, ice cream, ice cream, ice cream, ice cream, ice.
Ice cream, ice cream, ice cream, ice cream, get your lovely ice cream. ♪
アイスクリーム、アイスクリーム、アイスクリーム、アイスクリーム、アイスクリーム、アイスクリーム、アイスクリーム、アイス。アイスクリーム、アイスクリーム、アイスクリーム、アイスクリーム、おいしいアイスを買ってね〜〜。♫

MARTIN: Er, yes, that’s ... あ〜、うん、それは・・・

ARTHUR’s VOICE ): ♪ I-i-ice cream, i-i-i-ice cream, i-i-i-ice cream, i-i-i... ♪ アーーーイスクリーム、アーーーイスクリーム、アーーーイスクリーム、アアアア・・・♫

DOUGLAS: Yes, I think that will do. うん、効果ありそうだ。

ARTHUR: There’s loads more. もっとあるんだよ。

DOUGLAS: Precisely. そうだろうとも。



イギリスに住んでると「この曲が聞こえたらアイス!」と脳にシナプスがつながっているのです





THERESA : Oh! She’s just like I remember her! ああ、ガーティは私が覚えてたたままだわ!

MARTIN: Thank you so much for coming over for this, Theresa. ありがとう、わざわざこのために来てくれて、テレーザ。

THERESA: Of course. I wouldn’t miss GERTI’s last flight. 当然よ。ガーティーの最後のフライトを逃したりしないわ。

MARTIN : No.  そうだね。

THERESA: It’ll be all right, Martin. きっと大丈夫よ、マーティン。

MARTIN: Will it, though? I mean, Arthur’s only had the van five minutes. He’s spent his life savings on brake pads and ice cream. Douglas is being very quiet about his interview. Actually, Theresa, I, um ... I had an idea in bed last night. そうかな?だってさ、アーサーはがあのヴァンを手にしてたったの5分で全貯金をブレーキパッドとアイスにつかってしまった。ダグラスは彼の面接のことは何も言わないし。そうだ、テレーザ、僕さ・・・昨日の晩ベッドの中で思いついたんだけど。

THERESA : I remember. 覚えてるわよ。

MARTIN: Hmm? No – oh, no, no. Er ... ん?いや、いやいやあの、 ... er ... あは… I-I-I, er, I-I didn’t mean that. I-I-I ... ぼ、ぼく、あれじゃなくて。ぼ、僕が・・・

THERESA: I’m sorry, Martin, I’m sorry. I-I just love how quickly I can make your ears turn red. ごめんなさい、マーティン、ごめんね。あなたの耳すぐに真っ赤なるのが好きなの。

MARTIN : Thank you. Look, it’s-it’s-it’s probably a stupid idea, but you know how you’re the princess of Liechtenstein? それはどうも。ねえ、こ、こ、こんなのバカみたいかな、でも、君はリヒテンシュタインの王女だろ?

THERESA: That rings a bell, yes. そうだったわね、ええ。

MARTIN: Well, it just occurred to me: I don’t think Liechtenstein has a national airline, does it? あの、ふと思い出したんだけど:リヒテンシュタインには国営エアラインはなかったよね?

THERESA: No, we don’t. ないわね。

MARTIN: You know, funded by the nation – only Liechtenstein, being such a small nation, it could be quite a small airline. あのさ、政府資金でも ー リヒテンシュタインなら、小さな国家だから、かなり小さなエアラインでもいいわけだよね。

THERESA: Mmm-hmm. You know what else Liechtenstein doesn’t have? ん〜。他にリヒテンシュタインにないものって知ってる?

MARTIN: What? なにかな?

THERESA: An airport. 空港なの。

MARTIN: Oh. No, no-no, no, that’s-that’s true. あー。だめだ、だめ、そうだった。

THERESA: Martin, trust me, you’re going to do great at Swiss Airways. You just need to find your feet.  マーティン、信じて、あなたはスイス航空で立派にやって行けるわ。もっと自信を持たなきゃ。

MARTIN: What? No, no! No-no-no-no-no, it ... I-I-I’m just thinking of the others. え?あい、いや!違うんだ、違う、ただ・・・・他のみんなのことを考えて。

THERESA: I know. わかるわ。




MARTIN : Thank you, Fitton Approach. Golf Tango India airborne, climbing to four thousand feet. ありがとう、フィットン アプローチ。ゴルフ、タンゴ、インディア離陸、4000フィートに上昇します。

KARL : Oh. We’ll miss you, GERTI. ああ〜。寂しいよ、ガーティ。

MARTIN: Karl, please. カール、たのむ。

KARL: Yeah, roger, Golf Tango India. ... Oh, look at her up there, flapping away, all happy. She doesn’t know she’s off to the vet’s! ほい、了解、ゴルフ、タンゴ、インディア・・・あ〜、見てよ、あんな上に、飛んでっちゃって、嬉しそうに。お医者さんに行くとも知らずに!

MARTIN: Tower, will you please keep communications ... 管制、コミュニケーションを続けてもらえますか・・・

KARL: Yeah, yeah. ... At least give us a wing waggle, though. へい、へい・・・せめて羽をパタパタしてくれよ。

MARTIN: No! だめだ!

DOUGLAS: Oh, go on! まあ、いいさ!

MARTIN: Oh, all right. ああ、わかったよ。

(カールの歓声)

CAROLYN: Ah, drivers. I have made you coffee. は〜、運転手さん。コーヒー入れたわよ。

MARTIN: What? You?! え?君が?

DOUGLAS: This is not the Carolyn we know. 僕たちの知るキャロリンではないぞ。

CAROLYN: Yes, well, strange and miraculous things can occur on last flights, especially when Arthur’s not aboard. Oh, and Martin, do try particularly hard not to bend her on landing, won’t you? The irony would be too much for me. ええ、でも、不思議で奇跡的な事も最後のフライトには起こるのよ、特にアーサーがいないとね。ああ、それとマーティン、着陸の時はガーティーをへこまさないよう特にがんばってくれる?意外な展開はたくさんよ。

DOUGLAS: Carolyn, after the auction, how are we getting home? キャロリン、オークションが終わったら、僕たちはどうやって帰るの?

CAROLYN: Herc’s picking me up in his Mercedes. ハークがベンツで迎えにくるわ。

MARTIN: Surely we won’t all fit in that. 全員は乗れないよね。

CAROLYN: No, certainly not. None of you will fit in it. For you, Arthur’s bringing his van. ええ、もちろんよ。あなた達は誰も乗れないわ。あなた方には、アーサーがヴァンで来るのよ。

DOUGLAS: There’s the Carolyn we know. それでこそ僕らの知るキャロリンだ。





AUCTIONEER: All right, ladies and gentlemen, next we have Lot 42, registration Golf Echo Romeo Tango India. それでは、皆様、お次は品番42番、出品登録ゴルフ、エコー、ロミオ、タンゴ、インディア。

MARTIN: Carolyn, where’s Arthur? He’ll miss it. キャロリン、アーサーはどこ?始まっちゃうよ。

CAROLYN: I hope so. That’s why I told him the wrong time. He doesn’t need to see this. それでいいの。そうなるよう時間をずらして言ったの。あの子は見なくていいのよ。

AUCTIONEER: Ah, yes, this is rather fun. (He chuckles.) A Lockheed McDonnell 3-12, and not only is it in one piece, it actually flew here! ああ、これは、なかなか。フフフ。ロッキード マクドネル3−12ですが、完全な姿だけでなく、実際にここまで飛んできた!

DOUGLAS: Encouraging start. 心強い出だしだ。

AUCTIONEER: Still, an ideal purchase for, erm, all sorts of people, I’m sure, so who’ll start me off at eight thousand pounds? まだまだ、理想的なお買い物です、特に、えー、どんな方にでも、保証しますよ、では、どなたか8000ポンドではいかがかな?

MARTIN: Only eight thousand? たったの8000ポンド?

THERESA: That’s just where he’s starting. それは始まりの金額ですもの。

AUCTIONEER: No? Seven and a half. ... Seven thousand pounds. ありませんか?7500・・・・7000ポンドでは。

CAROLYN : Oh dear. いやだわ。

AUCTIONEER: Six and a half. Oh, come on, ladies and gentlemen. For scrap metal alone she must be worth six. 6500。さあ、どうぞ、皆さん。鉄クズとしてだけでもこれは6000の値打ちですぞ。

MARTIN: Scrap?! 鉄クズ?!

DOUGLAS: Poor old girl. 哀れなO.G.よ。

AUCTIONEER: Bruce, I’m looking at you. ブルース、君ならどうだ。

BRUCE: I’ll give you five. 5ならいいよ。

AUCTIONEER: Thank you, Bruce. Five thousand I’m bid, so do I hear six? Six, anywhere? ... Five and a half? ありがとう、ブルース。5000が入りました、6というお声はありませんか?6です、どなたか?・・・5500では?

MARTIN: Come on, that’s nothing! ああもう、ただ同然じゃないか!

CAROLYN: It is a little disappointing. ちょっと残念だわ。

AUCTIONEER: No? No-one? This is your very last chance. All right: going once, going twice ... なし?どなたも?ではこれが最後のチャンスです。それでは:よろしいですかな、よろしいですね・・・

MARTIN: Five and a half! 5500!

DOUGLAS: What?! なに?!

THERESA: Martin! マーティン!

AUCTIONEER: Ah, thank you, sir. Five and a half I have. あ〜、ありがとうございます。5500が入りました。

CAROLYN: Martin, what on earth are you doing? マーティン、一体なんのつもりで?

MARTIN: Don’t worry, I’m just driving him up a bit. 心配ない、ちょっと値を上げてるだけだから。

CAROLYN: But you don’t know if someone ... でもわからないでしょ、誰も・・・

AUCTIONEER: Bruce, do I hear six? ブルース、6でどうです?

BRUCE: Aye. あいよ。

MARTIN: There you are, you see? I just made you a thousand pounds. どうだい、ほらね?これで6000になっただろ?

CAROLYN: Well, thank you, but don’t! まあ、どうも、でもやめて!

AUCTIONEER: Six thousand I have. Do I hear six and a half? 6000が入りました。6500というお声はございませんか?

CAROLYN: Martin, do not say a word. マーティン、ひと言も喋らないで。

AUCTIONEER: Six and a half! Thank you! 6500!ありがとうございます!

CAROLYN: I didn’t mean you should nod! うなずけって言ったんじゃないわよ!(*nodじゃなくてnot)

MARTIN: I think I’ll go higher. もっと行けると思う。

DOUGLAS: But what if he doesn’t? でも彼が行かなかったら?

AUCTIONEER: Do I hear seven? 7ではいかがですかな?

BRUCE: Aye. あいよ。

DOUGLAS: All right, now Martin, stop. もういい、さあマーティン、終わりだ。

CAROLYN: Yes, seven is plenty. I forbid you to bid. ええ、7000は十分。あなたの入札は禁止。

AUCTIONEER: Do I hear seven and a half? 7500はいかがですか?

MARTIN: Just one more. これきりだ。

DOUGLAS: No! Do Not Nod! だめだ!うなずくな!

CAROLYN: Theresa, grab his head. テレーザ、彼の頭をつかんで。

AUCTIONEER: Thank you, sir! Seven and a half I’m bid. ありがとうございます!7500が入りました。

CAROLYN: Theresa! Didn’t you hear me? テレーザ!聞こえなかったの?

THERESA: You were serious? 本気でしたの?

CAROLYN: Yes! ええ!

AUCTIONEER: Er, Bruce, do I hear eight? えー、ブルース、8では?

BRUCE: Aye. あいよ。

DOUGLAS: Martin, listen to me. I know what you’re doing, and God knows I understand, but you have to stop. マーティン、よく聞け。君のしていることはわかるし、それは神もご承知だが、やめるんだ。

MARTIN: I’m just trying to drive him up. 彼の値を上げてるだけだってば。

DOUGLAS: You’re not. You’re trying to win. いや違う。君は勝とうとしている。

AUCTIONEER: Do I hear eight and a half? 8500はございませんか?

MARTIN: Would that be so bad? I can get a loan. Then we’d have her, and if things don’t work out ... 悪くないよね?僕がローン組んでもいいし。そしたら僕たちのものになって、もしかして何かあっても・・・

DOUGLAS: Martin, I need you to calm down. マーティン、冷静になれ。

MARTIN : I am calm. I’m being calm, and decisive, and resourceful! 僕は冷静だぞ。ずっと冷静で、機知に富み、判断力がある!

DOUGLAS: No, you’re panicking, and making the wrong decision with resources you don’t have. いや、君はパニクって君に欠けた判断力で間違った決断を下している。

MARTIN : I know! Because that’s what I do! So I can’t go to Zurich, can I? I’m not good enough. So we have to keep GERTI! そうだよ!だって僕はこんなことしちゃうんだ!だからチューリッヒに行けないだろ?ぼくには無理。だから僕たちはガーティを手放せない!

AUCTIONEER: I have to press you, sir. Any advance on eight thousand? よくお考えくださいよ。8000より上はございませんか?

MARTIN: I ... 僕が・・・

A NEW MALE VOICE : Yeah, fifteen thousand pounds. うむ、15000ポンドじゃ。

CAROLYN: What?! なんですって?!

THERESA: Oh, wonderful! まあ、素晴らしいこと!

DOUGLAS: Not entirely. そうでもない。

AUCTIONEER: Ah! Fifteen thousand I have, from a new bidder at the back. これは!15000が入りましたぞ、後方にお座りの新しい入札者様です。

CAROLYN: Gordon! ゴードン!

THERESA: Who? どなた?

MARTIN: Arthur’s dad. The one who tried to steal her. アーサーのお父さん。ガーティーを盗もうとした人。

GORDON: Hiya, Carolyn. How you keeping? やあどうも、キャロリン。元気かね?

AUCTIONEER: Fifteen thousand pounds I hear for this really rather decent little biz-jet. Do I hear sixteen thousand? Bruce? 15000ポンドがこちらのかなり本格的な小型ビジネスジェット機に入りました。16000のお声は?ブルース?

BRUCE: No. I’m done. Page me when Lot 60’s up. いや。俺はもういい。品番60になったら呼んどくれ。
(Sound of him walking away.立ち去る足音)

AUCTIONEER: Very well, then. If we’re all done at fifteen thousand. Going once ... よろしいでしょう、では。15000でお決まりかどうか。よろしいですかな・・・

CAROLYN : Twenty thousand pounds. 20000ポンド。

GORDON: What?! なんじゃと?!

CAROLYN: Well, I’m not letting Gordon have her. ゴードンに渡すものですか。

AUCTIONEER: Madam, you cannot bid on your own lot. お客様、ご自分の出品にご入札はできません。

CAROLYN: Fine. Douglas, bid twenty thousand pounds. いいわ。ダグラス、20000ポンド入札なさい。

DOUGLAS: I’m not bidding on it! 僕がガーティーに入札!

CAROLYN: Yes you are. そうよ。

DOUGLAS: I’m not! Even if I had the money ... ごめんです!仮に金があったとしても・・・

CAROLYN: We’ll work that out afterwards. Just bid! それはあとでどうにかなるわ。早く!

DOUGLAS (sighing): Twenty thousand pounds. はぁ・・・ 20000ポンド。

AUCTIONEER: Ah-ha! Twenty thousand pounds I have from the man standing next to – but I’m sure utterly unconnected with – the owner. Do I hear thirty? ははん!20000ポンドが入りました。お隣の方からです ー しかしまったく関係者ではございませんよ ー 出品者様とは。30はございませんか?

GORDON: Thirty. 30。

AUCTIONEER: Thirty I have. Forty? 30入りました。40?

DOUGLAS: Well? さて?

CAROLYN: Carry on! We’ll have it annulled afterwards. 続けて!後で無効にするから。

DOUGLAS: I’m not sure you can do that. できるかどうかわからないよ。

CAROLYN: Just bid! いいから!

DOUGLAS: Forty. 40。

AUCTIONEER: Forty thousand! Do I hear fifty? 40000!50はございますか?

GORDON: Fifty! 50!

AUCTIONEER: Fifty thousand pounds I am bid for this often under-rated gem of an aircraft. 50000ポンドがこちらの過小評価されがちな航空機の宝石に入りました。

DOUGLAS: Carolyn, wait. Fifty thousand? That’s ridiculous! キャロリン、待つんだ。50000?そんなバカな!

CAROLYN: He doesn’t care about the money. He just wants to get back at me. 彼にはお金じゃないのよ。私から取り戻したいだけなんだから。

DOUGLAS: Yes, but you do care about the money. でも君にはお金は問題だろう。

CAROLYN: Not that much. Sixty! そうでもないわ。60!

AUCTIONEER: Madam ... お客様・・・

CAROLYN: Oh, right. Douglas. あら、そうだわ。ダグラス。

DOUGLAS: No, Carolyn, listen. He’s up to something. Either he’s trying ... だめだ、キャロリン、聞くんだ。何か企んでる。それか彼は・・・・

CAROLYN: Fine. Martin. いいわよ。マーティン。

MARTIN : Yes? ん?

CAROLYN: Say sixty! 60って言って!

MARTIN : Sixty. 60。

CAROLYN: To the man, you idiot! あの人によ、もうマヌケっ!

MARTIN: Oh, sorry. Sixty! あー、ごめん。60!

AUCTIONEER: Ah-ha! Sixty thousand pounds from another, new ... oh, no, my mistake – from an old friend! Welcome back to the fray, sir! ははん!60000ポンドが別の新しい・・・あ、いえ、私の間違いです ー 古い友から入りました!お帰りなさいませ、激戦へ!

GORDON: Seventy! 70!

AUCTIONEER: Do I hear eighty? 80はございますか?

ARTHUR : ’Scuse me, guys. Have I missed anything? ごめーん、みんな。今までのところ何かあった?

DOUGLAS: Oh, this and that. うん、いろいろね。

CAROLYN: Go ahead, Martin. さあ行って、マーティン。

MARTIN: Eighty thousand! 80000!

ARTHUR: Wow, what’s Skip buying? わあ、スキップ何買ってるの?

DOUGLAS: GERTI. ガーティー。

ARTHUR: Oh, good. ... Although couldn’t we just have given him ... あー、よかった・・・でもさ、彼にならあげちゃえば・・・

DOUGLAS: Not now, Arthur. I’m thinking. それは後だ、アーサー。考えがある。

CAROLYN: We’re not really buying it, Arthur. We’re trying to stop your father from buying it. 本当に買うわけじゃないのよ、アーサー。あなたのお父さんが買うのを止めてるだけ。

ARTHUR: Dad? What, here? Is he here? パパ?え、ここに?いるの?

AUCTIONEER: Do I hear ninety? 90はございますか?

GORDON: Ninety thousand. 90000。

ARTHUR : Oh! Dad! Here! He can’t buy GERTI! He mustn’t! He can’t have her! (Loudly) Objection, my Lord! ああ!パパ!ここまで!彼にガーティー買われちゃだめだ!絶対に!彼のものにしては! 異議あり、裁判官様!

MARTIN: Arthur, that’s not what ... アーサー、これはそれとは・・・

CAROLYN: Don’t worry, dear, we’re not going to let him. Go on, Martin. 安心なさい、彼にそうはさせるものですか。続けて、マーティン。

MARTIN: A hundred thousand! 10万!

ARTHUR: Oh, thank you, Mum, thank you. ああ、ありがとう、ママ、ありがとう。

GORDON: A quarter of a million! 25万!

DOUGLAS: My God! まさか!

CAROLYN: What?! なんですって?!

AUCTIONEER: A quarter of a million pounds! For this timeless classic! The bid is with you, sir. 25万ポンドです!永遠の名品に!まだご入札いただけますよ。

MARTIN : What do I say? Half a million? 何て言うの?50万?

CAROLYN: No-no-no, wait-wait-wait-wait. ダメダメ、待って待って。

ARTHUR: What? What are waiting for? 何なの?何があるの?

CAROLYN: A quarter of a million pounds, though. 25万ポンドでも。

ARTHUR: Yes, but Dad can’t have her! うん、だけどパパにはダメだよ!

AUCTIONEER: Do I hear half a million? 50万ポンドはございますか?

CAROLYN: Just wait! I’m thinking. ちょっと待って!考え中。

ARTHUR : But Mum, he wants to cut GERTI’s tail off and put it over his fireplace! でもママ、彼はガーティーの尻尾を切って暖炉の上にくっつけたいんだよ!

CAROLYN: Yes, I know, darling. ええ、知ってるわよ。

AUCTIONEER: Going once. よろしいですかな。

ARTHUR: He can’t! ダメだよ!

AUCTIONEER: Going twice. よろしいですね。

ARTHUR : TEN MILLION POUNDS! 1千万ポンド!

AUCTIONEER: Ten million pounds I have! Ten million pounds for this once-in-a-lifetime opportunity to own a masterpiece of aviation. Any advance on ten million pounds?! 1千万ポンドが入りました!1千万ポンドがこちらの航空の匠の技を所有する一生一度の機会にです。1千万ポンドより上はございますかな?!

GORDON: No. For that, you can keep her. いや。それなら、持っとるがええ。




(Footsteps)
CAROLYN: All right. Follow me, my little gaggle of investment tycoons. Douglas, where are you going? それじゃ。こっちよ、私の出資王ご一行ちゃん達。ダグラス、あなたどこへ行くの?

DOUGLAS: I need to talk to someone. Don’t do anything without me. とある人に話がある。僕が戻るまで何もしないように。

CAROLYN : I shall do as I like without you! Right. 私は好きなようにするわよ、あなたがいなくても!さて。
(Knock on a doorノックをして)
CAROLYN: Coming in! 入りますわよ!

AUCTIONEER: Er, no, this is my office. I say, ‘Come in’! あ〜、いえ、ここは私のオフィスです。言うのは私ですな「お入りください」と!

CAROLYN: My way saves time. Now then: about this sale. この方が早いじゃないの。さて:このお取り引きですが。

AUCTIONEER: Oh yes, congratulations, madam. A fabulous result. おお、そうです、おめでとうございます、お客様。ドラマチックな結果でした。

CAROLYN: Fabulous indeed. Let me introduce you to the fabulist. 確かにドラマのようでした。ドラマの著者をご紹介させてね。

ARTHUR: Hi. どうも。

CAROLYN: Behold the ten million pound bidder. Drink him in. Observe his haircut. Dwell on his shoes. Does he have the looks, do you think, of a billionaire out on an aeroplane-buying spree?  1千万ポンドの入札者をご覧あれ。よ〜くご覧になって。髪型から靴まで観察して考えて。彼の容貌は、浮かれ騒いで飛行機を買う億万長者のものと思われます?

AUCTIONEER: An ... eccentric billionaire? う〜む・・・風変わりな億万長者ですな?

CAROLYN: Eccentric, yes; billionaire, no. This is my son. He’s a lovely boy, but he lives in a fantasy world. 風変わりではあるけど、億万長者ではないの。私の息子です。彼はよくできた子なんですが、おとぎの国に住んでいるんです。

ARTHUR: Oh, thanks, Mum! やぁ、ありがと、ママ!

CAROLYN: So may I suggest you track down that nice scrap metal dealer pronto and see if he’s still interested? ですから提案させていただいてもいいかしら?あの鉄クズメタル業者の方を追ってまだご興味があるか聞いてみることを。

AUCTIONEER: Er, no. The next lowest bid was the Australian gentleman. いえ、ダメです。次点の入札者はあのオーストラリアの紳士です。

CAROLYN: Ah, more bad news, I’m afraid. That was Gordon, the boy’s father, and one-man answer to the question, ‘Where does he get it from?’ They’re always doing this together. あら、それも悪いお知らせかと思いますわ。ゴードンは、この子の父親で、質問への唯一の答えでもあるのよ。「この子のこれはどこから来たのかしら?」父と子はいつもこの調子で一緒なんです。

ARTHUR: Mum! ママ!

CAROLYN: Code Red, Arthur. And of course the other two bidders, as I fear you guessed, were mere stooges of mine. コード・レッド、アーサー。そして勿論あとのふたりの入札者は、ご察しかと恐れますけど、私の部下ですの。

MARTIN: I’m not a mere stoo... 僕はただの部・・・

CAROLYN: Code Red, Martin. コード・レッド、マーティン。

AUCTIONEER: Was there anyone bidding on your lot who actually intended to buy it? 誰も入札しておらんのですかね?お宅の出品にきちんと買う意思を持った人は?

CAROLYN: How astute of you to ask. There was indeed: Bruce the scrap metal chap. So may I suggest once again that you go and find him? なんて鋭いご質問でしょうか。おりますでしょう:ブルースさん。クズ鉄屋さんの。ですからもう一度提案してもよろしいかしら?彼をお探しになっては?




DOUGLAS: Mr. Shappey? Mr. Shappey! シャピーさん?シャピーさん!

GORDON: Ah. You. Hey, what the hell do you want? ああ。おまえか。やい、何を狙ってやがる?

DOUGLAS: What was all that about in there? あれはどういうことだったのですかね?

GORDON: What, the boy going off his head? Search me. You know him better than I do. Well, enjoy your pretend money. なんじゃ、頭が変になった子かい?ワシを調べたところで。おまえの方がワシよりあいつをよう分かっとる。まあ、お金ごっこで遊んでるんだな。

DOUGLAS: No – bidding a quarter of a million. Were you trying to sabotage the auction? いや ー 25万の入札だ。オークションを妨害するつもりだったのか?

GORDON: No – I was trying to get my bloody plane back. That woman stole it off me in the divorce, and one day I’m having it back. You can tell her that from me. 違う ー ワシャ自分の飛行機めを取り返そうとしたんじゃ。あの女はワシから離婚の時に盗みおって、それでいつか取り返すんじゃ。そうあの女に言ってくれてもええぞ。

DOUGLAS: Or, better yet, I can help you get it off her. あるいは、また、彼女から取り上げるお手伝いもできますがね。

GORDON: How? Steal it? どうやって?盗むとでも?

DOUGLAS: That really is just where your brain automatically goes, isn’t it? No, not steal it, but I think I can persuade her to reconsider your offer. あなたの頭はどうしてもそこへ向かうようですね?いや、盗みはしない、しかし彼女があなたの申し出を考え直すよう仕向けることはできると思いますよ。

GORDON: And why would you do that? なぜおまえがそんなことをするのじゃ?

DOUGLAS: Because she’s a fool to throw that much money away out of pride; plus, of course, ten percent brokerage fee. それは彼女があれほどの大金をプライドにかけるような愚か者で、加えて、10%の仲介手数料のためですな。

GORDON: You really are a slimy little con man, aren’t you? おまえもまったくいやらしいペテン師まがいだな?

DOUGLAS: A compliment from the master. Are we on? 巨匠からお褒めの言葉とは。商談は?

GORDON: You’re on. 成立じゃ。




(Office door opens)
AUCTIONEER: Well, you are extremely lucky, madam. まったく、非常に幸運ですよ、お客様。

CAROLYN: You could absolutely have fooled me. それは嘘八百に違いないわ。

AUCTIONEER: Bruce Fraser was prepared to stand by his final bid of eight thousand pounds, and I’ve allowed the transaction to go ahead. ブルース・フレイザーは彼の最後の値8000ポンドで続行できるとのことで、私はこの商談を進行させております。

CAROLYN: Excellent. Now, then ...  よろしい。さて、それでは・・・

AUCTIONEER: But understand this. しかし、これはご承知おきください。

CAROLYN: Yes, yes, I do. ええ、ええ、わかったわ。

AUCTIONEER: I haven’t said it yet. Understand this ... まだ申してません。これをご承知・・・

CAROLYN: I’m sure I can imagine it. There we are, boys: GERTI sold and Gordon vanquished. A happy ending. 想像できますとも。ついにやったわ、諸君:ガーティは売却、ゴードンは敗北。ハッピーエンドね。

MARTIN, ARTHUR and THERESA : Yeah. はーい。


DOUGLAS: Carolyn! There you are. キャロリン!ここか。

CAROLYN: Ah, Douglas. Good news ... ああ、ダグラス。いいお知らせよ・・・

DOUGLAS: Whatever you do, don’t sell GERTI. 何をしても、ガーティーは売るな。

CAROLYN: Well, that certainly takes the edge off the good news. あら、それは確実にハッピーエンドに水を差すわね。

DOUGLAS: You have? Already? How? 売ったの?すでに?どうやって?

CAROLYN: I certainly have. Eight grand to the scrap metal guy. 確かに売ったわ。8000でクズ鉄屋に。

DOUGLAS: Cancel the sale. キャンセルするんだ。

CAROLYN: What? Why? なんですって?どうして?

DOUGLAS: Because I just spoke to Gordon. He means it. He’s seriously prepared to spend a quarter of a million on her. 今ゴードンと話をしてきた。彼は本気だ。本当にガーティーに25万を払う気でいる。

MARTIN: How do you know? どうしてわかるのよ?

DOUGLAS: Because I offered to sell her to him. それは僕が彼に売ると申し出たからだ。

CAROLYN: What?! なにを?!

DOUGLAS: Well, I was lying, obviously, but he went for it, which means she must be worth much much more than that. まあ、それはウソだけどね、彼は話にのったよ、つまりだ、ガーティーにははるかそれ以上の価値があるということだよね。

CAROLYN: How could she possibly be? でもいったいどうして?

DOUGLAS: Well, I don’t know. Maybe he hid something on her before you divorced. それは、わからないけど。奴は何か隠したのかも知れない、離婚の前に。

MARTIN: What, that we haven’t found in thirteen years? 何を13年間も見つけられなかったの?

DOUGLAS: I don’t know. I just know she’s worth a lot of money to him. わからないね。わかるのは彼には高額の価値があるということだけだ。

CAROLYN: No, no, no, no. I’m sorry, Douglas. I’d love to believe it, but he’s just doing it to get back at me. そんなことはないわよ。悪いけど、ダグラス。喜んで信じたいけれど、彼は私への復讐のためにやっているのよ。

DOUGLAS: Men like Gordon do not get back at their ex-wives by giving them a quarter of a million pounds. Trust me, Carolyn. Am I ever wrong? ゴードンのような人は25万ポンドを払って元妻に復讐するようなことはしないね。信じていい、キャロリン。僕が間違ったことなどあるかい?

CAROLYN: Yes, repeatedly. Far more often than your relentless self-propaganda would have us believe. ええ、繰り返しね。あなたが私達に信じさせようとする執拗な自己宣伝をはるかに超える頻度で。

DOUGLAS: Am I ever wrong about this sort of thing? この手のことに関して僕がかつて間違ったことが?

CAROLYN: Well ... それは・・・

ARTHUR: Mum? ママ?

MARTIN: Carolyn? キャロリン?

CAROLYN: ... Oh, what the hell. Let’s get her back. ・・・ああ、なんてことかしら。ガーティーを取り戻すわ。

MARTIN: Yes! そうだ!

CAROLYN: Auctioneer? 競売屋さん?

AUCTIONEER: I have a name, you know. 私には名前があります、ご存知かと。

CAROLYN: It doesn’t interest me. Fetch me Bruce. 興味をひかれないの。ブルースをつかまえて。

AUCTIONEER: Bruce took off ten minutes ago. ブルースは10分前に離陸しました。

CAROLYN: ‘Took off’? How could he take off? 「離陸」?どうしてそんなことを彼が?

AUCTIONEER: If you remember, madam, you sold him an aeroplane! ご記憶にございませんか。お客様は彼に飛行機を売られましたから!

CAROLYN: But I need to speak to him, now! でも私話があるのよ、すぐに!

DOUGLAS: Oh, hello. Is that Bruce? ... Yes, I just happen to know your new plane’s sat comm number. My name’s Douglas Richardson, and I have an offer to make you. あ、もしもし。ブルースさん?・・・ええ、あなたの新しい飛行機の衛星通信番号を偶然知ったのです。ダグラス・リチャードソンといいますが、あなたにいい話があるのです。




2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ