2013/10/9

0205 Kuala Lumpur 1  Cabin Pressure

キャビン・プレッシャー 0205 Kuala Lumpur の和訳、前半です。


FITTON AIR TRAFFIC CONTROL : Welcome home, Golf Tango India. Vacate runway to your right and taxi to your stand. 無事にご帰還だね、ゴルフ・タンゴ・インディア。滑走路から右に離脱し待機位置まで地上走行願います。


MARTIN : Thank you, Karl. Oh, incidentally, be advised: as we landed we saw a large hawk or kestrel about fifty feet from the runway. ありがとう、カール。あ、そうだ、お知らせします:着陸の際、巨大な鷲か隼を目撃しました。滑走路より約50フィートにて。


KARL: Noted, Golf Tango India. What was it doing? 了解、ゴルフ・タンゴ・インディア。それは何をしていましたか?


DOUGLAS: Watching how it’s supposed to be done. どうされることになってるのか様子を伺ってた。


This week, Kuala Lumpur!



ARTHUR: Mum? Can I borrow your car? ママ、車貸してくれる?


CAROLYN: Why? What’s wrong with your car? どうして?あなたの車はどうしたの?


ARTHUR: It’s really old and it’s a horrible colour and it smells of duffel coats. あれすごく古くて、色も変だし、ダッフルコート臭いんだもん。


CAROLYN: Well, what’s wrong with it that’s stopping you driving it? それで、それを運転したくないと何か困るの?


ARTHUR: Only those things, but I thought since we were on standby this week, I might go for some drives in a nice car, like yours.  それだけなんだけど、今週はずっと待機だったから、いい車でドライブ行くのはどうかなって。ママみたいので。


CAROLYN: No you won’t – because you and I will be using this week to see if we can ease your stewarding skills up above that crucial dividing line between Very Bad and merely Bad. I’m going to be your Mystery Passenger. 行きません ーだって私達は今週あなたのスチュワードとしてのスキルをアップして、非常にダメと単にダメの決定的な境界線を越えられるかを見極めるんだから。私はあなたの謎の乗客になるんです。


ARTHUR: Brilliant! Will there be clues? ブリリアント!ヒントはある?


CAROLYN: I mean we are going to sit in the plane and you’re going to practise serving me. つまり私達は飛行機で座って、あなたは私にサービスをする練習をするのよ。


ARTHUR: Right! So what’s the mystery?  そうか!それで何が謎なの?


CAROLYN: The mystery is who I am. 謎は私は誰でしょう。


ARTHUR: And who are you? それで誰なの?


CAROLYN: I’m me. 私は私です。


ARTHUR: That’s not very mysterious. それじゃあんまり謎めいてないよ。


CAROLYN: Oh, life’s too short. You and I are going to pretend to be a steward and a passenger …  ああ、埒があかないわね。あなたと私はスチュワードと乗客の役をするのよ・・・


ARTHUR: Ah, right! Bagsie be the steward! ああ、いいよ!スチュワードもーらった!


MARTIN: Hello, Carolyn? Um, just had a thought. ねえ、キャロリン? えー、ちょっと考えたんだ。


CAROLYN: Oh good! A pilot with a thought! How the gods smile upon me. まあ良かった!思いやりのあるパイロットね!神々の微笑みが降り注いだわ。(注:thoughtには「考え」の他に「配慮」という意味もある)


MARTIN: It just occurred to me, for weeks like this, we really ought to have a pilots’ lounge. ふと思いついて、ずっと思ってるんだ、本当にパイロットラウンジがないといけない。


CAROLYN : A what? 何がないと?


MARTIN: A pilots’ lounge. パイロットラウンジ。


CAROLYN: Martin, the very last thing I want to do is encourage either of you to do any more lounging than you already do. マーティン、私が最もしたくないことはね、あなた達のどちらをも今以上にだらだらすることを助長することです。


MARTIN: It wouldn’t be for lounging in. It would be for our briefings; doing our log books. I thought maybe each month one of us could present a paper on some aspect of aviation that interests us.   だらだらするためにじゃない。司令室としてだよ;飛行日誌執筆だ。たぶん毎月僕達のどっちかが興味深い新聞の航空面を提示できると思う。


CAROLYN: And to think, a moment ago, I thought the idea couldn’t sound less appealing. 考えたら、一瞬前のことだけど、それ以上魅力のない話はないと思いました。


ARTHUR: But, Mum, you-you could make money out of it. You could sell drinks. でもママ、そ、それお金になるかもよ。飲み物を売ったりして。


CAROLYN: Without a licence – to pilots?!  酒類販売許可もないのに ー パイロットに売るの?!


ARTHUR: No-no, I mean tea and coffee and things – to David and George from Engineering, and the fire crew, and Karl the ATC; even Dirk the grounds man. 違うよ、ティーとかコーヒーとかを ー ディヴィッドやジョージがいる技術部とか、消防隊員とか、ATCのカールとか、管理人のダークだっているし。


MARTIN: Er, no, no, no – i-it would be a pilots’ lounge, not for those guys – for the pilots. あー〜、違う、違う ー パイロットラウンジなんだよ、彼らが使うんじゃなくて、パイロットのための。


ARTHUR: But that doesn’t make sense. I’m not a pilot. でもそれじゃ意味がわからないよ。僕パイロットじゃないもん。


MARTIN: No. ないね。


ARTHUR: But I’d be allowed in. でも僕も入っていいんだよね。


MARTIN: No. だめ。


ARTHUR: Oh! えー!


CAROLYN: Martin, if you can find an empty room on the airfield, you are welcome to sit in it; and if you can lure Douglas in and then keep him there long enough to read a paper at him, you’re a better man than I am, Gunga Din. Close the door on your way out. マーティン、もし飛行場に空いてる部屋を見つけたら、どうぞ中に入って座っていいのよ;そしてもしダグラスをおびきよせられたら新聞を読んであげる間彼をそこに座らせて。あなたは私より上等だ、ガンガ・ディン。ドア閉めてってね、出てく時は。(ガンガ・ディン=キップリングの詩/その前の台詞も詩より引用)


MARTIN: But … でも・・・


CAROLYN: On which, you should now go. I’m sorry; I thought that was implied.  いずれにせよ、もう行った方がいいわ、ごめんなさい;それは伝わってたと思ったけど。


***



ARTHUR: Any good, Skip? 開きそう?スキップ?


MARTIN: No, Arthur, because it’s locked. だめだ、アーサー、鍵がかかってる。


ARTHUR: Ah. Ooh! I’ll tell you where you could try, though – how about that scrap DC-10 fuselage out round the back of the hangar? I mean, it’s probably full of rats and cobwebs and skeletons, but if we clean it up …  ふうん。あ!でも他にも試せる所あるよ ー 格納庫の奥の方のDC-10の機体スクラップはどうかな?たぶん、ネズミとかクモの巣とか骨だらけになってるだろうけど、あれをきれいにしたら・・・


MARTIN: That’s actually not a bad idea. それって、結構悪くないよ。

***



MARTIN: Tell you what, though, Arthur: if it does turn out to be suitable, I thought we might strike a happy compromise between my idea of keeping it just for pilots and your idea of inviting everyone who works on the airfield. それじゃ、こういうのはどうかな、アーサー:もしあれが使えるってことになったら、うまい妥協案で行けるかもと思ったんだけど、パイロットだけのって僕のアイディアと、飛行場で働くみんなも呼んでって君のアイディアとの。


ARTHUR: What would that be? どんなの?


MARTIN: Just the pilots. And you. パイロットのみ。それから君。


ARTHUR: Ooh! So I’d be like an honorary pilot! あああ!じゃ僕は名誉パイロットみたいな!


MARTIN: No, you’d just be … you. いや、君はただ・・・君だ。


ARTHUR: Great! Although, the engineers and everyone are really good fun. George does these brilliant impressions of fruit.  すごいな!でもね、エンジニア達もみんなも本当におもしろいよ。ジョージなんて果物のまねがブリリアントなんだ。


MARTIN: Yes, I’m-I’m sure they’re great, but-but what I want is a nice civilised arena to compare notes with my fellow professionals. うん、きっとみんなすごいんだろうけど、で、でも僕が欲しいのは専門職仲間と意見交換をする文化的な場なんだ。


MARTIN: Right, here it is. うん、ここだな。


(笑い声)


MARTIN: Is there … is there someone in there?! 誰か・・・誰か中にいるぞ?!


ARTHUR: Sounds like it. そうみたいだ。


GEORGE: All right, next one, next one, next one, right? Number twelve: the conference pear! ようし、次だ、次だ、次だ、いいか? 12番:コンファレンス梨!

クリックすると元のサイズで表示します小さくて固めの洋梨


ARTHUR: Wow! Dave! George! Everyone! Hi! わお!デイヴ!ジョージ!みんな!やあ!


GEORGE: Arthur! Captain Crieff! アーサー!クリフ機長!


MARTIN: Can someone please tell me what the hell’s going on in here? 誰か頼むからここで何が起きてるのか教えてくれるか?


DOUGLAS: Hallo, Martin. ハロー、マーティン。


MARTIN: Douglas! ダグラス!


DOUGLAS: Welcome to the Flap and Throttle. フラップ&スロットルにようこそ。
(喝采)


***



ARTHUR: What a brilliant place, Douglas! ブリリアントだなあ、ダグラス!


MARTIN: How long’s it been going on? どのくらいになるんだ?


DOUGLAS: We just had our third anniversary, actually. 調度3周年を祝ったところだったな、この前。


MARTIN: So before I even got here? じゃ僕が入る前にすでに?


DOUGLAS: Yes. うん。


MARTIN: Why didn’t you tell me about it? なんでそのことを言ってくれなかった?


DOUGLAS: Well, we were just waiting for you to settle in – you know, get comfortable with everyone. それはまあ、君が慣れるのを待ってたんだな ー こう、みんなとなじむのを。


MARTIN: I’ve been here a year and a half! 僕はもう1年半いるんだぞ!


DOUGLAS: And we’re still waiting. それでいまだに待ってる。


MARTIN: I see. So it’s an illegal pub for everyone who works on the airfield except me. そうか。じゃあれは違法パブだ、飛行場で働くみんなのための、僕以外。


DOUGLAS: Well, to be honest, I didn’t think you’d approve. まあ、正直言って、君が賛成すると思ってなかった。


MARTIN: I don’t approve! 賛成するもんか!


DOUGLAS: I thought you might have told Carolyn or the airfield manager. 君はキャロリンか飛行場管理人に言うかもと思った。


MARTIN: I might have done! したかも!


DOUGLAS: Right. So that’s why we didn’t tell you. だろうね。だから僕達は君に言わなかったんだよ。


ARTHUR: Yeah, but why didn’t you tell me? うん、でもなんで僕に教えてくれなかったの?


DOUGLAS: Because it was a secret, Arthur, and you are – without a shadow of a doubt – the worst liar in the world. それは秘密だからだ、アーサー、そして君は ー 疑いのかけらもなく ー 世界一嘘が下手だ。


ARTHUR : I’m not! そんなことない!


DOUGLAS: All right: answer this question with a lie. What’s your name? そうか:次の質問に嘘で答えよ。名前は?


ARTHUR: Arth… nold … man, er … cat, sir, man. アーサ・・・ノルド・・・マン、え〜・・・キャット、サー、マン。


DOUGLAS: Arthnold Manercatsirman. アースノルド・マナーキャットサーマン。


ARTHUR: Yeah. うん。


DOUGLAS: That’s an unusual name. Tell me: is it made-up? 変わった名だな。答えよ:それは作ったのか?


ARTHUR: Yes, it is. Oh! うん、そうだよ。あ!


DOUGLAS: You see, that’s the sort of trick question you wanna watch for. I’ll tell you a secret: the way to lie convincingly is never make something up. Just tell a different truth. So, if you have to lie about where you were today, tell them where you really were last week. ほら、そういうのが気をつけるべき引っ掛け問題だ。秘訣を教えよう:説得力のある嘘をつくにはでっちあげないこと。ただ別の真実を言うんだ。だから、もし今日どこにいたのか嘘をつかなくてはいけなかったら、先週本当にいた場所を言えばいい。


ARTHUR: Ah. あ〜。


DOUGLAS: If you have to give a false name, use a real name you already know. Try again: what’s your name? もし偽名を言う必要があれば、知っている現実にある名前を使うんだ。もう一度:名前は?


ARTHUR : Douglas Richardson! ダグラス・リチャードソン!


DOUGLAS: Better. Not quite perfect. ましだな。完璧とは言えないが。


ARTHUR: Oh. I forgot. Mum’s waiting for me in the plane. あ。忘れてた。ママが飛行機で待ってたんだ。


MARTIN: What for? 何がある?


ARTHUR: She’s being my Mystery Passenger. ママが謎の乗客になるんだ。


DOUGLAS: Well, good luck. Let us know if you work out who she is. そうか、頑張って。謎の人が誰かわかったら教えてくれ。


ARTHUR: Right-o! いいよ!


MARTIN: Douglas – an illegal pub on an airfield is incredibly dangerous and irresponsible. ダグラス ー 違法パブが飛行場にあるのは非常に危険で無責任なことだ。


DOUGLAS: Don’t be so melodramatic. No-one drinks when they’re on duty. It’s just a bit of fun. It’s more about the secret club atmosphere – you know, like at school. そんなメロドラマはやめてくれ。誰も就業中は飲んでない。ちょっとした楽しみだよ。秘密クラブみたいなもんだ ー ほら、学校にもあったろう。


MARTIN: Not at my school. 僕の学校にはなかった。


DOUGLAS: Oh, come on! You must have had secret clubs in the lunch break at least! おお、そんなばかな!秘密クラブがないわけない、少なくとも昼休みにやったろ!


MARTIN: No, actually. People weren’t really around during lunch break. I think they went home or … いいや、確かに。昼休みには誰もウロウロしてなかったぞ。きっと家に帰ってたか、それか・・・



MARTIN: Oh. ああ。


DOUGLAS: Ah. あー。


MARTIN: Well, anyway, I-I-I thought you didn’t drink? I thought you hadn’t had a drink for nine years? まあ、ともかく、ぼ、ぼ、僕は君は飲まないと思ってたぞ?君は9年間飲んでないと思ってたが?


DOUGLAS: Martin, that is a secret. I have carefully built up my reputation as a hard-boozing sky god, and I’m not having you spoil it. マーティン、これは秘密だぞ。僕は綿密に大酒飲みの天空神という自分の名声を築いて来た。それを崩して欲しくない。


MARTIN: So what do you drink there? じゃあここで何を飲んでいるんだ?


DOUGLAS: If you must know – you know every year I win a bottle of Talisker single malt from Carolyn? どうしても知りたいのなら ー 毎年僕がタリスカー・シングル・モルトを一瓶キャロリンから勝ち取っているのは知ってるだろう?


MARTIN: Steal. 盗んで。


DOUGLAS: Win. Well, I keep it in the Flap and Throttle. Everyone knows it’s for my personal use only. Not everyone knows it’s refilled with apple juice. 勝ち取って。で、それをフラップ&スロットルに保管している。誰もがそれは僕専用だと知っている。だがそれにアップル・ジュースが入れ替えられているとは誰も知らない。


MARTIN: Well, Douglas, look, I’m sorry. Either you close it down immediately or I’ll be forced to inform Carolyn. しかし、ダグラス、申し訳ない。今すぐあれを閉めてくれないか。でなければキャロリンに報告しなくては。


DOUGLAS: I can’t close it down. It’s not my pub. If you want it stopped, you’ll have to come down and tell them yourself – all the mechanics, the engineers, the fire crew … Dirk the grounds man. 僕にはあれを閉められない。僕のパブじゃないからな。あれを止めたければ、自分で出向いて君が言うんだ ー 修理工、エンジニア、消防隊・・・管理人のダークの全員に。


MARTIN: I’m not afraid of them! 彼らなんて恐くない!


DOUGLAS: Nor should you be – not even Dirk. そうだろうとも ー ダークたりともね。


MARTIN: Well, I’m not. うん、恐くない。


DOUGLAS: Good. よかったね。


MARTIN: Why not even Dirk? なんでダークたりともなんだ?


DOUGLAS: No reason. I just mean, someone who was afraid of them would probably start by being afraid of Dirk. It’s the natural place to start. 別に。ただ、彼らを恐れる人はおそらくダークを怖がるところから始まるだろうね。それが自然な順だ。


MARTIN: Well, I’m not! And I’ll come and tell them this evening. いや、僕は違う!それじゃ今夜行って言うからな。


DOUGLAS: Ooh! Full moon!  お〜!満月だよ!


MARTIN: Stop it! やめろ!


***


CAROLYN: Arthur, where have you been? I told you to meet me in the cabin half an hour ago. アーサー、どこへ行ってたの?言ったでしょ、客室に来るようにと、30分前に。


ARTHUR: Sorry, Mum. I’ve been … I’ve been to the dentist. ごめん、ママ。僕・・・歯医者に行ってた。


CAROLYN: Oh, have you? あーら、そう?


ARTHUR: Yes, I have. He said I’ve been brushing really well but to watch out for my gums. そうなんだ。よく歯磨きしてるけど歯茎も気をつけるように言われた。


CAROLYN: Right – so no real change since last week, then, when I took you. そう ー では先週とまったく変わらないのね、私が連れて行った時と。


ARTHUR: Oh yeah. うん、そう。


CAROLYN: Leave the lying to Douglas, dear. He’s the professional. So: it’s a normal flight; I’m the passengers; you’re you. Off we go. 嘘はダグラスに任せなさい。彼はプロなんだから。それじゃ:これは普通のフライトで私が乗客よ;あなたはあなた。始め。


ARTHUR: W-wait-wait. Where are we going? ま、待って、待って。飛行機はどこに行くの?


CAROLYN: Well, it doesn’t matter. Er, Pisa. それは、どこでもいいのよ。じゃあ、ピサね。


ARTHUR: Oh! We went to Pisa last week. えー!ピサには先週行ったよ。


CAROLYN: Well, where do you want us to go, then? なら、どこに行きたいの?


ARTHUR: Kuala Lumpur. クアラルンプール。


CAROLYN: Why Kuala Lumpur? どうしてクアラルンプールに?


ARTHUR: It’s like Helsinki: I’ve always wanted to go there. It sounds like … ヘルシンキみたいにだよ:ずっと行きたかったんだ。名前がさ・・・


CAROLYN : Arthur. Let me warn you: I am not in the best of tempers and I strongly advise you not to start talking about a city populated by either koalas or Oompa Loompas. アーサー。言っておくわよ:私は決して上機嫌というわけではないから、これだけは忠告しておくわ。街の話は始めないで。住んでるのがコアラだろうがウンパルンパだろうが。


ARTHUR: … I have nothing to say. ・・・何も言うことないよ。


CAROLYN: Good! And … go!   Excuse me, steward. Where can I smoke my cigarette? よろしい!では・・・始め! すみません。どこで煙草を吸ったらいいですか?


ARTHUR: Oh! I’m sorry, madam … This is brilliant! It’s like acting! ああ!申し訳ありません、マダム・・・ブリリアントだね!演劇みたいだ!


CAROLYN : Get on with it! 早く続けて!


ARTHUR: I’m sorry, madam, er, but for your happy convenience, cigarettes may not be enjoyed anywhere on board at this time. 申し訳ありません、マダム、えー、機内環境のため、現在お煙草は機内すべての場所でお楽しみいただけません。


CAROLYN: Oh. All right. What about this pipe? ああ。そうですか。ではこのパイプはどうかな?


ARTHUR: … I’m not sure. Um, let me just ask my … ・・・よくわかりません。うーん、ちょっと聞いて来て・・・


CAROLYN: She’s not on board. 彼女は乗ってないのよ。


ARTHUR: Oh, okay. Er, well I … I-I’m gonna go for ‘no’. Sorry. あ、そうか。え〜、じゃあ、「ノー」にしておく。ごめんね。


CAROLYN: A reefer? マリファナ煙草?


ARTHUR: I don’t. だめ。


CAROLYN: It’s medicinal. 医療用なんですが。


ARTHUR: Ooh, medicinal! Well, I expect, er … ああ、医療用!もう、僕てっきり、えー・・・


CAROLYN: No! だめです!


ARTHUR: No! I expect no! That’s what I was gonna say: I expect definitely not! だめ!そう思ってた!そう言うつもりだったんだよ:絶対にだめだって!


CAROLYN: Arthur. Here are the things you can smoke on board … アーサー、機内で吸ってもいいのはね・・・


ARTHUR: Ooh, no, hang on, wait. I’ll write it down. ああ、だめ、ちょっと待って。書いておく。


CAROLYN: You don’t need to write it down! It’s nothing! You can’t smoke anything on the plane. 書く必要ないのよ!ないんだから!吸えるものはありません、飛行機では。


ARTHUR: Nothing. 何にも。


CAROLYN: Nothing. 何にも。


ARTHUR: … I’d still quite like to write it down. ・・・だけど書いておきたいな。


***


DOUGLAS: Okay, he’s on his way. Now, remember: we’re aiming for something between the bar in Cheers and the Mess Hall in Dam Busters; and I know you’d think if you use “Captain” in every sentence he’ll think you’re taking the piss, but actually, he won’t. Right, here he is. いいかい、もうまもなく来る。さあ、覚えておこう:狙いはチアーズ(米国ドラマ)のバーと英国空軍中隊の食堂が合わさったようなものだ;そして、もしも全ての文章に「機長」を使ったなら、その人は君が冗談を言ってると考えるだろうと君が思うのは分かる、だがしかし、彼は考えないのだ。よし、来たぞ。


DOUGLAS: Welcome, Martin, to the Flap and Throttle. ようこそ、マーティン、フラップ&スロットルへ。


GEORGE: Pleasure to see you here, Captain. ここで会えて楽しいよ、機長。


DAVE: An honour, Captain, a real honour. 光栄です、機長、心から。


MARTIN: What’s going on? どうなってるんだ?


DOUGLAS: I mentioned you were coming down and, well, everyone was very excited. 君が来るって言ったら、みんな大喜びなんだよ。


MARTIN: Well … I hope you told them why I was coming. いや・・・君言ってるといいんだけど、なんで僕が来たか。


DOUGLAS: Of course not. That’s your job. まさか。それは君の務めじゃないか。


DAVE: Now it’s a proper club, isn’t it?  これで、ここも正式なクラブだなあ?


GEORGE: Yeah. It’s all very well havin’ the first officer down ’ere, but the captain, Captain – that’s different. おうよ。副長が来てるってのもまったくスゲエことだけどよ、だが、機長だ、機長 ー こいつは違う。


MARTIN: Then … why didn’t you ask me? それなら・・・どうして僕を呼ばなかった?


DAVE: Never thought you’d accept, Captain. 認められるとは思わなんだ、機長。


GEORGE: We thought you’d be one of those standoffish captains, Captain – too grand to mix with the ground staff. 俺らはどうせいわゆるツンとした機長なんだと思ってたから、機長 ー お偉いから整備人なんかと一緒になれるかって。


MARTIN : Yes, well … Look, you don’t have to call me “Captain” all the time, you know. うむ、だが・・・そうだ、君達僕のこと毎回「機長」と呼ぶ必要はないよ。


GEORGE: Oh, right. あー、ハイ。


MARTIN: “Skipper” will do. 「スキッパー」でいい。


DAVE: Thanks, Skipper. Appreciate it. どうも、スキッパー。嬉しいな。


MARTIN: Well, all right, listen … er, men. Er, the fact is … いや、いいんだ、聞いて・・・えー、諸君。あ〜、実は・・・


DAVE: No, hang on, hang on, hang on. Can’t have the skipper giving a speech without a glass in his hand. What you havin’, Skipper? だめだ、待て、待て、待て。スキッパーにグラスも持たせないでスピーチなんてないな。何飲む?スキッパー?


GEORGE: No, no. I’m the chief engineer. I get to buy Skip a drink. いや、いや。俺がチーフエンジニアだ。俺がスキップに1杯おごるぞ。


MARTIN: Ah, well, this – this is just it. Er, I-I-I-I’m afraid I simply can’t … あ〜、いや、それ、それのことだ。え〜、わ、わ、悪いが僕は・・・・


DOUGLAS : Martin, a quick word. マーティン、ひと言。


MARTIN: Now? 今?


DOUGLAS: Operational matter. 作戦のことだが。


MARTIN: All right. わかった。


DOUGLAS : Martin, it’s up to you, of course, but I just thought I should let you know: these people are very proud. In their culture, there’s nothing more insulting than to spurn a gift. It’s a terrible loss of face. マーティン、もちろん、決めるのは君だが、これは言っておいた方がいいと思ってね:彼らはプライド高き人種だ。彼らの文化では、差し出したものを拒絶することほど無礼なものはない。面目丸潰れだ。


MARTIN: What, engineers?! A-are you sure you’re not thinking of the Japanese? え、エンジニア達が?!き、君、日本人のことを考えてたりしないよね?


DOUGLAS: Well, there’s so many great Japanese engineers, the culture’s rubbed off on them. そう、優れた日本人のエンジニアは多い、その文化が彼らに影響したのだ。


MARTIN: Douglas, I can’t allow an illegal bar to operate on an airfield property, still less partake myself. What would Carolyn say if she found out? ダグラス、僕は非合法のバーを許すわけにはいかないよ、飛行場の敷地内だ、僕自身加わってもいないのに。キャロリンが知ったら何て言うか?


DOUGLAS: I don’t know. Then again, these guys are all self-employed. If you close down their pub, they’ll probably refuse to work for us, and then MJN would fold instantly. I don’t know what she’d say about that, either. But it’s your choice. さあ。さらに考えると、彼らは皆、自営業だからね。彼らのパブを閉めたりしたら、おそらく仕事を拒否するだろうよ、そしたらMJNはすぐにおしまいだ。そっちの方も彼女が何て言うかだね。君が決めていいんだけどね。


GEORGE: ’ere we are, Skipper. Your first pint at the Flap and Throttle. さど〜ぞ、スキッパー。フラップ&スロットルの初めの一杯さね。


DAVE: First of many. 一杯だけとは言わんよ。


MARTIN: No, really, stop it. You-you must understand, I really cannot accept this drink. いや、本気で、やめてくれ。わかって欲しいんだ、本気でこれを受け取るわけにはいかない。


GEORGE: You can’t accept it? 受け取れない?


DAVE: Well, why not, Skipper? おう、そりゃなんで?スキッパー?


MARTIN: … Because … as the skipper … first round is my round! ・・・それは・・・機長として・・・最初は僕がみんなに買う番だ!


***


CAROLYN: All right. Today, we’re going to build on yesterda… We’re not going to let yesterday get us down. Now, let’s see you taking meal orders. Go. さあて。今日は、きのうの集大成・・・きのうにめげてはいられないわ。じゃあ、食事の希望を聞くことから見るわよ。始め。


ARTHUR: Hello, madam. Chicken or beef? こんにちは、マダム。鶏肉ですか牛肉ですか?


CAROLYN: Beef, please. 牛肉でお願いします。


ARTHUR: Okay. … How did I do? わかりました。・・・今のどうだった?


CAROLYN: Keep going! 続けなさい!


ARTHUR: Oh. Er, right-o. Hallo, madam. Chicken or beef? あ。えーわかった。こんにちは。マダム。鶏肉ですか牛肉ですか?


CAROLYN: Chicken, please. 鶏肉です。


ARTHUR: You said, “Beef,” just now. 「牛」って言ったのに、たった今。


CAROLYN: I was being someone different!  違う乗客をやってるの!

 
ARTHUR: That’s pretty confusing, Mum. Couldn’t you at least do a different voice? それじゃワケわかんないよ、ママ。せめて違う声出してくれる?


CAROLYN: No I couldn’t! 出せないわよ!


ARTHUR: Please? Because in real life they’d have different voices. And faces. お願い?だって現実では皆違う声だよ。顔だって。


CAROLYN: Oh, all right. Chicken, please. しかたないわね。鶏肉にします。


ARTHUR: Certainly, madam! And for you, madam?  かしこまりました!マダム!お客様は?マダム?


CAROLYN : Sir. サー。


ARTHUR: I beg your pardon, sir. Er, chicken or beef? 申し訳ございません、サー。えー、鶏肉ですか、牛ですか?


CAROLYN : How is the chicken cooked? 鶏肉はどう料理されておるかね?


ARTHUR: Four minutes on ‘defrost’; shake the bag; three minutes on ‘full’. 「解凍」4分;袋を振って、「あたため」3分。


CAROLYN : No! Don’t tell them that! だめよ!乗客にそれを言っちゃあ!


ARTHUR: Sorry, are you being you again, or him, or one of the others? ごめん、ママ自分に戻ったの?さっきのおじさん?それともまた別の人?


CAROLYN: Me! Just don’t tell him we reheat it. 私よ!温め直してることを言ったらだめじゃない。


ARTHUR: Well, he must know! I mean, obviously we don’t have a whole kitchen back there! He’s not stupid. でも、みんな知ってるよ!だって、どう見てもちゃんとしたキッチンなんてないよ!彼もバカじゃなし。


CAROLYN: Yes he is. Everyone on this plane is stupid until proved otherwise. バカなのよ。機内全員バカ、そうではないと証明されない限り。


ARTHUR: Shall I put that on the list? 僕リストにしてみようか?


CAROLYN: Isn’t it there already? もうできてるのじゃなかった?


ARTHUR: Er, “The customer is always: Wrong ; Rude ; Late ; Witless ; Loud ; Drunk ; Thieving; and Sly.” I suppose “Witless” sort of covers stupid. え〜、「お客様は常に:間違ってて;態度が悪く、遅れるし;思慮がない;うるさくて;酔っぱらい;物は盗むし;抜目がない。」ねえこれ「思慮がない」は「バカ」もふくむよね。


CAROLYN: Oh, I don’t know. Stick “Stupid” down as well. Have you got “Rude”? あら、どうかしら。下に「バカ」も足しておいて。「態度悪い」はあったかしら?


ARTHUR: Er, yep. えー、ある。


CAROLYN: Put it down again. It’s a good one. もう1回書いといて。それはいい言葉だから。


***



DOUGLAS: You say that, Dave, but they equalised within ten minutes, so I-I don’t … そうを言うなら、デイヴ、彼らは10分以内に同点にした、だから、ぼ、僕は・・・


MARTIN: Evening, chaps! 今晩は、諸君!


DOUGLAS: Oh, hello, Martin. あ〜、ハロー、マーティン。


DAVE and GEORGE : All right? 調子はどう?


MARTIN: Sorry. I-I didn’t mean to interrupt. Er, carry on. すまない。邪魔するつもりはなかった、えー、続けて。


DAVE: Oh, we were just talkin’ about, er … Did you see the match, Skipper? あー、ちょうど今話して、えー、あの試合見たかい?スキッパー?


MARTIN: The … match? No, I missed the match. I-I think we were on a trip. し、試合?いや、見逃した。たぶん仕事中だったと思う。


GEORGE: It only finished twenty minutes ago. さっき20分前に終わったやつだよ。


MARTIN: Oh, that match! Oh, I was thinking of another match. No, I didn’t see that one either. I missed … missed both the matches. ああ、あの試合か!あー、もうひとつのかと思ってた。いやそれも見てないんだ。どっちの試合も・・・見逃した。


DAVE: Right. Well, I was just sayin’, City never had a hope once they were down to ten. そうか。今言ってたんだけどよ、町にゃ望みもなかったよな、10人になってはなあ。


MARTIN: Yes, well, a-as I say, I missed it. うん、いや、だ、だから、見てないんだ。


DAVE: Yeah, but you see what I’m sayin’? ああ、だがまあ、わかるだろ?


MARTIN: Oh yeah … yeah! Yeah, of course, yes, I see what you’re saying. Ten’s … ten’s not enough. You need a lot more than-than ten! あー、まあ・・・ああ!うーん、あれね、うん、あれならね。10・・・じゃ足りないね。もっともっとなくちゃね、10なんかじゃ!


DAVE: Well, you need eleven. うん、11でいいが。


MARTIN: That’s what I mean – eleven, yes! That’s what you need. Not ten. そうそう、そういう意味、なんだよ!それがよかったんだよな、10じゃない。


GEORGE: Who do you support, Skipper?  どこ応援してる?スキッパー。


MARTIN: In football? サッカーで?


GEORGE: Yeah. そうよ。


MARTIN: England. W… no, I mean obviously, er, England … and … er … United. イングランド。あいや、そりゃそうだな、イングランドは当たり前・・・で・・・えーっと・・・ユナイテッド。


DAVE: Which United? どのユナイテッド?


MARTIN : Nottingham. ノッティンガム。


DAVE: Nottingham United? Never ’eard of ’em. What league are they in? ノッティンガム・ユナイテッド?聞いたこたねーな。どこのリーグなんだい?


MARTIN: I don’t follow that closely, actually. そんなに詳しくはないんだよね、実を言うと。


GEORGE: Yeah, but you must know what league they’re in. そーか、でもどこのリーグかぐらいは知ってんだろ。


DOUGLAS: In many ways, they’re in a league of their own. Aren’t they, Martin? 色々な意味で、彼らは独自のリーグに加入してる。だったよね、マーティン?


MARTIN: Yes, that’s right. うん、そのとおり。


GEORGE: Right. You from up Nottingham way originally, then? そうか。じゃ出身は上のノッティンガムの方ってことか?


MARTIN: No – Wokingham. Down Wokingham way! いや、ワッキンガムなんだ。下のワッキンガムの方!

クリックすると元のサイズで表示します
Bがワッキンガム


DAVE: Why’d you pick Nottingham to follow, then? んじゃ、なんでノッティンガムがひいきなんだ?


MARTIN: Well … Nottingham, Wokingham – they sound very similar. それは・・・ノッティンガム、ワッキンガム ー 名前がそっくりだから。

(妙な沈黙)

MARTIN: Tell you what, though, George, er, you’ll be interested in this. You know that little Cherokee that was out doing circuits today? Well, on his third landing, he …  でもいいこと教えるよ、デイヴ、きっと好きな話だと思うんだけどね。今日サーキットを頑張ってた小さいチェロキー知ってるだろ?あれがさ、3回目の着陸で・・・


GEORGE, DAVE and OTHERS: Oh, shop!  ショップ!


MARTIN : What’s going on?! What have I done?! どうした?!僕何かした?!


DAVE: Talkin’ shop, Skip. Sorry – automatic round forfeit. 仕事の話だ、スキップ。悪いな ー 自動的に罰当番。


MARTIN: What?! なんだって?!


DOUGLAS: Flap and Throttle house rules, I’m afraid, Martin. Anyone caught talking shop has to buy a round for the whole bar. フラップ&スロットルのルールなんだ、悪いね、マーティン。仕事の話をした者は、バーにいる全員に飲み物を買わないといけない。


MARTIN: Then, how d’you talk about flying? それじゃ、どうやって飛行機の話をしたらいいんだ?


GEORGE: Well, you can’t, can you? That’s the point. そう、できないだろ?そこがポイントだ。


MARTIN: So what d’you talk about? じゃあ何の話をするんだい?


DAVE: I dunno! Music, sport, women! さあな!音楽、スポーツ、おねえちゃん!


GEORGE: The meanin’ o’ life. Anything but bloody planes, eh? じんせーの意味。なーんでも、飛行機め以外、な?


MARTIN: Yes. Yeah, of course. Yeah, who wants to talk about stupid … aviation? うん。そう、そうだね。じゃー、誰かマヌケな・・・・航空学話したい人?


EVERYONE: A-bomb! A-bomb! 爆弾!爆弾!


DOUGLAS: Oh, come on! Go easy on him, chaps! He’s new! お〜、それはない。手加減してくれよ、みんな!まだ新人なんだ!


DAVE: A-bomb! 爆弾!


DOUGLAS: Oh, all right, fine. Sorry, Martin. The “A” word is banned. おー、そうか、仕方ない、マーティン。その言葉は禁止されている。


MARTIN: Oh, I-I-I see. A-another round for everyone? おお、そういうことか。もう1杯ずつかな皆に?


GEORGE: Ooh! おおお!


DOUGLAS: No – I’m afraid having two consecutive forfeits incurs a Whoops Johnny. いや、悪いが2度連続罰をくらうとウーップス・ジョニーなんだ。


MARTIN: A what?! なにそれ?!


EVERYONE : Whoops-Johnny-Johnny-Johnny, Whoops-Johnny, Whoops-Johnny-Johnny-Johnny-Johnny! ウーップスジョニージョニージョニー、ウーップスジョニー、ウーップスジョニージョニージョニー!





MARTIN : Oh God. 神様〜。



***




10/10の「2」へと続きます・・・・・







1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ