2013/2/20

0405 Xinzhou  Cabin Pressure

きゃーーん、性懲りもなく、無言で始めてましたシリーズ4エピソード5。
ちょっとここ数日、仕事だ、Mのバレーボール大会だ、と忙しくて亀の歩みです。
やっと前半できました。
スクリプトはこちらから。

クリックすると元のサイズで表示します

This week, Xinzhou!


ARTHUR: Wish I had a carrot. 人参があったらな。 Oh, hi, guys! あ、やあ、みんな!

CAROLYN: 21 minutes to go. Come on, come on, come on! Where is Martin? あと21分。さあ、さあ、さあ!マーティンは?

DOUGLAS: His hat blew off. 帽子を飛ばされた。

CAROLYN: Blew off? How did it blow off? It's bigger than he is. Martin! 飛ばされた?なんで飛ばされたりするのよ?持ち主より大きいってのに。マーティン!

MARTIN: Yes, I was just coming! はい、今行くから!

CAROLYN: Leave your blasted hat! Nineteen minutes! そんな帽子ほっといて!あと19分!

MARTIN: Yes, I know - I just - got it! うん、わかってるけどー ちょっとー やった!

CAROLYN: Well, come on, then! Arthur, is the cabin ready? もう、早くして!アーサー、客室は用意できた?

ARTHUR: Yeah - cargo loaded, food loaded, cabin checked, and I've nearly finished this snowman. うん、荷物積んだ、食事積んだ、客席チェック済み、そして雪だるまも今できるところだよ。

CAROLYN: Why are you building a snowman? なんで雪だるまなんか作ってるの?

ARTHUR: It's snowing. だって雪だもん。


MARTIN: Ah. Here I am. あー、お待たせ。

CAROLYN: At last. Can't you get a chin strap for that thing? やっと来たわね。あごヒモつけておけないの?

DOUGLAS: Don't give him ideas. 余計なことは言わないように。


CAROLYN: All right - everyone in. Right - eighteen minutes to dusk. Martin, come on! In, in, in! いいわね、みんな乗って。さあ、18分で日没だわ。マーティン、早く!入って入って入って!

MARTIN: Yeah, but - but - I - I've just - うん、あーでも、ちょっとー

CAROLYN: This is not the time or the place to admire the beauty of China in the snow. ここは雪降る中国の美を賞賛する時でも場所でもないわよ。

DOUGLAS: To be fair, it is the place... 公正に言って、まさにそういう場所・・・

CAROLYN: Douglas, A) shut up, B) go and talk to the tower. ダグラス、A)おだまり、B)管制塔と話して来て。

DOUGLAS: But having carried out A, how can I - しかしAを実行するとなると、いかにしてー

CAROLYN: Now. Right, Martin, do the walkaround. 今すぐ。じゃあ、マーティン、一回りして来て。

MARTIN: I was about to do the walkaround and you said in-in-in. 一回りするところだったのに、入って入って入って、って言われたんじゃないか。

CAROLYN: And now I'm saying out-out-out! Go! 今は、出て出て出てと言ってるの!行って!



CAROLYN: Right, Arthur, get ready for takeoff. さて、アーサー、離陸準備よ。

ARTHUR: OK. Ready! オーケー。できたよ!

CAROLYN: Good! よろしい!

ARTHUR: So, given that I am ready, and Skip will be a few minutes doing the walk'round, can I very quickly finish my snowman? それじゃ、僕はもうできてるし、スキップの見回りは2、3分かかるから、大急ぎで雪だるま作っちゃっていい?

CAROLYN: NO! いけません!

ARTHUR: Ohhh! おぉぉぉ!

***


DOUGLAS: Xinzhou Tower, this is Golf Echo Romeo Tango India, request start for Fitton. キンシュウ管制、こちらゴルフ タンゴ インディア、出発をリクエスト、目的地フィットン。

XINZHOU ATC: Roger, Golf Tango India, clear to start; be advised airfield closes at dusk. 了解、ゴルフ タンゴ インディア、出発を許可します、滑走路は日没に閉鎖することを了承ください。

DOUGLAS:Thank you, Tower, we know. The scheme we've come up with, and I think you'll admire its simplicity, is to take off before that. ありがとうございます、管制、存じてます。解決策として、平易と驚かれましょうが、その前に離陸いたします。

XINZHOU ATC: Golf Tango India, please repeat?  ゴルフ タンゴ インディア、もう1度お願いします?

DOUGLAS: Roger, clear to start. 了解、出発許可。

GERTI: beep ビビーーーッ


MARTIN: Oo-ooh! おお〜〜!

DOUGLAS: Good heavens, it's Frosty the Snow Pilot! いやーこれは、凍った雪パイロットだな!

MARTIN: OK. I've done the walkaround, but - オーケー。見回りして来た、でもー

DOUGLAS: Well, all's going smoothly in here; oh, except another bit's fallen off GERTI. ああ、ここも全て順調、あ、ただガーティーからなにかちょっと落ちたこと除いては。

MARTIN: Oh, God, which one? ええ、何だい?

DOUGLAS: The APU startup's failed. APUスタートアップがだめになった。

MARTIN:Oh, no. そんな。

DOUGLAS: Luckily, its final act before it expired was to start up the APU. So firstly, it died doing what it loved, and secondly, we're still good to go. 良かったよ、こと切れる直前にAPU始動は作動したんだ。だからまず、大好きなことの最中に死んだと言える、そして次に、我々はまだ離陸できる。

MARTIN: Good. Now, come and look at the snow. 良かった。じゃあ、雪のようすを見て来よう。

DOUGLAS: I can see it from here, Martin - it's lovely. Sit down, let's go. ここから見えるよ、マーティンー 大丈夫だ。座って、さあ行こう。

MARTIN: No - I'm worried about it. いや、やっぱり心配だ。

DOUGLAS: Oh, Martin, no, please - おお、マーティン、やめてくれよー

MARTIN: We'll waste more time arguing about it than looking at it. もめてる間にも見て来れるよ。

DOUGLAS: Right; fine. しかたないな。


DOUGLAS: Yes; it's absolutely fine. Come on. うむ、ぜんぜん問題ないな。行こう。

MARTIN: No; I - I - I just think it looks a bit slushy. いや、ぼ、ぼ、僕は、ちょっと解けてると思うんだ。

DOUGLAS: It's not slushy at all; it's lovely, dry, fluffy snow. If it were slushy, I couldn't make a snowball out of it, and yet, look - 解けてなんかいるものか。ちょうどいいよ、ドライでフワフワだ。もし解けかかってたら、雪玉も作れないだろうし、まだ、ほらー

MARTIN: Yeah, but it - it's not a proper snowball, it hasn't got much structural integrity - it
orgh! うん、だけど、それまともな雪玉じゃないよ、構造上固まってないーそれは  あああ!

DOUGLAS: Seems all right to me. 大丈夫なようだが。

MARTIN: I did know you were going to do that. やると思ってた。

DOUGLAS: And yet, you didn't duck. でも、かわせなかったな。

MARTIN: Yes, but look - if you just scoop it lightly - うん、でも見てみろー軽くすくっただけでー


ARTHUR: Oh, that's not fair. ああ、ずるいや。

CAROLYN: What isn't? なにが?

ARTHUR: Look out the window. If there wasn't time for me to finish my snowman, how come Martin and Douglas get to do that? 窓の外見て。僕に雪だるま作る時間はないのに、なんでマーティンとダグラスはあんなことしてていいの?

CAROLYN: Oh, good grief. ああ、何てこと。



MARTIN: See?! It's still spattering before impact! That's why it's not safe - ほらね? まだぶつかる前にバラバラになるだろ!安全ではないってことだよー


CAROLYN: Gentlemen. I hate to intrude on your piloty winter wonderland, but we have 11 minutes to get this thing in the air. 紳士の皆様、パイロット・ウィンター・ワンダーランドに邪魔に入りたくはないけれど、11分以内にこの物体を空中に浮かせたいの。

MARTIN: Carolyn - I...think the snow on the wings might be too slushy for takeoff. キャロリン、・・・思うんだけど、翼上の雪が解けかかってて離陸できないかもしれないよ。

DOUGLAS: And I think it's absolutely fine. 僕は何の問題もないと見てるけどね。

CAROLYN: And so you're settling it with a snowball fight. それで雪合戦で結論を出すつもり。

MARTIN: No. You see, slushy snow won't hold its shape in any great volume whereas dry snow - 違うよ。だってボタボタした雪はすぐ崩れてどんなに大量でも乾いた雪じゃないとー

DOUGLAS: Ah, Martin... ああ、マーティン・・・

MARTIN: What? なに?

DOUGLAS: Take a look at that. One of Arthur's finest snowmen. You can't make that out of slush. あれを見ては。アーサー作の傑作スノーマンを。ボタボタ雪では作れないね。

MARTIN: Oh. Oh. Oh, well, it must be fine, then. んー、ん、んー、じゃあ、大丈夫かな、まあ。

DOUGLAS: Yeah - so everyone back on, we're flying tonight! うん、ーでは全員機上で、今夜飛ぶぞ!

DOUGLAS: Arthur? アーサー?

ARTHUR: Yeah? うん?

DOUGLAS: Your snowman saved the day. 君の雪だるまは今日という日を救った。

ARTHUR: Brilliant. ブリリアント。

***

DOUGLAS: Tower, this is Golf Tango India, we're at the holding point runway 1-8, ready for takeoff. 管制塔、こちらゴルフ タンゴ インディア、滑走路1-8番待機ポイント、離陸準備完了。

XINZHOU ATC: Roger, standby for clearance. 了解、許可待機中。

MARTIN: Yes! We actually did it! やった!ホントにできた!

DOUGLAS: We surprisingly did! And with four minutes in hand. 驚くことにやった!しかも4分の猶予もある。

MARTIN: That's funny. sniff - sniff sniff sniff Can you - can you smell bacon? 変だな。クンクン・・ベーコンの臭いしない?

DOUGLAS: No... いや・・・

MARTIN: Really? I c - I can definitely smell bacon. ホント? いや絶対臭ってるよ。

DOUGLAS: Martin...is this your street way of saying you think there's a policeman on the plane? アーティン・・・これは、君流ストリート系の隠語で機内に警察がという意味だろうか?

MARTIN: No, no, seriously - you - you really can't smell it? いや、いや真面目な話、ホントに君には臭わないの?

DOUGLAS: No. 臭わない。

MARTIN: Really? Oh, dear...does it - does it mean something when you smell bacon? ほんと?ああ、どうしよう、・・・何か意味があるのかなベーコンの臭いを感じるって。

DOUGLAS: Ah, well, that's one for the philosophers. ああ、まあ、それは哲学者にはあるだろう。

MARTIN: Seriously - because, because if you think you smell burning toast, that means you might be having a stroke. What're you having if you can smell bacon? 冗談じゃなくてー だって、だってもしトーストの焦げる臭いを感じたら、脳卒中になるかも知れないんだ。ベーコンの臭いがしたら何になるんだろ?

DOUGLAS: Breakfast? 朝食かな?

MARTIN: ふうぅ・・

CAROLYN: Oi! Drivers! What's going on up there? Are we going or not? ちょっと!運転手達!どうなってるの?行くの行かないの?

DOUGLAS: Good evening, Carolyns and Arthurs, this is your Douglas speaking. I'm delighted to tell you that four hours in a Chinese traffic jam have not been in vain, and we are awaiting clearance to leave the mysterious Orient and return to the obvious Fitton. 今晩は、キャロリン様アーサー様、ダグラスです。4時間に及びました中国の交通渋滞も無駄ではなかったことを喜んで申し上げます。当機はこのミステリアスな東洋の国から勝手知ったるフィットンへの離陸の許可を待っております。

ARTHUR: Hooray! イエエ〜〜イ!

CAROLYN: Yay! イェーイ!

DOUGLAS: I am joined in the flight deck by Martin, who will be your Martin today. 私が操縦室でご一緒しておりますのはマーティン、本日皆様をお連れするマーティンです。

MARTIN: Hello. ヘロー。

DOUGLAS: Your cabin service attendants will be you, and I have no doubt they will be doing everything they possibly can to make the pilots' flight as peaceful and pleasant as possible. お客様の客室をご担当いたしますのはお客様、あらゆるサービスを思いつく限りパイロットの平穏で快適な飛行のためにつくしてくださいますことは疑いの余地もございません。

CAROLYN: I won't! I shall be fast asleep throughout! しません!すぐ寝て朝までずっとよ!

DOUGLAS: Which is actually a very good start. So, please sit back, relax - 実に非常にいいスタートです。それでは、どうぞごゆっくりおくつろぎー


XINZHOU ATC: Golf Tango India. ゴルフ タンゴ インディア。

DOUGLAS: Roger, Tower? 了解、管制塔?

XINZHOU ATC: Clearance for takeoff - denied. 離陸許可、否認。

DOUGLAS: What? Why? 何だって? どうして?

XINZHOU ATC: You have left item [sic] of cargo on your stand. Please return and pick it up. 待機場所に貨物アイテムが残されています。戻って回収してください。

MARTIN: No, no, no, we haven't - I did the walk around, I'm absolutely certain there was nothing left on the ground. いえ、いえ、いえ、残してませんー 僕が見回りまして、グラウンドには何も残っていないことを確認しました。

XINZHOU ATC: I can see it from here - about one meter high, half meter wide, white in colour. こちらから見えるんです ー 高さ約1メートル、幅50センチ、白いものです。

DOUGLAS: It's a snowman! It's just a snowman! 雪だるまですよ!あれはただの雪だるま!

XINZHOU ATC: Please return and pick it up. 戻って回収願います。

DOUGLAS: But we can't possibly do that before dusk! しかし日没には間に合わないですぞ!

XINZHOU ATC: Dawn is in eight hours and four minutes. Good night! 日の出は8時間4分後です。グッナイ!

***


ARTHUR: I'm really sorry. ホントにごめん。

CAROLYN: It's all right; it's all right. まあまあ、いいわよ。

ARTHUR: It's just a snowman. ただの雪だるまなのに。

MARTIN: Yes. うん。

ARTHUR: And you've got to remember, it did save the day - before it ruined the day. でも覚えておかなきゃね、あいつは今日を救ったんだ ー 今日をダメにする前に。

CAROLYN: Right. Well, this has been so much fun, let's do it all again tomorrow morning. Douglas, go and sort us out a taxi back to the hotel; Martin, shut GERTI down; Arthur, sit still and don't build any snowmen. そうね。まったく、楽しかったわね、またやりましょうよ、明日の朝。ダグラス、タクシーでホテルに戻れるよう手配してちょうだい。マーティン、ガーティをシャットダウン。アーサーはすわってもう雪だるまは作らないこと。

MARTIN: Shut the plane down? Douglas? 飛行機をシャットダウン?ダグラス?

DOUGLAS: Oh, God. そりゃだめだ。

CAROLYN: What now? 今度は何?

DOUGLAS: The APU starter motor's down, and if we shut it down, we can't start it back up again. APUの始動モーターが落ちてるから、もしシャットダウンすれば、もう起動できない。

ARTHUR: Oh, no. What's the APU? ええ〜、そんな。  APUってなに?

MARTIN: Auxiliary Power Unit. オグゼラリー・パワー・ユニット。

ARTHUR: Oh, no. What's the Auxiliary Power Unit? そりゃ、ひどい。 オグゼラリー・パワー・ユニットってなに? 

MARTIN: It powers the plane when the engines aren't on. 動力を飛行機に供給するんだ、エンジンがかかってない時に。

ARTHUR: Right. そうか。

CAROLYN: Well. That's all right. We - we won't need any power before we turn the engines back on. じゃあ、わかったわ。動力はまったく要らないのね、エンジンがかかるまで。

DOUGLAS: Really? And what will we do to start the engines - rub two sticks together? そうですか?ではどうやってエンジンをかけますか ー 棒を擦り合せるとでも?

CAROLYN: So - we have to leave the APU running till dawn. ということは ー APUをこのままかけっぱなしにしておかなくちゃ、日の出まで。

DOUGLAS: Yes. そういうことです。

CAROLYN: And we can't leave the plane with it running. そしてかけっぱなしで飛行機を離れられないわ。
 
MARTIN: No. です。

CAROLYN: So we are all sleeping on GERTI tonight. つまり私達みんなガーティで寝るってこと、今夜は。

ARTHUR: BRILLIANT! ブリリアント!


***




MARTIN: OK - so I've put three of the seats back as far as they'll go, and I've got all the blankets out of the emergency kit - オーケー ー じゃ座席3つは後の方に出来るだけ寄せたし、ブランケットもあるだけ救急セットから出して来たよー

DOUGLAS: How cosy. And who's sleeping in the aisle?  快適だなあ。それで誰が通路で寝るの?

ARTHUR: Me! It'll look more fun! 僕!きっとそっちの方がおもしろそう!

DOUGLAS: Hmm. Well, much as I adore a slumber party, I think I'll just sit in the flight deck and read, actually. I thought I was operating tonight; I've had three coffees. ふうむ。まあ、パジャマパーティーは敬愛するけれども、僕は操縦席にすわって読書でもする。今夜は勤務だと思ってたから、もう3杯もコーヒー飲んでるし。

MARTIN: Ye-es, thing is, though, Douglas, I'm afraid you sort of have to sleep. うーん、だけどさ、ダグラス、眠らないとって気がするんだよね。

DOUGLAS: Why? なんでだい?

MARTIN: Well, we both have to get at least five hours' sleep, or we'll be out of hours to fly tomorrow. だって、僕達二人とも少なくても5時間は睡眠をとらないと、勤務時間外に飛ぶことになるよ、明日。

DOUGLAS: Martin, I'll be fine. One night in 1979, I stayed awake for five days. マーティン、僕は大丈夫だ。1979年のある夜なんて、5日間寝なかったこともある。

CAROLYN: One night? 1夜?

DOUGLAS: And what a night. すごい1夜ではあった。

MARTIN: Well, nonetheless, legally - ん、それでもやっぱり、法律ではー

DOUGLAS: Yes, all right - うん、いいだろうー

CAROLYN: Arthur? Are you cooking bacon? アーサー?あなたベーコン焼いてる?

ARTHUR: No... ううん・・・

MARTIN: Oh - ah! You see, I told you! ほおーーら!やっぱり、言っただろ!

CAROLYN: What did you tell whom? 誰に何を?

MARTIN: I told you, I could smell bacon! Douglas said he couldn't. 言ったんだよ、ベーコンの臭いがするって!ダグラスは臭わないって言うんだ。

CAROLYN: Yes, yes, definitely fried bacon. What is it? ええ、ええ、絶対に炒めたベーコン。何よこれ?

MARTIN: I don't know. Can you smell it, Arthur? わからないんだよ。臭わない、アーサー?

ARTHUR: Not really, but smell isn't my best sense. いや〜、でも嗅覚は僕鋭くないし。

DOUGLAS: Dare one ask what is your best sense, Arthur? あえて聞くと、何の感覚なら鋭いの?

ARTHUR: Oh, touch, definitely! We had this game in Science, once, where you had to work out what things were by feeling them in a bag, and I got nearly all of 'em! Even grapes. おお、触覚、絶対!理科でこういうゲームやったんだ、触って袋の中のものを当てるんだけど、僕ほとんどわかったよ!葡萄なんかもあったけど。

MARTIN: Got any bacon? I really fancy some now. ベーコンない?今すごい食べたくなった。

ARTHUR: No, but I - I could go and do the dinners. ん、ないけど、ディナーにしてもいいよ。

CAROLYN: Oh, yes, I'm ravenous. ええ、お願い、お腹空いたわ。

MARTIN: Me, too, what are we having? 僕も、何があるの?

ARTHUR: Two chicken, two lamb. チキンふたつとラムふたつ。

MARTIN: Right. Quick as you can. いいね、早くたのむ。

ARTHUR: Right-o. いいよ〜


CAROLYN: Damn. やだわ。

DOUGLAS: What? 何です?

CAROLYN: I just realized; I'm not going to be back in time for Tosca. 今気づいたわ。もうトスカに間に合う時間に帰れないわ。

DOUGLAS: Oh dear, that won't go down well with Herc the berk. おやそれは、ハーク・ザ・パーのお気に召さないだろうね。

CAROLYN: Do you mind not calling him that? その呼び方やめてくれる?

DOUGLAS: I'm sorry - Hercules the berkules? 申し訳ない ー ハーキュリーズ・ザ・パーキュリーズ?

CAROLYN: Anyway, I wasn't going with him - he's in Zurich. ともかく、私はつきあってませんから ー 彼はチューリヒだし。

DOUGLAS: I didn't know Air Cal flew to Zurich. カル航空がチューリヒに飛んでるとは知らなかった。

CAROLYN: They don't; he's - um - he's house-hunting. 飛んでないわ。 んー、彼は家探しなのよ。

MARTIN: Is he? 家?

CAROLYN: Mm. Mm. Yes; he might - might move there. んん、ん、ええ、たぶん、あっちに引っ越すの。

DOUGLAS: Might he? たぶん?

CAROLYN: Yes! If he wants to. ええ!彼がその気ならね。

MARTIN: And might you go with him? そして君もたぶん一緒に?

CAROLYN: ] Of course not! Whyever would I? 行くもんですか!なんだって私も!

MARTIN: Well, you have been going out for a year and a half. だって1年半つき合ってるのに。

CAROLYN: Sixteen months. And we haven't been going out; we've just been - often in the same place. 16か月。それに私達はつきあってるわけではありませんー よく同じところにいるというだけ。

DOUGLAS: How romantic. それはロマンチックだ。

MARTIN: So - why might he move to Zurich? で、なんでチューリヒに行くかもしれないの?

CAROLYN: Well - now look - this is secret, all right? Swiss Airways are launching internationally and they've taken over Air Caledonia, so Herc either has to move to Zurich, or take early retirement. ええと、これはね、秘密よ、いい?スイス航空は国際線を始めるんだけど、カレドニアン航空を買収したので、ハークはチューリヒに行くか早期退職かを迫られてるのよ。

MARTIN: Swiss Airways is going international? スイス航空が国際線に?

CAROLYN: Yes, although that wasn't really the focus of my story. ええ、それはこの話の核心じゃないけどね。

MARTIN: Oh, sorry - it's just - they'll - they'll - they'll be recruiting, then, will they? ええ、ごめん、じゃ、じゃ、あの、人員募集をするかな、するよね?

CAROLYN: Ah, I see. Yes, yes, and you should apply. あら、まあ、そうね、そう、あなた応募したらいいわ。

DOUGLAS: Oh, should he? え、本気?

CAROLYN: Yes, of course he should. I keep telling him he should be looking for other jobs. ええ、そりゃそうよ。彼にはいつも言ってるもの。別の仕事探さなくちゃって。

DOUGLAS: Do you indeed? そうだったの?

CAROLYN: Yes! I'm fed up with not being able to pay him. He needs to spread his wings. ええ!お給料もださないのはうんざりだし、彼は羽を広げないとね。

DOUGLAS: Even as we fold ours. 同時に我々はたたんでね。

MARTIN: Do you - not think I should apply, then, Douglas? 君はー 僕やめておいた方がいいと思う、ダグラス?

DOUGLAS: Oh, I wouldn't say that. You could. I mean, why not? You never know. But they're a prestigious airline. おお、そうは言わないよ。それもありだ。つまり、やってみても?わからないものだからね。一流会社だとしてもね。

MARTIN: Right. そうだね。

DOUGLAS: Well, I mean, by all means, throw your hat into the ring. I just wonder if there might be a less intimidating ring to aim for, first time. ああ、つまり、ぜひにでも、やってみたまえ。狙うのもそれほど恐ろしいものじゃないかもな、初めてなら。

ARTHUR: Uh, Mum? あー、ママ?

CAROLYN: Yes? はい?

ARTHUR: Quick question. You know those small chickens you get, where everyone has one each? ちょっと聞くだけ。あの小さいチキンあったよね、ひとりに1羽ずつ来るやつ?

CAROLYN: Yes? ええ?

ARTHUR: What are they called? あれなんて言うの?

CAROLYN: Poussin. 若鶏。

ARTHUR: Oh. Not baby chickens? あ〜、ベビー・チキンじゃないんだ。

CAROLYN: No. じゃないわよ。

ARTHUR: Oh. Chaps, you know how we were talking about mistakes? ああ。みんな、間違いについてどうやって話してたか覚えてる?

MARTIN: What have you done? 何したんだ?

ARTHUR: And how they happen to all of us and it's just one of those things? そしてそういうのがどう僕ら全員の身に降り掛かるか、そしてそれはたったひとつの間違いだということも?

CAROLYN: What have you done? 何をしたの?

ARTHUR: They should've made it clearer! When I was ordering the catering, there was one called 'baby chicken', and I thought they'd be those little ones, and I love those because you feel like a giant! But they didn't mean that! It meant these... もっとハッキリしてくれなかったから!僕がケータリングをオーダーした時、「ベビー・チキン」っていうのがあって、あの小さいやつだと思ったんだよ、あれ、僕だいすきなんだ、だって巨人になったような気になれるじゃないか!でもそれじゃなかったんだよね!あれは・・・・

CAROLYN: So. The catering you have laid on, Arthur, for four people trapped in a plane overnight, is two jars of chicken-flavoured baby food? そう。そのケータリング、あなた文句つけてるけど、アーサー、4人分に、一晩機内に閉じ込められてる人達に、チキン味ベビーフードが2瓶なの?

ARTHUR: No...that's not all...there's two lamb-flavoured ones as well. いや、それだけじゃなくて、ラム味もあるよ。

DOUGLAS: What did you think 'baby lamb' was? ベビーラムって何だと思った?

ARTHUR: Well, all lambs are baby lambs. そりゃ、ラムはみんなベビーラムだよ。

MARTIN: And - and what about breakfast? それで、それで朝食はどうなったの?

ARTHUR: I didn't order breakfast. 朝食はオーダーしてない。

MARTIN: Why not? なんで?

ARTHUR: I thought we'd be full from dinner. ディナーでお腹いっぱいになるかと思った。

MARTIN: groans ほおお〜〜・・・・

****


CAROLYN: Ooh, well, I'm stuffed. Very nearly four teaspoons of vaguely chicken-flavoured purée. Oh, I couldn't eat another thing. あああ、もうお腹いっぱい。小さじほぼ4杯のほのかなチキン味ピューレ。ああ、もう何も食べられない。

MARTIN: Are - are - are you sure you're not going to have yours, Douglas? あー、あのー、ホントに食べないの、ダグラス?

DOUGLAS: I've rarely been surer about anything. これ以上ホントのことなんてありえない。

ARTHUR: I quite like mine. I might get it again. It's nice not having to bother with chewing. 僕のけっこうおいしかったよ。また食べてもいいな。噛む手間がないっていいね。

CAROLYN: All right; well, we have feasted; now let us slumber. Shall I turn out the light? いいわね、ご馳走もいただいたし、今度は眠りにつくとしましょう。電気を消すわね?

MARTIN: Yes. いいよ。

ARTHUR: Yep. い〜よ。

DOUGLAS: No, this is ridiculous. I'm not in the least tired. いや、とんでもない。ちっとも眠くない。

CAROLYN: Nevertheless. Arthur, say something. しかたないんだから。アーサー、何か言って。

ARTHUR: Ooh! What shall I say? ええ!何を言うの?

CAROLYN: Well, anything - just so I know where you are and I don't tread on you getting back to my seat. そうね、何でもいいのー ただあなたがどこにいるかわかって踏まないで私の席に戻れるように。


ARTHUR: Oh, right! Here I am, don't tread on me! Here I am, don't tread on me! Here I am, don't tread on me! Here I am, don't tread on me! ああ、そうか!僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!

CAROLYN: Yes, yes, yes, all right; you're safe. Good night, all. はい、はい、はい、大丈夫。もう安心。おやすみ、みんな。

ARTHUR, MARTIN, DOUGLAS, : Good night. おやすみ。

**
**

クリックすると元のサイズで表示します
こちらのイラストもJackieちゃんのTumblrからです
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ