2013/2/8

Simple Jammy biscuits  たべもの

勢いついたお菓子づくり、ジャム入りビスケットです。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっとルックスは大目に見てください〜

これ、本当に、カンタンおいしいです!!!
実はジャム・ビスケットを初めて作ったのは、ロンドンで娘の子供向け雑誌に載っていたレシピを見た時でした。そうです!幼稚園児に作らせるような、手軽さなのです

今回のはBBC BoodFood というサイトから。原文はリンク先を見てくださいね。

Simple Jammy biscuits

準備10分 クッキング12分

材料

薄力粉 200g
ベーキングパウダー 小さじ山盛り1
粉糖 100g
バター 100g
卵 1個 かき混ぜておく
苺ジャム 大さじ4

1.オーブンを190℃に暖めておく。粉類、砂糖、バターをパン粉状になるまで指で揉む。
 フードプロセッサーにかけてもよい。これが固いドウになる分量の卵を混ぜる。
 (しましま注:大きい卵全部だとベタベタになりすぎるので注意)

2.手に粉をふり、ドウを円柱状の形にする。直径5cmくらい。2cmの厚さに輪切りにし
 ベーキング・シートを敷いたトレイに、焼くと膨れるので間をあけて並べる。

3.ビスケットの中央に、木のスプーンの先でへこみを作り、中にジャムを小さじ1ずつ
 入れる。10~15分くらい、やや膨れてキツネ色になるまで焼く。さます。


コツは、粉糖を使うこと。
マイルドな甘さに仕上がります。バリエーションを楽しみたい時はブラウンシュガーなど
別の砂糖類で試してみてもいいと思いました。でもまずは粉糖でお試しください!

ちょっと注意(というか私の失敗)
焼き上がってオーブンから出す時、ジャムはまだ沸騰して液状なので、トレイを水平に
保たないとビスケットのあちこちにこぼれてしまいます!え〜〜ん!><;

入れ知恵
ジャムは、苺じゃなくても何でも大丈夫です。うちには苺ジャムなかったので、
オレンジマーマレード、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックチェリーで作りました。

ではでは〜〜甘い誘惑におつき合いくださりありがとうございます。
ボナペティ!!


2/9追記
BBC Good Foodの原文をお読みになって疑問に思われた方のために一応解説しますと、
原料の「self-rising flour」とは、初めからベーキングパウダーが入っている薄力粉
のことです。(普通の薄力粉は all-purpose flour と言います)日本にはないので、普通の薄力粉+ベーキングパウダーと訳しました。日本だと「ホットケーキミックス」に近いかも知れないけど、砂糖、塩、脱脂粉乳などが混ざっていてレシピの砂糖の分量が狂うので私は使いません。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ