2013/2/17

0404 Wokingham 2  Cabin Pressure

アーサーがマーティンのママを訪ねるところから終わりまで。
右手がもうダメですっ!ぜーぜーぜーぜー、とにかく話は追えるかと。
直しあると思います。ご指摘ください!

クリックすると元のサイズで表示します

*****


Wendy: Hello?  はい?

Arthur: Hello! Are you Mrs Skip? こんにちは!スキップさんのお宅ですか?

Wendy: No, I’m sorry, you’ve got the wrong - いいえ、お間違いじゃないかしらー

Arthur: Oh sorry, I mean Mrs Crieff. Hello! I’m Arthur! Skip said you’d be expecting me? あ、すみません、クリフさんのお宅って言うつもりでした。こんにちは!僕アーサーです。スキップからお聞きですよね、僕が来ること?

Wendy: No, no, I told him I don’t want to bother a stranger. I’m really perfectly fine, honestly. い〜え、よその方に迷惑かけるなんてと言っておいたわ。本当になんでもないのよ、大丈夫です。

Arthur: Great! Can I come in? よかった!入ってもいいですか?

Wendy: Oh, well, of course if I can get you a cup of tea or anything - ああ、まあ、それじゃお茶か何か入れま ー

Arthur: Oh, brilliant. Can I make it? おー、ブリリアント。僕が入れてもいい?

Wendy: No, no, no, you sit down. I’ll make it.  いえいえいえ、座ってて。私がやるから。

Arthur: Yeah but can I though? It’s just - I’m really good at teas and coffees. It’s probably my best thing. That or Crazy Golf. うんうん、でもいいでしょ?えっとー 僕得意なんです、ティーとコーヒーが。たぶん一番得意かな。クレイジー・ゴルフかどっちかが。

Wendy: Well I-I-I-I suppose - ええと、わ、わ、私はー

Arthur: Great!  よかった! 
It’s uh - it’s through here, is it?  こっちの方ですよね?
Oh, and I brought Boggle, Guess Who, Connect 4, and Kerplunk! あそうだ、ボーグル持って来たんだ、あと何でしょう〜、コネクト4とカープランク!

Wendy: Are they … rappers? それって・・・ラッパーの人達?

Arthur: No, no they’re games. いえ、ゲームですよ。

Wendy: Oh you really musn’t feel you have to waste your time entertaining me.  ああ、あなたの時間を無駄にしちゃいけないわ、私の相手なんかして。

Arthur: Oh no, I love playing games and I can never get anyone to play with me! いえ違います。僕ゲーム大好きなんだけど、誰も一緒にやってくれないんです。

Wendy: Oh, well, I-I-I don’t think I’d be very good - まあ、そう、た、ただ私はあまり得意ではー

Arthur: It would be brilliant if you weren’t because I - am - awful. And also I brought - eh - two jigsaws, a book of word searches, and some cables from my drawer. ブリリアントなんだよ得意じゃなくても、だって僕 ー 全然できないから。あとそれからこれもーえっとージグソーパズルがふたつに、単語捜しパズル、あと引き出しにあったケーブルも。

Wendy: Some cables? Why did you bring those? ケーブル?それでどうするの?

Arthur: Well they sort of came out along with everything else, and I thought we could have fun trying to untangle them. えっと他のものと一緒になっちゃって、それにこれほぐすの楽しいかもしれないし。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します



*****

Carolyn: Well, since my son is not on the plane, I may as well make the hot drinks. Would you like one? さあて、あの子が乗ってないなら、私が何か暖かい飲み物作るのもいいわね。あなたもどう?

Douglas: That would be most kind, thanks. すいぶん親切だね、どうも。

Carolyn: Tea? ティー?

Douglas: No, could I have … the one that is not tea? いや、僕・は、それ・じゃ・ない・ほう。

Carolyn: ‘The one that is not tea’. Which one is that? 「ない・ほう」。ど・ち・ら?

Douglas: You know what it is. 知っ・てる・くせ・に。

Carolyn: Beer! Oh dear, Doug, no. You can’t have beer. ビール!あら、まあ、ダグ、だめ。ビール・は・だめ。

Douglas: No, not beer. ビール・じゃ・ない。

Carolyn: Wine! No, no wine for you, my friend. ワイン!それ・だめ・でしょ、あな・たは。

Douglas: I do not want wine. I want the hot drink made from a bean … which comes in types, such as Gold Blend. ワイン・じゃ・ない。熱く・て・豆・から・つく・る・・・・種・類は、ゴー・ルド・ブレ・ンド・とか。

Carolyn: I think I know which one you mean, but I will need you to ask for it by name. Just to be sure.
たぶん・わかる・けど、名前・も言って、念・の・ため。

Douglas: Fine. I will have tea. もう・いい。ティー・で。

*****

Arthur: Is that a bit of your beard, Wendy? それ、そっちのヒゲかな、ウェンディ?

Wendy: I don’t think so, I think it’s your tail. 違うんじゃない、そっちのシッポよ。

Arthur: Oh yeah, yeah. ああ、そう、そうか。

Martin: Hello! Mum! ハロウ!ママ!

Wendy: Oh hello! Martin, we’re in here! あら、いらっしゃい!マーティン、こっちよ。

Martin: Oh, gosh, you’ve been busy. お、おや〜、賑やかだね。

Arthur: Hi Skip! It turns out Wendy and I are amazing at jigsaws! Aren’t we, Wendy? やあスキップ!意外とウェンディと僕、ジグソーすごいんだよ!だよね、ウェンディ?

Wendy: Well, you’re very good. そうね、あなたはとっても上手。

Arthur: You’re very good. We’ve already done the two I brought so now we’ve mixed up the pieces and we’re doing them both together. 君のほうこそ。もう僕が持って来たのふたつとも終わっちゃったからね、今度は全部を一緒に混ぜて同時にやってるんだ。 

Martin: What, to make one - big - 何それ、作ってるのはー大きいー

Arthur: That’s what I hoped too, but no it looks like they’re coming out the same. Do you want to help?   そうしようと思ったんだけど、どうも出来て来たら同じになっちゃったんだよね。手伝ってくれる?

Wendy: Oh, no, you don’t have to. あら、ううん、いいわよそんな。

Martin: No, I’d like to. ううん、ぜひやるよ。

Arthur: Great! Any edges give them to me. I am basically the edges guy. やった!端っこ全部僕に渡して。僕端っこ得意だから。



Wendy: Where have you parked your car? あなた、どこに車とめたの?

Martin: Just around the corner. すぐそこの角。

Wendy: Oh don’t do that. Bring it onto the drive; it’ll be safer. ああ、それはだめ。そこの私道まで動かしなさい、そっちのほうが安全だから。

Martin: Safer than the mean streets of Wokingham? 安全って、ワッキンガムの汚い道よりはってこと?

Wendy: Yes. ええ。

Martin: It’ll be fine. 大丈夫だよ。

Wendy: Well, you know best. でも、安全にこしたことはないわ。

Martin: Actually, Mum, I didn’t bring my car. ところで実はね、ママ、車で来たんじゃないだ。

Wendy: Didn’t you, Love? じゃないの、坊や?

Martin: No, I - uh - I - came in the van. Dad’s old van. うん、ぼ〜、僕ね、ヴァンで来たんだ。パパの。

Wendy: Oh, really! You’ve still got that running, have you? まあ、本当?まだあれに乗ってたのね?

Arthur: Yeah, it’s brilliant. Once, we nearly went to Devon! そう、ブリリアントだったよ。この前、一緒にデヴォンあたりまで行ったよ!

Martin: Yes. Actually, Mum, as it happens I - um - use it for work a bit. Between trips, you know, deliveries or removals, man with a van stuff. I’m a man with a van. うん、実はね、ママ、本当のところ、ちょっと仕事にも使ってて、パイロットの仕事の合間に、ほら、配達とか引越とか、ヴァン使うのあるよね。僕はヴァンの引越屋なの。

Wendy: Oh, Martin, that’s wonderful! ああ、マーティン、すてきだわ!

Martin: Is it? え、そう?

Wendy: Of course, like-like your own business. そうじゃない、自営業って感じ。

Martin: Well ... I suppose so. まあ・・・そんなもんかな。

Wendy: Oh, your dad would be ever so pleased. ああ、パパはそれは喜んでるでしょうねえ。

Martin: Would he? パパが?

Wendy: Oh yes! He always said you should have the van. Between you and me, Simon always wanted it but your dad said, ‘No, he’ll lose interest in a month, and he won’t change the oil or get it MOTd. Martin should have it.’ And now you’re running your own business with it. He’d be ever so proud! ええ、そうよ!パパはいつもあなたに譲りたいと言ってたの。ここだけの話、サイモンはずっと欲しがっていたんだけれどパパは「だめだ、あいつはひと月で飽きるし、オイル交換も車検もせんだろう。マーティンに譲る」って。そしたら今あなたはそれで起業してるんですものねえ。パパもさぞかし鼻が高いわねえ。

Martin: Yes. And of course, also I’m an airline pilot. うん。そのうえ、僕はパイロットにもなったし。

Wendy: Oh, yes, yes, he’d like that too. あ、そう、そう、パパ嬉しいわね、それも。

*****


Carolyn: Well then, are you all set to go home? さて、じゃ、もう 帰途 準備 いい?

Douglas: Yes I am. And you? Are all the folk in their seats? でき て ます。全 員 着 席 完 了?

Carolyn: Yes. They are all - oh, I’m sick of this game. ええ。全 員 ー あ、もう、ゲーム、 あ・き・た。

Douglas: Me too. 私・も・です。

Carolyn: We’re both just too good at it. Should we call it a draw? いい・勝・負・ね。引き・分け?

Douglas: I think we should, yes. そう・します、はい。

Carolyn: And yet I note you have still not said a word with more than one sound in it. で・まだ・1・音・だけ・言って・るわ・ね。

Douglas: And nor have you. あな・た・こそ。

Carolyn: No. いえ。

Douglas: So it seems it is .. a sort of mate which has gone stale. ふむ、どーも、惰性に・なってる。

Carolyn: Yes. Or does it? ええ。いえ、そう?


Douglas: Hey! ええ〜っ!

Carolyn: Good day, folks! We will all be on our way in just a tick. But first, a few words froooooom ... the guy at the front in the hat. こんにちは、皆・さま! 本機は・間も・なく・離陸・いたし・ます。その・前に、ご挨拶・を・・・・前方・の・帽子・の・人・から。

Douglas: Thanks.  Well. Hi … guys. I am .. most glad to have you all with me on the plane for this short trip from … here .. to the .. U K. My name is Doug … ... Smith. And I am the one who will fly you .. this day. We will take one hour for our trip and we fly at a height of … quite high up. But now, let me pass you back to … the one who spoke just now, who will take you through all the ways we keep you safe on board. ども。 では、皆・・様。本機・を・ご利用・下さり・ありがと・ございます。ここ・・から・イギ・リス・まで・・短い・旅・です・が、私・は・ダグ・・・スミス・です。私・が・本・日・操・縦・いた・します。1・時間・の・旅・は、高度・・・・は高い・です。では、また、お話・は、さき・の・話し・手・から・安全・に・ついて、ご案内。

Carolyn: Thank you. .. Tell you what, just read the card on the back of the seat in front. どうも...いい・ですか、前の・イス,背もたれ・にある・カード・を・お読み・ください。

*****

Martin: Another edge bit, Arthur? もひとつ端っこだよ、アーサー?

Arthur: Thank you, Skip. サンキュー、スキップ。


Simon: Hello, hello, hello! Anyone home? おーい、おいおーい!誰かいるかい?

Wendy: Oh, it’s Simon! Simon, we’re in here! まあ、サイモンよ!サイモン、こっちよ!

Simon: Mommo! 母さん!

Wendy: Oh, Simon, you shouldn’t have come! ああ、サイモン、来てくれなくていいのに!

Simon: Shouldn’t have come, to see my poor old Mum when she’s been wounded in the field? Try keeping me away, that’s all. Ha! 来なくてもって、年老いた可哀想なママが外で怪我したってのに? 僕をよばないで、え!

Martin: We haven’t really needed to try for five days, have we? 僕達別にそんなつもりないよ、5日間も。だよね?

Simon: Martin! Come here, Chap! マーティン!来いよ、おまえ!

Martin: Oh, no, don’t! あ、やだよ、やだから!

Simon: Big hug! ビッグ・ハグしよ〜!

Martin: Mmm. It’s very nice to see you too, Simon. んんん。僕も兄さんに会えて嬉しいよ、サイモン。

Simon: No, no, none of that! Big hug!!! いや、いや、そんなのじゃなくて!ビッグ・ハグだよ!!!

Wendy: Ah, lovely. ああ、いいわねぇ。

Martin : Not lovely! よくないよ!

Simon: Oh it’s good to see you! おお、会えてよかったな!

Martin: Don’t lift me up! 持ち上げないでよ!

Simon: And up he goes!  そうら、高いぞ〜!

Martin: Don’t! やめてよ!

Simon: Wheee! ビューーーーン!

Martin : Put me down! 降ろして!

Simon: He’s fly-ing! 飛んでるぞ〜〜〜〜!

Martin : Put me down! Put me down! 降ろせ、降ろせったら!

Wendy: Oh, it’s lovely to see you two having fun. ああ、微笑ましいわね、坊や達が遊んでるのを見るのは。

Simon: Now then, Mommo, why didn’t you tell me you were poorly? ところで、母さん、なんでそんな具合悪いのを言わなかったんです?

Martin: Well I told you. あでも、僕が言ったよ。

Wendy: Oh, I know how busy you are. ああ、あなたが忙しいのはわかってますよ。

Simon: Not too busy for you. Can’t have you languishing here with no one to look after you, can we? 母さんのためなら忙しいなんて。ここでひとりで弱っていくなんて放っておけませんよ、なあ?

Martin : Not no one. ひとりじゃないよ。

Wendy: No, Martin’s been very good! ええ、マーティンはとってもよくしてくれてるのよ!

Simon: Is that so? Well good on you, Chap, eh? へえ、そうかい?よかったな、おまえ、ん?

Martin: Thank you, Simon - no, no - No! Wait, I - どうも、サイモンーやめ、やめ、やめて待って!僕はー

Simon: Now then. Mommo, first thing tomorrow I’m getting my doctor to take a look at you. さあて、母さん、明日1番で僕の医者をここに診るよう廻します。

Wendy: Oh, there’s no need! まあ、そんなことしなくていいわ!

Martin: Your doctor? What doctor do you know? 君の医者って? どの医者を兄さん知ってるの?

Simon: Good old Doc Smiley, of course. あのスマイリー医師だよ、もちろん。

Martin: What, Nathan Smiley from school? え、同じ学校だったネイサン・スマイリー?

Simon: That’s right! Remember him, do you? そうだよ!覚えてるか?

Martin: Of course I remember him, he threw my briefcase on the science block - and he’s a podiatrist! もちろん覚えてるよ。あいつ僕のカバンを理科室に投げたんだー それにあいつの専門は足じゃないか! 

Simon: And a bloody good one. それにそうとう優秀な医者だ。

Martin: He won’t know anything about Angina!  口峡炎のことなんかわからないよ!

Wendy: Martin, perhaps we should let Simon do what he thinks best. マーティン、きっと、サイモンが1番いいと思うように任せるのがいいと思うの。

Simon: Well, probably the best plan, Chap, you know. But well done for sticking to your guns, shows a good spirit, heh, keep it up. うん、まあ、それが1番だな、おまえ、なあ。でも頑張ってくれたな、やる気はわかった、その調子だぞ。

Martin: Thank you, Simon - No!  ありがと、サイモンー じゃなくて!

*****

Douglas: Can’t you just stand up to him? 逆らえばいいじゃないか?

Martin: I try, but he just sort of steamrollers over me with his voice and his moustache. してるけど、兄は工事中の蒸気ローラーみたいに僕にせまるんだよ、あの声と口ヒゲでさ。

Douglas: With his moustache? 口ヒゲで?

Martin: It’s really hard to argue with someone with a moustache that bushy. ホントに難しいんだよ、口ヒゲモサモサの人と争うってのは。

Douglas: I reckon I could have a crack at it. 僕ならバシッと言えたと思うけど。

Martin: I’m sure you could. You or Carolyn, but I’m afraid I’m not you or Carolyn. I’m me. 君ならね。君とかキャロリンなら、でも残念だけど僕は君でもキャロリンでもないし。僕は僕だし。

Douglas: True. But you know me and Carolyn. 確かに。でも僕とキャロリンは知ってるね。

Martin: So? だから?

Douglas: Well, we’re driving to Stansted on Sunday, aren’t we? Perhaps we ought to call in on the way and wish your mother well. The whole crew. In our uniforms. まあ、僕達スタンステッド空港に行くだろう、日曜日。途中ちょっと寄ってお母さんのお見舞いするべきだよなあ。総クルーで。制服のまま。

Martin : Oh, yes! Fantastic! ああ、そうだね! それいいよ!

*****


Arthur: Hi Wendy, it’s me! こんにちは ウェンディ、僕だよ!

Wendy: Hello, Arthur! いらっしゃい、アーサー!

Arthur: And, uh, this is Mum. Mum, this is Martin’s mum; Martin’s mum, this is my mum; that’s quite fun to say! And, uh, this is Martin, who you already know. それでね、えっと、ママを紹介します。ママ、こちらはマーティンのママ。マーティンのママ、こちらは僕のママ、言うとけっこう面白いね!そしてこちらはマーティン、もう知ってるでしょうけど。

Wendy: Oh, Martin, look at you in your uniform. Aren’t you smart? Look at your hat! まあ、マーティン、あなた制服なのね。かっこいいじゃない?あらまあその帽子も!

Carolyn: Quite a sight, isn’t it? Carolyn. なかなかですわよね? キャロリンです。

Caitlin: Catlin. Let me take your coat. カトリンです。コートをかけておきますよ。

Carolyn: Oh, thank you. あら、ありがとう。

Caitlin: And, your hat, Martin? あと、帽子もかけておく、マーティン?

Martin: Uh, no, it’s all right. んん、いや、これはいいんだ。

Caitlin: Why, aren’t you stopping? なんで、寄ってくじゃないの?

Martin: Yes, but I - i-i-i-isn’t Simon here yet? うん、でも僕、あ、サイモンはまだ来てない?

Caitlin: Yes, he’s just through there. Why won’t you take your hat off? ええ、あっちにいるわよ。なんで帽子とらないの?

Martin: Simon! サイモン!

Simon : Hello, Chap! Aren’t you coming through? よお〜〜、おまえか!来ないのか?

Martin: Uh, yes, unless you want to come out here and um - あー、はい、そっちが出て来ないんなら、んー

Simon: Well, well, no point if you’re coming through, is there now? いや、いや、別にわざわざ来なくたっていいんだぞ?

Martin: No, fine. Go on then, take the hat. いや、いいんだ。じゃいいや、帽子掛けといてよ。

Caitlin : Oh, thank you! あら、ありがたいこと。

Simon : All right, all right, what’s the big hold up out here? わかった、わかった、何があるって、こっちで?

Martin: Oh! Simon! Give it back! わあ!サイモン!それ返して!

Caitlin: Give what back? 返せって何を?

Martin: My hat! Give me back my hat! 帽子!帽子返してくれよ!

Simon: Maaartiiin. マ〜〜ティ〜〜ン。

Martin: Simon, hello. Sorry to be dressed like this, we’re - uh - on our way to work. That’s my hat Caitlin’s got. サイモン、やあ。こんな格好でごめんよ、僕達ーあーこれから仕事で。あれは僕の帽子だよ、ケイトリンが持ってるやつ。

Simon: Good Lord, is it? Anyway, huuuuuug? おやまあ、そうかい?それよりまず、ハグだろ〜〜〜〜?

Martin: No, no, no I’ll crease my uniform; my Captain’s uniform. いや、いや、いや、制服しわになっちゃうから。僕の機長の制服が。

Simon: Oh, I don’t think so, looks pretty Polyesther-tastic to me. Come ‘ere! なあに、そんなことはない、見たとこ高級ポリエステルだろ。そら来い!

Martin : No, don’t lift me. Please don’t lift me! やめてよ、持ち上げるのは。たのむから!

Simon: And up we go! そうれ高いぞ!

Douglas: Have I got the right house? こちらのお宅でよかったのかな?

Martin : Put me down!! Put me down!! 降ろせよ!降ろせったら!

Simon: He’s fly-ing!!  飛んでるんだぞ!

Douglas: Yes, I think I have. はい、そのようですね。

Wendy: Come on in, the boys are just playing. お入りください、子供達は遊んでるだけですの。

Douglas: So I see. そうですか、なるほど。

Martin: Right. Right. So, this is Wendy, Caitlin, and Simon; this is Douglas, my First Officer. よし、さて。えと、こっちからウェンディ、ケイトリンとサイモンだよ。こちらはダグラス、僕の第一操縦士。

Wendy: Lovely to meet you. お目にかかれて嬉しいわ。

Caitlin: First Officer. Is that, like, the Captain’s Captain? 第一操縦士。それって、機長の機長みたいな?

Douglas: Not quite, in fact. という事では、ないです。

Martin: I’m the Captain. You know I’m the Captain! 僕が機長なの。でしょ、僕が機長!

Caitlin: Well yes, but you’re not his Captain, surely. ええまあ、だけどあんたが彼の機長ではないわよね。

Martin: Yes I am! Aren’t I, Douglas? Tell them. 僕がそうなの!だよね、ダグラス?言ってよ。

Carolyn: Oh yes, do. ええ、そうね、ほら。

Douglas: Oh yes. He is … he is my … that is who he is. ああ、まあ。彼は・・・私の・・彼の 言う通り ですな。

Caitlin: Oh! And is he good? まあ!それで彼ちゃんとやってるの?

Douglas: Oh, yes! He is most … most … good. ええ、そりゃ!彼は・・最も・・最も・・いいです。

Martin: Great. Thanks, Douglas. T-terrific. やった。助かったよ、ダグラス。さすがだね。

Wendy: Well, shall we go on through? After you, Mrs Knapp-Schappey. じゃあ、中に入りましょう?そちらへどうぞ、ナプシャピーさん。

Carolyn: Oh please, call me … まあ、私の ことは・・・

Douglas: Yes? はい?

Carolyn: Ca. カ。

Martin: Ca? カ?

Carolyn: Yes. Ca. Short for … ええ、カ と 呼んで。

Douglas: Yes? はい?

Carolyn: Fun. Short for fun. ファン。ファン の 略。

Martin: Oh no, you’re not still - なんだ、まさか君らまだー

Carolyn: What? All is well! 何? なん でも ない!

Martin: Okay, can I see you both in the kitchen please? わかった、ちょっと二人ともキッチンに来てくれる?

-

Martin: You’re still playing the game! まだあのゲームやってるなんて!

Carolyn: What? No! Of course not! え? いいえ! やって ない!

Martin: You are! やってる!

Douglas: What game? 何の ゲーム?

Martin: Say ‘sausages’ - either of you. 「ソーセージ」って言って ー 二人で。

Douglas: I think not. いや だ。

Martin: You said you’d help me! That was the whole point! For once I was going to look good in front of my brother, and now you’re too busy playing your stupid game! 僕のこと助けるって言ったじゃないか!それで来たんじゃないか!今度こそ兄さんに僕がちゃんとしたとこ見せるってのに、君たちはくだらないゲームなんかに夢中になって!

Carolyn: Well, we can do both. ええ、どっちも でき るわ。

Martin: No you can’t! You sound like a couple of broken Speak & Spells! それじゃ無理だよ! 壊れたスピーク&スペルみたいに話してて!

クリックすると元のサイズで表示しますスピーク&スペル=教育おもちゃ

Douglas: That is a touch harsh. そりゃ ひど い。

Martin: Stop it! Okay, look, I’m declaring an amnesty. While you’re in this house, the game’s on hold, okay? やめてくれよ!わかった、よし、特赦するとしよう。この家にいる限りは、ゲームは停止、わかった?

Carolyn: Suits me. いいわ。

Douglas: And me. 僕も。

Martin: Good. Thank you. よし。恩に着るよ。

Douglas: Right then, shall we go back in? それじゃ、戻り ますか?

Carolyn: Yes, lets. ええ、ましょ。

Martin: Wait a minute. Say ‘sausages’. ちょっと待って。「ソーセージ」って言ってみて。

Carolyn: You first. あなた 先に。

Douglas: No, you. いや どうぞ。

Martin: Oh for Heaven’s sakes! All together, after three: one, two, three -  Seriously! One, two, three - まったく冗談じゃないよ!せーので言うんだ、3つ数えるから、1、2、3ー  本気で! 1、2、3ー

Douglas, Carolyn & Martin 全員で: Sausages! ソーセージ!

Martin: Thank you! ありがとう!

Carolyn: Ah, that’s a relief! Antidisestablishmentarianism. ああ、ほっとしたわ!英国国教廃止条例反対論。

Douglas: Excellent! Shall we recombine with the familial gathering in the vestibule? 優秀ですな!我々も親族集会に再度参加せんためエントランスホールへ?

Carolyn: Assuredly. 承知しております。

-

Wendy: Is everything okay? You musn’t stay if you need to go. あら、大丈夫なの? いてくれなくてもいいのよ、何かあるなら。

Martin: No, no, no, it’s all fine. ううん、ぜんぜん、何にもないよ。

Caitlin: What were you arguing about? 何か言い合ってなかった?

Martin: Nothing, just discussing a procedural - aviation - matter. 何でも、ちょっと進行をねー飛行ーに関すること。

Simon: Right, because it sounded like you were all shouting ‘sausages’. そうか、何やらみんなで叫んでたようだったから、「ソーセージ」ってな。

Carolyn: Yes, a small contretemps concerning the catering arrangements. But Martin sorted it all out. ええ、ちょっと不手際が、ケータリングの手配でありましてね。でもマーティンが解決してくれましたから。

Douglas: As usual. いつものことですがね。

Simon: What was the problem? 何があったんです?

Martin: The problem was - th-th-the problem was what we should serve on our next flight, and the solution was - sausages. 問題はー も、も、問題は次のフライトで何を出すかで、解決策が、ソーセージなんだよ。

Simon: Ah, not sure, Martin. Take another pass at that if I were you. You’re forgetting, uh, the Kosher chaps. ああ、どうかな、マーティン。別の策も考えた方がいいぞ。忘れてないか、あー、宗教上食べられない人とかだな。

Martin: No, I’m not. I meant beef sausages. ううん、忘れてない。ビーフソーセージだから。

Simon: Ah, now you see well if you get any Hindus they won’t like that, no, no. I think your best bet - ああ、そしたら、いいか、もしヒンズー教徒が乗ってたら、だめ、だめだ。一番いいのはだなー

Martin: No, there aren’t any Hindus! It’s all fine! いや、ヒンズー教徒はいない。万事オーケー!

Wendy: I’m sure it is, Love, but why don’t you listen to Simon’s idea? そうなんでしょうけど、あなた、サイモンの意見も聞いてみたら?

Martin : Douglas! ダグラス!

Douglas: So, Simon! I didn’t introduce myself properly before. I’m Douglas; I’m Martin’s First Officer; his junior; his second in command. サイモンさん!先ほどは自己紹介が中途になりまして。ダグラスです。マーティンの副操縦士で、下士官、次長というやつですな。

Simon: Well, pleased to meet you. I must say you look more my idea of a pilot than old Martin here. それは、よろしくお願いします。これはあなたの方がよほど私のパイロットのイメージに近いですなあ、このマーティンよりも。

Douglas: Really? You look exactly my idea of a Council administrator. さようですか?あなたは私の市議会員イメージそのものに見えますが。

Simon: Senior administrator. 上級行政官。

Douglas: Oh, really. Senior. Gosh. おお、それは。上級ね。なんと。

Carolyn: The sights you must have seen. どこかで見たような光景ね。

Simon: Yes, well, I could tell you a few stories. ええ、ま、ちょっとお話してもかまいませんがね。

Douglas: Please, do. どうぞ、さあ。

Simon: Well, you know, musn’t talk shop, you know. いやあ、ねえ、自分の仕事のことばかり話すもんじゃないですが。

Carolyn: Oh but it would be such a treat for us. We’ve been dying to hear more ever since Martin told us all about you the other day as we flew over Monte Carlo. まあ、でも私達にはありがたいですよ。ずっとお聞きしたかったんですから、マーティンがあなたのこと色々話してくれて、モンテカルロの上を飛んでる時だったわね。

Douglas: Was it Monte Carlo, Carolyn? I think it might have been Uganda. あれはモンテカルロだったかい、キャロリン? ウガンダじゃなかったかな?

Carolyn: Oh, yes, of course, when we took those nice cameramen to film Mountain Gorillas. ああ、そうだった、ええ、カメラマンがマウンテン・ゴリラを撮影するのに乗せたのよね。

Douglas: Sorry, but the trips rather blur into one after a bit. すみません、仕事でどこに行ったかちょっとするとごちゃごちゃになってしまいましてね。

Carolyn: Well, except for the ones like St Petersburg where we had a bird strike on takeoff and Martin landed us on one engine. ええ、ただあのセント・ペテルスベルクで離陸の時に鳥にぶつかってマーティンがエンジン一機で着陸したのは別よ。

Douglas: Mm. うむ。

Wendy: Martin! Did you? マーティン、そんなことが?

Arthur: Oh, he was brilliant! そうだ、すごかったよね!

Martin: Well, you know, just part of the job. いやあ、まあ、それが仕事だからね。

Douglas: Well. It’s my job too, but I went to pieces. そして、私の仕事でもね、でも私は慌ててしまって。

Carolyn: Started crying. 叫び始めたのよね。

Douglas: I’m not ashamed to admit it. あの状況じゃ認めても恥ずかしくはないですよ。

Carolyn: Like a schoolgirl. 女子高校生みたいだったわね。

Douglas: (to Carolyn) That’ll do. (to the gathering at large) But Martin here slapped me across the face, told me not to be a damn fool, and landed the plane single-handed. Fighting the cross-wind all the way down to the icy runway and saving all our lives. それで充分。しかしながらマーティンはピシッと私の頬をたたいて、バカはやめろと言ったかと思うと、機を片手で着陸させました。向い風にもひるまず凍った滑走路へ降り全員の命を救ったんです。

Wendy: Martin! マーティン!

Caitlin: That’s amazing! すごくなーい!

Douglas: But I’m sorry, we’re getting sidetracked. You were going to tell us your story, Simon. ああ、すみません、話がそれてしまいまして。あなたが話すところでしたよね、サイモンさん。

Simon: Yeah, yes, well, uh - I would, but um, but b-b-best not - Official Secrets Act you know. ああ、そうだった、いや、まあ、 ー私も、いや、んん、機密事項は漏らさんのが1番ですな。

Carolyn: Of course. もちろんです。

Douglas: Say no more. それ以上はけっこうですよ。

-

Carolyn: Very nice to meet you, Wendy. Sorry we can’t stay longer. お目にかかれて良かったわ、ウェンディ。すみません、もう失礼しないと。

Wendy: Oh, no, thank you for stopping. It was lovely to see you all. まあ、いいえ、ありがとうございます、寄っていただいて。皆さんに会えて楽しかったわ。

Arthur: Bye Wendy! じゃあね、ウィンディ!

Wendy: Bye Arthur! Goodbye, Martin, Love. じゃあね、アーサー! さよなら、マーティン、坊や。

Martin: Bye Mum. See you Wednesday. じゃあね、ママ。水曜に来るから。

Wendy: Yes. And I’m ever so glad you told me about Icarus. ええ。それにイカロスのこと話してくれてこんな嬉しいことはなかったわよ。

Martin: Thanks Mum, I’m glad y - Icarus? ありがと、ママ、僕も ーイカロス?

Wendy: I-I-Isn’t that what it’s called? Icarus Removals? そ、そういう名前だったでしょ?イカロス・リムーバルズ。

Martin: Yes but I didn’t tell you that. そうだけど僕言ってないよ。

Wendy: Didn’t you? I-I-I think you did. そうだった?言ったでしょ?

Martin: No. ううん。

Wendy: Oh. Well. まあ、そうね。

Martin: You knew already? 知ってたの?

Wendy: Well, h-h-h-honestly Martin, I might not be a ‘techno’ but I know enough to type my own son’s name into Google every so often. ええ、じじ、実はね、マーティン、私はPC得意ではないけど、実の息子の名前をグーグルにちょくちょく打ち込むくらいのことはできるのよ。

Martin: What about the others? Do they know? ほかの皆は? 皆知ってるの?

Wendy: I don’t know - I th-they might do. I think they probably do, actually. (decisively) Yes, they do. さあねえー し、知ってるかも。たぶん知ってるんじゃないかしら、ええ。実は、そうなの。

Martin: They’ve never said anything. 誰も何も言わないけど。

Wendy: Of course not. You clearly didn’t want to talk about it so they didn’t. They’re ever so fond of you, Martin, especially Simon. So, uh, don’t do anything like that to him again, will you? Once is enough. そりゃ言わないわ。あなたその話はしたくなかったんでしょ、だからよ。皆それはあなたのことが好きで、マーティン、特にサイモンはね。だから、んん、もうあんなことはしないでね。一度で充分だから。

Martin: Do what? What do you mean? 何を?何のこと?

Wendy: So nice to meet your friends. Bye, Love. Love you. お友達に会えてよかったわ。じゃあね、坊や。愛してるわ。

Martin: Love you too. 僕もだよ。

-

Douglas: All O K? 大丈夫だった?

Martin: Uhhh, yes, I think so. You don’t think we were too mean to Simon, do you? あああ、うん。と思う。僕達、サイモンに意地悪すぎると思わなかった?

Douglas: Good Lord, no! とんでもない、そんな!

Carolyn: I don’t think so. Why? Do you feel bad? そんなことなかったわよ。どうして?後味よくないの?

Martin: Ah, maybe a bit bad. But also, sort of mainly - AMAZING! I’m sorry, I know it’s petty but it was A-MAZ-ING! Thank you so much! んー、ちょっとだけ。でもあと、ホントのとこは、ー最高!あ、ごめん、可哀想だけど、サ・イ・コーだった! 感謝してるよ!

Carolyn: Oh, not at all, I know what it’s like. Well, you’ve met Ruth. She still makes me feel like a five year old. あら、かまわないのよ。わかるから。ラスに会ったでしょ。彼女は私がまだ5歳の女の子のつもりなんだから。

Martin: You know, I think I could handle him if it weren’t for that moustache. あのさ、もう大丈夫な気がする、口ひげのせいじゃないな。

Douglas: I do think you set too much store by moustaches. 口ひげにこだわりすぎだよ。

Carolyn: Ah ha! Moustaches. あら、ま!口ひげ。

Martin: What? どしたの?

Carolyn: Three syllables. I win. 3音節。勝ったワ。

Douglas: But we’re not playing! We’re on a truce! でももうゲームはしてない。停戦中だ。

Carolyn: No we’re not. ‘While we’re in this house’ - that was the truce. いいえ、違います。「家の中にいる限りは」ー停戦でしたけれど。

Douglas: But you’ve used lots of long words since we left! でも君は長い単語たくさん使ってたよ、出てからずっと。

Carolyn: Have I? What, when I told you how Ruth can make me feel five years old? No! That was a trap! Straight into which you blundered, First Officer Heffalump. そうお? 何か、ラスが5つの子扱いするって話で?言ってないわ!あれは罠!あなたへのヒッカケよ。副操縦士へファランプさん。

Martin: Okay, my turn now. I didn’t get a proper go on the plane. いいとも。じゃ僕の番だ。飛行機の中じゃちゃんと参戦できなかったし。

Arthur: Well hang on. I haven’t had a go at all. あれ、ちょっと待って。僕の番ぜんぜん廻って来てないよ。

Douglas: You want a go, Arthur? やりたいかい、アーサー?

Arthur: Course I do. もちろんだよ。

Douglas: All right then. Your time starts - now. じゃあ、いいよ。君からだ、始め。

Arthur: Brilliant. ブリリアント。

Douglas: Short but sweet. 簡潔明瞭。


1

2013/2/15

0404 Wokingham  Cabin Pressure

昨日は、ついに最終話聞いたところで、そちらの話も気になりつつ、
マーティンの実家「Wokingham」の和訳始めましたので出来た順に足して行きます。
ぜひ、耳で聞きながら読んでみてくださいね!
脚本はこちらのサイトからです。
英語が読んでわかる方は和訳を無視して楽しんでくださいね。
この和訳の目的は、自分のドラマへの愛を投入する対象が欲しかったのと、
英語の内容に悩む人の参考になればと思ったことの2点です。
間違い気づかれた方ぜひコメントでご指導ください。


This week: Wokingham!

クリックすると元のサイズで表示します

Martin: Fuel balanced. 燃料、安定。

Douglas: Beautifully done. お見事な出来。

Martin: Thank you. サンキュ。



Carolyn: What's wrong with the flight deck service bell? 操縦室の業務ベルはどうしたっていうの?

Martin: Uh, nothing, is there? え、べつに、どこか変?

Carolyn: Well, it keeps ringing. 鳴りっぱなしよ。

Douglas: Yes. We rang it. うむ。鳴らしたから。

Carolyn: Then cease from ringing it. じゃあ、止めなさい。

Martin: But we always ring it when we want Arthur to bring - でも僕達いつも鳴らすのはアーサーに持って来てもらうのにー

Carolyn: Yes but Arthur is not here, and when Arthur is not here, the flight deck service bell becomes an object of purely decorative interest. ええでもアーサーはいないし、アーサーがいない時は操縦室ベルは単にお飾りオブジェと化しているの。

Martin: But what if we need - でも必要な時はー

Carolyn: No, no no no, let me spell this out for you in words of one syllable - だめだめだめだめ、説明させて、わかるように1音節だけの言葉で言うならー

Douglas: Oh, good! Off you go. んん、いいねえ!どうぞ。

Carolyn: You do not so much as touch the service bell unless - よっぽどの事でない限りさわってもだめー

Douglas and Martin together: Oohhh ..... おおおおおう・・・・

Martin: Ser - vice. サー・ビス。

Douglas: Shame. Still, good effort - 残念。頑張ったけどねー

Carolyn: I was not playing. 簡単にとは言っても1音節ゲームはしてないわよ。

Martin (with awkward, robot-like pauses and changes in tone between words): I bet I can .. go on for a .. more .. long time. (ぎこちなく、ロボットのように単語をくぎって) ボク・・ナラ・ モット・・デ・キル・・賭ケ・テモ・イイ。

Douglas: All right you're on. What's the bet? おう、やるか。何を賭ける?

Martin: I don't know, maybe - わかんないけど、たぶんー

Douglas: Whatever it was you just lost it. Okay, my turn. 何を賭けても、今のは君負け。じゃあ、僕の番。

Martin: Your turn at what? 君が何の番だって?

Douglas: Nice try, my friend. ナイス・トライ。君・も。

(Martin makes a noise of frustration.)マーティンの悔しそうな声

Douglas: But you will not .. catch me out so … でも・君・には・無・理・だ・か・ら

Martin: Soooo? だ〜か〜ら〜?

Douglas: So there. さ・行く・ぞ。

(Martin groans again indicating disappointment.)マーティン残念そうに唸る

Douglas : Good day, MJN Air. How can we help you? こんにちは。MJNです。ご用件はなんでしょう?

Arthur (on the phone): Hi Douglas, it’s me. Is mum there? やあダグラス、僕だけど、ママいる?

Carolyn: Yes, I’m here. What have you done now? ええ、私よ。今度は何をしたの?

Arthur: Nothing! Nothing, it’s just, um, I’ve got a sort of hypocritical question. 何にも!何にも!ただ、あの、偽善的な質問みたいなのがあるんだ。

Carolyn: Mm. Have you indeed? あらー。あなたに?

Arthur: Yeah. Suppose something had happened - うん。たぶん、何かあったみたいでー

Carolyn: What have you done? 何をしでかしたの?

Arthur: I haven’t done anything; it’s not my fault … and also … maybe nothing’s happened. Um, but if something had happened and if there was nothing the one of you it’s about can do until they get back should I tell you now or should I wait until you land? 僕は何もしてないよ、僕のせいじゃなくて・・・それで・・・たぶん、何でもない。うん、でももし何かあって、でも君たちの誰かが何か分かるまで何も出来ないなら僕今言うべきかなそれか着陸するまで待った方がいいのかな?

Carolyn: Is the person me? 誰かって私のこと?

Arthur: I’m not saying anything has happened. I’m just saying if it did - 何かあったって言ってるんじゃないんだ。ただもし何かー

Carolyn: Yes, Dear, you’ve been tremendously cunning. Now, just tell us! ええ、もう、恐ろしく巧妙になっちゃって。さあ、お言いなさい!

Arthur: Okay, good. Um, Skip, your mum just called. オーケー、わかった。んん、スキップ、お母さんから電話あったよ。

Martin: Yes? うん?

Arthur: Right, and - and basically the main thing she wants to say is that she has not had a heart attack. そう、それで、それで、そもそもお母さんが言いたいのは心臓発作じゃないってことだよ。

Martin: She’s had a heart attack!? 母が心臓発作!?

Arthur: No, I mean, oh you really couldn’t have got that more wrong, Skip! A heart attack is what she has not had. 違うよ、だから、もうそれ以上の間違いはないよ、スキップ! 心臓発作はには、なってないんだよ。

Martin: What do you mean? What has she had?! どういうこと?じゃあ母がいったいどうしたって?!

Arthur: Not a heart attack. She was very clear about that! 心臓発作じゃない。それだけは確かだって。

Martin: Where is she? 母はどこに?

Arthur: Okay. When I tell you where she is, Skip, you’ve got to not worry too much because in fact - オーケー。どこにいるのか言ったら、スキップ、心配になっちゃうから、だって、実はー

Martin: Is she in hospital?! 病院にいるの?!

Arthur : How did you know??  何でわかったの??

Martin: Tell her I’ll be there in three hours. 伝えて、3時間後には行くって。

*****

Martin: Mum? Are you okay? ママ?大丈夫?

Martin's Mum: Oh, Martin, sweetheart, you didn’t need to come. (They kiss in greeting.) I’m completely fine. It’s all a fuss about nothing. Oh no look, you’re in your uniform. You didn’t come straight from work. あら、マーティン、あなた、来てくれなくてもいいのに。(キスのごあいさつ)大丈夫なのよ。何でもないのに大騒ぎで。あら、やだ、制服のままね。仕事からまっすぐに来たんじゃないでしょ。

Martin: Well of course I did. うんもちろん来たよ。

Martin's Mum: Oh you shouldn’t have. You didn’t leave it in the middle did you? あらだめよ。お仕事抜けて来たりはしてないわよね。

Martin: Well, no. I-I-I landed the plane. えっと、ううん、ちゃ、ちゃんと着陸したよ。

Martin's Mum: Oh good. なら良かったわ。

Martin: But Mum, what happened? でもママ、どうしたの?

Martin's Mum: Oh nothing really. あら何でもないの。

Martin: What, you just fancied a go in an ambulance? じゃあただ救急車に乗ってみたかったとか?

Martin's Mum: No, I-I told them I didn’t need an ambulance; this was all a silly fuss. I was just stacking the chairs up after the RNLI thing - we did ever so well you know, Martin, we got £40 - 違うわ、救急車はいいって言ったのに、もうばかに大騒ぎで。わたしは王立救命艇協会のチャリティでイスを積み上げてただけなのーそれが、すごくうまくいってね、マーティン、40ポンドも集まってー

Martin: Th-th-that’s lovely, Mum, but just for now stick to the part about you ending up in hospital. そ、そ、それはすごいね、ママ、でも今は教えてもらいたいのは、ママがどうして病院にいることになっちゃったかだよ。

Martin's Mum: Well, when I finished I was just a bit out of breath, that’s all, and all it was, was I h-h-had a bit of that funny throbbing thing I get, you know. それは、終わったらちょっと息が切れて、それだけよ、それで、ちょっと変なふうに痛くてねえ。

Martin: What - what, in your chest? Chest pains? え、何、胸が?胸痛?

Martin's Mum: Well not chest pains. You know not ‘Oooo, chest pain!’. Honestly Martin, all I needed was a quick sit-down and it would have gone away. But nothing would please that fusspot Sandra but we send for the ambulance. Honestly, an ambulance! For me! Can you imagine? あら胸痛ではないわ。そうでしょ「あら〜、胸痛!」ではないの。実はね、マーティン、ただちょっと座ってひと休みすれば治るものだったの。それがサンドラが救急車を呼ぶってきかなくって。はっきり言って、救急車よ!この私に!想像できる?

Martin: Yes, yes I can. うん、できるよ。

Martin's Mum: But what if someone had really needed it? でも、本当に必要な人がいたらどうするの?

Caitlin: Mum, are you okay? ママ、大丈夫なの?

Martin's Mum: Oh, Caitlin, not you as well, you shouldn’t have come. まあ、ケイトリン、あなたまで、来てくれなくてもいいのに。

Caitlin: Of course I should. (less affectionately) Hi Martin. 来るに決まってるでしょ。(冷たそうに)あら、マーティン。

Martin: Hi Cat. やあ、キャット。

Martin's Mum: Oh, look, you’re in your uniform. Have you come from work too? あら、まあ、制服のままね。あなたまでお仕事から来たの?

Caitlin: Of course I have. もちろんそうよ。

Martin's Mum: But you finished your shift, didn’t you? でもちゃんとシフトは終わらせて来たんでしょ?

Caitlin: No! I told them my mum was in hospital and I - 違うわよ、ママが入院したって言ってー

Martin's Mum: Oh no! At least Martin finished his shift. あらいやだ、少なくともマーティンは終わらせて来たわよ。

Martin: Mum I didn’t really have a choice - ママ、僕仕方がなくてー

Martin's Mum: Go on, Caitlin, go back and finish your shift. I’ll be fine. 戻りなさい、ケイトリン、お仕事に。わたしはすぐ治るから。

Caitlin: They can get along without me, Mum. 仕事は私がいなくても何とかなるのよ、ママ。

Martin's Mum: They can’t. そんなことないわ。

Martin: Mum, they really can. ママ、きっと何とかなるって。

Caitlin: What does that mean, Martin? どういう意味、マーティン?

Martin: Nothing! I was agreeing with you. 何でもない!ママの言う通りだよ。

Caitlin: Agreeing with me that my job doesn’t matter. 私の仕事なんてたいしたことないって言ったわよね。

Martin: No! I just meant Wokingham can probably struggle by for a bit with one less traffic warden. いや!僕はただワッキンガムはきっとしばらく大変だなって、交通監視官1名欠員で。

Caitlin: It’s ‘fewer’. And I suppose you’re indispensible, are you? 更なる欠員よ。そしてあんたは欠くことのできない人材なんでしょ?

Martin: No, I’m not saying that. いや、そう言うつもりじゃなくて。

Dr White: Everything all right over here, Wendy? どうしましたかな、ウェンディさん?

Martin's Mum - now known as Wendy: Oh yes, thank you, Dr White. I’m sorry, the children were squabbling. ええ、おかげさまで、ホワイト先生。すみません、子供達のケンカですわ。

Caitlin: We weren’t squabbling! ケンカなんてしてないわよ!

Martin: We’re not children! 僕達子供達じゃないし!

Dr White: Yes. Pleased to meet you. Sorry to take you away from your party. ああ、初めまして。申し訳ないです、せっかくの仮装パーティーなのに。

Caitlin: What party? パーティーですって?

Martin: No - uh - th-these actually are our jobs. あ、いえ、こ、これは、実際、本当の仕事なんです。

Dr White: Oh, I see, oh. Now, Wendy, ah the good news is your ECG and your blood tests look pretty cheerful, and we don’t think you’ve had a heart attack. ほほう、そうですか、ふむ。じゃあ、ウィンディさん、良かったですよ、心電図も血液検査もきわめて健康と出ましたし、心臓発作ではありません。

Wendy: You see, I told you so. そうでしょう、申し上げましたでしょう。

Dr White: It’s looking more like a spot of Angina, but to be sure I think we’ll keep you in for a few days. むしろ咽喉部の小さな傷が考えられますが、それでも、数日ほど入院してもらいましょう。

Wendy: Oh nooo! あら、そんな!

Dr White: No more than a week and do a few investigations. なに、1週間はかかりません。検査をいくつか受けていただくだけで。

Wendy: Oh but really, no, I’m fine, honestly. Can’t I just go home? あら、でも本当に、私は大丈夫ですよ、正直言って。このまま家に帰れませんか?

Dr White: Well I - you could come in as an outpatient. Is there someone at home to look after you? そうですなー外来患者として通ってもいいんですが。家に看護してくれる人はいらっしゃいますか?

Wendy: Oh I can look after myself. あら、ひとりで大丈夫ですわ。

Caitlin: Don’t be silly. We can do it between us, can’t we Martin? だめよそんなの。私達が交替で看れるわ、そうよね、マーティン?

Martin: Uh, yes, pr-probably, and of course there’s Simon too. うー、うん、た、たぶん、それにもちろんサイモンもいるしね。

Wendy: Oh now, you’re not to bother Simon. あら、そんな、サイモンに迷惑はかけられないわ。

Martin: It’s not bothering him, we all - 迷惑なんかじゃないよ、僕達みんなー

Wendy: No, no, I really won’t have you disturbing Simon. His job’s so important. だめ、だめ、本当にサイモンの邪魔して欲しくないの。とっても大事な仕事なんだから。

Caitlin: My job’s important. あたしの仕事もよ。

Martin: Yes, and my job’s actually important. うん、僕のもほんとうに重要なんだよ。

Caitlin: What do you mean ‘actually’? どう言う意味「ほんとうに」って?

Martin: I mean both our jobs are important - like Simon’s. つまり僕達の仕事どっちも重要って意味、サイモンのと同じく。

Wendy: But Simon works for the Government! でもサイモンは政府のお仕事なんだから!

Martin: He works for the Council!  地方議会でしょ!

Wendy: Well, exactly! ええ、その通りね!

*****


Carolyn: Hello drivers! Oh, driver. How long now? ハロー 運転手さん達!あら、ひとりだったわね。あとどのくらい?

Douglas: ‘Bout three hours. 3時間ほど。

Carolyn: Right. Oh gosh it’s boring up here when it’s just you, isn’t it? そう。 あ〜いやだ、ここに来てもつまらないわ、あなたひとりじゃねぇ?

Douglas: You took the words right out of my mouth. それは僕が今言おうと思ってたことですが。

Carolyn: Well don’t you have some sort of game going? あらまたゲームか何かの続き?

Douglas: I don’t think so. Only the ‘words of one syllable’ one. そう・じゃ・ない。1・音・節・で・言った・だけ。

Carolyn: Oh yes, you were terrible at that. ええ、そう、あなた下手だったわね。

Douglas: I was not! 下手・じゃ・ない!

Carolyn: You were. You said ‘accident’. 下手よ。「アクシデント」って言ってたもの。

Douglas: Oh come on. That wasn’t part of the game. えええ。あれはゲームじゃない時ですが。
Carolyn: Nevertheless. そうだったかもしれないけど。

Douglas: Well you couldn’t even manage a full sentence. 君には文を完成することもできなかったのに。

Carolyn: I wasn’t playing! 私はゲームしたなかったもの。

Douglas: Well then. ... Do you think you could do ... more well now? まあいいけど・・もう・ちょっと・は・出来る・かな?

Carolyn: I think I could do far, far more well now. 私・なら・もっと・もっと・でき・るわ。

Douglas: Right. Well then. Let us both play at the same time and the first one to use a word of more than one … sound … will lose. そう。じゃ、二人・同時・に・始・め、1・より・多い・音・節・言っ・たら・負け。

Carolyn : You are on. And you will lose. のった・わね。あな・たが・負け・よ。

Douglas : As I say, you took the words right out of my mouth. 言った・けど、それ・は・こっちの・台・詞。

Carolyn: Ah - ! ああ!
 
Douglas: Yes? はい?

Carolyn: Ooooohh! おおおおおお!

*****

Martin : Mum! Do you want tea? ママ、お茶飲む?

Wendy : Oh I’ll make it. ああ、入れるわね。

Martin: No, no, no, don’t get up! I can - だめ、だめだよ、起きちゃ!僕がー

Wendy: I can do that. 私がやるわ。

Wendy: Go and sit down. 向こうで座ってなさい。

Martin: Look, really, Mum, that’s - that’s not how the ‘looking after’ thing works. ねえ、ほんとママ、これじゃ看護してることにならないよ。

Wendy: But I’m fine, really, I - でも大丈夫だから、私はー

Martin: I know, you could run a marathon. Would you like some tea? わかった、マラソンも走れるんだよね。お茶飲む?

Wendy: Oh, well, only if you’re making some. あら、そうね、もし調度入れるとこだったら。

Martin: I am making some. We’ve definitely established that. 入れるとこ。それはもうさっきからわかってると思うけど。

Wendy: All right then. じゃあお願いね。

Martin: Good. Milk, one sugar still? いいよ。ミルクと、今も砂糖ひとつ?

Wendy: Oh, just however it comes. ああ、ならそれでいいわ。

Martin: It comes however you - fine.  ちゃんと言ってくれればー わかった。

Wendy: Oh, give me the chipped mug. あら、私はその欠けたマグでいいわ。

Martin: I-I-I could do that or we could both have mugs without chips. ぼぼぼ、僕がそっちでもいいんだけど欠けてないのを二人とも使おうよ。

Wendy: But I don’t mind the chipped mug. でも私はいいのよ欠けたマグで。

Martin: I-I know you don’t mind it but - fine. Here you are: already-being-made tea, however it comes, in a chipped mug. Just the way you like it. い、いいとは思うんだけどね、でもね、ーわかった。はいどうぞ:ママ特注ティーだよ、ミルク砂糖ひとつ欠けたマグだけど、お望み通り。

Wendy: You’re very good to - oh, Martin, you’re having coffee. 優しい子ね、あら、マーティン、あなたコーヒーじゃない。

Martin: I know. そうだよ。

Wendy: I’d have had coffee. 私もコーヒーで良かったのに。

Martin: Mum, two things: you don’t like coffee, and you’re not allowed to have coffee ! ママ、ふたつ言っていいかな、ママはコーヒー嫌いでしょ、そして、コーヒー飲んじゃいけないんだよ!

Wendy: It would have been fine! きっと大丈夫よ!

Martin: Yes, absolutely fine, except you wouldn’t have enjoyed it and it might have given you a heart attack! うん、絶対大丈夫、ただし飲んだり、それで心臓発作起こさなければ!

Wendy: I’m sorry. 私が悪かったわ。

Martin: No, no, Mum, I-I’m sorry. I didn’t mean to snap at you, I’m sorry. い、いや、ママ、悪いのは僕だよ。こんなキツい言い方して、ごめん。

Wendy: No, it was my fault, I’m sorry. I just don’t want to be any trouble, that’s all. いいえ、私のせいなの。ごめんなさい。面倒をかけたくなかっただけなの。それだけなのよ。

Martin: I know. That’s the beautiful irony. わかってる。見事に予想外の展開だったけど。

*****

Martin : Morning Carolyn. ほはよ〜 キャロリン。

Carolyn: Good morning, Bright Eyes. Are you all right? おはようございます、お目目キラキラくん。大丈夫なの?

Martin: Mm. Fine. んんん、だいじょぶ。

Carolyn: Where’s Douglas? ダグラスはどこ?

Martin: (Yawns.) He’s just - (Yawns.) he’s jus - (Yawns.) he’s jus - ダグラスはちょっと・・・は〜、ちょっ・・・は〜、ちょっ・・ー

Douglas: Good morning, Martin! おはよう、マーティン!

Martin: Well he’s here now. ほら、来た。

Douglas : Oh, and good day to you. あー、おは・よう・キャロ・リン。

Carolyn: Good day to you too. おは・よう・ダグ・ラス。

Martin: What’s going on? 何してるの?

Douglas: That damn game. Where speech must be kept down to words of one sound. 例・の・ゲー・ム。1・音・で・しゃべ・る。

Martin: You’re not still playing that. まさかまだ続けてないよね?

Carolyn: Two days now. It turns out we’re both quite good. Well. I can’t brief like this. 2・日目。互・角・なの。さて。これ・じゃ・指示・も・無理・ね。

Douglas: Fine. Brief him. I’ll go and do the … man looks at plane bit. よし。彼を指示したら。僕は行って・・・機内・点検。

Carolyn: Oh. Thank Heavens. So. Martin, here’s - Martin? (singsongs)Mar - tin! ああ、助かったわ。さて、マーティン、じゃあね、ーマーティン? マ〜〜ティ〜ン!

Martin: Ah, yes! Hello, I’m awake! あ、はい!ハロー、起きてるよ!

Carolyn: Martin, are you fit to fly? マーティン、操縦できるの?

Martin: Mm, yes, just um six hours (Yawns.) with Mum not being any trouble, then another six being a man with a van, and now I’m going to fly a plane - somewhere. んん、はい、たったの6時間(ふあぁああ〜)、なんて何でもないよ、それで次の6時間はヴァン運転して、そしてまた飛行機飛ばしてー別の場所へ。

Carolyn: No you’re not. You’re going home to bed. Douglas and I can do this one. Look, you need to talk to your family. いいえ、しません。帰って寝るのよ。ダグラスと私でこれはなんとかするわ。いい、家族にちゃんと話さないと。

Martin: Oh I can’t. They think whenever I’m not on a trip I’m available to look after Mum. They don’t know about Icarus Removals. ああ、無理だよ。飛行機乗ってない時は僕が母をいつでも看れると思ってるんだから。家族はイカロス・リムーバルズのことは知らないんだ。

Carolyn: Well tell them. だから話しなさい。

Martin: I can’t tell them! They’re little enough impressed by me being a pilot. How can I tell them that I actually make a living out of Dad’s old van? 僕には言えないよ!彼らは僕がパイロットになってもたいした事だと思ってないんだ。実は生計は父の古いヴァンで立ててるなんてどうやって言ったらいいんだい?

Carolyn: I don’t know, but you need to find a way. However; for now there is another solution. 私にはわからないけど、あなたがどうにかすることでしょ。でもね、当面の解決策はあるわ。

Martin: Yes? うん?
Carolyn: Your mother, from the sounds of it, represents the immovable force of someone who needs helping but does not want to be helped. お母様、聞いた感じでは、典型的な "動かしがたい力" だわね。助けなくてはいられないけど助けられるのは嫌なんでしょ。

Martin : Yes. うん。

Carolyn: Well we have at our disposal, do we not, the irresistible force of someone who loves helping and doesn’t really notice whether people want him or not. じゃあ、私達にはあれが、あるじゃないの、'抵抗しがたい力' 、助けるのが大好きで、助けを求められているのかどうかはよくわかってないあれが。

*****

5

2013/2/12

キャビン・プレッシャー中毒!  Cabin Pressure

和訳はこちらのindexからご覧下さい

クリックすると元のサイズで表示します

↑ イラストはenerJaxさんのTumblrから。ラジオなのでファンの方々の力作がネットで色々見られるのですけど、私は彼女の描くマーティンが好きで好きで!!ご本人も美しい方でファンなのです。

ラジオドラマの「Cabin Pressure/キャビン・プレッシャー」中毒にかかっています。

キャビン・プレッシャーとは、ベネディクト・カンバーバッチが出演しているシリーズもので、situation comedy=sitcomと呼ばれるコメディドラマです。日本語カタカナではシットコムと表記するのですけど、そう発音してはいけません!英語民族に驚かれます!スィットコムです、正しくは。
飛行機を舞台に、主要な登場人物4人と、エピソードによりプラス1〜3名くらいのゲストで、1話完結型だけど、お話はエピソードを積み重ね、現実に添って時間の経過もあるので、登場人物達への愛も深まってしまうのです。

で、中毒の直接のキッカケは、今年1/9からシリーズ4が週1で始まったことでした。
その前にCD(DLで購入ですが)でシリーズ1〜3も聞いてはいたのですけど、録音とは言え、毎週1話新作が聞ける、BBCラジオはiPlayerでイギリス国外でも聞けるので、全世界同じ時間に!というライブ感がなんともドキドキするのです〜〜〜

しかも、家では家族がいて映画やドラマには集中する時間がないけど、音だけのラジオドラマは、iPhoneでいつでもどこでも、家を出た瞬間、道を歩いていてもバスや電車に乗っていても聞けるのが私にぴったり!!・・・・が、最近にいたっては、家にいてもイヤフォンを装着しているので、ちょっと家族の手前、なるべく自重するようにはしています。

しかしなぜに中毒になるかと言うと、単純な理由@は、まず、英語なので1回では全部わからないからです!
わかる部分だけでも楽しいのだけど、もっとわかりたいと思って2回目聞いたら、シリーズ4に出てきたことの布石(その段階でライターのジョン・フェネモアが先を考えていたかは不明)が前に出ていて感動してしまい「ああ、聞き逃しはもったいないぞ!!」とまた聞いてしまうのです〜〜

しかし、この理由はネイティブでない人だけの理由で、でも1回でさらっとわかる本国でも人気なのはシリーズが4まで続いていることで明らかです。ですので、理由そのA(メイン)は、キャラクター設定と役者さんの演技でしょう。特に、女性に受ける理由としては、主要キャラの女性は60代の大いばりキャロリン(飛行機オーナー)のみで、あとの3人は男子、つっこみの中年パイロット=ダグラス、残る二人は花の30代、人生のほぼ全てが飛行機愛の一途なパイロット=マーティン、道化役のアーサー(スチュワード)という男子の世界だからじゃないでしょうか。しかも、お笑いなのに、この3人の男子は役どころは変なのに、どうしても知性や清潔感を隠しきれないと感じるのは私だけかしら。。。

余談ですが、キャロリンはみんなのボスだから当然かも知れないけど、とってもBOSSY(仕切り屋)で、私の義理の母を思い出させるのですよねぇ。で、私の旦那は男ばかりの3人兄弟なのです。なるほどねー。男3人を仕切るってのは、ビシッ!バシッ!!とやらないと、皆勝手なことばかりして統率できないんだろうな〜と妙にうなずけたりします。

ああ・・・
この楽しい「週刊キャビンプレッシャー」も今週の木曜朝でシリーズ4の最終話を迎えます。楽しみであり、そして寂しい!この中毒熱をどこに発散していいかわからないから、いっそ和訳でもしようかな。。。


最近のエピソードも上の「シリーズ4が週1で」というリンクからパソコンで聞けますので、未聴の方ぜひ聞いてみてくださいね。




8

2013/2/9

マイノリティ婚  いろいろ

イギリスとフランスの下院で同性婚を認める法案が可決されました。
法の上での差別がひとつ減ったことは嬉しいです!!

クリックすると元のサイズで表示します

実は以前から思ってましたが、私は国際婚をしているので、同じマイノリティである同性カップルのことは他人事とは思えないのです。

少し親しくなった人から「どうして外国人と結婚したの?」って聞かれたことあるけど、何と答えていいかわからない。よく聞く「たまたま好きになった人が外国人だっただけ」って答えはなんか違う気がする。

ロンドンやNYのように国籍や人種が多様な地域では「国際婚」という概念すらなく、マイノリティではないけれど、それはほんの一部の地域にすぎないし、法の上でも、明治時代には、外国人と結婚する日本人女性は日本国籍を失い、日本人男性と結婚する外国人女性は日本国籍を得たのです。また子供は、日本人の父を持つ場合のみ日本国籍をみとめられました。この法律は戦後まで続いていたのです。

今回のイギリス同性婚だって認められるのはイングランドとウェールズのみです。スコットランドと北アイルランドではまだ認められていません。つまりどちらも広く回りを見渡せばまだまだ肩身が狭い。

ゲイの物語(自叙伝)でも、限られたゲイの世界では自由を満喫できるけれど、いざステディな恋人が出来て、家族に紹介、となると一気に問題は深刻に。家庭により家風は様々だし、カミングアウトするのに一番勇気を出さなくちゃいけないのは自分の家族だと思う。どんなに自分は悪い事をしていないと思っていても、世間で認められていない事だと客観的に考えれば家族が傷つくだろうし反対されるかもしれないから。

私の親は、私が昔ひとりでロンドンに数ヶ月行った時に、行く前から「外人(との結婚)はだめだよ」と、私が何も言ってないのに忠告してきました。ふむ。勘が良かったのねwww それは冗談ですけど、なにその忠告?それから数年後、今の夫のJと結婚すると話す前の私の苦しみ、話した後、身体を壊した親の苦しみ。今でもJを親戚に紹介する気もないです。国際婚ですらこんな扱いだから、同性カップルのご心労はさぞかしなもんでしょう。

だいたい他人の恋愛なんて、異性間でも日本人同士でも、理解できないケースはいくらでもあるんだから、それを自分の好みを基準にあれこれ人にも押し付けるのは無意味ですし、個人の権利を性や国籍などを理由に制限するのは、人を個人としてでなくカテゴリーに分けて差別すること。子供は男と女の遺伝子の組み合わせでしか自然界では生まれないけど、結婚や養子縁組の制度は人間が作ったものだから、そこからは人為的に差別は取り除いて欲しいと思うのです。



1

2013/2/8

Simple Jammy biscuits  たべもの

勢いついたお菓子づくり、ジャム入りビスケットです。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっとルックスは大目に見てください〜

これ、本当に、カンタンおいしいです!!!
実はジャム・ビスケットを初めて作ったのは、ロンドンで娘の子供向け雑誌に載っていたレシピを見た時でした。そうです!幼稚園児に作らせるような、手軽さなのです

今回のはBBC BoodFood というサイトから。原文はリンク先を見てくださいね。

Simple Jammy biscuits

準備10分 クッキング12分

材料

薄力粉 200g
ベーキングパウダー 小さじ山盛り1
粉糖 100g
バター 100g
卵 1個 かき混ぜておく
苺ジャム 大さじ4

1.オーブンを190℃に暖めておく。粉類、砂糖、バターをパン粉状になるまで指で揉む。
 フードプロセッサーにかけてもよい。これが固いドウになる分量の卵を混ぜる。
 (しましま注:大きい卵全部だとベタベタになりすぎるので注意)

2.手に粉をふり、ドウを円柱状の形にする。直径5cmくらい。2cmの厚さに輪切りにし
 ベーキング・シートを敷いたトレイに、焼くと膨れるので間をあけて並べる。

3.ビスケットの中央に、木のスプーンの先でへこみを作り、中にジャムを小さじ1ずつ
 入れる。10~15分くらい、やや膨れてキツネ色になるまで焼く。さます。


コツは、粉糖を使うこと。
マイルドな甘さに仕上がります。バリエーションを楽しみたい時はブラウンシュガーなど
別の砂糖類で試してみてもいいと思いました。でもまずは粉糖でお試しください!

ちょっと注意(というか私の失敗)
焼き上がってオーブンから出す時、ジャムはまだ沸騰して液状なので、トレイを水平に
保たないとビスケットのあちこちにこぼれてしまいます!え〜〜ん!><;

入れ知恵
ジャムは、苺じゃなくても何でも大丈夫です。うちには苺ジャムなかったので、
オレンジマーマレード、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックチェリーで作りました。

ではでは〜〜甘い誘惑におつき合いくださりありがとうございます。
ボナペティ!!


2/9追記
BBC Good Foodの原文をお読みになって疑問に思われた方のために一応解説しますと、
原料の「self-rising flour」とは、初めからベーキングパウダーが入っている薄力粉
のことです。(普通の薄力粉は all-purpose flour と言います)日本にはないので、普通の薄力粉+ベーキングパウダーと訳しました。日本だと「ホットケーキミックス」に近いかも知れないけど、砂糖、塩、脱脂粉乳などが混ざっていてレシピの砂糖の分量が狂うので私は使いません。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ