2013/2/28

0403 Vaduz  Cabin Pressure

クリックすると元のサイズで表示します

急展開に息をのむVaduz、ドラマでは英語発音で統一されていますけれど、
カナでは「ファドゥーツ」と表記するようなので、通例に従います。

スクリプトはAriane DeVereさんのブログから。Many thanks.

クリックすると元のサイズで表示します

This week, Vaduz!

HERC: Carolyn, ten minutes. キャロリン、10分だよ。

CAROLYN: Yes, all right, Herc. So, last recap: if the phone rings, answer it and take a message. If an email comes in, reply to it. If ... ええ、わかってるわ、ハーク。じゃあ、最終確認よ:電話が鳴ったら、出て伝言を聞いておいて。メールが来たら、返事して。もし・・・

DOUGLAS: Hang on. I’m taking notes. 待ってよ。メモするから。

ARTHUR: But, er, don’t worry about faxes, guys, because Mum’s put me in charge of the faxes. でも、んんー、ファックスは心配ないよ、ママが僕をファックス担当にしたから。

MARTIN: Are you sure, Carolyn? Because some people do still have fax machines. ホント、キャロリン?まだファックス持ってる人はいるんだよ。

CAROLYN : Yes. Yes, some people do. We don’t, though. And, most importantly, I will have my phone on at all times. Call me at once if anything happens at all. ええ、ええ、いるけど、うちにはないから。そして、最重要事項は、私の携帯は常に電源を入れておきます。ただちに電話してね、何かあったら。

HERC: Er, i-if I could just clarify that a little. Do not call her, no matter what happens. えー、ち、ちょっと明確にしていいかな、かけなくていいよ。何があっても。

CAROLYN: Don’t listen to him. Call me if anything goes wrong, or if we get any bookings. 聞かなくていいのよ彼の言うことは。電話して、何かあったり、予約が入ったりしたら。 

HERC: Those are just two of the circumstances under which you should not call. Other such circumstances include the following: any circumstances. それは電話すべきでない情況のうちのたった二つにすぎない。ちなみに他の情況とはつまり、どんな情況だろうともだ。

CAROLYN: Ignore him. 無視していいわ。

HERC: Ignore her. 無視しろ。

DOUGLAS: What a peaceful holiday you two are going to have. 何とも平和な休暇になりそうだね。

CAROLYN: It is not a holiday; it is a ... trip. 休暇じゃないのよ;ただの、旅行です。

HERC: It’s a holiday – the first holiday I’ve had for years. 休暇だね ー僕にとっては実に数年ぶりの。

DOUGLAS: I suppose normally you’d just wait for the next honeymoon to roll round. 普通に考えたら君達は次のハネムーンが巡り来るのを待つのかと。

ARTHUR: What? 何それ?

HERC: Douglas is wittily referring to my four marriages, Arthur, as opposed to his mere three. ダグラスはシャレて僕の4回の結婚に言及したんだよ、アーサー、彼の3回に対してね。

ARTHUR: Wow! Is that true? You two have got seven ex-wives? うあお!本当なの?君たち2人で元妻が7人?

HERC: Between us, yes ... I think. There isn’t any overlap, is there, Douglas? 合わせれば、イエス・・・のはずだ。重複がなければねえ、ダグラス?

DOUGLAS: I’d have to check my paperwork. 書類を検証しないと。

ARTHUR: Seven! That’s enough for a netball team! 7人かあ!ネットボールのチームができるよ!

HERC: What a chilling thought. 何とも恐ろしい発想だね。

DOUGLAS: Of course, if Carolyn contributes her two husbands as well, we’re well on our way to a football team. まったくだ、もしキャロリンも2人の夫達を貢献してくれたら、サッカーチームだってすぐできる。

CAROLYN: Thank you, Douglas. That will do. ありがとう、ダグラス。いい考えね。

HERC: I-I think I’d put my second wife in goal. 僕の2番目はキーパーをやらせるよ。

CAROLYN: Hercules Shipwright, did you just do a ‘My ex-wife’s so fat’ joke? ハーキュリーズ・シップライト、それは、「僕の元妻はおデブ」という冗談だったのかしら?

HERC: Certainly not! She happens to be a professional goalkeeper. とんでもない!彼女はプロのキーパーにもなるかもしれない。

CAROLYN: Really? 本当?

HERC: No. She’s huge. いや、巨体なんだ。



DOUGLAS: Your turn, I think. 君の番じゃなかったかな?

MARTIN : Hello? MJN Air. Captain Martin Crieff speaking. はい、MJN航空、マーティン・クリフです。

THERESA: Hello. I would like a quote for a booking this Friday. もしもし。今週金曜日の予約をしたいのですけど。

MARTIN: Certainly. May I take your name? かしこまりました。お名前をいただけますか?

THERESA: Yes. I am Princess Theresa of Liechtenstein. はい。リヒテンシュタイン皇女テレーザです。

MARTIN: Are you? あなたが?

THERESA: I am, yes. わたくしです、はい。

MARTIN: What a coincidence. 偶然ですね。

THERESA: In what way? 何の偶然です?

MARTIN: Oh, it’s just that I’m the Lord High Arch-duke Martin of Crieffstonia. おお、私はクリフストニア大公マーティン卿でございますから。

THERESA: Ahh! あ〜ら!

MARTIN: Now what can I do for you? ご用件は何ですかな?

THERESA: Well ... えっと・・・

MARTIN: Is it a dragon? ドラゴンですか?

THERESA: What? な〜に?

MARTIN: D’you need rescuing from a dragon? Only I know what you princesses are like. ドラゴンから助けてくれと?お姫様とはそういうもんでしょ。

DOUGLAS: Er, Martin. あ〜、マーティン?

MARTIN: Mmm?  んん?

DOUGLAS: This is nothing to do with me. この件に僕はからんでないよ。

MARTIN: No, of course not! そーだよね!

DOUGLAS: No! Really! 本当だよ!

MARTIN: E-e-e-e-excuse me; can you wait a minute? すすすすすすみません; お待ちいただけますか?

THERESA: My pleasure. It will allow me to catch my breath from all the hilarity. 喜んで。その間に一息つけるわ、随分笑わせてもらったから。

MARTIN: Seriously, Douglas – this isn’t one of your mates? 真面で、ダグラス ー君の仕業じゃないの?

DOUGLAS: Who is it? 誰だったんだ?

MARTIN: The Princess of Liechtenstein! リヒテンシュタイン公国皇女!

DOUGLAS: No. The Princess of Liechtenstein is not one of my mates. うん。リヒテンシュタイン公国皇女に知り合いはいない。

MARTIN: Right! Fine! Then you talk to her! よし!わかった!じゃ君が話してよ!

DOUGLAS: With pleasure. Hello. This is First Officer Douglas Richardson. I do apologise. We’ve been getting some hoax calls this week. Now, how can we help you? 光栄だ。もしもし。副操縦士のダグラス・リチャードソンです。お詫び申し上げます。弊社には複数のいたずら電話が今週はございまして。では、承りましょう?

THERESA: Well, I am Princess Theresa of Liechtenstein and I was hoping to charter you to fly the king and I from Vaduz to Fitton. では、私はリヒテンシュタイン皇女テレーザですが、チャーターをお願いしたかったんです。王と私をファドゥーツからフィットンまで。

DOUGLAS: But of course! To fly The King And I? Well, this is The Sound of Music to our ears! Why, not since we flew Madam Butterfly to the South Pacific have we had ...  承知しました! 王様と私、をですか? はて、サウンド・オブ・ミュージックと聞こえましたが? かしこまりました、マダム・バタフライも南太平洋にお連れしておりますので・・・

MARTIN: Douglas! It’s nothing to do with me either! ダグラス! 僕も何にも仕組んでないんだけど!

DOUGLAS: Yes it is; but I must say, answering it yourself first was a very artistic touch. ああそうかい。でもね、君が最初出たことからして極めて人為的だったぞ。

MARTIN: Look at me. It’s not me! 僕がウソ言ってるように見える?

DOUGLAS: Well, it’s not me! でも、僕でもないぞ!

THERESA: Okay! So this has been a lot of fun, but ha-have we perhaps reached the point where one of you might consider googling the words ‘Theresa’ and ‘Liechtenstein’? はーい、はい!たいへん愉快ではあるけど、きっと私達の話は的をえるわよね?あなた方どちらかが「テレーザ」と「リヒテンシュタイン」ってググってみようと考えたら。

MARTIN: Douglas, look. I’ve just ... ダグラス、ね。僕・・・

DOUGLAS: Your Royal Highness. How may we be of service? 殿下。いかがいたしましょうか?

**


CAROLYN: Yeah, of course I am, Martin. Tell Arthur to meet me at the airport. ええ、もちろんよ、マーティン。じゃあアーサーに空港でと伝えてちょうだい。

HERC: Ah, Carolyn, there you are. Now, you know you were saying what fun wind surfing looked? ああ、キャロリン、ここだったんだね。ところで、前に言ってたね、ウィンド・サーフィンは楽しそうだって。

CAROLYN: I don’t recall saying anything of the kind. そんなこと言った覚えはないわ。

HERC: Well, you were very drunk at the time. ああ、あの時はかなり酔ってたからな。

CAROLYN: I was not! そんなはずありません!

HERC: Nonetheless, you did say it, and accordingly I have booked us lessons this afternoon. そんなはずなくても、言ってたよ、だから、レッスンを午後に予約しておいたからね。

CAROLYN: Oh, that’s nice(!) Anyway, I am going to Liechtenstein. まあ、嬉しい(!)とにかく、私はリヒテンシュタインへ行くわ。

HERC: I think you might be over-reacting a little. リアクションが大げさのような気がするけど。

CAROLYN: Martin just called. He’s just had a booking from the King of Liechtenstein. 今マーティンから電話が来たの。リヒテンシュタイン王から予約が入ったのよ。

HERC: Well that’s obviously Douglas doing a funny voice. そりゃ、間違いなくダグラスの企みだろう。

CAROLYN: You would think so, yes, but apparently not. そう思えるでしょうけど、それが、違うようなの。

HERC: Well, the boys can cope. まあ、任せておけるよ。

CAROLYN: What, with a king? Of course they can’t! 王なのよ?あの子達には無理!

HERC: I didn’t realise you were in such thrall to royalty. 君が王族の奴隷とは知らなかったな。

CAROLYN: I don’t give two hoots for royalty! 王族なんて何とも思ってないわよ!

HERC: I think you give four or five hoots. 叫ぶほどのファンかと思った。

CAROLYN: I do not. 違います。

HERC: And not just any old hoots: low and reverent hoots, like an owl at a Jubilee. しかもただの叫びじゃない、牛のような恭しい叫びだよ、即位祝祭のフクロウのような。

CAROLYN: No! I’m sorry, Herc. I really have to go. やめて!申し訳ないけどハーク。やっぱり行かないと。

HERC: No! You don’t. Not on the second day of our first and only holiday in sixteen months together. だめだ!まだ2日目だよ。16か月目にして初めての休日の。

CAROLYN: Look, I told you when I agreed to come, I’d have to leave if work came up. いい、来るって賛成した時に言ったでしょ、仕事に何かあったら抜けなきゃいけないって。

HERC: And I told you I didn’t agree and wasn’t listening. そして僕はそれには賛成しかねるし聞かなかったとも言ったよ。

CAROLYN: Oh, honestly, Herc. It’s not a big deal. もう、真面目な話、ハーク、そんな大げさな。

HERC: Well, in fact, it is a bit, because it’s important to me that we spend time together ... でも、本当言うと、大げさでもない、だって大切なことは僕達が一緒に過ごすことなんだから・・・

CAROLYN: Oh, don’t. もうやめて。

HERC: ... because I love you. ・・・だって愛してるんだよ。

CAROLYN : Yes. So you keep saying. ええ。それは聞いてるわ。

HERC: I do, don’t I? 言ってるよね?

CAROLYN: Yes. Yes, and I wish you wouldn’t. It makes you sound like a Disney toy. ええ。ええ、でも言わないでもらいたいわ。ディズニーのおもちゃみたいに聞こえるもの。

HERC: Actually, Disney didn’t come up with the concept of expressing love. Other people have found it important as well. 実際には、ディズニーは愛の表現をコンセプトにはしてなかったんだよ。他の人達がそれも重要だと見いだしたんだ。

CAROLYN: Well, who? いったい誰が?

HERC: Most of humanity. 人類のほとんどが。

CAROLYN: Well, there you are, then. You know what chumps they are. あら、ほらごらんなさい。低能ばっかりだってわかるわねえ。

HERC: Who, humanity? 誰が?人類が?

CAROLYN: Yes, by and large. ええ、全般的にみた場合。

HERC: ... Well, granted. But still. ・・・まあ、認める。でもね。




ARTHUR: Okay, chaps. I’ve been, er, practising bows. Do you think, er, this one ... ... or this one? よ〜し、みんな、おじぎの練習してるんだ。あのさ、・・・・これって・・・どう?それとも・・・こうかな?

ARTHUR: That’s a slightly fancier one. 今のは、やや装飾的なやつなんだ。

DOUGLAS: Isn’t it just? What happens if you don’t catch your hat? そうだったかい? じゃあ、もし帽子をとらなかったらどうなるんだい?

ARTHUR: Yeah, I thought of that. Er, I can extend the bit at the end to include picking it up. うーん、それも考えてみた。ん〜、帽子を取った方が最後をちょっと長くできるんだよねえ。

MARTIN: Just a simple inclination of the head from the neck, Arthur – that’s enough. シンプルな首から頭への傾斜だよ、アーサー、それで充分だ。

ARTHUR: Are you sure? Doesn’t sound very king-y. それでいいの? あんまり王様っぽくないな。

MARTIN: Quite sure. I’ve been brushing up on protocol. かなりいいの。僕は礼儀には磨きをかけて来たんだ。

DOUGLAS: Of course you have. それはそうだろうね。

MARTIN: Also, never look at the king directly. さらに、王を直接見ては絶対にいけない。

DOUGLAS: Are you sure you’re not confusing him with the sun? 王と太陽を混同してないのは確かかい?

MARTIN: And don’t hold eye contact. Just-just glance up and look away. そしてアイコンタクトは続けてはいけない。一瞬見て、そして目をそらすんだ。

DOUGLAS: Even if we’re looking at him through smoked glass? 曇りグラス越しに見たとしても?

ARTHUR: Okay, I’m gonna go and practise. よし、ちょっと行って練習してくる。

DOUGLAS: So ... Martin. What sort of team would your exes make? それで・・・マーティン。君の元◯◯では何のチームを作るんだい?

MARTIN: What? No team. You know I’ve never been married. え何?チームなんかない。僕が結婚したことないのは知ってるだろ。

DOUGLAS: Mmm, but what about ex-girlfriends? ふむ、では、元彼女達では?

MARTIN: I’m not telling you that. そんなこと話さない。

DOUGLAS: Okay. オーケー。

MARTIN: That’s private. 私的事項だ。

DOUGLAS: Absolutely. Forget I asked. その通りだ。質問は忘れてくれ。

MARTIN: How-how-how-how many people in a bobsled? な、な、なななな何人だっけ、ボブスレーって?

DOUGLAS: Four. 4人。

MARTIN: Oh. あ。

DOUGLAS: There’s five in a basketball team, if that helps. バスケットは5人だよ、参考になればだが。

MARTIN: It doesn’t. いやいいんだ。

DOUGLAS: Ah. I don’t think there’s anything with three. ああ。3人ってのはないと思うなあ。

MARTIN: No ... ... there wouldn’t be. そうか・・・・ないだろな・・・・

DOUGLAS: Hang on; I’ll look it up. 待てよ、調べてみる。

MARTIN: There’s really no need. そんなこともういいよ。

DOUGLAS: Pétanque! ペタンク!

MARTIN: What? なに?

DOUGLAS: There’s three players in a pétanque team! You know, boules – like old Frenchmen play. ペタンクのチームは3人だ!ブールだよ ー フランスの老人がやるやつ。

MARTIN : Go on, then. どうぞ、じゃ。

DOUGLAS: What? 何を?

MARTIN: Well, I know you only asked me so I would ask you. What sort of a team would your ex-girlfriends be? 君が僕に聞いてきただけなんだから、今度は僕が聞いてる。君の元彼女チームは何になるの?

DOUGLAS: Hmmm. Well, you know the start of the London Marathon ...? ふーむ。えっと、あのさ、ロンドン・マラソンのスタートってわかる・・・?

MARTIN: Yes, all right! もういいよ!



DOUGLAS: Shut-down checks complete; and fuel remaining is ... one thousand six hundred litres. シャットダウン確認完了、燃料残量は・・・・1600ℓ。

MARTIN: One thousand six hundred. Got it. Right. Let’s go – quick, quick, quick. 1600。了解。では行こう ー 早く、早く、早く。

DOUGLAS: We’re still early. まだ早いよ。

MARTIN: Yes, but we could be earlier. うん。でも早くてもいいじゃないか。

OTTO : Er, hello? えー、ハロー?

OTTO: Hi. I am Otto. ハイ。わたしはオットーです。

MARTIN: Hello. ハロー。

OTTO: I am your ground handling agent today. Er, we hope ... わたくしは、あなたの本日の地上業務代理人です。えー、・・・・

MARTIN : Yes, good-good-good. We’d like to take off at five. はい、いいですね。5時に離陸したいんですが。

OTTO: Ja, sure, sure. In the meantime, d’you want cleaning services? ハイわかりました。それまで、清掃サービスほしいですか?

MARTIN: Er, no thank you. We take care of that ourselves. いえ、結構です。自分達でやりますから。

OTTO: Okay, yeah, sure. So, catering services? オーケー、ハイわかりました。ケータリング・サービスは?

MARTIN: No, we do that too. Okay, thanks ... いえ、それも大丈夫です。オーケー、どうも・・・

OTTO: Check-in desks? チェックイン・カウンターは?

MARTIN: No, again, we ... それもいいんです、うちは・・・

OTTO: ... you do it yourselves, sure, yeah. How about ...? ・・・じぶんでやりますか、わかりました、ハイ。では・・・・?

MARTIN: No, I’m sorry. We really have to go. We are actually, as it happens, collecting the King of Liechtenstein, so anything else, just-just assume we do it ourselves. いえ、すみません。もう行かなきゃならないんで。実に、これからリヒテンシュタイン王を迎えに行くことになってるんで、他の何もかも、こちらでやるのをご承知ください。

OTTO: Fuel. 燃料。

MARTIN: Oh. ああ。

OTTO: You have a little portable refinery up there in the tail, maybe? 小型ポータブル製油所を尾翼に備えていらっしゃる、とか?

OTTO: Or will His Majesty be bringing a couple of barrels of his own brew? それか、国王陛下は自家醸造酒も樽で積み込まれるとか?

MARTIN: Okay, sorry, yes, we want refuelling. We’ll need three thousand litres. オーケー、すまない、はい、燃料補給はたのみます。3000ℓ必要になる。

OTTO: Okey-dokey. オッキドッキ。



ARTHUR: Shall I offer to take his crown, or will he want to keep it on for the flight? 僕、王冠預かってあげた方がいいかな、それとも王様はフライト中も冠っていたいのかな?

DOUGLAS: Just a minute, Arthur. Martin ... ちょっと待って、アーサー。マーティン・・・

MARTIN: Hmm? んーー?

DOUGLAS: What are you doing? 何してるんだ?

MARTIN: I know you’re going to laugh. 君が笑うのはわかってるんだ。

DOUGLAS: Are you putting on ...? それ、付けてるのは・・・?

MARTIN: It is correct protocol to wear one’s decorations when greeting a foreign head of state. 胸に勲章を付けるのが正式な礼儀なんだ、外国の君主に挨拶をする時には。

DOUGLAS: Medals?! When did you get medals?! メダル?いつメダルなんてもらったんだい? 

MARTIN: During the ten years I was a ... member of the Air Cadets. 10年間僕は・・・空軍訓練学校のメンバーだった。

DOUGLAS: I see. What’s this one? なるほど。それでこれは?

MARTIN: That’s my Cadet Forces Medal. 僕の空軍幼年部隊メダル。

DOUGLAS: For ...? なんでもらったの・・・?

MARTIN: Being in the Air Cadets. 空軍幼年隊に在籍したから。

DOUGLAS: Impressive stuff! And the other one? それは印象的な!でそっちのは?

MARTIN : Doesn’t matter. なんでもない。

DOUGLAS: It does matter. そんなことない。

MARTIN: You’ll only make fun of it. 笑いものにするだけだろ。

DOUGLAS: Martin, let us be perfectly clear: the good ship Douglas Making Fun of Martin’s Medals set sail the moment you took the decision to put on some medals. The voyage is now well underway, and I can only suggest you relax and enjoy it. What’s the other one? マーティン、はっきりしておこう;良き船は、ダグラスがマーティンのメダルを笑ううちに出航した。君がメダルを着用しようと決意したその瞬間に。現在航海は順調に進行中、提言しえるのはただ、緊張を解き享受せよということのみ。そっちのは何だい?

MARTIN: ... It’s ... my Millennium Star. ・・・これは・・・僕のミレニアム・スターだよ。

DOUGLAS: Is it?! And that’s awarded for ...? そうか?!それは何の賞を・・・・?

MARTIN: I think you know what it’s for. わかってるだろ。

DOUGLAS: I have a wild hope, certainly, but surely it’s too good to be true. すごい期待で確かにドキドキしてる、でもそれじゃあ上等すぎて本当のわけがないと思うんだ。

MARTIN: It was awarded – by the Queen – to all serving members of the Armed Forces and Cadet Corps ... to commemorate the new millennium. これは、授与されたんだ ー 女王様から ー 軍隊と訓練団員全員に・・・新ミレニアム記念に。

DOUGLAS : It is! You’re going to meet the King of Liechtenstein wearing a medal you got for being alive in the year two thousand! そうか! 君はリヒテンシュタイン王に会いに行く。西暦2000年に生存したがため獲得したメダルをつけて!

ARTHUR: I wish I’d known. I could have got that one. 僕も知ってたらなあ。僕ももらえたのにな。





*2 に続きます







1

2013/2/26

0405 Xinzhou 2  Cabin Pressure

では、後半です!!
クリックすると元のサイズで表示しますいまココ

DOUGLAS: All right, here's a game. わかった、じゃゲームだね。

MARTIN: No, no seriously, Douglas - I will not let us fly if we don't get some sleep. いや、だめだよ、ほんとに、ダグラスー 飛ばせられない、睡眠とらないと。

DOUGLAS: This will help us sleep, take our mind [sic] off the discomfort, and the hunger, and the delicious aroma of mysterious bacon. 眠くなるからやるんだ、意識をそらすんだよ、不安、餓え、そしてあのミステリアスなベーコンの極上の芳香から。

MARTIN: All right, all right! All right. What game?  わかった、わかった、わかったよ。で何やる?

DOUGLAS: Question and answer, film double bills. 問題と答え、二本立て。

MARTIN: What'd'you mean? 何それ?

DOUGLAS: Who Framed Roger Rabbit? Gandhi. ロジャー・ラビットに濡れ衣きせたのは誰?ガンジー。(Who Framed Roger Rabbitは「ロジャー・ラビット」の原題)

MARTIN: OK. Uhh...uhh...hang on, hang on... オーケー。う・・う・・待って、待ってよ・・

DOUGLAS: Whatever Happened to Baby Jane? Fight Club. 何がジェーンに起こったか?ファイト・クラブ。

MARTIN: Oh, you always - you always - you always do this; you always - you always save up loads before you announce what the game is. えー、いつも、君いつもこうだ。いつも、いっつも自分でネタ貯めといてからゲームを説明するんじゃないか。

DOUGLAS: I do no such thing. 僕はそんなことしないよ。

CAROLYN: O Brother, Where Art Thou? Notting Hill.  オー、ブラザー、なんじは何処? ノッティング・ヒル。(O Brother, Where Art Thouはオー・ブラザーの原題でart thouは古英語=are youの意、Notting Hillはノッティングヒルの恋人の原題)

DOUGLAS: Oh, hello; I thought you were asleep. おう、これは。眠ってると思った。

CAROLYN: I am asleep. 眠ってるわよ。

MARTIN: OK, OK, OK. How Green Was My Valley? オーケー、オケオケ、わが谷はいかに緑なりき?

DOUGLAS: Yes? はい?

MARTIN: Seven. セブン。

DOUGLAS: Seven? Your valley was 'seven' green? セブン? 君が谷はセブン緑?

MARTIN: Yes. Out of ten. I think the scale is implicit... そう。10中7。基準は暗黙の了解だと思う・・・

DOUGLAS: Fair enough, OK. Who Shot Liber- まあいいだろう。次。リバティー

MARTIN: I don't think this is the sort of game that makes you sleepy. ね、こんなゲームじゃ眠くならないんじゃないかな。

DOUGLAS: All right; you suggest one, then. わかった。じゃあ、何かいいのある?

MARTIN: All right. How about Fizz Buzz? いいよ。フィズバズはどう?

ARTHUR: Brilliant! ブリリアント!

MARTIN: Oh, do you know Fizz Buzz? お、フィズバズ知ってる?

ARTHUR: No, but I love the name. ううん、でも大好き。

MARTIN: Well, well. You count 'round the circle, but for any number that's a multiple of three, you say 'fizz', and any number that's a multiple of five, you say 'buzz'. え、あー。順番に数えるんだけどね、3の倍数のとき「フィズ」って言って、5の倍数のときは「バズ」って言うの。


ARTHUR: It's more mathsy than the name makes it sound. 名前の感じよりも数学的だな。

MARTIN: So, i-it's quite, sort of, hypnotic. Let's just try one. だから、けっこう、きっと、眠りを誘うよ。やってみようよ。

DOUGLAS: All right. One. 行くよ。1。

MARTIN: Two. 2。

ARTHUR: Three. 3。


DOUGLAS: Well, that was unexpected. ふむ、これは想定外。

MARTIN: No, Arthur, umm, any multiple of three you say 'Fizz'. 違うんだ、アーサー、うーん、3の倍数で「フィズ」って言って。

ARTHUR: I know, but...three isn't a multiple of three. It's just three. わかってるけど、3は3の倍数じゃない。ただの3だもの。

MARTIN: It's one, three. One time...look, just trust me, OK? 3の1倍だよ。1かける・・・まあ、信じてよ、いい?

ARTHUR: OK. オーケー。

DOUGLAS: One. 1。

MARTIN: Two. 2。

ARTHUR: Fizz. フィズ。

CAROLYN: Four. 4。

MARTIN: Buzz. バズ。

DOUGLAS: Fizz.

ARTHUR: Five. No... 5。違った・・・

MARTIN: Listen... 聞いて・・

CAROLYN: Martin, speaking as the woman who spent what felt like most of the 1980s trying to teach Arthur fractions, I suggest you give in gracefully. マーティン、1980年代のほとんどをアーサーに分数を教えようとして過ごした気がする女性として言うわ、優雅に負けを認めなさい。

MARTIN: Fine. そうか。

ARTHUR: No, no, Skip, it's a good game...it's just a bit...overcomplicated. I know, how about, it's - instead of odd numbers, you say 'fizz', and instead of even numbers, you say 'buzz'. いや、違うよ、スキップ、これいいゲームだけど、ただ、ちょっと・・・複雑すぎるだけ。わかった、じゃこうしよ、奇数の代りに「フィズ」、偶数の代りに「バズ」って言うの。

MARTIN: Arthur, that - that would just be... アーサー、そしたら、それ・・・

DOUGLAS: That does sound quite soporific, though. Fizz. それはかなり催眠効果がありそうだぞ。フィズ。

MARTIN: Buzz. バズ。

ARTHUR: One, two. Fizz. 1、2。フィズ。

CAROLYN: Buzz.バズ。

MARTIN: Fizz. フィズ。

DOUGLAS, : Buzz. バズ。

ARTHUR: One, two, three, four, five, six. Fizz. 1、2、3、4、5、6。フィズ。

CAROLYN, quietly: Buzz. バズ。

DOUGLAS, very quietly: Fizz. フィズ。

GERTI: ビーーー、ビーーーーーっ。

ARTHUR: Wow! うぉう!

GERTI: ビーーーーっ。

ARTHUR: GERTI's playing! ガーティーも参加してる!

MARTIN: What - what's happening? どうしたんだろう?

DOUGLAS: Is that the APU warning? APUの警報かな?

MARTIN: Uh, uh, uh, uh, I'll go and see. あ、あ、あ〜、僕見て来る。

ARTHUR: OW! あう!

MARTIN: Sorry, Arthur! ごめん、アーサー!

DOUGLAS: I'll come too. 僕も行くよ。

ARTHUR: Ahh! Here I am, don't tread on me! Here I am, don't tread on me! Here I am - あー!僕ここ踏まないで!僕ここ踏まないで!僕ここ踏まないで!僕ー


MARTIN: Yes, it's the APU! やっぱりAPUだった!

DOUGLAS: Oh, what's up with it now? Isn't it enough we're babysitting the damn' thing? ああ、今度はどうしたって?あれの子守りは充分してるじゃないか?

MARTIN: Well, it says - uh - it's overheating. それが、加熱オーバーだって。

DOUGLAS: Of course it is. Dear old GERTI, cover her in snow and she gets a hot flush. そりゃそうだ。かわいいガーティーもお年、雪化粧してあげて、更年期熱感です。

MARTIN: Ohhh - cover her in snow. If the snow is blowing horizontally, uh - which it is - it might be blocking up the inlet. ううう ー ガーティーに積雪。もし雪が水平に吹いて来ると、ああ、エンジン空気口を塞ぐかもしれない。



MARTIN:Ah. OK, ready. あー、準備オーケー。

ARTHUR: Good luck, Skip! 頑張ってね、スキップ!

MARTIN: Thanks. ありがと。

ARTHUR: What's he gonna do? どうするのかな?

DOUGLAS: The captain is a man of immense mechanical aptitude, and it is accordingly his plan to fine-tune the running of the AP unit by finding a hole at the back of the plane, and waggling a stick in it. 機長は素晴らしい機械的適性の持ち主で、それ故、彼のAPユニットを最効率作動させるプランとは、機体後部に風穴を発見し、棒をその中で振り回すというものである。

ARTHUR: Will that work? うまくいくかな?

DOUGLAS: Oh, yes. きっとね。


***


MARTIN: Done it! やったよ!

ARTHUR: Well done, Skip! おつかれ、スキップ!

MARTIN: Ooh! Give me a hand with my coat, Arthur. But it - it's gathering up in there pretty fast. I - I tried rigging up a sort of cover for it, but there's nothing to fix it to so it just keeps blowing off. ふほ!コート持ってくれる、アーサー。だけど、すごい勢いで溜まってるよ。カバーか何か出来ないかとやってみたんだけど、飛ばされないように固定できるものなくて。

CAROLYN: Ooh. It's that bacon smell again. It must be you, Martin. It was fine until you took your coat off. おお。またあのベーコンの臭いだわ。あなたよ、マーティン。何でもなかったのよ、あなたがコート脱ぐまでは。

MARTIN: I do not smell of bacon. 僕はベーコン臭くない。

ARTHUR: Ooh, you do a bit, Skip. あああ、ちょっと臭いよ、スキップ。

DOUGLAS: I still can't smell anything. Perhaps it's one of those shared delusions. 僕にはやっぱり何にも臭わないけど。錯覚の共有の一種じゃなかろうか。

MARTIN: Hang on, hang on, hang on - it is me! It's my shirt! My shirt smells of fried bacon! 待って、待て、待て ー 僕だよ!僕のシャツ!僕のシャツがベーコン焼いた臭いなんだ!

ARTHUR: Oh, yeah! Wow, that's brilliant! You could market those! やったね!わぉ、ブリリアントだね!売れるんじゃない!

CAROLYN: Yes, I - I really don't think he could. ええ、い、いえそれは無理かもしれないけど。

ARTHUR: I'd buy one. 僕なら買うよ。

MARTIN: How can my shirt smell of bacon? どうして僕のシャツがベーコンの臭いするんだ?

CAROLYN: Have you changed your detergent recently? 最近洗剤変えた?

MARTIN: Not to bacon! ベーコンにはしてないよ!

ARTHUR: Have you rubbed any bacon on your shirt? ベーコンをゴシゴシとシャツにつけてない?

MARTIN: No! I haven't been near any bacon! してない!僕はベーコンに近づいてもいない!

CAROLYN: Douglas, you're very quiet. ダグラス、あなたいやに静かね。

DOUGLAS: Yes, well, I have nothing to say. It's baffling, I'm baffled. ええ、その、言うこともなくてね。不可解だよね。当惑してるんだ。

MARTIN: It's you, isn't it?! You made my shirt all - bacony. 君だな、だろ!?僕のシャツをベーコンっぽくしたの。

DOUGLAS: I assure you, I haven't touched your shirt. Scout's honour. 保証してもいい、僕は君のシャツに触ってない。誓って言う。

CAROLYN: All right! Enough of this; it's one o'clock; you've got six hours left to get five hours' sleep, so get cracking. さあて、この話はこれくらいにして。1時だわ。5時間睡眠にあと6時間の猶予よ。寝ましょ。

DOUGLAS: Have you ever thought of recording a relaxation tape? かつてリラックス用テープを録音しようと考えたことなんてある?


ARTHUR: Ooh! Can we play more Fizz Buzz? おお!またフィズバズやらない?

CAROLYN: No, we cannot! Ready - lights out! だめ、できません!いい、消灯です!

ARTHUR: Here I am, don't tread on me! Here I am, don't tread on me! Here I am - 僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!僕ー

MARTIN: I have to say, Carolyn, it - it - it did seem to work, last time. 聞いてよ、キャロリン、あ、あ、あれ、効いたよね、さっきは。

CAROLYN: It's moronic. It's just 'fizz' and 'buzz'. Arthur! You're safe! あんな低能ゲーム。ただフィズとバズだけ。アーサー!誰も踏まないわよ!

ARTHUR: OK. But we can make it more complicated. Like, I know! Instead of the, um, numbers thing, it's, um, if someone says 'fizz', you have to say 'buzz.' オーケー。でも、もっと複雑にもできるよ。例えば、そうだ!数字の代りに、えっと、うん、もし誰かが「フィズ」って言ったら次の人は「バズ」って言わなきゃいけない。

DOUGLAS: That's you, making it more complicated. さすが君だ。さらに複雑だね。

ARTHUR: Let's just try it! じゃやってみようよ!

DOUGLAS: All right, fizz! いいよ、フィズ!

ARTHUR: Buzz! バズ!

DOUGLAS: It's quite a short game, isn't it? 随分と、短いゲームだよね?

ARTHUR: Yeah, OK, might need another rule. Um, how about if - if someone says 'buzz', you have to say something? うん、オーケー、別のルールもいるかも。んん、じゃあ、誰か「バズ」って言ったら、次の人は何か言わなくちゃいけないの?


MARTIN: Like what? どんなものを?

ARTHUR: Uhh - 'Have a banana!' あああ、「バナナ持って!」

CAROLYN: No, something sensible. やだわ、もっと何か気がきいたものにして。

DOUGLAS: Yes! Heaven forfend the game should be contaminated by silliness... そう!願わくば、ゲームが愚かさにより汚染されませんことを・・・・

ARTHUR: Uhh - I can't think of anything else. あー、もう他に考えられないなあ。

CAROLYN: Well, I'm not saying 'Have a banana.' とにかく、私は「バナナ持って」は言わないわよ。

ARTHUR: It's not 'Have a banana,' it's 'Have a banana!', like the song. 「バナナ持って」じゃないんだよ、「バナナ持って!」って歌みたいに。

CAROLYN: What song? 何の歌?

ARTHUR: The 'Have a banana!' song. I don't really know it, except for one bit. 「バナナ持って!」の歌。よく知らないんだけどさ、そこのちょっとしか。

DOUGLAS: 'Let's all, go down the Strand -' 「諸君、ストランドに繰り出そう」

ARTHUR: Y' all right, Douglas? 大丈夫、ダグラス?

DOUGLAS: That's the song! That's where you say, 'Have a banana!' その歌だよ!その歌に「バナナ持って!」が出て来るんだ。

ARTHUR: Well, you didn't say 'buzz'. ねえ、「バズ」って言ってないよ。

DOUGLAS: You just - you just made that up! それ、たった今勝手に作ったろ!

ARTHUR: Well, I mean, the whole thing's made up, Douglas; it's not like it's the law. えと、つまり、ぜーんぶ作ってあるんだから、ダグラス、法律ってわけじゃないから。

DOUGLAS: Fine. 'Let's all, go down the Strand -' Buzz. いいだろう。「諸君、ストランドに繰り出そう」ーバズ。

ARTHUR: 'Have a banana!' 「バナナ持って!」


MARTIN: Can I - can I just clarify the rules? ねえ、ルール確認していい?

DOUGLAS: Oh, goody. いいとも。

MARTIN: If someone says 'fizz' - 誰かが「フィズ」って言ったら、

ARTHUR: Buzz. バズ。

MARTIN: - you have to say 'buzz' - バズって言うんだ。

ARTHUR: 'Have a banana!' 「バナナ持って!」

MARTIN: - and if anyone says 'buzz' - そして「バズ」って言ったら、

ARTHUR: 'Have a banana!' 「バナナ持って!」

MARTIN: - you say 'Have a banana!' 「バナナ持って!」って言うんだ。

ARTHUR: Right! Yeah! So I'll start - fizz! そう!イエイ!じゃ僕からだよ、フィズ!

MARTIN: Buzz! バズ!

DOUGLAS: Carolyn, care to do the honours? キャロリン、義務を果たしたくない?

CAROLYN: No; I'm not saying it. いいえ、それは言わないわよ。

ARTHUR: Go on, Mum, try it; it's really fun to say! 言ってよ、ママ、やればおもしろいよ!

CAROLYN: No! いやです!

DOUGLAS: Fine. 'Have a banana!' では、「バナナ持って!」


DOUGLAS: Still not a long one... まだ長さが足りないな・・・・




MARTIN: Well, what about if there was some sort of external cue - like, um...well, someone says your name? You have to say 'fizz'. ね、じゃさ、もし外部指示みたいなものもあったらどう?ーうーん、誰かに名前を言われたら、とか? フィズって言わなきゃならないんだよ。

ARTHUR: Oh, that's brilliant, Skip! おぉ、それブリリアントだね、スキップ!

MARTIN: Fizz! フィズ!

DOUGLAS: Buzz! バズ!

ARTHUR: 'Have a banana!' It worked! Skip, you're a genius! 「バナナ持って!」うまい!スキップ、天才だね!

MARTIN: Fizz! フィズ!

DOUGLAS: Buzz! バズ!

ARTHUR: 'Have a banana!' Now, how did you think of it, Skip?! 「バナナ持って!」ねえ、どうこれ、スキップ?

CAROLYN: Arthur, will you stop saying Skip?! アーサー、スキップ言うのやめてくれない?

MARTIN: Fizz! フィズ!

DOUGLAS: Buzz! バズ!

MARTIN, DOUGLAS, and ARTHUR: 'Have a banana!' 「バナナ持って!」

CAROLYN: Stop it! Stop, stop, stop, all of you! やめて!やめ、やめ、やめ、全員!

ARTHUR: Sorry, Mum. ごめん、ママ。

CAROLYN: Ah - ah - ah. あー、あ、あ。

ARTHUR: Sorry! 

CAROLYN: All right, enough! Two of us have to sleep, and all of us need to, so - no more games, no more chat. We're just going to lie here, quietly, until we drift off gently to sleep. わかった、もうたくさん! ふたりは寝なくちゃいけない、そしてみんなもそうよー もうゲームはなし、おしゃべりもなし。ここにただ横になるの、静かに、穏やかに眠りにつくまで。



GERTI: ビーーーっ!

MARTIN, DOUGLAS, and ARTHUR: 'Have a banana!' 「バナナ持って!」

CAROLYN: Oh! ちょっと!



GERTI: ビーーーーーっ!



MARTIN : It's your turn, Douglas. 君の番、ダグラス。

DOUGLAS: It can't be my turn again. また僕の番のわけない。



ARTHUR: I haven't had a turn. Can I go? 僕の番まだだよ。行ってもいい?

DOUGLAS: I don't see why not. Follow our footprints in the snow, and it's the hole below the tail about the size of a jam jar. Clear the snow out and come back. いけない理由もないね。僕達がつけた雪の足跡をたどって行けば、尾翼の下にジャムの瓶くらいの穴がある。そこの雪を出して来てくれたらいい。

ARTHUR: Right-o. Brilliant. Here I am, don't tread on me. Here I am, don't tread on me.... わかった。ブリリアント。僕ここ、踏まないで。僕ここ、踏まないで・・・

CAROLYN: It's you moving! 歩いてるのは自分でしょ!

ARTHUR: Oh, yeah. OK, back soon!  あ〜そうだ。じゃ行って来る!

CAROLYN: Turn the light back off after you! 電気消して行ってね!

ARTHUR: OK! オーケー!



CAROLYN: So is it just going to keep doing this every twenty minutes? それじゃこれをずっと20分おきにやるの?

MARTIN: Or as long it keeps snowing, yes. 雪が降ってる間はね、そう。

CAROLYN: Well, can't you do something, Douglas? でも、他に方法はないの、ダグラス?

DOUGLAS: Such as what? どんな?

CAROLYN: I don't know; one of those...things you do. Can't you make some sort of...cover for it? わからないけど、いつも・・・あなたがやってることよ。やってるじゃない・・・?コッソリとうまく。

DOUGLAS: Well, we can't block it while it's in use. That's the whole point, and it's just a hole five foot, up in the side of the plane; there's nothing to hang a cover on. ただ、あれは使ってるときは塞いじゃいけない。それだけのことなんだけど、1.5mの空洞で、機体の側部まで空いてる、覆っておけるものがないんだ。


CAROLYN: Who Is Afraid of Virginia Woolf? Spiderman. バージニアウルフなんか恐くない人いる?スパイダーマン。

DOUGLAS: Uh! おお!

MARTIN: I - am - so - HUNGRY! 腹 ー ペコ ー だ!

DOUGLAS: There's still my jar of baby food, if you want it. 僕のベビーフードまだあるけど、よかったら。

MARTIN: You're sure you're not hungry? 君ホントに腹減ってないの?

DOUGLAS: No, I had something at the hotel. んん、ホテルで食べたから。

MARTIN: Did you? Well, no one else did. We were all complaining there was no food. 食べた? 誰も食べてないんだぞ。僕達みんな食べるものがないって文句言ってたんだぞ。

DOUGLAS: Yes, well, I rustled something up. うん、まあ、僕はなんとかなったんだ。

MARTIN: Did you really? And could that possibly have anything with why my shirt smells of bacon? そうかい? それって、もしかして、僕のシャツがベーコンの臭いすることと関係あるのかな?

DOUGLAS: How could it possibly have anything to do with that. どうしたらそんなことが起こりえるんだい?

MARTIN: I don't know. But somehow... 知らないけど、でも、どうにかして・・・・

DOUGLAS: What's Eating Gilbert Grape? Twelve Monkeys. ギルバート・グレイプを食べたのは? 12マンキーズ。

MARTIN: Uh... Would you really let Herc go to Zurich, Carolyn? んー・・・ハークを本当にチューリヒに行かせちゃうの、キャロリン?

CAROLYN: It's not a question of letting him; he's a grown man. させるかどうかという問題ではないの。彼は大人ですから。

MARTIN: Well, but would he stay if you asked him to? だけどさ、彼は残るかな、もし頼んだら?

CAROLYN: So I have been led to believe. そう信じるよう仕向けられていたの。

MARTIN: So it is a question of letting him. それじゃ、彼をさせるかどうかの問題だよ。

CAROLYN: Go to sleep. 寝なさい。


DOUGLAS: What about you, Martin? If Swiss Airways took you, you'd have to live in Zurich, too. そうれはそうと君の方は? もしスイス航空に採用されたら、君もチューリヒに住むんだよ。

MARTIN: Oh, I thought I wasn't going to apply, I thought they were too good for me. おー、僕は応募するつもりなかったよ ー 僕には良すぎる会社だと思って。

DOUGLAS: Oh, I - I didn't say that. おお、そんなこと言ってないよ。

MARTIN: No, you just thought it really loudly. うん、ただ君、大声でそう思ってたじゃないか。

DOUGLAS: But would you? Move to Switzerland? でもいいのかい?スイスに行っても?

MARTIN: If someone would let me fly airliners, I'd live anywhere they wanted me to. I -  How far is Zurich from Vaduz? もし定期旅客機に乗れるなら、どこでも言われた所に住むよ。僕ー チューリヒってファドゥーツからどれくらい?

CAROLYN: Oh, about fifty miles or so, I think. Why? ああ、だいたい50マイルくらいじゃない。どうしたの?

DOUGLAS: Oh, I see. Duxford went well, did it? ふふん、そういうこと。ダクスフォードがうまく行ったんだ?

CAROLYN: What's Duxford? ダクスフォードがどうかしたの?

DOUGLAS: Duxford Air Museum is where Martin recently escorted a charming young woman from Liechtenstein. And when I say 'from', I mean 'the princess of.' ダクスフォード航空博物館とは、マーティンがこの前リヒテンシュタインからの魅力的な若い女性をエスコートした場所です。そして私の言う「からの」とは「プリンセスの」を意味しています。

CAROLYN: That - snotty woman we flew? あの ー この前乗せた傲慢な女?

MARTIN: Um, she's - nicer when you get to know her. んん、彼女は、よく知るとそうでもないよ。

DOUGLAS: So? How did it go? それで?首尾よく?

MARTIN: How did what go? 何の首尾さ?

DOUGLAS: Duxford! How was it? ダクスフォード! どうだった?

MARTIN: It was excellent, as always. とても良かったよ、いつも通り。

DOUGLAS: Learn anything new? 何か新しいことは?

MARTIN: Well, no, it's really aimed at the layperson rather than the professional pilot - うーん、別に、あそこはもともと一般の人用で、プロのパイロットにはー

DOUGLAS: I didn't mean about aviation! 航空学のことじゃない!

MARTIN: Douglas! ダグラス!

DOUGLAS: Well, keep your hair on, I'm not asking for the gory details. But did you get on? まあ、落ち着くんだ、何もおぞましい詳細を聞こうとはしてないんだから。だけど、うまく行った?

MARTIN: Yes, we did. She was nice. It was a nice day. It was - nice to be with her, she was - very nice. うん、行ったよ。彼女はいい人だった。いい日だったし。一緒にいるのは良かった、彼女はすごく、いい人なんだ。

DOUGLAS: Ah, love. It brings out the poet in us all. あああ、愛。それは誰をも詩人にする。

MARTIN: I'm not in love. 恋愛じゃないよ。

CAROLYN: So - are you seeing her again? それでー また会うの?

MARTIN: Might be, next week? たぶん、来週かな?

DOUGLAS: Ooh, the difficult second date! おおう、難題の2度目のデート!

MARTIN: Yes, well, third, actually. うん、いや、3度目なんだ、実は。

DOUGLAS: Oh, really? When was the second? そうですか? で2度目はいつだったの? 

MARTIN: Well, you know when we had that day off in Delhi? She happened to be in Agra. えっと、ほらデリーで休みがとれた時、彼女がたまたまアーグラにいたんだ。

DOUGLAS: Really? What for? 本当に?何でまた?

MARTIN: The - um - King of Sweden's birthday in the grounds of the Taj Mahal, so we - went to that.
ん、コホ、スウェーデン国王の誕生会がタージ・マハル敷地内であって、それでー行った。

DOUGLAS: I see. You took her to Duxford Air Museum, she took you to a private party at the Taj Mahal. Where were you going next week? そうか。君は彼女をダクスフォード航空博物館へ、彼女は君をタージ・マハルのプライベート・パーティーへ。それで来週はどこへ?

MARTIN: Croydon Airport Visitors' Centre. クロイドン航空ビジター・センター

DOUGLAS: You spoil that girl. 君はあの子をを失うぞ。

MARTIN: It was her idea! でも彼女から言いだしたんだよ!

DOUGLAS: Well, you must certainly apply to S.A., then. それなら、間違いない、スイス航空を受けるべきじゃないか。

MARTIN: Really? 本当に?

DOUGLAS: Absolutely! Major airline recruiting just down the road from your girlfriend... 絶対だ!メジャー航空会社が募集しているのは彼女の家のすぐそばという・・・

MARTIN: She's not my girlfriend. 彼女じゃないよ。

DOUGLAS: Too good a chance to miss. Even if you don't get in, the interview will be good practice, and if you do, you might even get to fly with someone who... doesn't pinch your travel iron out of your flight bag to fry himself a bacon butty. 見逃すには惜しすぎるチャンスじゃないか。たとえ受からなくたって、面接はいい練習になるし、もしも受かれば、君の隣に座るのは誰か・・・君の旅行アイロンを君のカバンからつまみ出してベーコン・サンドを作らない人かも知れないぞ。

MARTIN: I knew it was you! やっぱり君だったんだな!

DOUGLAS: Sorry. I didn't know you were going to use it. すまん。まさかあれを君が使うとは。

CAROLYN: You know - Arthur's been gone a very long time. ねえー アーサーがしばらく帰って来ないんだけど。

DOUGLAS: Yes, he has, rather. うん、随分かかるな。

MARTIN: Lord, he's probably still searching for the inlet. I'll go and get him. まったく、きっとまだ空気孔を探してるんだ。行って見つけてくる。



MARTIN: Guys? There's - there's someone outside by the tail. ね、みんな?誰か尾翼のところにいるよ。

DOUGLAS: Well, that'll be Arthur. きっとそれがアーサーだ。

MARTIN: No, no, no - much taller. I think he's - I think he's inspecting the plane! いや、違う、違う、もっと背が高い。あれは、誰か機体を調べてるんじゃないか!

CAROLYN: Really? ほんとう?


MARTIN: See? ほらね?

CAROLYN: Oh, good Lord. Um - Hello? Hello? まあ、いやだわ。ん、コホン、すみません?ハロー?

ARTHUR: Hello! ハロー!

CAROLYN: Arthur? Is that you? アーサー?あなたなの?

ARTHUR: Ah - that isn't, but this is! Hello! あ〜、あれは違うよ、でもこっちはそう!ハロー!

CAROLYN: Well, what is that? じゃあ、あれはいったい?

ARTHUR: Before I tell you, I promise you I'll knock him down again before we leave. 話す前に、約束しておくよ。僕、ちゃんとつぶすからね、離陸前に。

CAROLYN: Another snowman. Oh, good Lord, it's a compulsion. また雪だるま。まったく、もう、強迫欲求じゃないの。

ARTHUR: No, it - it's only to keep me busy, because I thought I'd stay out here and keep the intake clear while you guys get some sleep. 違うよ何かやっていたかっただけだよ、だって、僕、ずっとここで空気孔番してようかと思ってたんだ、そしたら君達眠れるから。

CAROLYN: Well, it was a very sweet thought, dear, but you can't possibly stay out here in the cold all night. Now, come on in! まあ、それは本当にありがたい考えだけど、こんな寒い所に一晩中なんて無理よ。さあ、お入り!

DOUGLAS: Oh! Of course! おお!もちろん!

MARTIN: What? 何が?

DOUGLAS: Arthur can't, but I know who can. Arthur! Put your back against this with me. Now, one, two, three - shove. アーサーには無理でも、誰にできるかわかったぞ。アーサー!背中をここにつけて僕といっしょに。いいか、1、2、3− 押して。

ARTHUR: I don't think it moves, Douglas - ooh, it does, though. 動かないと思うよ、ダグラスー うう、あ動いてるけど。

CAROLYN: What on Earth are you doing? いったい全体何の騒ぎ?

DOUGLAS: Getting us some sleep. You see, what Arthur has very cleverly accidentally done - - is build us - a six foot snow pedestal!
これで眠れるぞ。ほら、アーサーが何とも賢く偶然にしてもやってくれたものー 作ってくれたのは ー 6フィートの雪の台座である。

ARTHUR: No, it's a snowman! ううん、雪だるまだよ!

DOUGLAS: It's both! どちらでもある!

CAROLYN: A pedestal? For what? 台座?何を置くの?

DOUGLAS: For the MJN Patent APU Intake Snow Guard! Martin - give me your hat! MJN専売特許のAPU吸入口雪ガードを!マーティンー 帽子を貸して!

MARTIN: What? No! 何?いやだよ!

DOUGLAS: Oh, go on - Swiss Airways'll give you a much nicer one. いいじゃないかースイス航空がもっといいのをくれるぞ。

MARTIN: I thought you said that was too intimidating a ring to throw my hat into. 君は、帽子を投げ込む(=挑戦するの意)には恐すぎるリングだと言ったじゃないか。

DOUGLAS: Did I? Well, I was forgetting, of course, just how intimidating your hat is. 言った?いや、忘れてたんだ、もちろん。君の帽子がいかに恐ろしいかって。

MARTIN: あああ・・・

DOUGLAS: There. Covers the hole perfectly. I knew it must be good for something. よし、これで穴を完全にカバーできる。あれは何かに役立つと思ってた。

ARTHUR: Oh, wow! So hang on, my - my first snowman saved but then ruined the day, but my second snowman, and Martin's hat, and Douglas' idea, and Mum's, uh - おお、わお!それじゃ、ちょっと待って、最初の雪だるまは、昨日を救って、そしてダメにした、でも今度の雪だるまと、あとマーティンの帽子は、あとダグラスのアイディアは、あとママのー う ー

CAROLYN: Aeroplane? 飛行機?

ARTHUR: - aeroplane, saved the night! 飛行機は、今夜を救った!

DOUGLAS: Exactly, Arthur! その通りだ、アーサー!

ARTHUR: Fizz! フィズ!

MARTIN: Buzz! バズ!

CAROLYN: Oh, what the hell. 'Have a banana!' ああ、とんでもない。「バナナ持って!」


1

2013/2/25

♡  いろいろ

クリックすると元のサイズで表示します写真はイメージです

昨日、持病の頭痛がひどくなって午後からベッドにもぐり、そのまま出られなくなった。
身体の具合の悪い時は、何もできないことで自信喪失して、
ネガティブなことで頭がいっぱいになる。
背中が痛くて寝返りをうったら、手のひらの上に胸がのって(変な体勢だな)
心臓の動きを手が感じた。

元気な時には存在も忘れてしまう、自分の心臓は、私がこんなにつらい時でも
なんだかすごく頑張ってくれていた。
自分の仕事をひたすらまっとうしてくれている。
何にもできない自分でも、その中の心臓はいつもどおりちゃんと働いてくれていることに
すごく感動してしまって、感謝の気持ちで今度は胸がいっぱいになった。
私を生かしてくれて、ありがとうございます。

今はもう元気です。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2013/2/20

0405 Xinzhou  Cabin Pressure

きゃーーん、性懲りもなく、無言で始めてましたシリーズ4エピソード5。
ちょっとここ数日、仕事だ、Mのバレーボール大会だ、と忙しくて亀の歩みです。
やっと前半できました。
スクリプトはこちらから。

クリックすると元のサイズで表示します

This week, Xinzhou!


ARTHUR: Wish I had a carrot. 人参があったらな。 Oh, hi, guys! あ、やあ、みんな!

CAROLYN: 21 minutes to go. Come on, come on, come on! Where is Martin? あと21分。さあ、さあ、さあ!マーティンは?

DOUGLAS: His hat blew off. 帽子を飛ばされた。

CAROLYN: Blew off? How did it blow off? It's bigger than he is. Martin! 飛ばされた?なんで飛ばされたりするのよ?持ち主より大きいってのに。マーティン!

MARTIN: Yes, I was just coming! はい、今行くから!

CAROLYN: Leave your blasted hat! Nineteen minutes! そんな帽子ほっといて!あと19分!

MARTIN: Yes, I know - I just - got it! うん、わかってるけどー ちょっとー やった!

CAROLYN: Well, come on, then! Arthur, is the cabin ready? もう、早くして!アーサー、客室は用意できた?

ARTHUR: Yeah - cargo loaded, food loaded, cabin checked, and I've nearly finished this snowman. うん、荷物積んだ、食事積んだ、客席チェック済み、そして雪だるまも今できるところだよ。

CAROLYN: Why are you building a snowman? なんで雪だるまなんか作ってるの?

ARTHUR: It's snowing. だって雪だもん。


MARTIN: Ah. Here I am. あー、お待たせ。

CAROLYN: At last. Can't you get a chin strap for that thing? やっと来たわね。あごヒモつけておけないの?

DOUGLAS: Don't give him ideas. 余計なことは言わないように。


CAROLYN: All right - everyone in. Right - eighteen minutes to dusk. Martin, come on! In, in, in! いいわね、みんな乗って。さあ、18分で日没だわ。マーティン、早く!入って入って入って!

MARTIN: Yeah, but - but - I - I've just - うん、あーでも、ちょっとー

CAROLYN: This is not the time or the place to admire the beauty of China in the snow. ここは雪降る中国の美を賞賛する時でも場所でもないわよ。

DOUGLAS: To be fair, it is the place... 公正に言って、まさにそういう場所・・・

CAROLYN: Douglas, A) shut up, B) go and talk to the tower. ダグラス、A)おだまり、B)管制塔と話して来て。

DOUGLAS: But having carried out A, how can I - しかしAを実行するとなると、いかにしてー

CAROLYN: Now. Right, Martin, do the walkaround. 今すぐ。じゃあ、マーティン、一回りして来て。

MARTIN: I was about to do the walkaround and you said in-in-in. 一回りするところだったのに、入って入って入って、って言われたんじゃないか。

CAROLYN: And now I'm saying out-out-out! Go! 今は、出て出て出てと言ってるの!行って!



CAROLYN: Right, Arthur, get ready for takeoff. さて、アーサー、離陸準備よ。

ARTHUR: OK. Ready! オーケー。できたよ!

CAROLYN: Good! よろしい!

ARTHUR: So, given that I am ready, and Skip will be a few minutes doing the walk'round, can I very quickly finish my snowman? それじゃ、僕はもうできてるし、スキップの見回りは2、3分かかるから、大急ぎで雪だるま作っちゃっていい?

CAROLYN: NO! いけません!

ARTHUR: Ohhh! おぉぉぉ!

***


DOUGLAS: Xinzhou Tower, this is Golf Echo Romeo Tango India, request start for Fitton. キンシュウ管制、こちらゴルフ タンゴ インディア、出発をリクエスト、目的地フィットン。

XINZHOU ATC: Roger, Golf Tango India, clear to start; be advised airfield closes at dusk. 了解、ゴルフ タンゴ インディア、出発を許可します、滑走路は日没に閉鎖することを了承ください。

DOUGLAS:Thank you, Tower, we know. The scheme we've come up with, and I think you'll admire its simplicity, is to take off before that. ありがとうございます、管制、存じてます。解決策として、平易と驚かれましょうが、その前に離陸いたします。

XINZHOU ATC: Golf Tango India, please repeat?  ゴルフ タンゴ インディア、もう1度お願いします?

DOUGLAS: Roger, clear to start. 了解、出発許可。

GERTI: beep ビビーーーッ


MARTIN: Oo-ooh! おお〜〜!

DOUGLAS: Good heavens, it's Frosty the Snow Pilot! いやーこれは、凍った雪パイロットだな!

MARTIN: OK. I've done the walkaround, but - オーケー。見回りして来た、でもー

DOUGLAS: Well, all's going smoothly in here; oh, except another bit's fallen off GERTI. ああ、ここも全て順調、あ、ただガーティーからなにかちょっと落ちたこと除いては。

MARTIN: Oh, God, which one? ええ、何だい?

DOUGLAS: The APU startup's failed. APUスタートアップがだめになった。

MARTIN:Oh, no. そんな。

DOUGLAS: Luckily, its final act before it expired was to start up the APU. So firstly, it died doing what it loved, and secondly, we're still good to go. 良かったよ、こと切れる直前にAPU始動は作動したんだ。だからまず、大好きなことの最中に死んだと言える、そして次に、我々はまだ離陸できる。

MARTIN: Good. Now, come and look at the snow. 良かった。じゃあ、雪のようすを見て来よう。

DOUGLAS: I can see it from here, Martin - it's lovely. Sit down, let's go. ここから見えるよ、マーティンー 大丈夫だ。座って、さあ行こう。

MARTIN: No - I'm worried about it. いや、やっぱり心配だ。

DOUGLAS: Oh, Martin, no, please - おお、マーティン、やめてくれよー

MARTIN: We'll waste more time arguing about it than looking at it. もめてる間にも見て来れるよ。

DOUGLAS: Right; fine. しかたないな。


DOUGLAS: Yes; it's absolutely fine. Come on. うむ、ぜんぜん問題ないな。行こう。

MARTIN: No; I - I - I just think it looks a bit slushy. いや、ぼ、ぼ、僕は、ちょっと解けてると思うんだ。

DOUGLAS: It's not slushy at all; it's lovely, dry, fluffy snow. If it were slushy, I couldn't make a snowball out of it, and yet, look - 解けてなんかいるものか。ちょうどいいよ、ドライでフワフワだ。もし解けかかってたら、雪玉も作れないだろうし、まだ、ほらー

MARTIN: Yeah, but it - it's not a proper snowball, it hasn't got much structural integrity - it
orgh! うん、だけど、それまともな雪玉じゃないよ、構造上固まってないーそれは  あああ!

DOUGLAS: Seems all right to me. 大丈夫なようだが。

MARTIN: I did know you were going to do that. やると思ってた。

DOUGLAS: And yet, you didn't duck. でも、かわせなかったな。

MARTIN: Yes, but look - if you just scoop it lightly - うん、でも見てみろー軽くすくっただけでー


ARTHUR: Oh, that's not fair. ああ、ずるいや。

CAROLYN: What isn't? なにが?

ARTHUR: Look out the window. If there wasn't time for me to finish my snowman, how come Martin and Douglas get to do that? 窓の外見て。僕に雪だるま作る時間はないのに、なんでマーティンとダグラスはあんなことしてていいの?

CAROLYN: Oh, good grief. ああ、何てこと。



MARTIN: See?! It's still spattering before impact! That's why it's not safe - ほらね? まだぶつかる前にバラバラになるだろ!安全ではないってことだよー


CAROLYN: Gentlemen. I hate to intrude on your piloty winter wonderland, but we have 11 minutes to get this thing in the air. 紳士の皆様、パイロット・ウィンター・ワンダーランドに邪魔に入りたくはないけれど、11分以内にこの物体を空中に浮かせたいの。

MARTIN: Carolyn - I...think the snow on the wings might be too slushy for takeoff. キャロリン、・・・思うんだけど、翼上の雪が解けかかってて離陸できないかもしれないよ。

DOUGLAS: And I think it's absolutely fine. 僕は何の問題もないと見てるけどね。

CAROLYN: And so you're settling it with a snowball fight. それで雪合戦で結論を出すつもり。

MARTIN: No. You see, slushy snow won't hold its shape in any great volume whereas dry snow - 違うよ。だってボタボタした雪はすぐ崩れてどんなに大量でも乾いた雪じゃないとー

DOUGLAS: Ah, Martin... ああ、マーティン・・・

MARTIN: What? なに?

DOUGLAS: Take a look at that. One of Arthur's finest snowmen. You can't make that out of slush. あれを見ては。アーサー作の傑作スノーマンを。ボタボタ雪では作れないね。

MARTIN: Oh. Oh. Oh, well, it must be fine, then. んー、ん、んー、じゃあ、大丈夫かな、まあ。

DOUGLAS: Yeah - so everyone back on, we're flying tonight! うん、ーでは全員機上で、今夜飛ぶぞ!

DOUGLAS: Arthur? アーサー?

ARTHUR: Yeah? うん?

DOUGLAS: Your snowman saved the day. 君の雪だるまは今日という日を救った。

ARTHUR: Brilliant. ブリリアント。

***

DOUGLAS: Tower, this is Golf Tango India, we're at the holding point runway 1-8, ready for takeoff. 管制塔、こちらゴルフ タンゴ インディア、滑走路1-8番待機ポイント、離陸準備完了。

XINZHOU ATC: Roger, standby for clearance. 了解、許可待機中。

MARTIN: Yes! We actually did it! やった!ホントにできた!

DOUGLAS: We surprisingly did! And with four minutes in hand. 驚くことにやった!しかも4分の猶予もある。

MARTIN: That's funny. sniff - sniff sniff sniff Can you - can you smell bacon? 変だな。クンクン・・ベーコンの臭いしない?

DOUGLAS: No... いや・・・

MARTIN: Really? I c - I can definitely smell bacon. ホント? いや絶対臭ってるよ。

DOUGLAS: Martin...is this your street way of saying you think there's a policeman on the plane? アーティン・・・これは、君流ストリート系の隠語で機内に警察がという意味だろうか?

MARTIN: No, no, seriously - you - you really can't smell it? いや、いや真面目な話、ホントに君には臭わないの?

DOUGLAS: No. 臭わない。

MARTIN: Really? Oh, dear...does it - does it mean something when you smell bacon? ほんと?ああ、どうしよう、・・・何か意味があるのかなベーコンの臭いを感じるって。

DOUGLAS: Ah, well, that's one for the philosophers. ああ、まあ、それは哲学者にはあるだろう。

MARTIN: Seriously - because, because if you think you smell burning toast, that means you might be having a stroke. What're you having if you can smell bacon? 冗談じゃなくてー だって、だってもしトーストの焦げる臭いを感じたら、脳卒中になるかも知れないんだ。ベーコンの臭いがしたら何になるんだろ?

DOUGLAS: Breakfast? 朝食かな?

MARTIN: ふうぅ・・

CAROLYN: Oi! Drivers! What's going on up there? Are we going or not? ちょっと!運転手達!どうなってるの?行くの行かないの?

DOUGLAS: Good evening, Carolyns and Arthurs, this is your Douglas speaking. I'm delighted to tell you that four hours in a Chinese traffic jam have not been in vain, and we are awaiting clearance to leave the mysterious Orient and return to the obvious Fitton. 今晩は、キャロリン様アーサー様、ダグラスです。4時間に及びました中国の交通渋滞も無駄ではなかったことを喜んで申し上げます。当機はこのミステリアスな東洋の国から勝手知ったるフィットンへの離陸の許可を待っております。

ARTHUR: Hooray! イエエ〜〜イ!

CAROLYN: Yay! イェーイ!

DOUGLAS: I am joined in the flight deck by Martin, who will be your Martin today. 私が操縦室でご一緒しておりますのはマーティン、本日皆様をお連れするマーティンです。

MARTIN: Hello. ヘロー。

DOUGLAS: Your cabin service attendants will be you, and I have no doubt they will be doing everything they possibly can to make the pilots' flight as peaceful and pleasant as possible. お客様の客室をご担当いたしますのはお客様、あらゆるサービスを思いつく限りパイロットの平穏で快適な飛行のためにつくしてくださいますことは疑いの余地もございません。

CAROLYN: I won't! I shall be fast asleep throughout! しません!すぐ寝て朝までずっとよ!

DOUGLAS: Which is actually a very good start. So, please sit back, relax - 実に非常にいいスタートです。それでは、どうぞごゆっくりおくつろぎー


XINZHOU ATC: Golf Tango India. ゴルフ タンゴ インディア。

DOUGLAS: Roger, Tower? 了解、管制塔?

XINZHOU ATC: Clearance for takeoff - denied. 離陸許可、否認。

DOUGLAS: What? Why? 何だって? どうして?

XINZHOU ATC: You have left item [sic] of cargo on your stand. Please return and pick it up. 待機場所に貨物アイテムが残されています。戻って回収してください。

MARTIN: No, no, no, we haven't - I did the walk around, I'm absolutely certain there was nothing left on the ground. いえ、いえ、いえ、残してませんー 僕が見回りまして、グラウンドには何も残っていないことを確認しました。

XINZHOU ATC: I can see it from here - about one meter high, half meter wide, white in colour. こちらから見えるんです ー 高さ約1メートル、幅50センチ、白いものです。

DOUGLAS: It's a snowman! It's just a snowman! 雪だるまですよ!あれはただの雪だるま!

XINZHOU ATC: Please return and pick it up. 戻って回収願います。

DOUGLAS: But we can't possibly do that before dusk! しかし日没には間に合わないですぞ!

XINZHOU ATC: Dawn is in eight hours and four minutes. Good night! 日の出は8時間4分後です。グッナイ!

***


ARTHUR: I'm really sorry. ホントにごめん。

CAROLYN: It's all right; it's all right. まあまあ、いいわよ。

ARTHUR: It's just a snowman. ただの雪だるまなのに。

MARTIN: Yes. うん。

ARTHUR: And you've got to remember, it did save the day - before it ruined the day. でも覚えておかなきゃね、あいつは今日を救ったんだ ー 今日をダメにする前に。

CAROLYN: Right. Well, this has been so much fun, let's do it all again tomorrow morning. Douglas, go and sort us out a taxi back to the hotel; Martin, shut GERTI down; Arthur, sit still and don't build any snowmen. そうね。まったく、楽しかったわね、またやりましょうよ、明日の朝。ダグラス、タクシーでホテルに戻れるよう手配してちょうだい。マーティン、ガーティをシャットダウン。アーサーはすわってもう雪だるまは作らないこと。

MARTIN: Shut the plane down? Douglas? 飛行機をシャットダウン?ダグラス?

DOUGLAS: Oh, God. そりゃだめだ。

CAROLYN: What now? 今度は何?

DOUGLAS: The APU starter motor's down, and if we shut it down, we can't start it back up again. APUの始動モーターが落ちてるから、もしシャットダウンすれば、もう起動できない。

ARTHUR: Oh, no. What's the APU? ええ〜、そんな。  APUってなに?

MARTIN: Auxiliary Power Unit. オグゼラリー・パワー・ユニット。

ARTHUR: Oh, no. What's the Auxiliary Power Unit? そりゃ、ひどい。 オグゼラリー・パワー・ユニットってなに? 

MARTIN: It powers the plane when the engines aren't on. 動力を飛行機に供給するんだ、エンジンがかかってない時に。

ARTHUR: Right. そうか。

CAROLYN: Well. That's all right. We - we won't need any power before we turn the engines back on. じゃあ、わかったわ。動力はまったく要らないのね、エンジンがかかるまで。

DOUGLAS: Really? And what will we do to start the engines - rub two sticks together? そうですか?ではどうやってエンジンをかけますか ー 棒を擦り合せるとでも?

CAROLYN: So - we have to leave the APU running till dawn. ということは ー APUをこのままかけっぱなしにしておかなくちゃ、日の出まで。

DOUGLAS: Yes. そういうことです。

CAROLYN: And we can't leave the plane with it running. そしてかけっぱなしで飛行機を離れられないわ。
 
MARTIN: No. です。

CAROLYN: So we are all sleeping on GERTI tonight. つまり私達みんなガーティで寝るってこと、今夜は。

ARTHUR: BRILLIANT! ブリリアント!


***




MARTIN: OK - so I've put three of the seats back as far as they'll go, and I've got all the blankets out of the emergency kit - オーケー ー じゃ座席3つは後の方に出来るだけ寄せたし、ブランケットもあるだけ救急セットから出して来たよー

DOUGLAS: How cosy. And who's sleeping in the aisle?  快適だなあ。それで誰が通路で寝るの?

ARTHUR: Me! It'll look more fun! 僕!きっとそっちの方がおもしろそう!

DOUGLAS: Hmm. Well, much as I adore a slumber party, I think I'll just sit in the flight deck and read, actually. I thought I was operating tonight; I've had three coffees. ふうむ。まあ、パジャマパーティーは敬愛するけれども、僕は操縦席にすわって読書でもする。今夜は勤務だと思ってたから、もう3杯もコーヒー飲んでるし。

MARTIN: Ye-es, thing is, though, Douglas, I'm afraid you sort of have to sleep. うーん、だけどさ、ダグラス、眠らないとって気がするんだよね。

DOUGLAS: Why? なんでだい?

MARTIN: Well, we both have to get at least five hours' sleep, or we'll be out of hours to fly tomorrow. だって、僕達二人とも少なくても5時間は睡眠をとらないと、勤務時間外に飛ぶことになるよ、明日。

DOUGLAS: Martin, I'll be fine. One night in 1979, I stayed awake for five days. マーティン、僕は大丈夫だ。1979年のある夜なんて、5日間寝なかったこともある。

CAROLYN: One night? 1夜?

DOUGLAS: And what a night. すごい1夜ではあった。

MARTIN: Well, nonetheless, legally - ん、それでもやっぱり、法律ではー

DOUGLAS: Yes, all right - うん、いいだろうー

CAROLYN: Arthur? Are you cooking bacon? アーサー?あなたベーコン焼いてる?

ARTHUR: No... ううん・・・

MARTIN: Oh - ah! You see, I told you! ほおーーら!やっぱり、言っただろ!

CAROLYN: What did you tell whom? 誰に何を?

MARTIN: I told you, I could smell bacon! Douglas said he couldn't. 言ったんだよ、ベーコンの臭いがするって!ダグラスは臭わないって言うんだ。

CAROLYN: Yes, yes, definitely fried bacon. What is it? ええ、ええ、絶対に炒めたベーコン。何よこれ?

MARTIN: I don't know. Can you smell it, Arthur? わからないんだよ。臭わない、アーサー?

ARTHUR: Not really, but smell isn't my best sense. いや〜、でも嗅覚は僕鋭くないし。

DOUGLAS: Dare one ask what is your best sense, Arthur? あえて聞くと、何の感覚なら鋭いの?

ARTHUR: Oh, touch, definitely! We had this game in Science, once, where you had to work out what things were by feeling them in a bag, and I got nearly all of 'em! Even grapes. おお、触覚、絶対!理科でこういうゲームやったんだ、触って袋の中のものを当てるんだけど、僕ほとんどわかったよ!葡萄なんかもあったけど。

MARTIN: Got any bacon? I really fancy some now. ベーコンない?今すごい食べたくなった。

ARTHUR: No, but I - I could go and do the dinners. ん、ないけど、ディナーにしてもいいよ。

CAROLYN: Oh, yes, I'm ravenous. ええ、お願い、お腹空いたわ。

MARTIN: Me, too, what are we having? 僕も、何があるの?

ARTHUR: Two chicken, two lamb. チキンふたつとラムふたつ。

MARTIN: Right. Quick as you can. いいね、早くたのむ。

ARTHUR: Right-o. いいよ〜


CAROLYN: Damn. やだわ。

DOUGLAS: What? 何です?

CAROLYN: I just realized; I'm not going to be back in time for Tosca. 今気づいたわ。もうトスカに間に合う時間に帰れないわ。

DOUGLAS: Oh dear, that won't go down well with Herc the berk. おやそれは、ハーク・ザ・パーのお気に召さないだろうね。

CAROLYN: Do you mind not calling him that? その呼び方やめてくれる?

DOUGLAS: I'm sorry - Hercules the berkules? 申し訳ない ー ハーキュリーズ・ザ・パーキュリーズ?

CAROLYN: Anyway, I wasn't going with him - he's in Zurich. ともかく、私はつきあってませんから ー 彼はチューリヒだし。

DOUGLAS: I didn't know Air Cal flew to Zurich. カル航空がチューリヒに飛んでるとは知らなかった。

CAROLYN: They don't; he's - um - he's house-hunting. 飛んでないわ。 んー、彼は家探しなのよ。

MARTIN: Is he? 家?

CAROLYN: Mm. Mm. Yes; he might - might move there. んん、ん、ええ、たぶん、あっちに引っ越すの。

DOUGLAS: Might he? たぶん?

CAROLYN: Yes! If he wants to. ええ!彼がその気ならね。

MARTIN: And might you go with him? そして君もたぶん一緒に?

CAROLYN: ] Of course not! Whyever would I? 行くもんですか!なんだって私も!

MARTIN: Well, you have been going out for a year and a half. だって1年半つき合ってるのに。

CAROLYN: Sixteen months. And we haven't been going out; we've just been - often in the same place. 16か月。それに私達はつきあってるわけではありませんー よく同じところにいるというだけ。

DOUGLAS: How romantic. それはロマンチックだ。

MARTIN: So - why might he move to Zurich? で、なんでチューリヒに行くかもしれないの?

CAROLYN: Well - now look - this is secret, all right? Swiss Airways are launching internationally and they've taken over Air Caledonia, so Herc either has to move to Zurich, or take early retirement. ええと、これはね、秘密よ、いい?スイス航空は国際線を始めるんだけど、カレドニアン航空を買収したので、ハークはチューリヒに行くか早期退職かを迫られてるのよ。

MARTIN: Swiss Airways is going international? スイス航空が国際線に?

CAROLYN: Yes, although that wasn't really the focus of my story. ええ、それはこの話の核心じゃないけどね。

MARTIN: Oh, sorry - it's just - they'll - they'll - they'll be recruiting, then, will they? ええ、ごめん、じゃ、じゃ、あの、人員募集をするかな、するよね?

CAROLYN: Ah, I see. Yes, yes, and you should apply. あら、まあ、そうね、そう、あなた応募したらいいわ。

DOUGLAS: Oh, should he? え、本気?

CAROLYN: Yes, of course he should. I keep telling him he should be looking for other jobs. ええ、そりゃそうよ。彼にはいつも言ってるもの。別の仕事探さなくちゃって。

DOUGLAS: Do you indeed? そうだったの?

CAROLYN: Yes! I'm fed up with not being able to pay him. He needs to spread his wings. ええ!お給料もださないのはうんざりだし、彼は羽を広げないとね。

DOUGLAS: Even as we fold ours. 同時に我々はたたんでね。

MARTIN: Do you - not think I should apply, then, Douglas? 君はー 僕やめておいた方がいいと思う、ダグラス?

DOUGLAS: Oh, I wouldn't say that. You could. I mean, why not? You never know. But they're a prestigious airline. おお、そうは言わないよ。それもありだ。つまり、やってみても?わからないものだからね。一流会社だとしてもね。

MARTIN: Right. そうだね。

DOUGLAS: Well, I mean, by all means, throw your hat into the ring. I just wonder if there might be a less intimidating ring to aim for, first time. ああ、つまり、ぜひにでも、やってみたまえ。狙うのもそれほど恐ろしいものじゃないかもな、初めてなら。

ARTHUR: Uh, Mum? あー、ママ?

CAROLYN: Yes? はい?

ARTHUR: Quick question. You know those small chickens you get, where everyone has one each? ちょっと聞くだけ。あの小さいチキンあったよね、ひとりに1羽ずつ来るやつ?

CAROLYN: Yes? ええ?

ARTHUR: What are they called? あれなんて言うの?

CAROLYN: Poussin. 若鶏。

ARTHUR: Oh. Not baby chickens? あ〜、ベビー・チキンじゃないんだ。

CAROLYN: No. じゃないわよ。

ARTHUR: Oh. Chaps, you know how we were talking about mistakes? ああ。みんな、間違いについてどうやって話してたか覚えてる?

MARTIN: What have you done? 何したんだ?

ARTHUR: And how they happen to all of us and it's just one of those things? そしてそういうのがどう僕ら全員の身に降り掛かるか、そしてそれはたったひとつの間違いだということも?

CAROLYN: What have you done? 何をしたの?

ARTHUR: They should've made it clearer! When I was ordering the catering, there was one called 'baby chicken', and I thought they'd be those little ones, and I love those because you feel like a giant! But they didn't mean that! It meant these... もっとハッキリしてくれなかったから!僕がケータリングをオーダーした時、「ベビー・チキン」っていうのがあって、あの小さいやつだと思ったんだよ、あれ、僕だいすきなんだ、だって巨人になったような気になれるじゃないか!でもそれじゃなかったんだよね!あれは・・・・

CAROLYN: So. The catering you have laid on, Arthur, for four people trapped in a plane overnight, is two jars of chicken-flavoured baby food? そう。そのケータリング、あなた文句つけてるけど、アーサー、4人分に、一晩機内に閉じ込められてる人達に、チキン味ベビーフードが2瓶なの?

ARTHUR: No...that's not all...there's two lamb-flavoured ones as well. いや、それだけじゃなくて、ラム味もあるよ。

DOUGLAS: What did you think 'baby lamb' was? ベビーラムって何だと思った?

ARTHUR: Well, all lambs are baby lambs. そりゃ、ラムはみんなベビーラムだよ。

MARTIN: And - and what about breakfast? それで、それで朝食はどうなったの?

ARTHUR: I didn't order breakfast. 朝食はオーダーしてない。

MARTIN: Why not? なんで?

ARTHUR: I thought we'd be full from dinner. ディナーでお腹いっぱいになるかと思った。

MARTIN: groans ほおお〜〜・・・・

****


CAROLYN: Ooh, well, I'm stuffed. Very nearly four teaspoons of vaguely chicken-flavoured purée. Oh, I couldn't eat another thing. あああ、もうお腹いっぱい。小さじほぼ4杯のほのかなチキン味ピューレ。ああ、もう何も食べられない。

MARTIN: Are - are - are you sure you're not going to have yours, Douglas? あー、あのー、ホントに食べないの、ダグラス?

DOUGLAS: I've rarely been surer about anything. これ以上ホントのことなんてありえない。

ARTHUR: I quite like mine. I might get it again. It's nice not having to bother with chewing. 僕のけっこうおいしかったよ。また食べてもいいな。噛む手間がないっていいね。

CAROLYN: All right; well, we have feasted; now let us slumber. Shall I turn out the light? いいわね、ご馳走もいただいたし、今度は眠りにつくとしましょう。電気を消すわね?

MARTIN: Yes. いいよ。

ARTHUR: Yep. い〜よ。

DOUGLAS: No, this is ridiculous. I'm not in the least tired. いや、とんでもない。ちっとも眠くない。

CAROLYN: Nevertheless. Arthur, say something. しかたないんだから。アーサー、何か言って。

ARTHUR: Ooh! What shall I say? ええ!何を言うの?

CAROLYN: Well, anything - just so I know where you are and I don't tread on you getting back to my seat. そうね、何でもいいのー ただあなたがどこにいるかわかって踏まないで私の席に戻れるように。


ARTHUR: Oh, right! Here I am, don't tread on me! Here I am, don't tread on me! Here I am, don't tread on me! Here I am, don't tread on me! ああ、そうか!僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!僕ここ、踏まないで!

CAROLYN: Yes, yes, yes, all right; you're safe. Good night, all. はい、はい、はい、大丈夫。もう安心。おやすみ、みんな。

ARTHUR, MARTIN, DOUGLAS, : Good night. おやすみ。

**
**

クリックすると元のサイズで表示します
こちらのイラストもJackieちゃんのTumblrからです
1

2013/2/19

Wokingham トリビア  Cabin Pressure

エピソードひとつの和訳で大騒ぎしてすみませんでした。
シャーロックみたいな小難しいこと言う人いないから、コメディだから、と侮ったのが大間違いでした。耳で聞いてほとんどわかってると思ってたけど、脚本開けて見たら、あらら・・・わかってなかった!
文章量も、ブログにしては膨大になってしまいましたので、脚本の訳には盛り込めなかったことを書いておきます。

クリックすると元のサイズで表示しますBear Hug

@ in words of one syllable

エピソード冒頭でキャロリンがベルがうるさいとダグラスとマーティンに説明するところで言った台詞です。このフレーズで「簡単な言葉では」という意味です。syllableとは音節のことで、英語では1音節だけでできている単語は、子供が使うようなやさしくて汎用性の高いものが多いのでこういうのですね。*音節は、英語では母音の数と同じになります。綴りではなくて発音の方です。イア、オウなどの二重母音はひとつとして数えます。*日本語は、英語に比べて母音が多く入り、音節ひとつの単語では文が作れないとこの遊びを訳に盛り込むのは放棄、なるべく1音節に近く切ってちょっと感じだけ出すようにしました。すみません。。。。

ソーセージ!!と同時に言ってこのゲームを停戦した時のキャロリンとダグラスの会話が好きです。ずっと使えなかった長くて難しい言葉を言ってストレスを発散。
Carolyn: Ah, that’s a relief! Antidisestablishmentarianism. ああ、ほっとしたわ!英国国教廃止条例反対論。
Douglas: Excellent! Shall we recombine with the familial gathering in the vestibule? 優秀ですな!我々も親族集会に再度参加せんためエントランスホールへ?
Carolyn: Assuredly. 承知しております。



Aマーティンの妹の名前 'Caitlin'

脚本を書き出してくださった方がコメントしていました。
Martin’s sister’s name, which appears in the credits as ‘Caitlin’, is consistently pronounced ‘Catlin’. Martin does in fact call her ‘Cat’ when he initially greets her.
基本的にケイトリンと発音するこの名前は、時おりカトリン、と、またマーティンが直接呼びかけた時はキャットとあいさつで言っていましたね。
英語では姉か妹かsisterではわかりませんが、ケイトリンの態度で私は妹かなと思いました。お姉さんの場合は、対抗意識を持つよりも、サイモンのように上から目線で子供扱いするんじゃないかな。
3/5追記
Finnemoreさんのブログによるとケイトリンは17歳の時にカトリンと呼ばれる方がいいと宣言し、家族も頑張って合わせているけど、つい彼女がその場にいない時など口をすべらせてケイトリンになってしまう、とのことです・・・なるほど!追記ここまで


Bbig hug/bear hug

クリックすると元のサイズで表示します

サイモンがマーティンにせまるbig hug。その昔、テレタビーズも決まってやってたなあ。。。
脚本には、ト書きが書き添えられていて、そのサイモンのハグをbear hugと書いてあったんです。それ、私の義母も言ってたので驚きました。夫も、ただママがそう言ってたとだけ言及してて、ムギュ〜〜〜ッと強く締めつけるハグですけど、これ、プロレスの技でもあるんですね。それでやっと録音風景の写真(上を参照!!)の意味がわかった。。。でも大きくて暖かいハグという意味もあるようで、そっちの意味にはbearはbearでも、Polar Bearのイメージが一般的なようです。

CSpeak & Spell

マーティンが1音節ゲームをやめないダグラスとキャロリンに言った台詞に登場したこのおもちゃ、80年代に大流行したようです。うちの夫も私が写真をPCに置いてたら、懐かしがって叫んでました。。。アーサーか。正しいスペルを打ち込むと発音してくれる、日本で言ったら「アンパンマンのあいうえお」みたいな知育おもちゃですね。関係ないけど、80年代の人気バンド、Depeche Modeも同名のヒット曲あるんですが、このおもちゃの名前とは今まで知らなかったなあ。。。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

Dダグラスの言葉使い

和訳で一番難しいのがダグラスの台詞でした。日本語だと言葉遣いがキャラのイメージによって違うので、ダグラスが日本人だったら、どんな言葉を使うのか頑張って想像しました。57歳、恋の遍歴はロンドンマラソンのスタートラッシュほどのパイロット。言葉ゲーム好きな知性派で、ピアノと歌も得意。・・・あまりおじさんぽくはしたくないので、一人称は「僕」にしてやっぱりちょい不良おやじですかね。で、ボスであるキャロリンには一応敬語だけど、気持ちは伴ってない。



飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機飛行機



クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ