2012/7/9

実はエリート=ジョン・ワトソン  シャーロック

きのうの続きです。「シャーロック/大いなるゲーム」終盤、プールでモリアーティがシャーロックにジョンについて言ったこと。

忠実でかわいいねえ。君がそばにおいておくわけだ。
でもペットは情が移るからよくない。


命ぶっ飛ぶ危機感でいっぱいの状況とは言え、ここまで言われて無言のジョン。
彼の心境やいかに。。。と勝手に思いめぐらしてしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

シャーロックみたいなエキセントリックな人の横にいると「タダの人」と思われがちだけど、
実はジョンってば、「医者」で「軍人(しかも将校)」というエリートじゃないですか。
お金持ちではないけれど、クラス社会のイギリスでは中流階級ですよね。
貴族=上流、経営者・医者・弁護士=中流階級、サラリーマンの大部分=労働者階級。

クリックすると元のサイズで表示します
王立空軍の晴れ舞台/これは先日のダイアモンド・ジュビリー

医者が「人々から尊敬される職業」なのは日本でも同じですが、
「軍人」の地位はこの21世紀では、イギリスと日本で全然違うように思います。

もと「日が沈まぬ大英帝国」は、今でも「戦争に負けたことのない国」ですから、まるで戦前の日本のように軍人さんは誇らしい職業です。それを実感するのが「V-Day/戦勝記念日」。第二次世界大戦で日本が負けた日を今もってお祝いし、国を守ってくれた軍人さんの偉業を讃える日なのです。

クリックすると元のサイズで表示します
8/15記念碑告別式に極東での闘いの生存者は出席


ロンドンに住んでいた時、バッキンガム宮殿に続くThe Mall上空での華々しい空軍のショー(上の写真とほぼ同じようなもの)や勲章やピンをいっぱいつけた制服に身をつつんだ老人達を見てしまったり、セント・ジェイムズ・パークに王室空軍博物館から展示物の一部を持って来て行われたイベントで、軍事機や戦場での様子の再現を見て、日英の軍のあり方の違いを思い知りました。
そう言えば、ウィリアム王子やハリー王子も入隊してますもんね。華々しいはずだ。

あ、話がそれかかってます。

ジョン・ワトソン医師はそう言う意味で、それなりのプライドもある人物のはずなのに、シャーロックとモリアーティなんて極端な人達に挟まれたせいで、ペット扱いされちゃって。。。
と、気の毒だけど、そこがまたこのドラマの面白さだよなあとニマニマしております。
シャーロックと出会わなかったら、医者=女子にモテモテなのにねぇ。
ま、本人が選んだ人生なんだから余計なお世話ですね。
私もなぜか安定した生活より文化摩擦とスリルにあふれた(?)国際結婚を選んだ身だし、その気持ちはわかります・・・

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ