2012/4/28

キウイランドから  家族のこと

届きました! お土産が!  ・・・両親と一緒に。

きのうの夜成田に着いた義理の両親と、
私は8時頃に最寄り駅で待ち合わせしていました。



7時前には、バタバタと家中の片づけ
掃除機かけたり、彼らのベッドメイキング
と同時に夕飯をつくっていました

そして玄関わきの物置部屋にものを運びに行ったら、

なにやらドアの向こうが騒々しい感じ

というのは、お掃除しながら景気付けに
イヤフォンでクイーンをがんがんに聞きまくっていたので
ドアの外の音は聞こえなかったんです。ほとんど。

でもドアノブがガチャガチャ不審な動きをしてドアも振動していたので
あわててイヤフォンをポケットにかくしてドアを開けました。

「掃除機かけててピンポンが聞こえなかった〜!すみませ〜ん!」

・・・両親は予定よりもすごく早く着いたので、自力で家に到着したのでした。
しかしピンポンしても誰も出てこない。義理父は考えた
「もしかして迎えに行っててすれ違ったのかも。駅に戻ってみるか。」

だが、義理母は考えるより強硬手段に出た。
ドアをこじあけようとしたのだ!!
あ〜、そこに私がいてよかった。壊されなくて・・・・
この母はうちに来るだび何か壊すんだよね。今回はドアになるところだった。


しかしこの後いただいたお土産に、母のポイント急up

オープニング・セレモニーのエコ・バッグ

クリックすると元のサイズで表示します
パジャマみたいなフランネル。もしかして、ホントに元パジャマ?

クリックすると元のサイズで表示します
なぜオープニング・セレモニー??と疑問に思ったのですが、
たぶん、私がNZデザイナーのカレン・ウォーカーが好きなので
そのショップで見つけてくれたんだと思います。
NZのカレンのショップには、トップショップもセレクトしてあるんです。


クリックすると元のサイズで表示します
裏にはでっかく「リサイクル」マーク。日本と違うね。アメリカの?

クリックすると元のサイズで表示します
このプライスがさりげにつけたままなのは「けっこうなお値段」の示唆でしょうか。
あ〜ん、知ってますよ〜、安くないのは! Thank you、ありがたいです〜


カレン・ウォーカーの切り抜き

クリックすると元のサイズで表示します
ホントに、カレンはNZでビッグな存在なのです。
オークランドにはショップが私が知ってるだけで4つもあるし、
H&MもGAP(たぶん)もない小さな街にしては異様な多さでしょ?


クリックすると元のサイズで表示します
NYコレの記事。国民の誇りなんでしょうね。
キウイ・ガールズはみんなカレンのシルバーのジュエリーしてるし。


クリックすると元のサイズで表示します
デザイナー本人も素敵な女性っていいですよね。かっこいいなあ。

ビスケット

クリックすると元のサイズで表示します

1週間ほど前に、「何か買って来てほしいものある?」ときかれて
私がリクエストしたのが、「ビスケット」だったんです。
普通の、スーパーで売ってるようなのでも、外国のって嬉しいじゃないですか。
そしたら、すごいの奮発してくださいました。はは〜(←頭さげる音です)

何げないビスケットに見えるのも、「マヌーカ・ハニー・ビスケット」なんですよ〜
「マヌーカ」は現地でも高級品です。
2

2012/4/25

スポーツも好き  大西厚樹

今朝、NHKのニュースで「復刻ブーム」を報じていました。
30〜50代の世代が「昔は良かったな〜」と感じる80年代あたりに
スポットを当て、お菓子からDCブランドまでを紹介していました。

「VIVA YOU」がデパートでフューチャーされている映像を見て、
ああ・・・大西さんも生きていたらカムバックしてるかも、
と、ちょっとグッときてしまいました

・・・い、いかん

すっかり暖かくなって、外出のおしゃれも嬉しい季節がやってきた!
ので、
こちらをご紹介します。大西さん監修のニットの本です。

クリックすると元のサイズで表示します
日本ヴォーグ社 1996年発行

タイトルに「夏、スポーツを編もう!」とあるように、
スポーツ系のデザインを多く集めています。

大西さんと言えば、ロマンチックなこんな感じが人気ですが、

クリックすると元のサイズで表示します
(この本でもレース編みなども紹介してはいます)

実は、大西さん、スポーツのユニフォームみたいな服、大、大、大好きです!

クリックすると元のサイズで表示します

ぴったりしたニットにワイドパンツはよくご自身着ていました。

クリックすると元のサイズで表示します

女の子もかわいいですよね。スポーツ系。メンズっぽいからかな。

クリックすると元のサイズで表示します

ボーダーに肩ボタンは永遠に好きだ〜 いつも探してる、けど、ない。

クリックすると元のサイズで表示します

ロンドン・オリンピックも始まると、こういうのが着たいよね。
あら、そんなことないですか? 私だけですか?

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、同じセーターを男の子と女の子が別の着こなしで。
ポロシャツニットにスカーフの大西さんも見たなあ。

               

この本の撮影は、大西さんが別荘を持っていた葉山ロケでした。
花柄スカートの女の子がすわっているのは、大西さんのベッドルーム。
屋外の風景は、葉山マリーナに行きました。

その葉山の大西さんのマンションへは、
別の雑誌のインテリアの取材&撮影の準備で前日から入り
お泊まりさせていただいたこともあるのですけど、
大西さんのあのかわいいベッドがある大きな寝室に比べ
私と販促課の上司は一番小さい和室で寝たんですよね・・・いいんですけどね〜

金子國義氏をご招待した時にもお手伝いしたのですが、
その時、私が「大根おろし」の水分を絞らずにお出しして
金子氏にしかられたことも、
今となってはこうして語れる思い出に。。。
あの時「日本人の常識」なんてマニュアル本があったならなあ!

そうそう、もうひとつ、葉山と言えば。。。。

ある日、東京本社で大西さんと会社の専務に言いつかった私の任務は、

大西さんの葉山の家から、クマちゃんのぬいぐるみをとってくる」ことクマ

その時点ですでに午後3時ごろだったでしょうか。
葉山って、最寄り駅はないんです。
逗子駅から、バスで行くしかない。
そして大西さんのマンションは海のすぐ近く。。。

恐怖の暗夜行路でございました。

私が逗子駅に着いた時には日も暮れかかり、
大西さんの部屋に侵入して、クマちゃんをだっこして
真っ暗な、海の音のする、人気のない道を走った私。。。。

こうした私のミッションのおかげで次のシーズンのテディ・ベア柄が
でき上がったことは大西さんしか知らないんだろうな。

ってことは今や私が知るのみ。


クリックすると元のサイズで表示します
3

2012/4/22

「私のお父さん」プッチーニ  いろいろ

Mがピアノ発表会に参加いたしました。

演奏曲は「眠れる森の美女」から「いつか夢で」を



ぐーたら娘ですが、本番で初めて一度も間違わずに弾けました
・・・運のイイ奴だ

子供達の歌とピアノが終わった後
最後に、
M子先生の演奏の番に。

じ、実は、
こ、これが、実の娘の演奏よりも、
今日最高の出来事でした・・・!!

曲名は、「O mio babbino caro」by プッチーニ
大好きな映画「眺めのいい部屋」に使われた、大好きな曲



この映画では、キリ・テ・カナワが歌っています。
マリア・カラスの次に覚えたオペラ歌手でしたが、後に夫のJに
ニュージーランド出身だと聞いてビックリしたものです。
キウイランドにもオペラ歌手がいたなんて想像もつかなかったんです〜
キウイのみなさま、ごめんなさい

クリックすると元のサイズで表示しますKiri Te Kanawa

と、
私にとっては、この映画とこの歌がセットで記憶されているんですが、
今思うと、清潔感のあるカナワの歌が原作のイギリス小説のイメージにぴったり。

でも・・・
昨夜のM子先生のライブは、もっともっと胸に迫るものがありました。

生オペラを目前の距離で聞けるなんて、なんて幸せな私!!

M子先生、ご指導だけでなく、素敵な歌をありがとうございました。



ちょっと、迫力の美声という連想で、こちらを参考までに
始めにおしゃべりが入り、歌は50秒あたりからです。

クリックすると元のサイズで表示します

おっと、忘れてた・・・
Mもがんばったねーーー
1

2012/4/20

RUPERT  大西厚樹

ルパート バイ アツキオオニシ、と読みます。
「RUPERT by ATSUKI ONISHI」1994年創立

クリックすると元のサイズで表示します

女性用のお洋服では、90年代には金子国義さんのイメージも使わなくなり、
(ショッピング・バッグはずっと金子氏の絵がついていましたが)
ちょっと毒入りのコアな少女趣味から
「チューリップ」「苺」「レオパード」「テディ・ベア」「バンビ」
などの愛されモチーフを打ち出していました。

そこで、メンズではクリックすると元のサイズで表示しますこのルパートくんだった
・・・・と私は思っています。
でも、
クマのルパートがフューチャーされたのって、実は、初期のみで、
その後は大西さん自身のワードローブに近いものが出て来るんですよ。

あえてキーワードを探すと、「ジャン・コクトー

クリックすると元のサイズで表示します
「恐るべき子供達」マントにマフラーの少年達に萌えたと言っていました

クリックすると元のサイズで表示します
ジャン・マレーのシックな装いにあこがれていました

クリックすると元のサイズで表示します
でも一番好きだったのは顔かも・・・あ、いえ、何でもありません。そそくさ・・

クリックすると元のサイズで表示します
コクトーによるイラスト。ベレー帽だ!大西さんのトレードマーク

これだけだと、金子國義美少女に近く、「美男美女以外はどうしたらいいの?!」
という近寄りがたさですが、・・・大丈夫、ちゃんと逃げ道もあった。

クリックすると元のサイズで表示します

「タンタンの冒険」映画も記憶に新しいですね。

見れば見るほど大西さんそのもの。
白シャツ、ステンカラーのコート、ニッカボッカー!
よくこういう出で立ちで犬を連れて出社してましたっけ。
犬の世話は私の仕事でもあった。

こちらのイメージなら、ジャン・マレーのような顔の持ち主じゃなくても、
モデルのように背が高くなくても、オシャレでかわいいじゃありませんか!!

クリックすると元のサイズで表示します
モデルさん着用ですけどね・・・

大西さんのキャリアの中で、メンズはウィメンズ(レディースって言ってたナ)
ほどにはあまり知られてはいないと思うのですが、
私個人の思い出に占める比重は実はかなり高いです。
なぜなら、仕事が大変だったから?!

だって、従来のウィメンズの販促はそのままやりながら、
メンズのショーもやったんですよ。仕事量は今考えると倍以上。
ブランド以外に、舞台衣装のデザインのお仕事などもあったし。
その辺のお話は長くなるのでまた改めて(  まだ続ける気)

でも不思議なことに、大変なことにこそ、深い思い出ができました。
ショーのスタイリングあけの朝帰りとか、
夜更けの焼肉とか、舞台俳優さん達との居酒屋とか・・・ブツブツ
・・・はっ?!それって、仕事じゃないか。



モデル写真2点は、日本ヴォーグ社「大西厚樹のセーターブック」(1995)より
 現在「RUPERT」は大西さん退職後別のプロデューサーにより企画されています




0

2012/4/19

オフィシャル・ロイヤル・グッズ  イギリス

ロイヤルなビスケットにうっとりする私を見て、
ロンドン在住のYokoさんが、耳寄り情報をお寄せくださいました。

クリックすると元のサイズで表示します
写真は英新聞Daily Mailより/転載元はこちら

エリザベス2世即位60周年記念グッズが売れているというニュースを
Yokoさん、ありがとう〜〜

王冠

あら・・・

M&S(スーパーマーケット・チェーン)のビスケット

     クリックすると元のサイズで表示します

          

ハロッズ(王室御用達デパート)の記念グッズ
   クリックすると元のサイズで表示しますこれ、ほしいナ

私の連想はここどまり・・・・迂闊だった。

お墨付きのオフィシャル・ショップ
を忘れていたとは

そうです、スーパーやデパートでも買える記念グッズを、
宮殿ショップが正式発売しないわけがありませんね。

  クリックすると元のサイズで表示します
一番上の写真のケーキ皿は、こんな豪華ボックス入り。
うーん、こういうスタンドのついたケーキ皿に弱い私・・・


不思議なもので、イギリスに住んでいると、
こういう豪華なものを買う気にならないんですよね。

庶民としてのイギリスの普通の暮らしの中では違和感と言うか、
むしろ、考えもしない、贅沢品、別世界。

日本に住んでいると、暮らし向きは同じでも、
別世界を自分の家に取り込んでもOKな気がするのはなぜでしょうね。

まあ、その昔、畳の上にイスを置いた日本人の
ナチュラル・ミスマッチ感覚なんでしょうかね

ケーキ皿は好きだけど、これなら、身分相応かしら?

   クリックすると元のサイズで表示します

王冠のカタチの3色チョコレート £15.95でございます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ