2012/2/7

セシル・ビートンの女王陛下  イギリス

きのう、英国エリザベス女王は戴冠60周年をむかえました。

英語だと「ダイアモンド・ジュビリー」というのだそうで、美しい響きですね。

50周年は「ゴールデン・ジュビリー」でした。私もロンドンにいました。
ついきのうのことのような気がします・・・ヤバいです・・・

クリックすると元のサイズで表示しますプリンセス時代の女王 by Beaton

V&A博物館で、セシル・ビートンの撮影した女王の写真展
が明日からだそうです。
リンクから写真をたくさん見れますので、ぜひどうぞ。

クリックすると元のサイズで表示します
チャールズ皇太子が生まれた時 by Beaton

セシル・ビートンは、
スターのポートレイトやヴォーグなどのファッション写真家として有名ですので、
その作品を見れば、
きっと誰でも「ああ、この写真とった人なんだあ?!」と思うはずです。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは、有名じゃないかもしれないけど、かわいいので、つい
タイトルが「ミス・ナンシー・ビートン/流れ星」
ミス・ビートンということはお嬢さんなんでしょうかね?

そして、今回、この日記を書くためにWikiを見て驚いたのは、
彼は、映画「ジジ」「マイフェアレディ」で衣装や美術も手がけ
アカデミー賞も受賞していたことです

「ジジ」の衣装はとってもかわいいんですよね。知らなかったなあ!

クリックすると元のサイズで表示します

当分ロンドンには行きませんので、
英国王室のイメージアップに多大な貢献をした写真展を見れないのは
残念ですけれども、

ファッション写真とスター・ポートレイトの展覧会とか、
日本でぜひやってくれないでしょうか・・・

最後に、シャーロット・ランプリング

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ