2011/4/20

大江戸ファッション  ファッション

クリックすると元のサイズで表示します

きょうはゲストのKさんをちょっと東京案内しました。

上のチラシは、原宿の太田記念美術館のものです。

小さな美術館ですが、
「ファッション」が切り口の展示のせいか
きれいな絵が多く良かったです!

Kさんは、アーティストでアートの先生をしているので、
着眼点がワタシなどよりも細かく、
技術的なことにも興味が深く、
美術館院の方にたくさん質問をしました。

おかげさまで、
同席していた私は見落としていたことなどや、
展示を見ただけではわからない話も
聞くことができて
濃い時間を過ごすことができました。

キモノの柄は
改めてかわいいものが多いです。
兎柄など、同じ続柄の中に、正面、横向き、後ろ向きの兎がいて
さらに渋い別の柄と組み合わさっていたりするのです。
さらに「黒に白抜きの蝙蝠柄」なんて粋なものも。

しかしキモノというのは、
下着や裏地も見せるものとして
計算して重ね着しているし、
さらに小物使いで華やかさもプラスするという
現代の日本人の服の着こなしそのまんまです。

西洋人は昔フリフリのドレス着ていたのに
今はずいぶんとシンプルになったというのに、
「洋服」に新参者の日本人が
その着方を着物と同じに着ているということが
おもしろくありませんか


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ