2011/4/18

More Kiwi Shops...  ニュージーランド

このお馬は、ブティックのウインドウ・ディスプレイウマ
(2才くらいの子供を乗せてる夫婦もいました・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

このお店はLAUNDROMATいうセレクト・ショップで、
オークランドの中心Britmart駅のすぐ近くです。

クリックすると元のサイズで表示します
駅前でも混雑していないのがうらしましい・・・
この建物はもと郵便局だそうです。

でここのオトナ服はあまり好みではありませんでしたが、
mintiというオーストラリアの子供服ブランドが
生意気な感じで

クリックすると元のサイズで表示します

で実は、
このショップの並びにあるMADEというセレクト・ショップが
今回のオークランドで発見したすてきなお店でした。

クリックすると元のサイズで表示します

外観はちょっと倉庫風、と思ったら、
本当に1885年築のもとウエアハウスだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

アーチ型ウインドウの中には
アンティークの木とガラスのショーケースがあって
私が行った時には、ベレー帽とカンカン帽が飾られていました。
上下の写真はショップのページよりです。

クリックすると元のサイズで表示します

カレン・ウォーカーとa.p.c.とジーンズ、
それからtwenty seven names、
ヴィヴィアン・ウエストウッドのシューズその他、
ファニーでシュール、
ユニセックスっぽさとガーリーの同居が刺激的です。

0

2011/4/18

バス・サイン  ニュージーランド

NZのバス停です。

クリックすると元のサイズで表示します

道路を図案化したと思われるロゴがツボです

今回の滞在中、
こういうファニーなキウイのセンスが
この日記でも書いた
「クライストチャーチ支援活動」とか
「クラフト・マーケット開催中」などの
普通のまじめなポスターにも見られました。

実は、日本人の美的センスを破壊していると
ひそかに思っているのもに、
「街に溢れるマンガ/キャラクター」があります。

たとえば
東京の都バス「みんくる」。
名前も「みんなのくるま」のダジャレ?
キャラデザインも、安っぽい子供のおもちゃみたい。
お金を払って乗るのはほとんど大人だというのに
キャラでバスを愛してもらおうという意図はなぜ?

自治体や企業がキャラクターをつくって
グラフィックのあらゆるところに登場。
だいたいが動物で、センスを疑うもの多し

と、
常々日本でそう感じているものですから、
この「変かわいい」字体に注目しちゃうのです・・・・



NZではやたらとキウイ・キャラを見ました。
それはまあ許せる「小国のアイデンティティー」かな。
たとえば「ゴミを捨てるな」という表示の変わりに、
「Be Clean Kiwi」なんて書いてあるのがお茶目


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ