2010/9/30

誕生日は土曜日  日本語

きょうは1つだけレッスンをやってきました。

大企業の駐在員さんですから、
きっとエリートなのかもしれませんが、
きょうの学習者さんは、
私が担当させてもらっている3人の中でも
いちばんスローペースな人です。

日本語の短い例文を、
その語順で英語に直して覚えようとしたり、
助詞の「は」や「です」など英語にない種類のことばで
考え込んでしまうので
なかなか進みませんでした。

私もまた「は」や「です」を
うまく説明できてないのがいけないんですが、
構造がぜんぜん違うということにだんだん慣れてきてくれて、
考え込む時間が短くなりました。

前回、月や日にち、曜日の言い方を紹介したので

クリックすると元のサイズで表示します

きょうは復習にと、
「Dさん、誕生日はいつですか?」
ときいてみました。

そしたら、この表を見ながら、
「どようび・・・です」という答えが。

ややや曜日も月もゴッチャになってしまったかな
とワタシは思い、
「月と日で言って下さい」ともう一度きいたら、

Dさん「じゅー、ジュー、11月、ふつか です」

私「ああもうすぐですね1ヶ月後

ここで、Dさん表情が変わり、「Not November, October.」

私「え 10月、ふつか
本当にもうすぐですね。
ああ〜〜、なるほど、今週の土曜日ですね

Dさんは初めからちゃんと答えてたのに、
スローな人だからって、
月日と曜日の区別もできなかったと思い込んでしまったのです

とても反省いたしました・・・・・



日本語の日にちの言い方は、10日までが不規則で、
そのあとは規則的ななったと思うと、
20日で「はつか」
24日が「24にち」ではなく「にじゅうよっか」
という不意打ちがあり、
教える方もイヤです・・・・・



0

2010/9/28

アイスクリームバン?  いろいろ

雨上がりの上野公園を歩いていたら、

え、こんな天気にアイスクリーム屋さん

クリックすると元のサイズで表示します

このカタチの車の窓にシールぺたぺた・・・って

ほら

クリックすると元のサイズで表示します

これかと思ったら、
近づいてよ〜くシールを見たら、

クリックすると元のサイズで表示します

ぜんぶこのクマのシールでした・・・

せっかくMに教えてあげようと思ったのに。

あれ、日本ではアイスはふつう
路上でどうやって売ってるんだったかな・・・
売ってるよね
0

2010/9/27

おそろい  いろいろ

久しぶりに、自分とMの服をつくりました

自分のをさきに作って、
かなり生地が残ったので、
これは
Mの分もつくれそうと思ったんですが、

決めたデザインが「長くてプリーツたっぷり」だったので
同じ生地では
足りなくなって、

クリックすると元のサイズで表示します
なんとなく「おそろ」となりました。

ワタシのは水玉
Mのは♡柄

が・・・・・

ワタシのは思ってたより短くって
Mのは思ってたより長くなったので、

同じ着丈になってしまいました・・・・

かわいいハンガーは
谷中のパリ「bonbon」で買ったものです

Mのワンピのは、
その時「bonbon」で見たお洋服に
完全に影響されています。
(スミマセン、ミナミさん)
0

2010/9/26

Bungle Bear  いろいろ

御徒町に、ダンナと私のお気に入りショップがあります
古着屋さんです。

クリックすると元のサイズで表示します

下北のようなおされな古着屋さんじゃないところが好きです。
昔のイギリスのチャリティショップみたいなの

ここで買ったフェイクファーのジャケットです
¥500

クリックすると元のサイズで表示します

ダンナさんにこれを見せたら、
「You look like Bungle !」という反応が
バングルってなに

これでした・・・そっくり

クリックすると元のサイズで表示します

イギリスの子供番組、「Rainbow」にでてくるキャラだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

お友達もいます・・・

クリックすると元のサイズで表示します

クイズなんかにも答えちゃったり・・・・

クリックすると元のサイズで表示します

シールにもなったり・・・(って、コレ、別のクマだよね・・・)

クリックすると元のサイズで表示します

気に入ってしまいました
2

2010/9/24

The September Issue  ファッション

なぜかダンナさんが留守だとdvdにもえるワタシ

こんどは「The September Issue」
*邦題:ファッションが教えてくれること

クリックすると元のサイズで表示します
この号のメイキング・オブ=舞台裏ですね

この号、史上最高、こ〜〜〜んなにぶあついの
クリックすると元のサイズで表示します

「プラダを着た悪魔」の悪魔のモデルになった
米ヴォーグ編集長のドキュメンタリーです

クリックすると元のサイズで表示しますこの人
実は「プラダ・・・」の方は見てないのですが

上の写真のとおり、アナ・ウィンターは
「氷の女」とよばれるほど恐いというウワサですが・・・

恐いのは、
自分の意見&感性で容赦なく決定をくだすことです。
たとえしめきり5日前でも、
ボツ&再撮を決行するという・・・・
影に泣くスタッフの山

でもね、アナはどなったり、ヒステリーおこすわけではなく、
たんたんと意見を言って決定する。

20年来一緒に働くエディター=グレイスという人がアナの右腕で、
ベテランだというのに、モデルの着付けもすべて自分でやる、
感性ゆたかなすてきな人。

クリックすると元のサイズで表示します右の人です

この人の仕事をアナがどんどん否定して、
グレイスも落ち込んだり怒りを感じたり・・・

でもこのふたり、ちゃんとお互いを認めているんですね。
それを語るシーンがとても良かったなあ

アナの私服って、ファッション業界っぽくないんです。
他のエディター達が、エッジィな黒ずくめな中、
ただの「お金持ちのオバさん」にも見えそう。
それが、彼女のビジネスセンスとファッションセンスを
物語っているようです。

広〜いアメリカ&世界を購読層にもち、
おしゃれでいて一般にウケる誌面をつくる・・・

どのファッション雑誌の編集長だって、
それを求めているはずじゃないでしょうか
いやどんな仕事でも
「自分の感性とビジネスの両立」ってテーマあると思います

仕事は楽しくやりたいけれど、
厳しいところに充実感もあったなあ〜

と、
明日はMの運動会、お弁当の準備はぬかりないか
と真剣なワタシであった・・・・





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ