2010/3/24

アガサ・クリスティー  いろいろ

最近、(テスト勉強中に・・)見つけた「アガサ・クリスティー」の本。
クリックすると元のサイズで表示します
このお話は、殺人事件が出て来ない、
クリスティー生存中にはメアリ・ウェストマコットというペンネームで書かれた
6冊のうちの1冊だそうです。

クリスティーというと、(私の勝手な思い込みですが)
イギリスの田舎が舞台でヴィクトリア調の世界に生きてる
上中流階級の人々の世界を思い出しますが、
この「娘は娘」は、50年代に書かれた当時の現代小説で
ちょっとクリスティーのイメージじゃありません。
が、
おもしろいです

おとなの女性の感情がテーマになっていて
推理小説とはまったく違う作品だけど
ちょっと読んだら、途中でやめられなくて
最後まで読んでしまう!という
テスト勉強中には手をつけてはいけない本です

訳がまた良くて、
英語の原文が想像できない自然な日本語でお話が進みます。

以前に読んだ、6冊の中のもう1冊「春にして君を離れ」も
やはり女性の心理が興味深いお話でした。

アガサという女性がどんな目で1980年から1976年まで世界を見ていたのか
彼女自身を知ってみたくなりました。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2010/3/24

テストがおわって・・・  いろいろ

こちらは「凪子さん」クリックすると元のサイズで表示します
先日日記にも書いたマンガ「日本人の知らない日本語」に出て来る先生

きょうは雨です
だけど私のは、ハッピ・ハッピ・happy!!
学校の終了テスト、
合格でーーーす

さらに、予測もしてないことがおこりました
あさっての修了式で、
修了生代表のあいさつをすることに
なんと、こ、この私がテストで番だったのです・・・◎o◎
そ、それはうれしいけど、
エーーーあいさつなんて・・・・・

実習の教案つくって教壇に立った時と同じくらい
どうしたらいいの〜的心境です・・・・・

何を言えばいいのか検討もつかなくて
これは再試験を受けるより
高いハードルです

なぜ嬉しいことだけですまないのか・・・・

1
タグ: 日本語 英語



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ