2018/11/6

ボヘミアン・ラプソディ不安と期待  その他の映画・ドラマ・舞台

クリックすると元のサイズで表示します

私はまだ映画を見ておりません!けど英米やその他もろもろの国でNo.1に入ったとのニュースを他でもない、ブライアン・メイ博士のインスタでも耳にし、ホッとしたのを機に、見る前感想を書こうと思い立ちました。

見る前に感想なんて普通ないものですけど、この映画に関してはここまで来るまで長かったので、見た後の感想にそれも書いてはきっと収拾がつかなくなるかな、と思った次第。

「ホッとした」なんて一体私がどういう立場なのか、いちファンの分際でおこがましいのですが、

私はフレディ・マーキュリーのリアタイファンだった時、彼の音楽性や見た目が王子様からニューヨークのハードゲイに変わって行った時、戸惑ったりもう理解不能とも思いながら、ある日雑誌の1ページに幸せそうに猫をだっこするフレディを見て

「彼が幸せならもうなんでもいい・・・私も幸せ」

というナニー心を生まれて初めて感じて以来の老婆心ですのでお許しください。

今ではスターのファンの変態として、
気になる存在➡️好き、ファンになっちゃった応援するぞ!➡️彼の彼女の全てを知りたい研究しちゃう➡️ライブ行く〜!恋人もそりゃいるよねかっこいいんだもん、だけどなぜ私じゃないの?(は〜〜)やっぱりそれでも好き➡️もはや彼が彼女が幸せならば世の中平和

というコースが世間的に(一部の世間だけど)認知されてますけど、当時のティーンの私にはその感情がなんだったのかわからないけど脱皮したようにスッキリしたことを覚えています。

その後色々あってフレディは神様のところへ行ってしまい、猫をだっこした写真を撮ってから最後の時まで、彼に何があったのかを本や写真で総ざらえし、いくら本を読んでもネットを見ても現在や未来がないファン活は過去を繰り返し繰り返し弔うような気持ちになるので、もう自分の感情はそっとしておくことにしました。

「クイーンの映画が作られるよ」というニュースには、「いよいよか?!」「ビートルズかストーンズみたいだな?!」と思ったのですが、

フレディのキャスティングはなんと初めはサシャ・バロン・コーエン。

彼の演技力や人間性については何も言うことはありませんが、フレディを「ボラト」や「ブルーノ」の並びに持っていくのは私は嫌でした。彼がそれらの映画の主演として有名だったらそうなるでしょう?私の大切なフレディをいちネタとして消費されたくない・・・またまた老婆心がもたげてきた・・・

しかし神様は私に味方し(?冗談ですよ)、サシャを主演とする制作チームと生き残ったクイーンは意見の対立でこの企画は白紙に戻りました。

次に主演として候補になったのはなんとベン・ウィショー!

ウヒョー!どどどどうしよう好きすぎて想像がつかない?!ふたりとも繊細な人間だけれどウィショーさんが上半身を鍛えて胸毛をつけてアクションする姿は夢にも想像がつかない。

しかもメイ博士&ロジャーもウィショーさんご本人も「楽しみだ」とちゃんとコメントしてるんですよ!

・・・なのにその話は一向に進展せず・・・

いつの間にかラミ・マレックさんという目のおっきな俳優さんがキャスティングされたかと思うとあっという間に映画が完成してしまいました!


すでに各国でヒットしていますけど批評家受けはしてなかったようです。それは映画作品として斬新さや芸術性がないということ?それは私の想像に過ぎませんが、とにかく70年代、80年代のクイーンに何があったのか長編豪華再現フィルムを見せてもらえるだけでも嬉しいな。

ところで映画館ではグッズも発売するのでしょうか。今のところ公式アイテムはTシャツ、バッグ、クリアファイルが発表されています。かわいいフレディ人形とかもあったらなあ。
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ