2018/9/26

町山さんの「グッバイ・クリストファー・ロビン」解説  ドーナル・グリーソン

クリックすると元のサイズで表示します

2017年のイギリス映画「グッバイ・クリストファー・ロビン」は日本では劇場上映はありませんでしたが、配信や円盤で見られることになりました。

米国在住のジャーナリスト町山さんは定期的に「町山智浩の映画サーチライト」でイベント登壇されているようで、今回第7弾としてこの映画上映と解説があるというので楽しみに行ってきました。

私はDVD視聴済みでしたがやっぱり大きいスクリーンで見るとさらに良かったです!この映画の場合は森が舞台としてなんども出てきますからそれはスクリーンが大きければ大きいほど良さがわかるというものです。それにミルンの戦争後遺症の描写で戦場の風景と爆撃音が瞬間的にフラッシュバックするのも、やはり衝撃が違いました。

あまりネタバレしたくないので、そういう詳細は控えますが、ちょうど今公開中のもう一つのプーさんの映画「プーと大人になった僕」と比較した感想や意見を観客に聞きながら町山さんの意見もさりげなく挿んでいくインターフェイスで内容もこの映画だけの世界から一歩出て、「クマのプーさん」を両方の映画がどう扱ったか、プーは作者のミルンにとって何だったのか各監督がどう表現したかという話が面白かったです。

さらにこのイベントに来て良かったのは、

実はこの映画には原作伝記本があり、その本の日本語版の訳者の先生方も劇場にいらしていて私たち一般客と一緒に映画を鑑賞され、町山さんが先生方の知識も聞き出してくださったことです。

その翻訳本のポスターが上の写真です。

この映画の感動のラストシーンは実はフィクションとのことですが、訳者の山内玲子、田中美保子両先生によると、そのラストシーンに匹敵する事実が、クリストファー・ロビンの時間軸ではもっとずっと後に起こったのだそうで、それを聞いて「ああ、今夜眠れるわ〜!」と思いました。

実はミルンとクリストファーのセピア色の後ろ姿が頭から離れなくてあまり良く眠れなかったんですけどね・・・
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ