2018/6/24

HUMANS 0306  コリン・モーガン

クリックすると元のサイズで表示します

今週の「あーびっくり」は引き続きスタンリーでした。なんと彼はマックスがリーダーのシンス居住区反乱分子から偽装してローラの家に潜り込んでいたのです?!

家の前でローラに暴力を振るおうとした反シンス派の男達に見せた、スタンリーの怒りに、ローラは初めて彼に厳しい態度を見せました。

・・・ローラってたった一人でもシンスの見方をしてきた勇気あり知性のある弁護士なんですが、実は私(個人の感想として)この俳優さんが苦手です。(本当に生理的なものです)スタンリーを問いただすローラにまたそれを感じてしまいました。話し方のせいかも。

この場面で矛盾を感じたのですが・・・ローラはスタンリーを試そうと爪楊枝を目に近づけました。その結果スタンリーに2階に引きずられることになりました。でもシリーズ1で同じ方法でミア(当時はアニータ)が本当にシンスかどうか試そうとした時は、ミアは自分で楊枝を目に差し込んで「シンスの目は形状記憶になってるから何ともない」と言ってましたよね?なぜスタンリーはこれで正体を現したんだろう???


「あーびっくり その2」は、なななななんとマッティが妊娠した?!?!バスルームでスタンリーに「トイレの残留物からの推測では妊娠8〜10日です」と言われたマッティ。

彼女の反応がまた私は好きでした。マッティって動きや表情が小さいじゃないですか?長女らしい冷静なキャラと言いましょうか、ものすごいショッキングな言葉にもリアクションがない。後でスタンリーに「誰にも言わないように」と強制する彼女も良かった。HUMANSって静かで強い女性が多いですね。

それはさておき、一瞬、私は半シンスのレオの子供?!と驚いたのです。つまりレオってどこからどこまでが生身なのかってことです。

シリーズ2の最後でレオがヘスターに刺された時、ヘスターに「あなたのシンス部分はどこ?」ときかれたレオは、自分の首の後ろに彼女の手のひらを当てて「ここ」と言っていました。でも、レオがバッテリー切れになる時に電源につなぐスイッチはお腹の横の方にあるので、彼の体には首の後ろ=脳以外にもシンス部分があると私は思っていたのでした。しかも彼の血は赤と青が流れているし。

改めて考えると、子供の時溺れたレオは脳死状態になって脳の一部を人工頭脳に変えたということなのか。

まあともかく、レオの生殖能力は人間だったということですね!

そのレオは、人間的な記憶に戻った時に現れた、父エルスター博士の記憶の意味するものを探しに生家を訪れます。なんと記念博物館になっていました。

しかし、やっと見つけたエルスター博士の日記には、「私は我が息子を人間でも機械でもない異形のものにするという呪いをかけてしまった。9日間必死で命を繋ぎとめ、自分のなすことを知りつつも、今またこの子を呼び戻すというのか。」という博士の葛藤が書かれていました。レオは自分が父の実験による結果生まれた、望まぬ存在だったのではないかと苦しみます。

うーむむ・・・フランケンシュタインか・・・・


一方、シンス委員会にて発言の機会を得たミアを待っていたのは、逮捕・・・?!

マックスの非暴力主義に不満のシンスたちが爆弾テロを起こしたからでした。

どうしてだろう・・・彼らの頭脳では、人間とシンスの数から計算して、あんな原始的な爆薬テロで全人類に勝つという推測出すわけないと思うんですが・・・?!アグネスなどはわざわざテロの前に演説までしてSNSに載せられて、でも攻撃の規模から言ってその行為はほとんど過激派イスラム教徒と同じではないですか?高度なAIらしくないなー、なんだかなー。

そして、とっても不思議なのは、ローラの決断ですよ。
あれほどシンスを人間と平等にと戦ってきた彼女が、「見ず知らずの人間とサムとどちらを殺して欲しいか。答えなければどちらも殺す」という脅しに、「サムを殺して欲しい」と答えたのです。なんでだよー だいたいそんなテロリストの理屈おかしいんだから、まともに答える必要ないのに〜

ソフィーもローラに背中向けてふて寝してますが、私もソフィーに激しく同意。

残るところあと2話となりまして、果たして完結するのでしょうか。

そして、マッティ、早く妊娠のことをレオに言うのだ!早く〜。そうでないと物騒なドラマだからレオがそれを知らずに無茶なことをするかもしれん。





1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ