2010/10/16

ガス燈の密かな楽しみ  いろいろ

Mがお泊まりしていなかった時に、
ダンナさんとdvdを見ました。

クリックすると元のサイズで表示しますハリウッド名作「ガス燈」

オープニングも名作の雰囲気・・・いい感じ

クリックすると元のサイズで表示します

でも実はタイトルくらいは聞いたことありましたが、
内容はまったく知りませんでした

ケースの裏に、ロンドンが舞台のミステリーとあり、
クリスティなんかが好きなので、
これを見ることにしました。

名女優イングリッド・バーグマン見るのも初めてでしたが、
品があってでもベビーフェイスで、
とてもチャーミングな人だったのですね

クリックすると元のサイズで表示しますスエーデン出身って感じです

ハリウッドの1944年作ミステリーです。
ヒッチコック(くらいしか知らないけど)とクリスティーを
足して二で割ったような感じ

クリスティー気分を盛り上げるのは、
近所に住む殺人事件とかが大好きなミス・好奇心
このおばちゃまのおしゃべりが
暗〜い話なのに笑わせてくれます
この人の映像を見つけられなくて残念

それから、
のちに「ジェシカおばさんの事件簿」で有名になる
アンジェラ・ランズベリーが17歳でデヴューしています。

クリックすると元のサイズで表示します

その役というのが、
イーストエンドなまりの蓮っ葉な女中
この女優さん、父親の家系は労働党の党首や政治家で
母方は貴族出身なんです
よく、この役で女優になることを両親が許したなあなんて
想像してしまいました・・・・

たまには名作を見ると
自分だけの密かな楽しみを発見できて楽しいんですね
また、
やろうっと
0
タグ: 映画 名作



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ