2015/11/23

London Spy2和訳(Scottieの過去)  London Spy

前半で長かったScottieの話も気になってたので和訳しましたw
ちょっとこれからの展開に向け、今この時点でのScottieの正体ってちゃんと理解しておきたいな〜と思いましたので。一応サスペンスですからね〜謎解きも気になりますからね〜!訳で「ココ違うよ〜!」という箇所があったらご指摘くださいね!

クリックすると元のサイズで表示します


(新聞社から肩を落として帰って来たDanny)

Scottie:Journalists make difficult bedfellows.
ジャーナリストとつき合うのはやっかいだ。
You can't just tell them what to print.
ずばりこれを書けとは言えない。
- You didn't want to discuss it with me first?
まず私に相談する気はなかったのか?

D:I knew you'd try and talk me out of it.
やめさせようとするとわかってたから。
Make me think what a dumb idea it was.
バカな考えだって諭すだろうなって。

S:What is this? Mistrust? It is.
どういうことだ?不信感?そうだ。
I see.
なるほど。
You trusted me with your life, but not now, not with this!
私に命まで預けたのに、今では、この件はなしか!

D:My life is small, this is organisations, institutions.
僕の命は小さいけど、相手は組織だよ、機関だ。

S:You see me as one of them, don't you? The suit, the education, the job - I'm part of the Establishment.
私のこともその一部だと思っているんだな?スーツ、学歴、仕事 ー私もその権力側だと。

D:Well, aren't you?
だって、そうじゃないの?

S:How dare you, young man! How dare you presume to know me.
よくもヒヨッ子のくせして!よくも私のことがわかるなどと。
I know you because I've heard every secret you have to tell.
私は君のことを知っているぞ。隠し事も私に話さねばならんかったからな。
What do you know about me? Answer me.
私の何を知っている?言ってみろ。

D: I know -
僕はー

S:You know where I live.
何処に住んでいるか。
You know what films I like, you know what music I listen to.
好きな映画に、好きな音楽を知ってる。
Did you know that I suffer from depression? Did you know that in the past I drank every night, every day, every morning, I drank until a stranger could smell it on me! Do you know just how fucking far I am from being part of the Establishment? How dare you mistrust me when you don't know! You want to know who I am, who I really am I'll show you.
鬱に悩んでいることは?私がかつて毎晩飲んだくれたことを知ってるか?毎日、毎朝、酒臭くなるまで飲んだ!私が権力側からどれだけほど遠いか知っているか?知らんくせによくも疑ってくれたもんだ!私が何者か知りたければ、本当の姿を教えよう。

D:Where we going?
どこ行くの?

S:Come on. Then you can decide whether you trust me or not.
来るんだ。そして私が信用できるかどうか判断すればいい。
This is the spot where my career as a spy came to an end.
ここは私のスパイとしてのキャリアが終わった所だ。
I was a spy a long time ago.
私がスパイだったのはずっと昔だ。
In a world very different to this one.
今とは全然違う世界だった。
I was recruited at Cambridge.
私はケンブリッジでスカウトされたんだ。
I said yes partly because it wouldn't be a normal life, with regular hours.
私がイエスと言ったのは、規則正しい平凡な人生にならないと思ったからでもある。
I was desperate to avoid the five o'clock home time whilst not being bohemian enough to imagine life without a proper profession.
毎日5時に家に帰る生活はなんとしても避けたかったが定職なしで生きるほど自由人にもなれなかった。
Not very patriotic motives, I suppose.
あまり愛国的な動機とは言えんだろうな。
But they rather liked that about me, an utter lack of idealism.
だが、そういう私はむしろ気に入られた。まったくの理想のなさが。
Romantics make unreliable spies.
ロマンチストではスパイとして信頼がないのだ。
It was my third year with MI6.
あれはMI6に入って3年目だ。
I was travelling back to London on the night train.
夜行列車でロンドンに戻るところだった。
A handsome man entered my carriage sat opposite me.
美しい青年が車両に入って来て私の前に座った。
The tips of our shoes touched.
靴のつま先が触れあった。
Our eyes chanced.
ふたりの目があった。
He asked the most mundane questions in the most exciting way.
彼はそれはありふれた質問をそれはおもしろそうにきいてきた。
When we arrived at Paddington, I went to the gentlemen's and waited in a cubicle, door ajar, hoping.
パディントンに着いた時、私はトイレに行って個室の中で待った。ドアを少し開けたまま、期待してた。
I can't tell you how happy I was to see him.
彼が現れて私がどんなに嬉しかったか言葉にできない。
It meant that I hadn't been wrong.
私は間違ってなかったんだよ。
And that for the next 15 minutes or so, I wouldn't be alone.
それから15分くらいの間は、一緒にいられると。
After all these years, prudishness runs deep.
このごろではまた、みな身が堅くなったが。
The next day, I was approached by a Soviet operative who described how the Soviet Union welcomed "Men like me".
次の日、ソヴィエト活動員にアプローチされソ連がいかに「私のような男」を歓迎するか説かれた。
"Under Communism we're all equals.
「共産主義下ではみな平等」だと。
" And once I'd completed my mission here, in a country that would always hate my kind, I could set up home in Moscow and be free.
「そしてここで任務を完了したら、私のような男は常に嫌われる国を出、モスクワに家庭を持ち自由になれる」のだと。
Some "men like me" actually believed that lie, but I was not one of them.
「私のような男」の中にはその嘘を信じた者もいたが、私は信じなかった。
So all that remained was a blackmail.
後に残ったのは脅迫状。
I'd be exposed.
暴露されると。
Arrested.
逮捕されて
Disgraced.
罷免されると。
So that night I bought a rope and came here.
その夜私はロープを買ってここに来た。
But sitting on that branch, noose ready, I thought to myself, "There is another way.
しかし、あの枝に座って、輪っかもできていた時、考え直した。「ほかにも選択がある」

D:" You told your bosses you were gay.
上司に君がゲイだって言った。

S:That's a wonderful wrong answer.
みごとな不正解だね。
However, the option did not yet exist.
だが、その選択肢はまだ存在もしてなかった。
No, I explained to my section head that I'd been approached by a Soviet operative and I detailed the nature of the blackmail.
いや、部署長にソヴィエト活動員からアプローチされていると説明した。その脅迫状の本質を詳述した。
He asked if the allegations were true.
彼はその申し立てが真実かと尋ねた。
I admitted that I'd made a mistake with a man and that the operative probably had evidence of that mistake.
私はある男とある間違いを犯しその活動員は間違いの証拠をつかんでいるだろうと認めた。
But it was only once.
たった1度だけだった。
An act of disgusting madness.
吐き気のする狂気の行為だ。
"I'm not a homosexual.
「私は同性愛者ではない。
And I'm not a treater.(traitorだと思うんですよねbyしましま)
そして裏切り者ではない。」
" Hard for them to believe the second statement when they knew that the first was a lie.
最初のが嘘だとわかっていたら2番目の発言を信じることは難しい。
So I proposed, preposterously, they employ someone to follow me for the rest of my life, photograph my every move, I would never touch another man.
そこで私は提案した、笑いをさそうように、私を一生涯尾行する人間を雇って、私は二度と男とは関係を持たないからと私の一挙手一投足を撮影したらと。
I didn't discover until later that there haven't been a Soviet operative.
ソヴィエト活動員などはいなかったと知ったのは後になってからだった。
There'd been an internal investigation.
内部捜査だったのだ。
You've heard of a mole hunt? Well, this was a fag hunt, which they saw as more or less the same thing.
もぐら狩りを聞いたことは?まあ、あれはカマ狩り、どっちにしても大差ないと思われていた。
Her Majesty's Secret Service had had its fingers burnt by one too many queer spies.
女王陛下の秘密組織は大勢のホモのスパイに手を焼いていたのだ。
But my prompt confession saved my life.
しかし私の迅速な告白で命拾いはした。
I was moved from MI6 into what was then named Ministry for Transport where I was little more than a penpusher, whispered about by those in the know.
私はMI6から交通省と呼ばれるところへ異動されそこで書記に毛が生えたようなことをした。知るところからは噂されながら。
Out of gratitude and fear, I kept my end of the bargain.
感謝と恐れから、当事者としての責任は果たした。
And for 11 years, I did not touch another man.
そして11年の間、男と関係を持つことはなかった。




スクリプトはコチラを参照しました。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ