このブログは、私が作った作品を載せています。
下書き無しで、ハサミで形を切り抜き、それを折ったり貼ったりして形にした立体作品が中心ですが、貼り絵や切り絵の様な作品や、いわゆる紙切りを含む平面的な作品も作っています。
全ての作品に共通しているのは「下書き無しでハサミで切る」なので、長いこと「立体紙きり」という呼称を使ってきましたが、「切り紙クラフト」と言った方が解り易いでしょうか。

子どもの頃から、生き物が好きで、冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から我流で始めたものです。
その「自分の一部として授かり、この世に生まれてきた痕跡」を残しておこうかな〜、って感じで、はじめたブログです。よろしくお願いします。
*タイトルをクリックすると、トップページに移動します
*画像をクリックすると全体像や画像一覧が見られます。…運営側のサービス停止により画像一覧は見られなくなりました。
*機能上、拍手コメントへの返信が出来ませんのでご了承ください。

2006/10/29

ヤドクガエル  両棲・爬虫類

カエルが3日連続もどうかと思ったのですが、流れで今日も掲載する事にしました。
で、イチゴヤドク(pumilio)だけでは寂しいので、急遽、セアカヤドク(reticulatus)を作りました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

イチゴのpumilioは、真青や真黄色、水玉などバリエーションに富んでいて、ティンクと並んでそれだけで十分作り応えがあります。
セアカ系は、模様を作るのが非常に厳しい(笑
もしも作るなら、体の模様(腹側と脚の部分の)をプリントした紙で切るのがベストかな。
0

2006/10/27

カエル その2  両棲・爬虫類

紙きりで最も苦手としていた両生類ですが、やっと見られるカエルが出来ました(^^)
まだ種類を特定するまでには作りこめて無いですが、重ね切りなどを併用してヤドク辺りを作れればいいかな、と思っています。
実は、これの前にツノガエルを作ってたんですが、イマイチいい形にならないので、普通のカエルに変更、5頭くらい切って、ようやくいい感じになりました(^^ゞ

1ピースで、腰の部分に糊を使用しています。
目つきが悪いんですよねぇ。これは構造的に改善が難しそうですが、何か考えてみたいと思っています。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ