このブログは、私が作った作品を載せています。
下書き無しで、ハサミで形を切り抜き、それを折ったり貼ったりして形にした立体作品が中心ですが、貼り絵や切り絵の様な作品や、いわゆる紙切りを含む平面的な作品も作っています。
全ての作品に共通しているのは「下書き無しでハサミで切る」なので、長いこと「立体紙きり」という呼称を使ってきましたが、「切り紙クラフト」と言った方が解り易いでしょうか。

子どもの頃から、生き物が好きで、冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から我流で始めたものです。
その「自分の一部として授かり、この世に生まれてきた痕跡」を残しておこうかな〜、って感じで、はじめたブログです。よろしくお願いします。
*タイトルをクリックすると、トップページに移動します
*画像をクリックすると全体像や画像一覧が見られます。…運営側のサービス停止により画像一覧は見られなくなりました。
*機能上、拍手コメントへの返信が出来ませんのでご了承ください。

2011/10/24

チョウの羽化をシート作品に仕上げてみた  シート作品

シート作品を褒めていただいたので、今日はシート作品(作品を元の紙から切り離さない作品)を作ってみました。
普通にシートで作っても面白みがないので、昆虫の羽化シーンを作ろうと。

いろいろ考えたんですけど、とりあえず、あまり複雑でないチョウを選んでみました。
1ピース・糊付けなしです。
クリックすると元のサイズで表示します

羽化シーンを1ピースで作れるか(=蛹と蝶がつながった状態で作れるか)の試作なので、構造は単純に、生態よりもイメージ重視にしてみました。
クリックすると元のサイズで表示します

はじめはタントの端切れで作ったんですけど、折ったり戻したりの作業で、ヨレヨレになってしまってダメだったので、カラートレーシングの端切れで作ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します
羽化シーンなので、翅が伸びきってない状態と思い、翅を少し小さめに切ったんですが、結果的には蛹からの飛翔になったので、どうにも半端な感じです(^^ゞ

羽化シーンは、一部無理に折り込む部分が出てくるので、これなら花と一体化にして、吸密シーンの方が楽かも(^^)
いずれにしても、強度的にも糊付けしたほうがいいかな。




お知らせ
デザインフェスタ Vol.34に出展します。
ブース番号は、E-278です。
11/13(日)の一日だけの出展になります。
詳細・紹介などはこちら

なべさんはE-107
切り折り紙探検隊のみなさんはE-127,128です。

お知らせ葛西臨海公園駅 駅中展示
JR葛西臨海公園駅にて、現在も作品(ジオラマ風)を展示中です!
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

なべさん我流切紙人さんとの共同制作です!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ