このブログは、私が作った作品を載せています。
下書き無しで、ハサミで形を切り抜き、それを折ったり貼ったりして形にした立体作品が中心ですが、貼り絵や切り絵の様な作品や、いわゆる紙切りを含む平面的な作品も作っています。
全ての作品に共通しているのは「下書き無しでハサミで切る」なので、長いこと「立体紙きり」という呼称を使ってきましたが、「切り紙クラフト」と言った方が解り易いでしょうか。

子どもの頃から、生き物が好きで、冬に昆虫が採れなくなる寂しさを紛らわすために、幼稚園入園前から我流で始めたものです。
その「自分の一部として授かり、この世に生まれてきた痕跡」を残しておこうかな〜、って感じで、はじめたブログです。よろしくお願いします。
*タイトルをクリックすると、トップページに移動します
*画像をクリックすると全体像や画像一覧が見られます。…運営側のサービス停止により画像一覧は見られなくなりました。
*機能上、拍手コメントへの返信が出来ませんのでご了承ください。

2010/9/20

グリーンドラゴン  幻想生物

ハエ男もひと段落したので、今日からは、またいろいろなモノを。
と言っても、ハサミックロイドが主となるかもしれませんが(^^ゞ

さて、今日は、ハサミックアート・ドラゴンのその2です。
クリックすると元のサイズで表示します

前回のドラゴンのライバル、成獣のメスを想定しています。
クリックすると元のサイズで表示します

ツノ・ツメは発達し、しかしながら顔立ちはやや華奢。
クリックすると元のサイズで表示します

サイズは成獣なので、大きくしました。
クリックすると元のサイズで表示します

前回のドラゴンもそうですが、スタードリームという紙を使用。
今回は、エメラルドとゴールドです。
重ね切りは別として、頭・首・胴・腹・手足・尾(長さ不足分)・翼のパーツに分かれています。各パーツは、1ピース構造です。
ツメとか歯とか、分けた方がカッコイイものは分けてますけどね。

今回、首の腹側まで1ピースで作りました。アイデアは悪くないと思うのだけれど、まだ上手く出来なかったので、納得いく出来の時に公開します。
3

2010/9/19

師入馬穴無故人  ハサミックロイド

クリックすると元のサイズで表示します
ヤーダ「では、お別れじゃ。ただ修行しろと言っても難しかろう。目的を与えよう。
この世には、集めるとお前の願いをかなえることができる珠があるという。それを探すのじゃ。」
ハエ男「それって、7つ集めると龍が出てくるっていうあれですか〜?」
ヤーダ「いや、8個じゃ。中に字が書いてあるらしい」
ハエ男「え〜それは、犬が出てくるやつ〜?」
「ま、それは集めてからのお楽しみってことで♪」

クリックすると元のサイズで表示します
ハエ男「ところで、パオーとか結構目立って邪魔なんですけど」
ヤーダ「おお、こいつはな、カプセルに入れて持ち運べるんじゃよ。」
ハエ男「ポケットモンスターみたいですね!」
ヤーダ「今はそういうのか?わしの頃はカプセル怪獣じゃったがのぉ。」

クリックすると元のサイズで表示します
ヤーダ「では、わしも運んでくれ。わしはバケツに入って小さくなれるんじゃ。さしずめ、バケット・モンスターかの(笑)」
シースルー「…それじゃバケモンじゃん。」
ハエ男「…ハマりすぎ…」

ハエ男「じゃ、行こうか!」
R2「新幹線
クリックすると元のサイズで表示します

シースルー「クソバエ野郎!てめぇ、今、尻触ったろう!!」
ハエ男「もうしません、もうしません、ごめんなさい
クリックすると元のサイズで表示します

こうしてハエ男は、新しい仲間とともに修行の旅へ、旅立って行った。
クリックすると元のサイズで表示します
ハエ男サーガ エピソード1 「はるか昔、遠い彼方の銀河系で編」は、以上で一巻の読み切りとさせていただきます。

いや〜自己満足連載にお付き合いいただきまして、ありがとうございました<(_ _)>
ヤーダとハエ男の関係も、何だか、解らないままになってしまったので、なんとかしたかったですが、毎日、思いつきでセリフと作品を作るのは、このあたりが限界です(^^ゞ

とりあえず、エピソード2のおおまかなストーリー=作りたい作品は考えてはあるので、作品がある程度出来た時点で、再開するかもしれません。
その時は、是非、温かい目で大目に見てやってください(笑)
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ